2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

霊的に敏感な人の諸問題パート2

1 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/18 00:07
霊的に、敏感な人は、
○能力のある人に、
情報を○○されることもあるようですね。
まあ、いろいろな事例があるので、
全部というわけではない。
ひとつの事例では、判断できないことが多いですね。
ただ、敏感な人は、自分を制御しないといけないようです。

がんばりましょう。

あまり、特定の宗教的なことは、
書かないでいただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

2 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:13
鰯の頭>>>ウンコ>>>>>>>>>>ケツの毛

ウンコは肥やしになるが、
ケツの毛には何の価値も無い、

今の時代、893でもケツの毛は欲しがらない。

3 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:16
あまり、よい書き方じゃなかったので、
これは、廃止して、別なスレッドを立てたほうがよいでしょうか?

4 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:24
>>1

いや、これでいい!
2はスルーで、それぞれ情報交換しながら前向きに行こうぜ。
よろしく。

5 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:27
霊性を単なる生活の金儲けの道具にする奴もいるね、
〃歴史〃という衣を着てさぁ、

神社にしろ寺にしろ正統な歴史継承者は日本では世襲者ですね。




6 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:29
>>5
意味がわかりません。
なんですか歴史という衣って。
歴史継承者ってなんですか?


7 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:29
歴史って継承するものですか?
何かを継承していく様子が歴史なんじゃないですか?

8 :前スレ962コピぺ:04/04/18 00:32
962 :名無しさん@3周年 :04/04/18 00:21
早く、新スレ作ってけろ
霊性を今の時代の問題として真正面から
捕らえて行こうぜ。州境、組織、団体の非難・中傷は止めようぜ。
なんか詰まらん話になってしまう。荒れるだけだぜ。
個人の霊性の感覚を前向きに取り上げていこうぜ。
個人の霊的体験だけのテーマにできるだけじぼらねーか。
霊的なこと否定するやつは、かまったってどうしょうもないしなあ。
そのへんは、あぼーんかスルーしてさ、行こうぜ。

9 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/18 00:33
>>4
ありがとうございます。
とりあえず、この表題で行きますね。
もう遅いので、本日はこれで寝ます。
あしたというか、
今日の昼間に、また来ます。

10 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:35
何だかんだで潰すから
宜しく

11 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:35
>>5=6=7
スルーの方向でよろしこ。
>>8
が、前スレで良い事言った!
つう訳で、勝手にコピぺしてごめん。

12 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/18 00:36
>>8
サンクス。
州境や、特定の団体・組織の批判などはよしましょう。
霊的に、敏感な人が、
どういう問題で悩んでいるかを話す場にしたいですね。

13 :名無しさん@3周年:04/04/18 00:37
>>10
前スレ966

14 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/18 21:46
個人的に敏感な人は、
どういう感じで、自分をコントロールしていますか?

15 :名無しさん@3周年:04/04/18 22:30
俺は守護霊とかすかだけど話しをしてるよ
はっきりとした答えは言わないけれどなんかヒントみたいなことを言うなあ
その意味はすぐにはわからないけんどなあ
まあまあ後でそうかなあという感じです

16 :名無しさん@3周年:04/04/18 23:38
>>14
あまり意識しないことかな。
意識すると、相手(邪気みたいの)は喜ぶだけだから。
でも、意識しないって一言で言ってもこれが難しいんだよね。

17 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/19 12:50
>>16
邪気を持った個体などにも、
意識しない対処って、
難しいですよね?

相手が、異性の場合は、
難しいですね。

邪気って、個体のとりついたり、離れたり、
自由だからね。

相手を攻撃したりしたら、邪気の思う壺。

相手の個体には罪がないのだが、
一体化しているから、相手を攻撃してしまう失敗例がありますね。

18 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/19 12:55
>>16
意識しないというか、
個体に取り付いている邪気を、
意識しないのは難しいのよね。
無視という方法もあるけど、
無視というのは実は意識していることだからね。

問題としてないとか、
空気中のちりのようなものとして、
問題としないというのが最善の方法なんですが、
敏感な人は、邪気の攻撃に反応してしまうからね。

19 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/19 12:58
>>17
つまり、
個体の人間には罪がない。
でも、個体の人間は、罪を犯したことを覚えていて、
自分を責めてしまうのです。

20 :(・w・):04/04/20 00:39
>>17
>邪気を持った個体などにも、
>意識しない対処って、
>難しいですよね?
そうそう。相手(邪気)はどんな意味合いでも注目されるというか、
相手にしてもらえさえすればそれでいいわけだからさ。

>相手が、異性の場合は、
>難しいですね。
ごめん、これはわからない。というか知らないんだわ。
対人間より、対邪気のが長いもので、って、それはそれでどうかとも思うけど。

>邪気って、個体のとりついたり、離れたり、
>自由だからね。
そうなんだよね。でさ、仮にAさんて人が邪気に取り付かれてるとするじゃない。
Aさんは邪気に憑かれてるというのまでは自分で知ってなくても、困ってて助けて欲しいと思ってる。
でさ、宗教団体とか相談に行くでしょ。
相談するのはAさん自身なんだよね。

問題はここ。

困って相談するのも、憑依されて邪気の思うがままに話させられるのも、
共にAさんなんだよ。
するとさあ、教義ばっかりで実践ゼロとかお題目のベンチャラ坊主や聖職者ってさ、
そこんとこが見抜けないもんで、憑依してる邪気でなく、
Aさん自身に矛先向けてくるんだよ。
しかも、自分の能無しかげんは、坊主や聖職者になった段階でわからなくさせられてるのかなんなのか、
とにかくよほどそれまでに苦しい人生歩んででもきてない限り、まったく無自覚になってるわけだ。
その程度な浅はかな奴のくせに教理や教義、方法論だけはオツムにぎっしりでしょ。

21 :(・w・):04/04/20 00:42
自分が能無しなの棚に上げといて効力がないと、Aさんが悪い、で片付けようとするんだよね。
信仰が足りないとか、教義を勉強しろとかいう、事情知ってない第三者からみれば、
あたかも人聞きの良い一見正論(ホントは正論じゃない)な事柄持ち出してきて。
なぜかっつと、それで片付けなきゃ、坊主や聖職者が自身の本性を見ないといけなくなるからなんだけどね。
普段から名利に酔ってる馬鹿にはそんなのどだい無理な話だわ。

で、結局残るのはAさんの人間不信だけ。これで喜ぶのは何かっつたら、邪気だけだ。
あと、そういうのをたまたま聞く機会を得た耳年増の人間ね。
そういう奴に限って得意満面に語りやがるんだ、全くうざいよ。
神仏の名前語って結果として邪気の味方をする聖職者や坊主の業の深さたるや、邪気ともども恐ろしいと思う。

>相手を攻撃したりしたら、邪気の思う壺。
ごめん、これもわからない。

>相手の個体には罪がないのだが、
>一体化しているから、相手を攻撃してしまう失敗例がありますね。
そうなんだよね。負の作用ってただでさえ強い上に、聖職者や坊主自身がだらしない奴だと
そいつらが抱えてる負と結合してさらに強力になるしね。

22 :(・w・):04/04/20 00:56
>>18
>意識しないのは難しいのよね。
>無視というのは実は意識していることだからね。
そうなんだよね。しかも邪気は平気で意識下に入ってくるからね。
自分も意識しない、は出来ないなあ・・・。

>問題としてないとか、
>空気中のちりのようなものとして、
感じてしまう人にこれを求めると、相手の良い物まで押さえ込むことになるからねえ。
どうすればいいやらですよ。変にわからないようにしたら相手(人間の方ね)間違いなく凹むもん。
すると今度は、待ってました!とばかりに邪気到来という悪循環。

>敏感な人は、邪気の攻撃に反応してしまうからね。
そうそう。すぐわかる。
しかも卑怯なことに「相手がわかる」ことを知ってて、祈祷や呪術かけてくる奴らってのもいるからね。
新興宗教とかでなく普通の伝統宗教でだよ、信じられない。

23 :(・w・):04/04/20 00:58
>>19
>でも、個体の人間は、罪を犯したことを覚えていて、
>自分を責めてしまうのです。
これがまた大変なんだよねえ・・・。ある意味邪気より深いからね。深刻ですよ。
ここでその人が確たる何かを持っているか、支えになってくれる人でもいないと、間違いなく自殺する。
確たる何かを持ってなくても絡まった糸の一つ一つを解していかないといけないし。
ところが世の中では「じゃあ死ね」っていう坊主いるんだよね。その辺のガキでなくだよ?
まあ、そいつ最低だからいいんだけど。いつか機会があれば名前晒したろか、ほんま。

誰だったかなあ。昔障害を持って生まれたかなんかで話が出来ない子供さんがおられてね。
「話せるのは「ママ」「まんま(飯)」「バカ」の三つだけです。
最初の2つはあたしが教えました。しかしあとの1つは世間が教えたんです。
そとでどんなに「バカ」と言われても子供は泣きませんでした。
でも家に帰ったらくやしいって泣くんです。世間が子供に「バカ」を教えたんです。」
・・・これはそのお子さんのご母堂の言葉だけど。
目にみえる範囲だけでなく、目にみえないレベルでも、
それが普通にまかり通ってる現状を前にすると、なんつうか、言葉がでない。
現行の祈祷系が助けるのは(つうか助けれるのはが正確だけど)、「それ以外の人々」だけだし。

どうすればいいかわからんですよ。

24 :(・w・):04/04/20 01:18
>>14
う〜ん、コントロールの方法自体よくわかんない、自分は。
相手も、ひとつじゃないし。
しんどいなあ、とか、めんどくさい、とは思う。

一番やっかいなのは人間についてるやつ。
ちょっとした坊主や修行者についてる霊?だと、
興味ひかせるために自演してくるし。
これを全部受けてものすごく疲れる。

この辺に関してはまだその辺の霊のがよっぽど純粋ですよ。
人間についてるのは、キモくてウザくてたまらん。

しかもそれを相手にいちいち指摘したら怒るし。
またその怒る時の目が人間の目じゃないからますます嫌気が増す。
さらに、そういうのが引っ張る力って結構あるからね。

自分は正しくなくとも間違ってない、って奴ほど嫉妬深いですよ、性別問わず。

25 :(・w・):04/04/20 01:31
>>24付記
ごめん、24だけ取り消して。
てかね、これが良い例だけど、自分が邪気に入られると、こんなの書く。

>う〜ん、コントロールの方法自体よくわかんない、自分は。
>相手も、ひとつじゃないし。
>しんどいなあ、とか、めんどくさい、とは思う。


ここまでは言いたいこと。

あとのはね、なんか書こうとしてた事と微妙に違う。
この微妙さ加減の絶妙っぷりが、邪気の特徴なんだよね(って、邪気褒めてどうする・・・)。
ほんのわずか、1ミリとかもちがってない状態で異なる内容の事にもってくんだ。
そうすると自分自身はこれを記憶してて、次回書きづらい状態(か、書かない状態)にもってかせる。
あるいは、反論を呼び起こさせて、以下同。とほほ。

はい、もってかれました(爆)。
ダメダメじゃないか!

