2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■宗教否定・宗教を真剣に考える■■

1 :無宗派:04/05/21 09:48 ID:thekHm6U
前スレ
■宗教徹底否定・宗教はいらん■のパート2として、新たにたてました。
前スレの主張ポイントは次の通り
@現在、日本は信じない自由をふくめ「信教の自由」がる行渡っている
A大多数は宗教を「イベント」「伝統文化」としてのみ受容し、
 その他一部、一部を「いいとこどり」の状態
Bこれを是とし、ひとつの宗教に帰依することに反対
C宗教者はその信仰を内心にとどめ、他宗を攻撃するな。お互いに
 「信教の自由」を守れ、と訴えてる

個人的には宗教そのものに反対ですが、ひろく皆さんの声を聞きたいと
思います。

2 :無宗派:04/05/21 09:49 ID:thekHm6U
えーと、まだ前のスレのレス数に余裕がありますので
そちらが終わってから、引っ越してきてくださいなw

3 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/21 21:01 ID:Tcs6uYO+
前スレ
■宗教を徹底否定・宗教はいらん■
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1082706792/l50

4 :名無しさん@3周年:04/05/21 21:21 ID:063n+sEb
個人的になかなかうまいと思ってるので紹介
東京工業大学の橋爪大三郎教授による「宗教の定義」:

直感的に自明でないことを確信して行動すること



5 :無宗派:04/05/23 00:30 ID:6YJDYAMA
もしかしたら今夜じゅうに前スレ一杯になるかも。
で、とりあえず引き上げときますw

6 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:02 ID:fEWvQz4X
思うんだが、なんで1に新スレ立ててもらってもまともに乙書けない奴は、書いてあることと一体何でだろうな?
そんな奴はないかしにるっけここる資格ないし。


7 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:04 ID:JTnPqU0s
>6
キチンと文字変換やり直してレスしてください。


8 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:04 ID:PpYojkkm
>4
注釈:自明
証明したり説明したりしなくても、すでにそれ自体ではっきりしていること。

「確信」ってのが重要だね。
自分に言い聞かせるかのように愚行に走ってる宗教家が殆どだからね。
もう少し考えろと。低脳なのはわかるが、もう少し考えてみろと言いたい。
無知白痴の集団と化している。特に暴力愛好献金大好き性の僕キリスト信者ちゃん。

9 : ◆.EDMOUBKE2 :04/05/23 10:05 ID:v77O+vRc
 国の古を慕い、その栄光を楽しみ、もしくは国家の屈辱を悲しむのみな
らず、よく自国の罪過を感覚し、その逃避せる責任を記憶し、その蹂躙せ
る人道を反省するは、愛国心の至れるものにあらずや。(中略)我が国の愛
国心なるもの、(中略)滔々たる天下歴史に心酔するにあらざれば、悲歌慷
慨、外に対して意地を張らんとするに過ぎざるなり。自ら国家の良心をもっ
て任じ、国民の罪に泣くものはほとんどまれなり。甚だしきはこの種類の
愛国心を抱くものを非難するに国賊の名をもってす。良心を痴鈍ならしむ
るの愛国心は亡国の心なり。これがために国を誤りしもの、古今その例少
なからず。

(植村正久「三種の愛国心」『福音新報』明治二九年六月二六日号、『植村正久著作集』1所載による)

10 : ◆.EDMOUBKE2 :04/05/23 10:05 ID:v77O+vRc
 国の古を慕い、その栄光を楽しみ、もしくは国家の屈辱を悲しむのみな
らず、よく自国の罪過を感覚し、その逃避せる責任を記憶し、その蹂躙せ
る人道を反省するは、愛国心の至れるものにあらずや。(中略)我が国の愛
国心なるもの、(中略)滔々たる天下歴史に心酔するにあらざれば、悲歌慷
慨、外に対して意地を張らんとするに過ぎざるなり。自ら国家の良心をもっ
て任じ、国民の罪に泣くものはほとんどまれなり。甚だしきはこの種類の
愛国心を抱くものを非難するに国賊の名をもってす。良心を痴鈍ならしむ
るの愛国心は亡国の心なり。これがために国を誤りしもの、古今その例少
なからず。

