2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

メンヘル:伝説(デマ)と真実(ホントウ)

1 :優しい名無しさん:04/05/15 10:55 ID:ryV3j+KW
現代の精神医学は2,3年単位で変化・進歩しており、
常に知識の更新をすることが必要となっています。
おかげで、世間で流通する「知識=偏見」は、ますます追い付けなくなっており、
さまざまな民間伝承(フォークロア)が蔓延する一因ともなっています。

あなたの周囲(やあなた自身)が信じている、病気の原因や治療法は、
すでに伝説(デマ)になっているかも。

「いまどき、こんなこと言っている/やっている人がいる」
というのを書き込んでいきましょう。



2 :優しい名無しさん:04/05/15 12:11 ID:V3MD0+h4
2ゲトー

3 :優しい名無しさん:04/05/15 15:22 ID:sII7RHAW
【伝説デマ】ココロの病はクスリじゃ治らない(治ったように見えても、再発する)

4 :優しい名無しさん:04/05/15 16:25 ID:ryV3j+KW
【伝説デマ】人格障害は治らない

5 :優しい名無しさん:04/05/15 16:29 ID:E9WkxxzT
【伝説デマ】精神病はすべて心霊的なものが原因

6 :優しい名無しさん:04/05/15 16:43 ID:cSpCh1Iu
不二家のペコちゃんは交通事故で亡くなった少女がモデル

7 :優しい名無しさん:04/05/15 16:45 ID:cSpCh1Iu
聖書を熱心に読むと統合失調になる。

8 :優しい名無しさん:04/05/15 17:00 ID:cSpCh1Iu
神奈川県某所に深夜に礼拝すれば 統合失調が消える教会がある。科学的には自己暗示説の連鎖か?非科学的には悪霊払いか?病理が消える瞬間に白い服をまとった少女が現われる。サーフィンとサザンで有名な某市

9 :優しい名無しさん:04/05/15 17:12 ID:E9WkxxzT
デマかホントウか書いてくれたら分りやすいなあ

10 :優しい名無しさん:04/05/15 17:13 ID:ryV3j+KW
>>7-8
マッチ・ポンプじゃないかw

11 :優しい名無しさん:04/05/15 17:15 ID:l+WF9W1h
【伝説デマ】お母さんは僕のことを愛してくれている

12 :優しい名無しさん:04/05/15 17:17 ID:sII7RHAW
【真実ホントウ】メンヘルは遺伝

13 :優しい名無しさん:04/05/15 17:19 ID:sII7RHAW
【真実ホントウ】心療内科では薬漬けになる

14 :優しい名無しさん:04/05/15 17:25 ID:sII7RHAW
【伝説デマ】アダルト・チルドレン

15 :優しい名無しさん:04/05/15 17:27 ID:sII7RHAW
【伝説デマ】母原病

16 :優しい名無しさん:04/05/15 21:26 ID:ryV3j+KW
【伝説デマ】統合失調症は、重篤すぎる疾患なので/生物学的な疾患なので、
認知/行動療法は効かない

17 :優しい名無しさん:04/05/16 18:25 ID:N2nh1QqW
【伝説デマ】うつになる奴は、マジメ人間

18 :優しい名無しさん:04/05/17 01:10 ID:tzYUZ0zG
【伝説デマ】お腹を痛めて産んだ子は可愛い

19 :優しい名無しさん:04/05/17 06:39 ID:MMSUsJfq
【真実ホントウ】子を殺したいと思ったことのない母親はいない

20 :優しい名無しさん:04/05/17 20:55 ID:HreJYc/2
【伝説デマ】原因を見極め、取り除かないと、根本治療にならない

21 :優しい名無しさん:04/05/17 21:01 ID:NPONcSsO
ソース書かないとただのネタスレだな。

22 :優しい名無しさん:04/05/17 22:14 ID:5aMFR9K6
【真実ホントウ】私の存在自体が【デマ】ぶっちゃけありえない。


>>12
【真実ホントウ】メンデルは遺伝の…:y=-( ゚д゚)・∵;; ゴメンナサイ

23 :優しい名無しさん:04/05/17 22:57 ID:1V1v75hH
【真実ホントウ】多剤併用は百害あって一利無し。それは医者の不勉強から生ずる。

実際の臨床で最も見られやすい過ちは,患者に十分な量(社会不安障害に対するフルボキサミンなら1日200mg以上)の投与,
十分な期間(8週間)の投与をせず,臨床上の改善がみられないという理由で,増量をやめてしまい,
他の薬剤の併用をすることである。併用は効果がないので,更なる併用を重ねることになる。
多くの場合,ベンゾジアゼピン系抗不安薬が用いられ,依存を形成することになる。
フルボキサミンのように併用禁忌の厳しい薬剤の場合は,多剤併用による身体合併症も見逃せない。