というわけで、
(・w・)→(´・ω・`)ショボーン

26 :(・w・):04/04/20 02:11
>>24付記
>自分は正しくなくとも間違ってない、って奴ほど嫉妬深いですよ、性別問わず。
これは先の聖職者や坊主の事です。

>一番やっかいなのは人間についてるやつ。
から
>さらに、そういうのが引っ張る力って結構あるからね。
までは何度読み返しても自分じゃない。
罵倒した聖職者や坊主が念頭にあったんだけど、文からそうは読み取れないし。。。

まさに邪気、キタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

ナ、ナンダッテー!!!!!!!!!! (lll゚д゚)Σ(゚д゚ll(゚д゚lll)

・・・自分自身が、ぁゃιぃ(*゚ー゚) ということで( つД`)

_| ̄|○ すんません・・・勉強させて頂きました。。。。。

27 :名無しさん@3周年:04/04/20 02:28
そんだからおまえはいつもAll or nathingなんだがな、
チョット調子が悪いと、「オレは可哀想な人だ!」で長文、
少し調子がいいと「オレは偉い」だ、
もっと、もう少し葉隠れでやれや、

28 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/20 10:56
すれ違いだけど、
ボランティアの嘘を、書いてあります。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/index.html

29 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/20 11:56
白か黒か、
はっきりと感じられるようになるべきだな。

たとえば、邪気などにとらわれると、
黒になってしまう。

猫好きのおばさんの姿と同じ、
小太りの女性っているんだけど、
なるべく、出会いたくないですね。

30 :(・w・):04/04/20 20:44
>>27
>もっと、もう少し葉隠れでやれや、
プw高遠マンセーが何言ってるの?
お前が葉隠れでやれや能無し。新スレすら立てられない奴がよ。

>そんだからおまえはいつもAll or nathingなんだがな
お前英語が得意だねえパチパチパチ
そういうお前は分裂気味なんだがな

31 :(・w・):04/04/20 20:48
>チョット調子が悪いと、「オレは可哀想な人だ!」で長文、
えーと、どれのこと?
「オレは可哀想な人だ!」なんて俺は言っても書いてもいないけど?
あと、
>少し調子がいいと「オレは偉い」だ、
これもな。ソース示せよ、今マンセー。
あまり妄想でモノ書くなよ、馬鹿。

32 :(・w・):04/04/20 20:58
>>29
ごめん、内容自体がよくわかんないや。
特に、
>猫好きのおばさんの姿と同じ、
>小太りの女性っているんだけど、
>なるべく、出会いたくないですね。
・・・たんにその人食べすぎなんじゃないの?
あるいはそういう体質とか、って違うか。
う〜ん、例えがよくわかんない。

>たとえば、邪気などにとらわれると、
>黒になってしまう。
しかし、黒全部が邪気とも思えないんだけど、
書き方みてたら黒=邪気って感じだけど、そうなの?
それにさー、白でもおかしなのって結構いるよ。それは邪気じゃないってこと?
あと、灰色はどうなのよ?

33 :(・w・):04/04/20 21:02
>>29
ごめん、今わかった。回線重くて28のリンク開けなかったんだわ。
>猫好きのおばさん
ってそういう事ね。了解。

34 :(・w・):04/04/20 21:26
>>29
読んできた。えーと。
>ところが「義」というものもクセモノなのである。
>単なる暴力団が右翼団体を名乗るように、大義を唱えて不仁をなす奴等は多い。
俺はここだけはわかる。
てかさ、こういう奴ばっかりじゃない。

35 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/20 23:26
>>34
>こういう奴ばっかりじゃない。

これって、こういう奴が多いという意味?
それとも、こういう奴ばかりではなく、
まともな人も中にいるという意味?

36 :(・w・):04/04/20 23:44
>>35
ごめん。
「こういう奴が多いという意味」です。
>それとも、こういう奴ばかりではなく、
>まともな人も中にいるという意味?
少なくとも俺はまともなのには出会ったことはない。
僧侶でも聖職者でも修行者でも。
まともそうかな、という情報が入っても、名前まではわからなかったり、
住んでる地方まではわかってもそれ以上の詳細は不明だったり
(お金ないからそこまで会いに行くのも無理)、
或いは既に亡くなっていたり・・・。

37 :名無しさん@3周年:04/04/21 11:21
>>36
州境批判はしたくないけど、
まともな州境者ってほとんどいないというファイナルアンサー?

霊的に敏感な人でも、
猫おばさんとかと出会うと、
ちょっと混乱させられる場合が多いよね。

それを、相手を批判非難しても、
問題は解決できないので、
どうしたら、そういう人と会っても、
ストレスなく通り過ぎていくかを考えたいと思います。

38 :名無しさん@3周年:04/04/21 14:39
Tなんて泣いてるだけまだましな方じゃないの?
漏れはT+Tの家族が合体した性格の猫婆に酷い目に遭わされた。

一方的に念とばすかなにかしてきて、
自分は良い事してる>良い事してるしてる自分が非難されたり、認められないわけがない
>自分は偉い>自分を否定したり、自分がする呪術を拒否するのは信じられない
>で、調伏

あんたに関わる気などないって言っても聞く耳なしで、
話全く通じないんだもん。
ロンパリって本当にいるんだとつくづく思ったよ。

39 :子龍:04/04/21 14:40
猫おばさんかー。何が本当の優しさかと考え始めると、混乱しちゃうよね。
湧き上がってくる思い・・・と言うものに翻弄されていたり、思い込みが
激しすぎる人もいるし・・・ってことで、実際は何も出来なくなる私でした。

40 :名無しさん@3周年:04/04/21 14:54
>>37
>どうしたら、そういう人と会っても、
キツイ、重い、しつこい、うっとおしいでもう大変。
しかも、そういうのに限って自分が見えない。

漏れが巻き込まれた猫婆なんて、
そいつ自身が患者だから相手にしちゃいけない、
と、他の霊能者に言われたよ・・・。

漏れは泣くしかないのか・・・?
激しく悔しいのだが。

41 :スカイジョーカー:04/04/21 16:11
>>38
出遭ってしまったのですね。
私の場合でもそうですが、
猫おばさんは、出会ってしまうと、
ストーカーのように付きまといます。

Tさんのように、自信のなさそうな顔と、
人をうかがうような目つき、変な思い込みが、
言動からすべて、彼女を、呪術に投げ込むのですが、
出会ってしまうことに原因があります。

>>39
コタツさんは、猫おばさんじゃないでしょ?
犬とかが好きなら、大丈夫。
あんまりたくさん飼うのはだめですが。(3匹くらいまで)

>>40
霊能者には、猫おばさんが多いよ。
やまんばとか、ねこおばさんとか、
霊能者とか霊的に敏感な人には、
そういう女性が結構いますね。

男では、霊的に敏感でも、猫おばさんにはならないけど、
やはり、自意識過剰で、精神的に弱い場合が見られるので、
ここは自分を強く強くしなければなりません。


42 :スカイジョーカー:04/04/21 16:14
つまり、相手が問題なのではなく、
自分が霊的に敏感だと、
そういう人を呼び込むのでしょう。

そういう人というのは、
いわゆる霊的に敏感なねこおばさんと、
出遭ってしまうわけですね。

だから、相手が悪いわけではない。
相手ではなく、自分に原因があるわけですね。

43 :スカイジョーカー:04/04/21 16:17
つまり、だれそれが、わるいとか、
自分が悪いとか、他人が、悪いとかじゃなくて、
ましてや、社会システムが悪いとか、
政府が悪いとか、資本家が悪いとか、
犯人探しをするべきではないということですね。

どうしたら、敏感な人が、
そういう現象で、トラブルなく通り抜けれるかです。

44 :名無しさん@3周年:04/04/21 18:52
>>38
>出会ってしまうことに原因があります。
出遭ってしまったのです。
しかしそうはいってもですね、
猫が餌を探すように、蛾が明かりに群がってくるように、
猫婆はいつも自分が喰える(利用出来る)被害者を探してますよ
(ちなみに漏れは猫婆のみならず猫ジジイにも遭ってしまったわけですけど。
猫婆みたいのは性別問わず年齢問わずいるよ)。
猫婆が意図して餌探してるのか、または、
猫婆にくっついてる猫婆の信仰してるものがそのようにさせてるのかその辺漏れにはわかんないが。

>>ここは自分を強く強くしなければなりません。
>>相手ではなく、自分に原因があるわけですね。
漏れにそんな事は思えない。そんな奴が野放しな方が悪いのでは?
野放しが許されるなら、そいつに仕返しする方法くらいあったっていいじゃないか。
仕返しの方法がないってことは被害者は泣き寝入りでは?
それに猫婆言ってやがったよ「やったもん勝ち」って。
被害者に厳しさを求めて、猫婆に優しい社会なのか、世の中とか宗教とか信仰って?
漏れに教えてくれよ。

45 :名無しさん@3周年:04/04/21 18:54
>犯人探しをするべきではないということですね。
なぜ?