(植村正久「三種の愛国心」『福音新報』明治二九年六月二六日号、『植村正久著作集』1所載による)

11 : ◆.EDMOUBKE2 :04/05/23 10:07 ID:v77O+vRc
テメエらなんか、潰すに決まってるだろうが。

12 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:15 ID:PpYojkkm
>>9,10,11
おいおい頭平気か?
早く死刑にした方がイイんじゃねーの、こういうヤツは。

特に「テメエらなんか、潰すに決まってるだろうが。 」 w

13 : ◆.EDMOUBKE2 :04/05/23 10:19 ID:v77O+vRc
何か変なこと言った?w

14 : ◆.EDMOUBKE2 :04/05/23 10:20 ID:v77O+vRc
豚だろ、お前ら。

15 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:25 ID:PpYojkkm
ブー

16 :名無しさん@3周年:04/05/23 10:25 ID:C+MnBOPE
>>14
豚にたかる蝿がいきがんなや
はよし寝クソコテ

17 :名無しさん@3周年:04/05/23 14:03 ID:yymYZLDF
>>16
そーいうこと言う人たちって、
自分は必ず「させる」側であって、
「させられる」側になる可能性は毛頭考えていないんだよな。

思想の自由ってのは大事だよ。
世にメジャーな(でなくてもか)宗教ってば、暗に、時に明白に
そーいった思考停止を要求するからイヤなんだ。

18 :名無しさん@3周年:04/05/24 17:58 ID:VoBk1plh
もーどうでもいいじゃん。

19 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:17 ID:oZclrLnF
>>18
それを言っちゃア、おしめえよ by寅次郎

20 :名無しさん@3周年:04/05/25 16:45 ID:7eHuVLNe
人によっては必要ないのが宗教です。
必要性を強く唱えたりするのはやめましょう。
生物進化論や物理法則を無視しすぎるのもやめましょう。

21 :名無しさん@3周年:04/05/26 16:19 ID:ZLCItTla
宗教がなくなって困るのは、それで金儲けしてる連中と
現実逃避の場所をなくす社会不適合者だけというのが真実。

22 :名無しさん@3周年:04/05/26 17:47 ID:+RyfB+in
前スレ>>998
文法がかなりおかしい

23 :無宗派:04/05/27 11:05 ID:PZXoNIQ4
さて、こちらの新スレでまたよろしくお願いします。
前スレ998さん「宗教はてっとり早く教えてくれる」とかなんとか。
てっとり早く簡単に答えをだすものへの危険性も考えたほうがよいかと。

それからレンマさん、瞑想の具体的効用は是非教えてください。

24 :無宗派:04/05/28 07:58 ID:aLWfbr9t
落ちてる・・・
皆さん、カキコよろしく!

25 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/28 20:45 ID:DhTPvu07
まず、瞑想は危険な面があるということは、あらかじめ申し上げておきます。
医学的にも「禅病」と命名され、神経症と診断されているようです。
邪な思いで、瞑想を行うと、禅病にかかりやすいようです。
瞑想は神経に作用します。おおくは大脳の働きに関係しています。
また、スポーツは筋肉を鍛えますが、瞑想は内臓を鍛えるともいいます。

26 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/28 21:12 ID:2+ebQ0w9
瞑想によって、脳波が変わります。
リラックスした状態のアルファ波が多くでるようになります。
それによって、怒らなくなります。病気をしないようになります。疲れなくなります。
また、神経が落ち着くところから、智慧が出るようになります。
これが悟りに結びついていくようですね。

27 :無宗派:04/05/28 21:45 ID:jK4j53oG
ほう、どういう状態でやるんですか?
座禅のように座って、目を閉じて、ですか?
それを宗教が修行に取り入れてるところはどこですか?

28 :名無しさん@3周年:04/05/29 02:30 ID:CQStq4gN
>>26
「悟り」の定義は?