24 :優しい名無しさん:04/05/17 23:15 ID:1V1v75hH
【真実ホントウ】強迫性障害(強迫神経症)には、認知行動療法+SSRIなどのセロトニン再取り込み阻害剤 が世界標準

(ソース:Journal of Clinical Psychiatry(March 1997)
 http://homepage1.nifty.com/hharai/ocd/txtable.htm )

25 :優しい名無しさん:04/05/17 23:19 ID:ypo/4XI5
ソースもその元情報が正しいかどうかも判断つかないしなあ。

26 :優しい名無しさん:04/05/18 07:13 ID:WKp8KdGI
【伝説デマ】うつ薬は飲み過ぎると、くせになる

27 :優しい名無しさん:04/05/18 23:28 ID:WKp8KdGI
【真実ホントウ】社会不安には、SSRIがよい。


社会恐怖に対する治療の系統的レビューをPubmedのClinical queriesを用いて検索した。近年の薬物のトライアルを含めたメタアナリシスには,Fedoroffら,van del Lindenらがある。
Fedoroffらは,ベンゾジアゼピン系抗不安薬,SSRI,MAOI,エクスポージャー,認知再構成,エクスポージャー+認知再構成,SST,応用リラクセーションについて,治療効果をまとめた。
この中で,ベンゾジアゼピン系とSSRIの効果がもっともはっきりしているとしている。ベンゾジアゼピン系抗不安薬については効果がはっきりしているのはクロナゼパムのみである。
日本の実地臨床での使いやすさ,効果,長期使用を考えるとSSRIがもっとも優れている。

Fedoroff I.C. and Taylor S.:
Psychological and pharmacological treatments of social phobia: a meta-analysis.
J. Clin. Psychopharmacol, 21:311-324, 2001.

van der Linden G.J., Stein D.J. and van Balkom A. J.:
The efficacy of the selective serotonin reuptake inhibitors for social anxiety disorder (social phobia): a meta-analysis of randomized controlled trials.
Int Clin Psychopharmacol 15 Suppl 2, S15-S23, 2000.


28 :優しい名無しさん:04/05/20 23:58 ID:Ks5x6cjY
【伝説デマ】バカな子ほど、かわいい

29 :優しい名無しさん:04/05/22 09:10 ID:91lD+fDn
【伝説デマ】うつはうつる

30 :優しい名無しさん:04/05/22 21:24 ID:2vUHgyWK
【伝説デマ】いつか白馬に乗った王子様が私を迎えにくる

31 :優しい名無しさん:04/05/23 18:25 ID:+ibm68LA
【伝説デマ】SNRIは・・・・

32 :優しい名無しさん:04/05/23 18:28 ID:Cb6qMlS9
【伝説デマ】リストカッターは悲劇のヒロイン

33 :優しい名無しさん:04/05/23 18:32 ID:Cb6qMlS9
【真実ホントウ】統合失調症は一緒にいるとうつることがある

感応精神病というものがある。

34 :優しい名無しさん:04/05/23 21:43 ID:+ibm68LA
【真実ホントウ】うつ病は生涯罹患率が12%,8人いれば1人は一生のうちに罹る

35 :優しい名無しさん:04/05/24 14:04 ID:khLNXym4
【真実ホントウ】一般内科に通院する患者の約2割が身体的原因が見当たらない症状を持っている。つまり「身体表現性障害」というかくれメンヘラー。

36 :優しい名無しさん:04/05/24 16:12 ID:QIAmyssJ
>>14
>【伝説デマ】アダルト・チルドレン

「自分の根っこにある深部の感情を根本的に解決しないとダメ、再発する」
というのは、フロイトが勝手に言い始めた事で、神話です。
アンチ精神分析が力をつけていく中で、精神分析シンパが事あるごとに繰り返しました。