>どうしたら、敏感な人が、
>そういう現象で、トラブルなく通り抜けれるかです。
その方法知りたい。

それと、猫婆に台無しにされたもの返して欲しい。
猫婆腹が立つ。
猫婆の呪術か何か知らないけど、猫の話題にひっかける訳でなく、
冗談抜きで「魚持って来い」とかまで言ってやがったもの。
あとカラスも使ってたな。

あの女、殺しに行ったろうかと小一時間・・・・・

46 :名無しさん@3周年:04/04/21 18:58
>犬とかが好きなら、大丈夫。
漏れは39じゃないけど何故?大丈夫でないと思うが。
相手(猫婆)が狗神使いだったらどうすんのよ?
漏れは実際それに追い掛け回されて死ぬ目にあったんだけど?

47 :名無しさん@3周年:04/04/21 19:34
こいつも最低。
売名行為で迷惑かけるんなら殺されてこいよ。

ttp://www.zakzak.co.jp/top/2004_04/t2004042102.html

48 :名無しさん@3周年:04/04/21 19:39
ttp://www.sankei.co.jp/news/040421/sha030.htm
ttp://2.pro.tok2.com/~higashi-nagasaki/g_a/G53-46.html

関連スレ
安田純平「いやあ、すごい楽しかったですねえ」
http://ex4.2ch.net/test/read.cgi/news/1082506515/l50

49 :スカイジョーカー:04/04/21 19:47
>>45
ちょっというか、かなり話がずれるんだけどね、
たとえば、前世のことで、平家のことが気になるときってありますよね?
で、平家とか、安徳天皇とか、
屋島の合戦とかを、勉強したり気にしたりしますよね?
でも、満足のいく回答を、
霊能者に期待しても、まったく回答は出されないわけですね。

当時の本当の状況がわからない。
草薙の剣も、鏡も、勾玉も海のそこに沈んでしまったはずなのに、
なぜか、その後京都で、王朝は継続している。

本当の前世を、出すことはおろか、
当時の情報も意識もまったく出せない霊能者って言うのが多いわけです。

それって、結局は、前世の真実を、だれも出していないということでしょう。
具体的なことは、誰もわからない。

前世の記憶というものも、
曖昧模糊として、確実なクリアな音声で語られることがない。

同じことが、イエスにの時代でも、仏陀の時代でも言える。
本当にその時代に生きた記憶を、生で語ってくれる人がいない。
聖書という捏造文書を基にした、あいまいな物語を語る霊能者って、
本当の霊能者とはいえないと思う。

50 :スカイジョーカー:04/04/21 19:49
ttp://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1082539826/
演出?ビデオに日本語の声?

ニュース速報プラスに立っていました。

51 :名無しさん@3周年:04/04/21 20:45
>>49
>でも、満足のいく回答を、
>霊能者に期待しても、まったく回答は出されないわけですね。
そう、真面目に聞いてりゃ余計混乱する。
だって次から次に下手な鉄砲数打ちゃ当たる、
って感じでいろんな事言ってきて、重ねて呪術を使ってくるもんだから。
当たらないから止めると思いきや延々としてくるんだもの。お前は何なんだと。
しかも漏れはそれをしてくれ、なんて頼んでないのにだよ。
あげく漏れの記憶書き換えにかかりやがって。くしょ〜。
>聖書という捏造文書を基にした、
漏れが会った猫婆&じじいは教会関係だけでないよ?
しかも教会関係以外までも聖書使ったりしやがるんだものな。

で、結局どうすりゃええのよ?
猫婆&猫じじいは「良いことしてやってる」と一方的にしてた訳だ。
良いことしてるなら素直に謝罪にこれるのではないのか?
謝罪なし、弁償なし、そんで犯人探しはダメってそれはないでしょう。
とりあえず猫婆&ジジイには殺意しかないのだけども。
あのインチキ連中が今でものうのうと、
おひさまの下何食わぬ顔で歩いてると思うと、ただただ腹が立つ。

52 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/21 21:23
>>51
サツイというか、そういうものを、
出されてしまうこと事態が、
相手のわなにはまっているのでは?

泥沼に、はまっている以上、
サツイを出しても、その泥沼からは抜け出せませんね。

相手を、気にするというのは、
14歳〜35歳くらいの青少年には、よくあることですが、
相手を、気にしているときは、
やはり、魔物というのか邪気というのか、
悪魔とでもいうべきなのか、
まがい物の神というべきなのか、
偽者の神に、心を支配されていると思いますよ。


53 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/21 21:26
>>52
なぜ、14歳から35歳かというと、相手のことが気になるのが、
14歳くらいから、早くても35歳くらいまで、遅いと、
50歳前後までは、相手の言動に振り回されやすいです。

早く、気がつく人は35歳から40歳くらいで気がつくようですが、
なかなか、難しいのが実情ですね。

54 :名無しさん@3周年:04/04/21 23:45
>>51
>相手のわなにはまっているのでは?
それは否定しない。というのも漏れは記憶の書き換えをされた訳なのだが。
普通だと、ずっとあってない人とか行ってない場所とかは思い出したりしないでしょ。
日々の生活の記憶が積み重なるよ、普通なら。
その部分に、それがとってもとってもまた入ってくるんだ、これが。
くっついてくる、といえばいいのか元々の記憶に戻らないんだな。
調伏と呪いみたいのでそうされたからね。
それした加害者は笑ってるよ。「ざまあみろ」って言ってたし。
猫婆に猫じじいがね、したんだ。ちなみに猫じじいは坊主(観念主義の気狂い)。
死んだらそいつがどこ行くかとか、
そいつの所属宗派がそいつ自身を冷ややかな目でみてる(宗派規定外のことしたから)、
というのをおいといてもとにかく腹が立つ。
正体もみたことあるよ。名前がわかんないんだけど、何種類かいた。

55 :名無しさん@3周年:04/04/21 23:49
>偽者の神に、心を支配されていると思いますよ。
そうだね。順序逆になったけど、正体みたことあるってのがそれ。
これは自分ではっきり”つけられた”と断言します。
上のレスに邪気が白とか黒とかあったけど、とにかく真っ黒。
まず起きれない状態に呪縛されて目を攻撃してきてあとは延々と嫌な気のようなものを。。。
これが何ヶ月も続いた。
防御用の数珠なんて簡単に吹き飛んだもの。たまりませんですよ。

>相手の言動に振り回されやすいです。
自分の記憶からそれが抜けたら済むことだとは思うんだけど。
抜いてもね、つけて来るんだ。猫おばさん、ストーカーだから。
暇なのか何なのか。権威主義者なのはまちがいないけど。
上の28のリンク先に(例:ボーダーライン人格障害)ってあったけど、その猫おばさんもそう。
他の霊能者にその相手のこと指摘されたのと、
自分でもあまりにも言動がおかしいと思ったんで調べたんだわ。
詳しい名前は忘れたけど「何とか性発達障害」ってのにおばさんビンゴ!

さらにそのおばさん利用した坊主までいるんだ。
上記の観念主義の気狂いがそれ。
坊主、このことばれてないと思ってる節があるけど皆知ってる話。

黙って神仏に拝んでる人間に打算起こして影から祈祷かけてきて、
あげく逆切れするなんてどういう人生歩んできたのかと思う。

普通の神経してたらまず何したか説明にきて、
呪縛し続けた事にたいして謝罪があるのが普通だと思うんだけども、でも何もなし。

な、もんで、
おまいら神経ないのかと小一時間・・・・・

56 :名無しさん@3周年:04/04/21 23:53
55ですが、
>さらにそのおばさん利用した坊主までいるんだ。
は、
さらにそのおばさん”を”利用した坊主までいるんだ。
です。


57 :名無しさん@3周年:04/04/22 00:06
5に、
>神社にしろ寺にしろ正統な歴史継承者は日本では世襲者ですね。
なんてあるけど、現実しらない人間の言葉。
スルーで行こうと思ってたけど、本当なので。


58 :名無しさん@3周年:04/04/22 00:59
チンポ切手女2なんな

59 :クマ:04/04/22 02:03
_____
 | \  __\
 |   |: ̄ ̄ ̄ ̄:|

60 :クマ:04/04/22 02:08
/:\.____\  
 |: ̄\ (∩・(ェ)・)\
 |:   |: ̄ ̄ U ̄:| くキィ・・・

61 :クマ:04/04/22 02:08
 ____
 /......  .. .../
 ||:::  ∩_∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ̄\ ( ・(ェ)・)<  クマー!
 |   |: ̄U U ̄:|\_____________

62 :クマ:04/04/22 02:17
ちんぽ切りが。。。。。。。。。。。。。。。来たクマ−!
 ,、_,、
 l ゚(・)゚l クマ−!
 lづ"/)
 .l/),,)
    l^r─'^、
   キ' ゚r。;゚ ミ  クマー─!
   〈_つ ∀,、ヽ
   | ,、 く (_ノ
   し′) )
     ヽ_) n_____n
        ノ '     ヽ
       i  ●  ●l、   クマ───!
      ,メ、. (__●.) ヾ.
     ∠ニつ .じ' /ソ
      |     /
      | /`> .>
      U  ヽ__∩___∩
            | ノ      ヽ
           /  ●   ● |  クマ────!!
           |    ( _●_)  ミ
          彡、   |∪|  、`\
         / __  ヽノ /´>  )
         (___)   / (_/
          |   つ    /
          |  /\ \
          | /    )  )
          ∪    (  \
                \_)

ちんぽ切りが来たクマ────!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

63 :クマ:04/04/22 02:23
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |    つ /  ←これのことクマ──!! 
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