29 :名無しさん@3周年:04/05/29 04:37 ID:s0YT5m4F
自分も勘違いしてたんですが、宗教の自由って、憲法のやつですか?
それは、国家権力からの宗教の自由を言ってるらしいんです。
私は、信じる信じないの自由かと思ってました。

前置きはさておき、
信仰真実と迷信とを、きちんと市民が判断できれば、
ひっかからずにすむと思います。どうすればいいですか?
それでも迷信を信じたければ、その上で、迷信なさればよいと思います。
しかし、何が真実かの前提がないままでは、いつまでたっても、
まやかし不安の、宗教間のたらい回し、です。それじゃぁヤミ金融と一緒だよ。


30 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/29 08:47 ID:1lvThmkK
まず瞑想は、”単純な行為を繰り返す”ことから始めます。
有名なのは、数息観(すうそくかん)ですね。
座禅をして、自分が吐く息、吸う息を数える、というだけです。
このとき、”目を閉じてはいけない”というのが伝統的です。

悟りの定義 「気づき」

神経を落ち着かせることによって、気づきを得やすいと考えます。
また、大脳のシナプスの働きを活発にすることによっても、気づきを得やすくなるでしょう。


31 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/29 08:56 ID:1lvThmkK
>それを宗教が修行に取り入れてるところはどこですか?
キリスト教です。
意外なことに、瞑想は、仏教用語ではなく、キリスト教のメディテーションの日本語訳です。
瞑想とは、深くキリストおよびマリアを心に想うこと、です。
伝統仏教では止観(しかん)といい、止は座禅に代表されるように、”心を止めること”です。
一方、観(かん)は、数息観の観で、”心で観(み)ること”です。

さて、念仏や唱題が、実に”単純な行為を繰り返し行う”という意味において、瞑想の効果を伴う、
と表現しました。いいかえれば、”単純な行為を繰り返し行う”ならば、念仏や唱題をする必要は
無い、ということです。

32 :無宗派:04/05/29 14:40 ID:i9qJlGmR
>>29
私がたびたび「信教の自由」というのは、憲法にいう「内心の自由」の保障と
信じないことを含めた、何を信じようと信じまいと自由のふたつを言ってます。
混同しやすいのは申し訳ない。パート1で「政教分離での世界へアプローチ」
もあったもので。
>レンマさん
ありがとうございます。だいぶわかりました。瞑想については私なりに勉強
しましたら、また改めて。

パート1で、だいたい言いたいことは言ったし、自分の宗教否定の考え方も
整理がついた感じで。
こっちが答えに窮するようなものも、なかったなあ。
さて、何をテーマにいきましょう?
強烈な宗教信奉者が出てきて論戦ふっかけてくれた方が楽だったりしてw



33 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/29 21:51 ID:M/YMLDGm
ニューエイジはダメですか?

34 :無心:04/05/29 22:05 ID:AP1+sWeE
無心になろうとすると無心にあらず。宗教的生き方は自らを救い人も救う。
宗教団体は必ずしもさにあらず。何の道でも一心に進めば超越する時が来る。
それが悟りなり。凡夫は一心になれず超越することもなし。されど、凡夫を
認識すればそれも超越の入り口なり。

35 :レンマ ◆WOFVciA9uE :04/05/30 09:15 ID:+Gx4jtDM
>>34
> 無心になろうとすると無心にあらず。
それは、そのとおりですね。
悟りを目指す人は、最初につまづく点ですね。(最初の問題)

> 宗教的生き方は自らを救い人も救う。
それは、まったくの誤解です。あるいは、誤解を招く言い方です。

経典を読むと判りますが、釈尊は「人を救うことは出来ない」とハッキリといっていますよ。
1046 「ドータカよ。わたしは世間におけるいかなる疑惑者をも解脱させ得ないであろう」
ブッダの言葉

> 何の道でも一心に進めば超越する時が来る。
それは、考えが甘すぎます。
(最初の問題)を解決しないで一心に進むと、ろくなことがありません。

36 :無宗派:04/06/01 09:46 ID:MtWHNRF+
私自身ちょっとやる気が落ちてくると、スレもてきめんに沈んでいきますねw
宗教肯定、否定、たんなる感想なんでもどうぞ。
しばらくは傍観者の立場で口を挟みませんから。

37 :ブッダのことば ◆B2HNWyA9.. :04/06/06 12:03 ID:kRr3BsST
宗教行事として、人が行えることは瞑想でしょう。肉体が欲する全てを抑えて、究極の安らぎに
近づいている。生も死もない境地、この上なき最上の喜びの境地(ニルヴァーナ)に限りなく近
づく。それは、人と接することもなく、自然の中で瞑想するのが最もよく、その境地に最も近づ
く。