アダルト・チルドレン運動の「教祖」、ジョン・ブラッドショーは幼児期の
「オリジナル・トラウマ」は消えることなく成人の病的行動を生み続けると断
言してます。要するに、裏を返せば、現在の自分には責任は無いということ。
「インナー・チャイルド」の提唱者、チャールズ・ウィットフィールドは、機
能不全の家庭は人口の80%から95%に上ると見なし、そのような人はセラ
ピーを受け、抑圧されたインナー・チャイルド、つまり「真の自己」に触れな
ければならない。最初は否定しても、子供時代の素晴らしい思い出と親に対す
る怒りを蘇らせ、トラウマを掘り起こすことができるのだ、というてます。

(参考文献)
ジョン・ブラッドショー、新里里春監訳『インナーチャイルド』(NHK出版、一九九三)
ウルズラ・ヌーバー、丘沢静也訳『<傷つきやすい子ども>という神話』(東京:岩波書店、一九九七)

37 :優しい名無しさん:04/05/24 16:25 ID:rN0LCscp
【伝説デマ】心のことは時間が何もかも解決してくれる

38 :M:04/05/24 16:29 ID:E30r1QxI
昔、二重人格が多く見られる地域では憑依現象は他の地域と比べて少なかった。
笠原さんの新精神科医ノート
霊が乗り移るというのは、本人が「解離」しただけ。

39 :優しい名無しさん:04/05/24 16:36 ID:QIAmyssJ
MPD(多重人格障害)という病気自体、地域的には北米、時期的には80年以降に偏りすぎ
ているので、医者と患者の間で社会的に構成された病気ではないかという疑い
も強い。しかも、MPD患者の中から、悪魔教カルトの告白をする者が多く出
た(1985年の「多重人格・解離状態」国際会議での調査では、参加者の
25%がそうした症状の治療に当たったという)。医師の中にはこれを信じた
ばかりか、患者に信じ込ませた者もいた。たとえばシカゴのラッシュ・メディ
カル・センターのMPD病棟の創設者で多重人格解離研究国際学会の会長
(1984年)を勤めたベネット・ブローンは、女性患者をMPD患者と診断
し、様々な薬物投与などによって、悪魔教カルトの大祭司であると思い込ませ
たという疑いで告訴されている(64)。あるいはヒューストンの医師ジュディ
ス・ピーターソンはMPD患者の診断を乱発し、母親にカルト信者であると信
じ込ませて入院させ、多額の医療費を稼いでいたと言われる。

40 :優しい名無しさん:04/05/24 18:26 ID:Tl+GAQ41
実体の無い病気、つまりヒステリーだ罠。

41 :優しい名無しさん:04/05/24 18:37 ID:khLNXym4
【真実ホントウ】DSM(DSMは Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders の略、アメリカ精神医学会(APA)による精神疾患分類)にてらせば、
どんな苦痛、不都合にも、「病名」がつけられる。

42 :優しい名無しさん:04/05/24 18:58 ID:khLNXym4
>>40
「多重人格=ヒステリー」は正解。

ヒステリーはいまでは、解離性障害、転換性障害と呼ばれる
(もとは解離性ヒステリー、転換性ヒステリーと分けられていた。「起こりっぽい」などのヒステリックとは、ちと違う)。

解離性障害は以下の用に分類される。
1.解離性健忘
2.解離性遁走
3.解離性昏迷
4.トランス及び憑依障害
5.運動及び感覚性解離性障害
6.その他の解離性障害(解離性同一障害(DID いわゆる多重人格)はここに分類される)







43 :優しい名無しさん:04/05/26 06:57 ID:GJGnhQSj
【真実ホントウ】鬱病で、病院に通っているのは、そのうちのたった1割。

44 :優しい名無しさん:04/05/26 18:23 ID:/Sa0zXCD
まあ、本当のウツならほっといても良くなっちゃうものだしなぁ。

45 :優しい名無しさん:04/05/26 20:08 ID:GJGnhQSj
>>44
【伝説デマ】

46 :優しい名無しさん:04/05/26 20:24 ID:+QJ08/vy
いや、本当ですよ。薬は回復を助けるだけ。

47 :優しい名無しさん:04/05/26 21:11 ID:GJGnhQSj
>>46
うつ状態は改善することもありますが、
本当のうつ病は非常に強い苦痛を伴うだけでなく、自殺につながる危険性のある病気です。

1)毎日の生活に張りが感じられない
2)これまで楽しんでやれた趣味や活動などが楽しくない
3)楽にできたことがおっくうに感じられる
4)自分は役に立つ人間だと思えない
5)わけもなく疲れたような感じがする。
5項目のうち、2つ以上に当てはまり、こうした気分が2週間以上続くなら、
うつ病が心配されます。