64 :クマ:04/04/22 02:27
はっちゃけはっちゃけ!
         ,─────ー、
      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    ヽ
   / ̄/ヽ ̄ ̄ ̄ヽ |     つ
   |/ |∩|  ̄ ̄ ̄ ノ__  \
  彡 (~● ̄)   ミ    > >   )
   | ●   ●   |    (  (   i
 ⊂ヽ_____つ     \_\_つ

65 :クマ:04/04/22 02:35

58を捕まえたクマ──!! 
  ∩___∩
   | ノ      ヽ       
  /  ●   ● |   
  |    ( _●_)  ミ    
 彡、   |∪|  、`\__...
/ __  ヽノ / \___)
(___)   /      ‖
 |       /       ('A`;)
 |  /\ \       ( ) <<58
 | /    )  )        | |
 ∪    (  \
       \_)

66 :クマ:04/04/22 02:37
          〈〈〈〈 ヽ           ,,----、,,,,,,,,,、、
          〈⊃  }          / ,,-‐―、ヽヽヽヽ
   ∩___∩  |   |          / //    ヽ))))ヾ
   | ノ      ヽ !   !         i!Ξ/' .,,,,、、,,,,,ヽξ
  /  ●   ● |  /         , レ;:;::;:;)=-.ヽ,==- ヽ
  |    ( _●_)  ミ/   ,,・_  , (/ ;:;:;ノ'、,(_,、)( "",,ノ<<58
 彡、   |∪|  /    ’,∴ ・ ¨  l    ;::)‐=‐^ン:/
/ __  ヽノ /    、・∵ ’     ヽ.   ;:丿..:::::...::::::/
(___)   /         (ヽ、__,.ゝ、   ::::::::::::::_ノ ,-、



          __        ヽ l //
          〈〈〈〈 ヽ    ―― ・ ー――― <<58逝ってよしっ!
          〈⊃  }      // | ヽ  
   ∩___∩  |   |    / / |  ヽ
   | ノ ⌒  ⌒ヽ !   !      /   |
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/        ↑
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /      消えるクマ──!!

67 :クマ:04/04/22 02:40
          __     
          〈〈〈〈 ヽ 
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |   
   | ノ ⌒  ⌒ヽ !   ! 
  /  ●   ● |  /
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /     やったクマ──!!
/ __  ヽノ /
(___)   / 

68 :クマ:04/04/22 02:46
          ∧_∧
          ( ・∀・)<とりあえずもちつけ 
          ( つ旦)
          と__)__)     
          〈〈〈〈 ヽ    
          〈⊃  } 
   ∩___∩  |   |
   | ノ      ヽ/   !
  /  ○   ○ |  /
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /  
/ __  ヽノ /      
(___)   /  

69 :クマ:04/04/22 02:53
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  
  |    ( _●_)  ミ   くまー!!!
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )    ∧_∧  
(___)旦  / (_/    (´∀` )  くまー!  
 |    \  \       と と ヽo 
(____)__)     旦 (_(_,J

70 :クマ:04/04/22 03:06
  ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | そろそろ寝るでクマ──・・・
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/

   ____
 /......  .. .../
 ||:::  ∩_∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ̄\ ( ・(ェ)・)<  寝るクマー・・・ おやすも。
 |   |: ̄U U ̄:|\_____________


/:\.____\  
 |: ̄\ (∩・(ェ)・)\
 |:   |: ̄ ̄ U ̄:| くキィ・・・

_____
 | \  __\
 |   |: ̄ ̄ ̄ ̄:| くバタン

71 :スカイジョーカー:04/04/22 11:23
    何から突っ込め打ば分からないくらいの電波飛ばすなクマ―――――――!!
            〈〈〈〈 ヽ           /         ./ ヽ
            〈⊃  }          /ノノ ノノノノノノ人ヾ .! 
     ∩___∩  |   |          彡ノノ .,,,,,   ,,,,, .( 川  
 三  | ノ      ヽ !   !         | r |シ/ ,,,;:;::;:;)__ヽ !!ゞ. 
    /  ●   ● |  /        . ! |   _;:;::;:;) |ヽノ ヽ!ノ 
 三 |    ( _●_)  ミ/   ,,・_  .  j  ,;:;:;ノ' (r.しn)ヽ ノ}ノ
   彡、   |∪|  /    ’,∴ ・ ¨   ヾ     ;::)-U__ |Y//
  / __  ヽノ /    、・∵ ’      .ヽ.   ;:丿‐y `iノ < ぷぅわ
  (___)   /           (ヽ、__,.ゝ、    ~___,ノ ,-、

とりあえず、某左翼評論家を、殴る熊ーーーー。

72 :スカイジョーカー:04/04/22 11:25
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  
  |    ( _●_)  ミ 
 彡、   |∪|  、`\  Part2だクマー
/ __  ヽノ /´>  )  
(___)   / (_/       
 |       /        
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


73 :スカイジョーカー:04/04/22 11:29
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   おはようだ、クマーーー。
  |    ( _●_)  ミ  記憶を入れ込まれるのなんて、
 彡、   |∪|  、`\  恐ろしいストーカーだ、クマーーーー。
/ __  ヽノ /´>  )   >>54記憶というか、
(___)   / (_/    某今日祖に、昔脳をのっとられそうになった。   
 |       /        
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


74 :スカイジョーカー:04/04/22 11:40
>>54
前世の記憶の件でも、同じようなことがありますよ。
6年〜8年位前だが、自分では、全然覚えていないのに、
猫おばさんのAさんというおばさんに、
ギリシア時代紀元前10世紀〜6世紀の嘘情報と、平安時代、
平安末期、江戸時代の末期の、腑に落ちない記憶を、
入れ込まれそうになった。

別な女性のMさんという人には、8年前に、
江戸時代末期の変な記憶を入れ込まれそうになった。

また、9年以上前だが、
やはり、紀元前50世紀〜紀元前15世紀の、
エジプトの記憶を、入れ込まれて、
大変なことになった。

つまり、10年前とか9年前とかに、
結構、いろいろな出来事が起きているのね。

75 :子龍:04/04/23 17:10
54-55
大変な思いをされているんですね。なぜ、そんなに執拗に関わってくるんでしょうね。
普通は、金銭を搾り取ったら終わりなのかと思っていました。

その爺婆が、基本的には普通の人間であるとしたら、何か、人に認められたい、
評価されたいと言ったような寂しさがあるのではないでしょうか。それを歪んだ
形でしか表現できないんでしょうね。・・・まさに、キチ外に刃物状態ですが。

あなたは、冷静に物事をみつめて、気を乱されたり囚われたりしないように心がけること、
自分の足元、現実の自分を見失わないように、身近な何かを、具体的に大切に
してみてはいかがでしょうか。

76 :名無しさん@3周年:04/04/24 16:22
認める認めないはあくまで人が評価することであって、自分で決めることでもないね、
年長者からいい子いい子されたいのはわかるのだが・・・

金銭を搾り取るとか、パラサイトして養分を吸うとか、金づるを確保するとか、
何故にそうやって他者から得ることしか思い付かないのかね?

曲がりなりにも、何故自分でゼロから起こして育てて行こうとしないのだろう、
開拓精神と言うか、在野精神が見当たらないのだね、宗教に凝ったり関わったりする人には、

既存価値観の保守的権威なんていずれは必ず落ちぶれるものだがね、
保守があれば必ず後から革新が追い付いて来るものだがな、




77 :新芽:04/04/24 21:03
宗教板の諸君ご機嫌よう。


78 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/04/25 21:37
>>76
州境の一番くだらない点は、
何も生産しないからだよね?
何も生産しないだけならまだいいけど、
悪いものを生産している。
それが悪影響を与える。
霊的に敏感な人は、
それによって、州境から悪い影響を受けるんだよね。

79 :子龍:04/04/26 16:52
自分に何らかの感覚がある人は、自分でナントカしてみようと思ったりもするけど、
それがわからない人は、わかるという人の言葉を鵜呑みにする。ココが危険なんだよね。

少なくとも、自分の名誉や、金銭にこだわって人を指導したり、脅したりしている人は
神をも恐れぬ不届きものであって、神の使いとしての言葉は伝えていないと考えても
いいと思うよ。

それよりも幼子のほうが、よっぽど当たり前の道理を体現している。何が真実なのか
判らなくなった時は、自分をがんじがらめにしている常識をとっぱらって、素直な自分を
思い出してみよう。
人とのふれあいに温かさを感じたり、美味しい物を食べたり、単純なことの中に、本物の
輝きを発見したりできるものだよ。

特別な才能はいらない。人間が人間らしく生きることに、この世に生まれた意味があるんだから。
霊的なことや、あの世のことは、死んだらいやでもそれが現実になるでしょ。その時に
考えたらいいよ。
いい加減な情報に振り回されるよりは、今の自分の感覚を見つめなおしたほうがいい。

80 :スカイジョーカー:04/04/27 11:55
霊的感覚は、
ぼんやりとしたイメージだけで、
具体性にかけるので、
前世などが何者だったかが良くわからない場合が多い。

具体性のない前世では、
自分が何者だったかも、
霊的感覚が鈍感な人はわからない。

しかし、猫おばさん風味の、
霊能者などは、なんか、それらしい情報を言うので、
惑わされる。
困ったものである。

81 :名無しさん@3周年:04/04/27 12:29
要はエネルギーの問題。
エネルギーは高い部位から低い部位にしか絶対に進まないし、
低い部位から高い部位なんかには絶対に進まない。
水とおんなじ。
エネルギーがあれば絶対的に正しい、ただそれだけのこと、

エネルギーを他者から貰って他者を救う、なんてことは根本的に有り得ない。
そんなことをもしする奴がいるのなら、外国からの援助だけで活きている
援交国家の北朝鮮みたいなもの(爆葉、
もらい物で永らえて自国民には親分風・・・

そんなものは、国家でも個人でも真っ当な神仏など付くはずがない、


82 :名無しさん@3周年:04/04/27 12:36
北朝鮮なら未だ紳士服とか靴とかの雑貨製品を極低賃金で生産して世の役に立っているがな・・・・・・・・・


83 :スカイジョーカー:04/04/27 12:50
>>81
某北朝鮮系の、州境関係者がいたが、
彼のエネルギーって言うのは、
他者からもらったエネルギーなんだろうか?