T.その世界を、人々の生活にも取り入れようとするのがイエスの御言。何が善(天)か何が悪
  (肉)からのものか、学べということなのです。
U.ブッダと真理の教えとに対し信仰心を持つ人々は、天界に生まれて、そこで輝くとされる。

イエス―《「安かれ」と言われた。》「わたしは平安をあなたがたに残して行く。わたしの平安
 をあなたがたに与える。わたしが与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。」 
ブッダ―「安らぎは虚妄ならざるのもである。諸々の聖者はそれを真理であると知る。」

 当然、永遠の命の世界を人々が生活環境の中で取り入れれば、より平安となり、それを行って
 いる者は、安らぎに近づいている訳だ。


38 :名無しさん@3周年:04/06/06 12:23 ID:wzSnC6NB
つまらない話ですが、

イラン人の中には、宗教警察の目を盗んで、ウエディングドレスやタキシード
で着飾って西洋式結婚式をこっそり営むものがいる。
つまり敬虔なイスラム教徒の中にも、抑えがたい西洋文化への憧れがあるということ。

宗教なんていうくだらない「とらわれ」の中で生きずに済む日本人は本当に幸せだと思う。

39 :ブッダのことば ◆B2HNWyA9.. :04/06/06 19:41 ID:WBIa42rw
宗教行事と書いたが、‘人が特別に宗教としての行いをすること’とする意味です。
この世の思い煩い、こだわりから離れ、何もとらわれない時間を持つこと。

イエス―「あすのことを思いわずらうな。」「何を食べようか、何を飲もうか、何を着ようかとい
     って思いわずらうな。」聖書―「自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。」
ブッダ―「かれらは、過ぎ去ったことを思い出して悲しむこともないし、未来のことにあくせくするこ
     ともなく、ただ現在のことだけで暮らしている。」
    「すなわち、『わたしは何を食べようか』『わたしはどこで食べようか』『昨夜わたしは眠り
     づらかった』『今夜わたしは眠りづらかった』家を捨てて学ぶ人は、これらの四つの憂いに
     導く思慮を抑制せよ。」
     
■彼岸、或いは神の国。究極の安らぎの国は、食うこと、飲むこと、あすのことを思い煩うことなく、
 あすのことさえ欲しない国。
 
一切の思い煩い、こだわりから離れ、瞑想し、静かな時間を過ごすこと。彼岸が善、この世はその善を
習うために宗教があると考えているので、瞑想は現代の人が特別に宗教としての行いをする場合の唯一
の行為。

40 :ブッダのことば ◆B2HNWyA9.. :04/06/09 21:22 ID:H0MKi8P/
〜かれらは欲望を貪り、熱中し、溺れて、吝嗇で、不正になずんでいるが、死時には苦しみにおそ
 われて悲嘆する―『ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか』〜ブッダのことば
 
○死があるので信仰というものが存在し、人は死後をも考慮して信仰をする。
○死があるので、その死とともに神の存在を想定し、その神が「人の願いを聞き入れるもの」と信じ
 るようになった。
あと、地上の平安を求めるための神、地上を支配する神の存在などが考えられるでしょう。

■ブッダやイエスは、《非生存状態は悪でもなく、一切の苦しみは存在しない》という理屈から、多
 くの教えを説いている。〜生存のための妄執も、生存の断滅のための妄執も存在しない〜とあり、
 生存の断滅により成仏しないのだが、生きながら限りなく非生存状態に近づく修行により、苦悩の
 根源である煩悩(本能)を断つことをブッダは指導した。
 
煩悩(本能)と死の恐怖は、結びついている。〜肉に従う者は肉のことを思い、霊に従う者は霊のこ
とを思うからである。肉の思いは死であるが、霊の思いは、いのちと平安とである。〜
〜愛には恐れがない。完全な愛は恐れをとり除く。恐れには懲らしめが伴い、かつ恐れる者には、愛
が全うされていないからである。〜聖書


41 :名無しさん@3周年:04/06/10 15:47 ID:+Rizjp5M
哲学板の「宗教に決別を」ってところはいかがでしょう。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)