うつ病は脳内の神経伝達物質が不足しているために起こる疾
患であり、減少した神経伝達物質を増やして脳の機能を正常に
戻すには適切な内服薬を継続して服用することが大切です。
再発や慢性化を予防するためにも正しく服用することが必要に
なりますので、必ず専門医の指導を受け、それに従って服用な
さることをお勧めします。



48 :優しい名無しさん:04/05/26 21:24 ID:GJGnhQSj
>>35
【真実ホントウ】
精神科以外の科を受診している患者の約1割にうつ病が合併している。

しかも、精神科以外の科で、その患者たちを見ている主治医は、
多くの場合(8割)、そのうつ病を見のがしてる。
共同研究をした他の国と比較しても、
日本においてうつ病を診断できている率は、外国に比べて極端に低い。

(長崎大学とWHOの共同研究)

49 :優しい名無しさん:04/05/26 21:29 ID:i0ayIs7a
>>47
>うつ病は非常に強い苦痛を伴うだけでなく、自殺につながる危険性のある病気です。

病気のうちでは、死亡原因の第4位らしいね。
2020年までには、死亡因第2位までランクアップするのが確実だ、と。

50 :優しい名無しさん:04/05/26 21:41 ID:24XUfgEE
( ´ー`)つ━・oOだよー
みんなボクが抱きしめてあげるよー

51 :優しい名無しさん:04/05/27 21:39 ID:5Eq4uMxB
【伝説デマ】リタリンはヤバイくすり

52 :優しい名無しさん:04/05/28 22:09 ID:BEeLE86Z
【真実ホントウ】
ウツにならない生き方=人の言うことは聞かない。期待は裏切る。努力しても大したことはできないと認める。

53 :優しい名無しさん:04/05/28 22:10 ID:BEeLE86Z
【真実ホントウ】
ウツにならない生き方=人の言うことは聞かない。期待は裏切る。努力しても大したことはできないと認める。

54 :優しい名無しさん:04/05/28 22:17 ID:BEeLE86Z
【真実ホントウ】
ウツにならない生き方=人の言うことは聞かない。期待は裏切る。努力しても大したことはできないと認める。

55 :優しい名無しさん:04/05/29 07:56 ID:ULBr8veP
【真実ホントウ??】
精神病は、医学的治療が不可欠なもの
精神病以外の精神疾患は、医学的な治療が望ましいもの
精神疾患以外の精神障害は、社会的、福祉的、教育的な対処が必要なもの
精神障害以外の精神異常は、社会がある程度認め、共存していく必要があるもの





56 :専門医:04/05/29 08:03 ID:YaQ5UnWf
【真実ホントウ】
精神病は医学的治療が不可欠なもので、
あるが、こと鬱病に関しては精神病ではなくただの甘えである事が医学的事実として明らかになっている。


57 :専門医:04/05/29 08:05 ID:YaQ5UnWf
>>47 >>49
鬱病は病気ではありません。
あなたの思い込みで、他の人を巻き込まないで下さい。



58 :優しい名無しさん:04/05/29 08:14 ID:g4Fxi6BU
>>56-57
それって、脳内医学的真実w?
それとも、あなたウィッチ・ドクターw?

すくなくとも>>49は、WHOの報告だが。
>>47も、普通に精神医ならジョウシキだよな)。

カプランかクリニカル・エビデンスでも読んで、
出直してきな。


59 :優しい名無しさん:04/05/29 08:52 ID:V61YKdXo
>>53       その通りに生きてきましたが鬱です。まぁ努力する前からたいした事は出来ないと思って何もしてないだけなんですがね。回避だろうか

60 :専門医:04/05/29 10:05 ID:YaQ5UnWf
>>58
現実逃避してはいけません。
いつまで、保険金詐欺を続けるつもりだ。

61 :優しい名無しさん:04/05/29 10:13 ID:g4Fxi6BU
>>60
結局、自分の信仰、いいっぱなしなのねw。
証拠(エビデンス)ないと、認められないのよ。

さあ、DQNなリソースを出してごらん。


62 :優しい名無しさん:04/05/29 10:24 ID:g4Fxi6BU
>>60
なんども繰り返し現れてる「自称(研修/内科/専門)医」君だと思うから、
護符張っとくね。