個人だけど、真っ当なエネルギーじゃないね?

>>81
エネルギーが高いほうがいいのですね?

84 :スカイジョーカー:04/04/27 12:51
>>82
紳士服とか、
靴を、北朝鮮で生産しているのですね?

85 :名無しさん@3周年:04/04/27 12:54
ケツの毛だろ?どうせ


86 :名無しさん@3周年:04/04/27 13:13
生霊程度なら軽いけど、背反の怨敵なのだから
潰れるまで徹底してやりますが何か?

87 :スカイジョーカー:04/04/27 13:28
誰も来ないですね。

88 :スカイジョーカー:04/04/27 15:35
>>81
となると、やはり、エネルギーが、
低いと、間違った神のエネルギーが流れ込むということでしょうか?

89 :スカイジョーカー:04/04/27 15:36
>>81
ただ、問題なのは、
日本の政治中枢が、北朝鮮と仲良くしたがってっているのですが?

90 :名無しさん@3周年:04/04/28 00:27
荒削りな臭マンは一億を積まれてもお断り、
プンプンプンプン臭いね、
毎日毎日、

91 :スカイジョーカー:04/04/28 10:45
確かに、臭い○○こは、いただけないな。

92 :子龍:04/04/28 11:04
>>80
今の自分が、何であって、どう生きたいのか。それさえもよくわかっていない人は多いです。
つまり、地に足が着いていないのです。でもあせることはありません。死ぬまでにわかれば
いいのですから。

不思議な力に頼って、手っ取り早くそれを知り、手っ取り早く幸せになりたいと思うところに
落とし穴があります。自分が自ら学び成長していくことに、生きている意味があるのですから、
それさえ実行していれば、自分の道を人に教えてもらう必要はありません。間違えてと気付いたら
その時にやり直せばいいのですから。
一度も間違ったことがないなんていっている人がいたら、嘘つきだと思って間違いないでしょう。

前世なんて、おぼろげながらも気付いたときにへ〜〜〜と思えばいいのです。特に何の影響力も
ないでしょう。あるとしたら、同じ経験を生かせるかどうか?かな。
知る必要もないのに知りたい知りたいと思っていると、どんな嘘つきでも寄って来ますよ。

前世がわかるからって何なのよ。もし、何らかの知る必要があるのならば、何なのか教えて
ください。と、霊能者の人に聞き返すくらいでいいと思います。私は今の人生で学ぶことで精一杯なので・・・と。

93 :スカイジョーカー:04/04/28 11:24
>>92
前世を、言う霊能者の人の一部でしょうが(全部かどうかは別として)、
相手に、前世で、その霊能者と関係があったとかいう個人的な関係を持ち出して、
自分の、臭い○○○と、関係しようとたくらむ、
気持ち悪い女性がいる場合があります。

男の霊能者の場合は、
相手に、戦争で死んだとか言う、
いつの時代の、どういう存在かを規定できないくせに、
恐怖の情報を与えて、
実際にその現象を起こして、
自分の霊能力を認めさせようとする人もいます。

たぶん、事故情報は、確かに起こりうる現象なのでしょうが、
なぜ、それが前世の、戦争と関係しているのか、
よくわからないところがあります。

ただ、不思議なのは、
そういう中途半端な霊能者でも、
前世の記憶を、80パーセントを、消去できることなんですね。

94 :スカイジョーカー:04/04/28 13:40
             クマスレ     良スレ  普通   糞スレ
               ┝ - - - - ┿━━━┿━━━┥
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / / マジオススメ
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /´


95 :スカイジョーカー:04/04/28 20:07
霊的感覚を磨くための練習問題。

現代国語編
以下の文章の○○○などに、、適当な文字を入れて、
何化を感じ取りなさい。

>○○○に○○○○○その○○○の○○を○に○し素○らしいものと○め○っていては、
>本○の○○○○も○○の○○も分からずに○○の中を○○○○続けていくことになるでしょう。
> ○○○○○等々、○○○な○○です。
>そんな○○を○に○きそこから真○の○○を感じてもそれは○さな○さな○○でしかありません。


96 :名無しさん@3周年:04/04/28 23:47
前世で意気地の無いダメ虫でも、現世では独裁者の王様な人もいますよ。
毎日毎日○○○○攻め。

97 :スカイジョーカー:04/04/28 23:54
>>96
日本人で?

98 :子龍:04/04/29 13:57
>>93
そんな中途半端な霊能力者がいるんですね。迷惑な話ですね。生きてるといろんな
ドキュンちゃんに会いますよ。
それ以上のドキュンを演じるというのも、ひとつの手ですよ。相手をあきれさせ
ちゃいましょ。

99 :名無しさん@3周年:04/04/29 15:08
つーか、本当の高級霊の世界を知らない〃自称霊者〃が一番あわれ、
低級霊は決断も遅いし、低レベルなことを混ぜくり返して悩むもの、
〃適度にヒマ〃なのも特長、

本当の高級霊は悩まないし、決断も早いし、うるさいことも言わないし、
荒削りに見えて繊細だし、自惚れじみてもいないし、
本当に価値のあることにしか投資もしないね、

あと、低級霊ほど物凄い長文レスだね、

100 :名無しさん@3周年:04/04/29 15:09
高級霊は徹底してヒマだね、
そのかわし、そのヒマな時間を自発的に使ってるね、

101 :名無しさん@3周年:04/04/29 16:16
何だかんだでも高級霊達は絶対にくだらないことには投資はしないものだよ。
無から有を出す才覚のある人達ほどね。既存の無からは無しか生まれないよ、

別にロマンは求めてもいいさ、乞食だってロマンは持っているし、
元請業でもない搾取対象の泡銭の貰い仕事の下請け土方業だって独立自尊のロマンを持っている奴もいるだろ、
建機会社の営業が「社長社長社長」っておだててブル買えクレーン買えって、
〃設備投資〃と言う名の搾取をされかかっているのにさぁー、おだてを本気にする奴がいるだろ、

まぁ、臭いエリアに行くと、つべこべ言う低級霊もいるが、オレは鼻を摘んでも
臭いけどおだてて金だけ搾るがな、



102 :名無しさん@3周年:04/04/29 16:18
マリヤ崇拝すると悪霊が来て金縛りになります。

103 :スカイジョーカー:04/04/29 16:34
>>99
長文が多くてすまない。
低級霊に支配されているので許してください。

>荒削りに見えて、
>繊細でうぬぼれもない。
>本当に価値のあることにしか投資しない。

はげどう。

104 :スカイジョーカー:04/04/29 16:37
>>101
臭い、エリアに行きたくないです。
デモ、失敗していってしまいました。

>>102
マリア崇拝者を、
臭い○○子に、投げ込めというスレッドがありますね。
臭い、ま○こだけは、1000兆円の1000億倍もらっても、
舐めたくないです。

105 :名無しさん@3周年:04/04/29 18:09
>104
スカイジョーカー さまへ
ちょっと、お品が・・・

106 :お尋ね:04/04/29 20:24
霊視鑑定していただける方はどこにいますか?
もし可能であれば見てもらいたいのですが。

私は以前、「何かにとりつかてれいる」と言われて事があり、
また、電車内でもかなり離れた人に「ジー」と
見つめられたことも何度かあります。
その顔つきが怖いものを見たときの顔つきで
かなり引きつった表情をしていました。
そのときはジーパンにシャツで
特に変わった格好をしていたわけではではありません。

やはり私生活もそれほど上手くいっていません。
掘り出した天然の水晶を持ったこともありますが、
特に効果はありませんでした。
また、風水などに凝った事もありますが全く効果はありません。

助けてークレー!!

107 :名無しさん@3周年:04/04/29 20:53
>106
悪い感じがしませんねえー
龍がついるし
指導霊もついてますよ
何か生きがいのあることを始めたらどうですか
人生を自分も人も豊かになる方向で
いかれたらいいんじゃないかなあ
そんなに、困ることないと思いすが(w
人生の方向がしっかりしてますかあ?
今一度、人生の方向チェックされてわ?
よけいな、お世話でしたあ・・・気に入らなかったら・・・スルーしてちょでつ



108 :スカイジョーカー:04/04/29 22:26
>>105
あ、すいません。
普段は、公家言葉とかを使っているのですが、w
心と宗教の板にきてから、
ま○○というスレッドとか、
【マリア崇拝者を、○い○○○に、投げ込め。】というスレッドを、
よく見ているものですから、
影響されてしまいました。

109 :スカイジョーカー:04/04/29 22:40
>>105
削除されてしまっていました。

ttp://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1060678598/

やはり、○い○○○と言う表現がまずかったようです。

110 :名無しさん@3周年:04/04/29 23:16
どんなことがあっても
必要以上に、魚でする日半はひかえて
まあ、自分たちの前向きな話へもっていったほうが
・・・たのしいですかねえー

111 :名無しさん@3周年:04/04/29 23:16
ミナサン言葉使いが下品なのは低級霊のしわざですかなwww

112 :スカイジョーカー:04/04/29 23:37
>>111
低級霊でも、パワーのある上品な低級霊と、
パワーのない、下品な低級霊とあるようですね。
今回は、パワーのない、下品なほうに、
取り付かれて、有頂天になったような気がします。
最悪ですね。

113 :スカイジョーカー:04/04/29 23:39
>>110
どうもすいません。
高級な霊のほうに、前向きでいきましょう。
「駐車場の、前向きのサインに、勇気づく。」

114 :名無しさん@3周年:04/04/30 00:17
コソコソご苦労さん屁理屈こいているけどさぁー
オレの師匠の形相凄かったぞ、
「何だ今までのザマは、根性が無いからだ」
の一言だったよ、薩摩の出だったけどさぁー、甘っちょろい顔なんかしてなかった、

でも見込まれたねぇ、オレは、
「オマエは地味だが泥棒(合法的)の七つ道具を本能的に使いこなせる」って言われたね、

もう一人、「オレは高級霊だ」って奴いたけど、その上司に言わせれば、
「あの歳で自分のことしか考えない奴は駄目」でクビだったね、

115 :名無しさん@3周年:04/04/30 00:40
屁のような理論理屈を説明さえすりゃー・・・・
論議に理屈でどうの・・・ってのは度素人でしてね、

本当の高級霊能者って言うのは下世話会話をしながら相手をマインドコントロールしちまうな、
ある種、臨床医の手法だがな、薩摩はやはりさすがだな、
あとまあ昔の今東光なんつーのはその口かなぁ?さすが明治の人間だね、
ノーマル人間の三歩先を見ているのさ、
結果論優先で考えて実践すること自体も一種の霊脳でしてね、
若い頃にある種修羅場や特異体験を潜っていない凡人とか、
2CHで超長文をするような輩には無理だと思いますがね。







116 :スカイジョーカー:04/04/30 09:55
よく、わかりませんが?