>定期的に立つな。このスレ。1は研修医だったり内科医だったりするけど。
とりあえず、1は本物の医者であることを証明するために次の問題を解きなさい。
回答だけではだめだよ。解説もつけてね。
1 いわゆる原因不明の発熱(FUO)として経過することがあるのはどれか。
1 悪性リンパ腫 2 腎癌 3 若年性関節リウマチ 4 結核症
a.1,3,4のみ b.1,2のみ c.2,3のみ d.4のみ e.1〜4のすべて
2 正しいのはどれか。
1 サルモネラ症では、高熱の割に比較的徐脈である。
2 亜急性甲状腺炎は発汗・発熱を伴う。
3 熱射病では、体温が急上昇し、しばしば40度以上に達する。
4 A型肝炎は、発熱を伴う。
a.1,3,4のみ b.1,2のみ c.2,3のみ d.4のみ e.1〜4のすべて
3 35才の男性。2か月前より易疲労性、微熱が続き体重は減少したが、勤務は休んでいない。受診時、心尖部に高調の全収縮期性雑音を聞く。リンパ節の腫張はなく、肝脾腫もない。白血球数は11000であった。治療法の決定上、最も重要な検査は次のうちどれか。
1 心エコ−図 2 骨髄像 3 胸部X線写真 4 ASO(ASLO) 5 血液培養
a.1 b.2 c.3 d.4 e.5

63 :専門医:04/05/29 11:00 ID:bH5GGXzg
>>61
だからあんた鬱病なんだよ
早く真人間になれ

64 :優しい名無しさん:04/05/29 11:17 ID:g4Fxi6BU
>>63
やれやれ、答えられなくなると、相手を「鬱病」扱いかいw
「鬱病」は「ただの甘え」じゃないのw、いったいどっちなの?

で、いったいなんの「専門医」なわけ?
戯れ言専門? デマ専門?

65 :優しい名無しさん:04/05/29 14:00 ID:5QFVoGj/
【真実ホントウ】真性包茎のチンコはケツの穴よりも不潔である。

66 :優しい名無しさん:04/05/29 21:13 ID:xXKk1g1Q
【真実ホントウ】ケツのアナは結構きれい

67 :優しい名無しさん:04/05/30 09:51 ID:+2MtXTeF
>>51
【真実ホントウ】うつにリタリンをつかうべきじゃない。

リタリンは60ヵ国以上で販売されていますが、うつ病患者への使用を適応症として認めているのは日本だけ。
また1998年3月の薬効見直しでは、「症状が悪化する可能性がある」と、重症のうつ病患者への処方を禁じてる。一方で難治性うつ病への効能を認めているのは、おかしい。
抗うつ薬(うつ病の薬)としてはほかに副作用の少ない薬剤が多数あるので、使用する必要はない。

 うつ病にリタリンを使用した際に、一時的な快感をうつ病の改善と誤認する可能性があり。
また、抗うつ薬にリタリンを追加併用した時に、リタリン投与によって抗うつ薬の血中濃度が上がるために、
もともと治療域以下の抗うつ薬の効果が現れるのを、リタリンの直接的な薬効であると考える可能性も。
一度リタリンを投与し始めると、薬を抜くときに離脱症状が出現して一時的にうつ状態や疲労感が強くなる。
このためリタリンの効果があったと誤解され、止められなくなる。




68 :優しい名無しさん:04/06/01 21:16 ID:gP3V6Hm0
【真実ホントウ】
強迫神経症は(いまでは)治る病気である。

69 :優しい名無しさん:04/06/25 06:48 ID:hqtuKTr6
現在のように仮性包茎に不要な劣等感をもつ傾向が出始めたのは、徴兵検査が始
まってからで、徴兵検査の際に身体検査で性病をチェックする目的で、検査医が
包皮を剥いて亀頭の状態を調べていたそうで、この検査を特に“M検”と呼ばれ
ていたそうです。この時に真性包茎だと包皮が剥けないので、非常に恥ずかしい
思いをする、と言う事があって、この話が広まって、仮性包茎も真性包茎も区別
なく“包茎は恥ずかしい”と言う風潮が広まったと言う事ですが、だからと言っ
て戦前に仮性包茎で包茎の手術を受ける人は殆ど居なかったそうです。

戦後になって、泌尿器科と言う診療科目が皮膚科から独立するのが一般的になっ
てから、その当時は男性の9割近くが赤ん坊の時に割礼を受けていたアメリカの
影響で、小児の仮性包茎や成人の仮性包茎もも基本的には手術した方が良いと言
う考え方が泌尿器科医師の間にも流行し、仮性包茎の手術もあまり珍しいもので
はなくなりました


19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)