117 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/01 13:00
さてと、誰も来ないから、
独り言でも、書き込んでいこうかな?

118 :名無しさん@3周年:04/05/01 15:24
1さん、横レス失礼します。

>>114-115
よかったら、お師匠さんにどんな風に教わったのか、ぼちぼち書き込んでください。

119 :マックス・スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/01 15:33
>>118
待ってたんだけど、
案外、具体的なことを書いてくださらないので、
困っています。

120 :スカイジョーカー:04/05/02 11:35
コタツさんへ、
最近、加味さんも、
ねこめさんもきません。
情報を書き換えられて困った人はどうしたのかな?

121 :スカイジョーカー:04/05/02 17:45
世界史、日本史問わず、
歴史認識でも、
本当の情報を書き換えられているんじゃないだろうか?

世界観とか、歴史観と、
宇宙認識の、根本的な部分が、
どうも間違った情報を書き込まれているような気がする。

だから、霊能者とか、霊的に敏感になった場合でも、
なぜか、的をはずした情報が、与えられるのではないか?

122 :スカイジョーカー:04/05/02 19:29
1978年、折ビアを聞きながら、
アンリ=当時の雰囲気は、
○○の中華料理店が、
印象に残ります。

123 :名無しさん@3周年:04/05/05 05:53
>>120
>情報を書き換えられて困った人はどうしたのかな?
です。ご無沙汰しましてすいませんです。
質問とかあったので、それを書こうと思ってた矢先、
ここに書き込みしたのが連中にとってはまずいのか何なのか、
えらい勢いで調伏されますた・・・。
正直ストーカーと変わらないので困りますよ(泣)。
それが猫の性質と言ったらそれまでなのかも知れませんが・・・。
ちなみに調伏かけたのは坊主(猫じじい。猫飼ってるし)。いやはや。
自分が覚えておかれたら都合の悪い記憶を必死に消しにかかりやがって全く。
そんな事したかて、記録は全部取ってあるし、本山しっとるっちゅうねん。
どこまでも恥ずかしいやっちゃのお、しかし。
人の天目潰して、額を強姦してきて、何考えとるねん。
全く激しく疲れるがな。変にマイナスパワー炸裂させやがって、くしょ〜〜〜。

質問はスレ読んでからまた書かせて頂きますが、
とりあえず、ようやく書き込みできるまでに戻しました。

>>73
>某今日祖に、昔脳をのっとられそうになった。   
この時どう対処して助かったか教えてけろ。お願いします。

124 :名無しさん@3周年:04/05/05 05:54
>>75
亀レスすんません。
>その爺婆が、基本的には普通の人間であるとしたら、
えと、人間ですよ。婆は霊能者、爺は坊主。
他にも、霊能者気取りみたいな奴もおるけど、今はあんまり関係ないかと。
認められたいもなにも、相手はエエ歳こいた大人ですよ???
婆は大学いってるか卒業してるかの子供がおるから50〜60くらいやろうし、爺はもう80前後じゃないかなあ、と。
婆は知らないけど、爺が人を利用しただけ、ちゅうのは知ってる。
それに連中とそもそも一切無関係な漏れに、認める認めないが出てくるのかが、わからんです。
それにね、
>評価されたいと言ったような寂しさがあるのではないでしょうか。
評価もなにも、金持ちですよ。漏れ言われたですよ。
「坊主になっていっぱい稼いだ。お前も坊主になって稼げや」ってね。
漏れは糞に「お前みたいな腐れ外道は死ね」言うて断ったら調伏ですがな、これが・・・。
>あなたは、冷静に物事をみつめて、気を乱されたり囚われたりしないように心がけること、
額潰されてからはなかなか難しいんですよ、これが。元になかなか戻らなくて。

ここだか前だかの荒らしのレスで、働かない奴はどうのこうのってあった気するが、
そいつら、一日二回、延々調伏にかかるんだ。
飛ばしてきた念によれば「俺は働くために坊主になったんじゃない」だとさ。
それとるのに必死だから漏れなんかの場合、働くとか以前の問題。
何飛ばしてくるのか知らんけど、一度あのレス書いた荒らしは体験しろよ、と言いたいね。
漏れそれとってもらうの、霊験あらたかと謳ってる有名どころの神社仏閣何件も断られたもの。
あげく取れたら取れたで、相手になんかあったんだろうね。殺しにかかられたよ。
あるとこで「坊主はそんなことはしないと思うけどなあ・・・。
だってそういう勉強してるんだから」とは言われたけども、本山では糞坊主確定。

まったくぬっころしてやりたい・・・

125 :名無しさん@3周年:04/05/05 05:58
>>74
漏れもありますよ。時期もほぼ同じ。
でも一番きつかったのは、家族や坊主の厄?みたいのを全部背負わされたのにはまいった。
しかも背負わせて当たり前と思ってるし。

>>79
>それがわからない人は、わかるという人の言葉を鵜呑みにする。ココが危険なんだよね。
漏れは「あんたらには絶対かかわりたくない」って言ってましたよ。
したらば「生意気だ」とか「黙って俺らの言いなりになっとけ」とか言って調伏の荒らし。
戒体壊したあげく「ざまあみろ。まあ生きてたらそのうち良いこともあるやろ」ですと。
これ言ったの坊主なんだよな。殺したいねえ。

>神をも恐れぬ不届きものであって、
坊主や霊能者には、その自覚なしですよ。
しかもそれをわざわざ本山まで認めやがって・・・認める前に破門にせえや・・・。

>いい加減な情報に振り回されるよりは、今の自分の感覚を見つめなおしたほうがいい。
方法がわかりません。

>>81
>低い部位から高い部位なんかには絶対に進まない。
これは絶対的に違うと思う、漏れなんかは。

>>92
>不思議な力に頼って、手っ取り早くそれを知り、手っ取り早く幸せになりたいと思うところに
落とし穴があります。
今の祈祷系ってみんなこれですが・・・。祈祷系っても伝統佛教ですよ、新興宗教でなく。
上に書いた坊主は「手っ取り早く幸せ」の肯定を自分の著書内でも書いてる。
しかも、その本は宗派の大学で使われてたりする・・・。
漏れは前世とか興味ないけど、そういや猫は爺も婆も前世がどうのこうの言ってたなあ。

126 :名無しさん@3周年:04/05/05 06:27
>>93
まったく同じことされたなあ、漏れは。
腐れま○こを押し付けてくる、って確かにそう。
びっくらこいた。

違うのは男の霊能者の方。
なんとち○こ押し付けてきたんだよ・・・。
しかも女の霊?かなにかとワンセットで。どうなってんだかな・・・。

>>98
>それ以上のドキュンを演じるというのも、ひとつの手ですよ。
それをして調伏かけられますたよ、漏れは・・・。
腐れ外道の野郎、護摩壇まで焚きやがって。

そうだ、思い出した。
>>49
>聖書という捏造文書を基にした
ですが。他スレで聞いたら、
偽書というなら聖書以外も全部偽書だ、と言われましたが?
あとそんな事言うのは何宗かとも聞かれた。知らん言うたが。
前スレ含めてここの書き込みの一部、
創価の香ばしい匂いは確かにするなあとは漏れも思う。
今の公明や創価とまったく同一の意見が散見されるのが気になる。
漏れは特定の宗派によらない、っていうから「ここは良いかも!」と思ったわけだが。

127 :漏れもクマはっとく。:04/05/05 06:49
::::::::::/          ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::|  く   じ  君 i::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::.ゝ ま   つ   はノ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/  だ   に    イ:::::::::::::::::::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i     ::::::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ     ∩___∩
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、       |        ヽ
/. ` ' ● ' ニ 、    , / ●   ●  |
ニ __l___ノ     | ( _●_)   ミ
/ ̄ _  | i     彡、  |∪|   、`\
|( ̄`'  )/ / ,..    / _ヽノ   /´>  )
`ー---―' / '(__ )  (___)   / (_/
====( i)==::::/      |      /
:/     ヽ:::i       |  /\ \

128 :スカイジョーカー:04/05/05 12:45
>>126
層化、公明って、
言っていることは、なんか理屈っぽいけど、
漏れとしては、非常に臭いと感じる。

このスレッドに書き込む人の中に層化がいるのかな?

129 :スカイジョーカー:04/05/05 12:50
>>123
のっとられそうになって、
自分の思考形態が、
キョウソの思考と同じになってしまったことがあるのだが、
当時のやり方としては、
自分は、テニスや、ドライブなどのほうが、
大好きだと、
趣味的なことに熱中していったような記憶があります。

現実的な楽しみ、
ホテルのプールで泳ぐとか、
テニスの教室に通うとか、
友達とドライブで、三浦半島や伊豆半島を、
喫茶探索とか、温泉めぐりとか、
信州方面に、上高地などで、
ハイキングするとか、そういうことがいいようだな。

130 :名無しさん@3周年:04/05/05 12:55
>>126
2ちゃんねるきてて、だいたいわかったんだけど、
層化とか、統一とか、
仏教でも、新興宗教でも、
キリスト教でも、
どうやら、根本が偽書のような気がするよ。

層化、
統一、
仏教、
キリスト教、

2ちゃんねるだと、似ているような感じなんだんけど?

131 :スカイジョーカー:04/05/06 00:24
>>126
層化の、においがしたとしたら、
私の学生時代の、ある芸術関係の先生が、
層化だったことがあるので、
そのせいかな?
正直、わたしのせいなら、謝る。
その先生に、芸術関係の技術を習ったことがあるので。

132 :名無しさん@3周年:04/05/06 02:02
レスありがとうです。

>>129
>趣味的なことに
それはよくわかるんですが。
何飛ばしてくるのか知らんけど、
やたら重いのでそこまで持ってくだけで一日終わるという・・・。
猫って性質のは「自分が良いことしてるから、
あなたはそれに答えて当然」の意識が強いんかな、と。
というか、それしかない。しかもその良いことって、
自分(猫)のモノサシでの”良い”ことなんですよ、これが。
それを押付けられるのはたまりません。
しかも、指摘したら逆切れするしね。キモいですよ、本当に。
自由意思ってのを全然許さない。
封権的というか、権力大好きというか、ヒトラーと同じ。

133 :名無しさん@3周年:04/05/06 02:04
>>130
そうね〜、賛成。
漏れに念飛ばしてる輩もずいぶん自分の事偉そうに吹聴してた訳ですよ。
漏れは、それがそいつの宗派の総意なのかと思ってた。
けど、そいつらだけの自己満足だったみたい。
だから本山に言われたくなかったんだろうね。
そいつが名利に酔ってると言えばそれまでだけど。
しかし、金持ってて、周囲から「先生、先生」と言われてて、
いつも美味いもん食ってて、ガキの頃からなんの苦労もしてなかったら、
ああなっちゃうんかね
(だって爺の同年齢って皆戦地行ってる訳ですよ。
一般人ならある程度大変な苦労してる年代ですよ?
それが、爺は坊主の特権?だか何だか知らないが、戦時中は逃げ回ってた。
それで戦後、日本の未来を語って呪縛でぶいぶいいわしてたら世話ないやね)。

134 :名無しさん@3周年:04/05/06 02:07
>>131
いえ、あなたではないです。
臭うのは、HNなしのななしさん。
って漏れもななしですけど。

「芸術関係の先生」ってのが、よほど創価狂いで、
ウラで日蓮系の寺で修行した坊主とつるんでるか、
当時、坊主が先生自体に何かつけてたとか、
131氏がその先生となにかしらの縁とかコンタクトとかない限り、
無関係と思う。少なくとも書き込みからは創価の匂いはしません。

ある程度修行修めた宗派から出て、
他(新興)にいって自分で勝手にしてる人で無茶苦茶してる奴って結構いるので。
漏れも、こんな体験して、
困り果ててるのは漏れだけかとずっと思ってたけど、
一人だけあったことがあって。
その人を困らせてた奴は、元日蓮だか創価だかの坊主で、
自分の覚えたことを新天地で発動しまくりで、
その人も含めて他人を困らせてたという。。。
新天地は新興宗教だったんだけど、名前忘れた。
なんだっけな・・・。

135 :名無しさん@3周年:04/05/06 02:48
戦地の経験が無い右系の人ってのは、現実を観ていないから脳内理想論に傾くんだよ、
戦地での凄まじい死体や飢餓に苦しむ経験が無いから、第一線の苦労を理解しないんだね、
現実を見ない理想主義者ってのはある意味恐ろしいんだね、

さういう人はだいたいにおいて自己都合の悪いことは悪、って言う偏見を持つのだな、
だから短期的には自分にマイナスでも長期的にはプラスとなれば実行する、
と言ったようなことはやらないし出来ないんだね、自分の経験則が100%確実って言う
思い上がりを通り越して、自分の「感」が100%正しい、って人間に終いにはなるんだね、
妙な先入観と偏見と間仕切りだけが働いて、時代変化に追い付くどころか世間標準の客観視すらできない、

挙句は、無防備で弱弱しい子猫を虐待したり、自分より明らかに誰が観ても劣る人間を虐待したりするような浅ましい
人間に最後はなるのだね、軍事評論家の柘植久義の言う、「自国が降伏したら敵兵に味方の如く擦り寄る、おぞましい人間」
って奴にも似た真性のドキュソにな、

136 :名無しさん@3周年:04/05/06 03:23
>>135
レスありがとうです。

>戦地の経験が無い右系の人ってのは、現実を観ていないから脳内理想論に傾くんだよ、
凄く納得。
しかも修行で、それをより伸ばして強固にしてる訳なんですよ、これが。
さらには自分の子供(そいつも僧籍)は、それをまんま受け継ぐ訳で。
宗教以前に、信仰を隠れ蓑に、そういうのが温存されて、培養されてるってのは、ただ迷惑。

>挙句は、無防備で弱弱しい子猫を虐待したり、自分より明らかに誰が観ても劣る人間を虐待したりするような浅ましい
人間に最後はなるのだね
そうなんだわ。これも漏れわかる。虐待して、「当たり前」だったからな、連中。

137 :名無しさん@3周年:04/05/06 09:27
>「自国が降伏したら敵兵に味方の如く擦り寄る、おぞましい人間」

柘植は自著で、「同僚をも出世のために陥れてのし上がろうとするあきれた社会」
って、70年代の日本のサラリーマン社会に愛想を尽かしている、

戦後日本社会のそういう風土の土壌には敗戦があるからだとも思うがな、
国が敗戦したのに、昨日迄黙っていた奴が、まるで敵討ちの如く、酷い暴言暴力だったりしたんだな、
天皇なんかは猫で害も得も別段無いのに、これとばかりの仇討ちみたくだな、

そういう奴らのおかげでどの国にも当たり前にある国民信義のようなものが根本から崩れ去ったし、
お上とやらも信頼できなくなったし、基本的に何を言われても同じ物理的血族同士の国民でも、
もう一切付き合わない、というようなことになったんだな、物理的害を加えたアメリカに頼む方が
現実的だし、ねじ曲がった日本の社会なんかは相手にしないで、自分の考えの本流に近いところに
イザと云うときには頼む、って態度になってしまったのだね、
これはまず100年程度では修復は難しいと思うぞ、


138 :名無しさん@3周年:04/05/06 09:31
サラリーマンなんてネクタイと背広で常識的みたいだけど、
ケツの毛程度の価値観に保身的と云うか、観ていたチャンチャラ可笑しいんだな、

おかしな間切りをしてみたり、
最も間切りされる方も多くの年長者らが云うように、話のわからない亜穂だ、ってのも
どうやらホントのようだがな、

139 :スカイジョーカー:04/05/06 10:52
>>138
だから、>ケツの毛程度の価値観を、という書き込みをしていたのですね?

>>137
1970年代1980年代のサラリーマンの価値観って、
1940年代、1950年代、のサラリーマンの価値観と、
比較して、敗戦によって、
戦争の経験がなかった連中なんだよ。

日本の1935年4月生まれ以降の子供って、
なぜか、サヨク的傾向が強いんだよね。

140 :名無しさん@3周年:04/05/06 11:42
「就職して背広とネクタイと難しい人間関係のオフィスだと、私はそういう堅苦しい場所から
パァーッと出て逃げ出してしまう」、
柘植久義が自著で述べていたけど、まあ、住み心地のいい奴も中にはいるんじゃないの?
漏れなんかも柘植の口だけど、


141 :スカイジョーカー:04/05/06 11:47
>>140
柘植さんは、かっこいいよね。
サバイバルだし、
背広とか、ネクタイとかと無関係で生きているね。

142 :子龍:04/05/06 13:13
マックスと、スカイジョーカーは同一人物だよね?
どうして使い分けてるの?

143 :子龍:04/05/06 13:30
123−126さん、無事でよかったです。大変な思いをされているのですね。
私は、あなたの書き込みからとんでもない糞坊主がいるんだなと、驚いているんですが
あなた自身は、すごくまともですよ。ここにどんどん書き込んで、自分のほうがまとも
なのだと、再確認してください。

>いいかげんな情報にふりまわされるよりは・・・
具体的には、霊的な世界とはかかわらずに(糞坊主から逃げられるといいね)
自分の感覚、何に幸福を感じるかとか・・・とりあえず、人の価値観なんか
どうでもいいってことにしておいてください。(あなたの価値観はしごくまともです。)

132,133、同意。
>猫のモノサシでの良いこと・・・
>まちがった特権・・・
本当に最悪のやつらだ〜〜。(つける薬はないものか・・・

144 :子龍:04/05/06 13:41
私も層化のかおりを感じます。(魔を利用しようとする糞坊主のこと。
知り合いに層化の人がいて、私は憎まれてはいないんだけど、言葉の端々に
憎む言葉とか、自分の都合のいいように運命を変えようとするところがあるのよね。
なんか、それでは、自分の成長には繋がらないような気がするんだよね。

自分を見つめるところとか・・・仏教にはそう言う要素があることを忘れているよね。
層化って、価値を創る事に意味があって、既にある価値を認めようとしない、
無神論だよね。

145 :名無しさん@3周年:04/05/06 14:38
別に糞坊主なんて怖くもなんともないさ、
財力が特別あるわけでもないし、
そねんで吠えているだけだ、
何の利にもならないのに、

オモロイから時々覗くだけ、

146 :Sa2 ◆l0rbLHJjBY :04/05/06 18:49
チョト失礼しますよ))
たぶん尋ね人はこちらにいそうなので。
遊びにきてみました!
あ、ちなみに私はまったーく宗教性ゼロの者です。
しばらく彼の方をみかけなかったので。
元気そうですね♪ お邪魔しますた))

147 :スカイジョーカー:04/05/06 23:35
>>142
パソコンが2台あって、
1台にはトリップが入ってるけど、
今書いているほうにはまだトリップが入ってないの。
今度、トリップを入れておきます。
ごめんなさい。

148 :名無しさん@3周年:04/05/06 23:49
動けない病気の子猫のような自然界の弱者を五体満足な者が比較の対象にすること自体
間違いを通り越しているばかりか開いた口が塞がらない、
そんなことは層化だってほとんどの者はしない、層化は自分にとっては域外の関係だが、
その層化にさえ猫関連で不愉快的なことはされたことがないし、嫌な思いも全く記憶には無い、

猫がウザイのなら相手にする必要も無かったし、飼わなければよかっただけの話、
現に飼いたく無かったので一度は追い出したとも聞いたことがある、
人間以前の非道な話、






149 :名無しさん@3周年:04/05/07 00:36
ネコは適度に天性愛嬌も有ったし決して憎まれない存在だったけど、

むかつくのは犬。特にびんぼっ垂れの糞犬だなぁ、
金もろくすっぽねぇくせにギャンギャンギャンギャン吠えるのだけはいっちょ前、
愛嬌もまったくねぇーし、オスかメスかもわからねぇー、
びんぼっ垂れの奴ほど権利だけはいっちょ前に主張すんだよな、
そんでもって決断力がねぇーからウジウジウジウジしてやんの、

オレの父方の大財閥の盟主は、「男は決断力、」「決断力の無い奴は駄目」が言葉だったが、
ホントビンボッ垂れって糞みたいな小さなことで迷うんだよな、

まぁ、オレの本音はとっとと「金だけ持って来い」だから、血圧の低い奴らが亜穂に見えるだけかもしれんがな、



150 :名無しさん@3周年:04/05/07 02:43
いやはや・・・ここに書かれるの余程嫌みたいだすわ。本日も一日念飛ばされた・・・。
しかも、ここのアドバイス読んだ事を、頭に剣か何かつきさしてきて、漏れの心を読んで、
あげく、それとは逆の念飛ばしてきて凹ましにかかられますた・・・。
まあ、あまりに続くようだと、この板の他スレに実名書きます。

>>137
>柘植は自著で、「同僚をも出世のために陥れてのし上がろうとするあきれた社会」
これでは駄目だから、新たに道を切り開こう、と思ったとしますがな。
で、一般社会だと「同僚をも出世のために陥れてのし上がった奴」と、
それとは別の道を切り開こうって奴は、ごくごく普通に考えたら、絶対別人でしょ?
しかし、祈祷系とか、祈祷系でなくとも宗教で理論武装して、自分見失ってる奴ってそうではないんですよ。

そいつら、どっちにも、賛成つうか、同意しよるんです。
たとえ今、「同僚をも出世のために陥れ」てる真っ最中でもね。

まともに聞いてたら、こっちが頭おかしくなってくるんですが。

強姦した奴が犯した後で、泣いてる被害者に謝罪でなく、
「まあ元気だせよ」と言ってるのと同じシチュエーションですわ。
しかも、それが、当たり前っちゅうね。だから漏れは殺したいのですよ。

そういう卑怯なことをしてる少なくとも漏れが巻き込まれた糞坊主や糞霊能者ってのは、
「誰でもやってる」とか「何が悪い?」と、こうでした。

しかもね、漏れ最初は、こいつら気狂いだから、こいつらだけが、そう言ってるのかと思ってますた。
ところが、「自分は神仏に選ばれてる」と言う連中って、まあほんとにね、全部一緒でしたよ。
宗派の東西問わず。漏れは、ここに本当のヒエラルキーを見た気がしますたよ。
意識的にしろ、無意識的にしろ、選民思想って怖いなあと、思いますた。

151 :名無しさん@3周年:04/05/07 02:46
>>143
レスありがとうです。
>私は、あなたの書き込みからとんでもない糞坊主がいるんだなと、驚いているんですが
う〜ん、糞坊主の所属してる本山に文句も言ったのですよ。祈祷系伝統宗派ですが。
しかし、「ああ、○○さんね。知ってます。そういうのを狂信者って言うんですけどね。大変な目にあわれましたね」
・・・それだけですた。そいつ破門にもなってないし。

>ここにどんどん書き込んで、
頑張ります。しかしとにかく呪縛がキツイので(感受部分をコントロールしてくる)・・・。
しかも文句言えないように神経押さえこみにかかるんですよ。

呪術も、なんでも有りの状態で。
猫婆は、蟲毒使うし(婆が人の腕にある害虫を飛ばして延々つけてた部分は、アトが残ってます)。
猫爺も含めたら、他には、精液使ったり、目潰しにかかったり(これで数ヶ月起きる事さえ出来ませんでした)、
正しい名前知らんけど人を操る術使ったり、とにかく呪詛のオンパレード。
で、「働くより大切なことがあるやろが!」と、エラソウに言うてますた。
下の148,149で犬猫に触れてますが、本当の狗や猫使う奴ってあんなんじゃないので
(148,149は、対象の表現の方法が根本的に違う)。
あと、創価についても触れてるけど、実際を知ってない。
まあ、祈祷側でなく、目に見える側からの意見ととれば、ごく普通ですが。

>具体的には、霊的な世界とはかかわらずに
ええと。関わってないです。したら、使役してるもの飛ばしてきて、延々お経を、がなりたてたり、
女の霊体?みたいのを飛ばしてきたり・・・、一方通行なんで話が通じません。

とりあえず記憶を取り戻したいです。
ちょっと記憶が戻ってきても、奴ら、天目潰して、体調悪くさせて(毒霧みたいのを吹いてくる)・・・の繰り返しです。

152 :名無しさん@3周年:04/05/07 02:48
>>144
創価だけでなく、カトリックのほのかな臭いもするんですよね。
これもななしさんですが。
ここの板のカトスレ参考にしても絶対わからないけど、
漏れ、カトではないけど、カトの深部知ってるので。
カトの話題出してないけど、まんまカトだろそれ?、な部分があります。
ここの上にマリアがどうの、って出てたから、当初スルーで行こうと思ってたけど、書きますた。
マリア崇拝はカトでも会派によって受け止め方が全然違うので
(それは表立っては決して言ってないし、言う事もない。それがカト)。
あと漏れカトではないので、特に意見はなしです。

153 :149:04/05/07 09:15
149は祈祷とは関係ないよ、
漏れ個人の内容のこと、

新たな価値を切り開く → こういうのが総て草加だ、ってのは偏見もいいとこ、ホントのもんは味もいい、

旧来価値に縋って吠える → こちらじゃねぇーか? ホントのとこは? そんで、これは簡単。


154 :名無しさん@3周年:04/05/07 12:28
念力や祈祷力なんて誰にでもあるんだよ、
チ○○や○ン○が誰にでもあるように、

その誰にでもあるものを商売の道具に使うのは言わずと知れた輩だな、
ストリートとあんまし変わんない、言っちゃワルいけど、

能力の同じ部分ばかりを使っていると、いずれおかしくもなる、
だいたい人間の脳なんてのは宇宙天体と密接に関係していて、
能力がフルに発揮するなんてのは太陽系天体が一列になったときとか、
宇宙エイリアンからパワーを受けたときとかの極一時だけなんだよ、

継続的に超能力なんて云う奴はだいたいキツネか野良かダキニだよ、

155 :名無しさん@3周年:04/05/07 12:37
祈祷で力む者に天才もいないね、
天才はどんな業界でもリラックスしているね、
力む奴はたいした奴じゃーない、


156 :名無しさん@3周年:04/05/07 12:57
>>154-155
>能力の同じ部分ばかりを使っていると、いずれおかしくもなる、

>祈祷で力む者に天才もいないね、

すると、修行っていうのは、何をどう鍛えてることになるんですか?

157 :名無しさん@3周年:04/05/07 14:41
精神の弱い人間を見付けて騙して喰いものとして還元するアルゴリズムの追求が
何より脱糞をする消費人間としての修行。

158 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 15:06
精神が、弱い場合は、
宗教に自ら参加して、
わざわざ、食い物にされる場合が多いようです。
霊的に敏感な人は気を付けましょう。

159 :子龍:04/05/07 15:16
151さん、ほんとにどうしたもんだか・・・ですね。
それらをはねかえすパワーをどうしたら得られるものでしょうか。
人によっては、水晶など、逆効果になると言う話を聞いたことがあります。
誰か専門家はいないでしょうか。・・・なんて言ってると、嘘つきが近付いて
来る可能性も・・・ですね。

例え話ですが、
自分の手の汚れが、洗っても洗っても落ちないと悩んでいる人がいました。
ある日ふと、汚れたハンカチに気付き、洗ってあげました。久しぶりに、自分の
都合を忘れ、ほのかな愛の思いに包まれたひとときでした。
ふと気が付くと、手の汚れはいつの間にか消えていました。

身近な誰かを愛していますか。簡単なことではありません。愛される必要はないのです。
自分の中の愛の思いに気付くだけでいいのです。押し付ける必要は無いのです。立派なことを
する必要はないのです。病気に苦しみながらも、何か出来ることはあるのです。

あなたならば、独善的な猫おばさんにならず、本物を見つけることが出来るでしょう。

160 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 15:21
>>159
身近な人を、まず愛するというのはいい作戦かもしれませんね。
自分の手が汚い人、というところを、
を、自分の精神が、○い人と置き換えてみて、
なんど、自分の心を見ても、
○い心が、綺麗にならないと、嘆いているというところを、
一度、自分の心を綺麗にするハンカチ=それが何かが重要だが、
を、洗って見るという考えは結構参考になりますね。


161 :名無しさん@3周年:04/05/07 15:29
子龍ちゃん、好き!

162 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 15:30
>>150
150さんに、嫌がらせしている人たちって、
サヨクなんでしょうか?
ニュース速報+で見つけた書き込みでこんなのありました。


>マスコミは戦前の軍部の陸軍の将校連中を、
>悪く悪く放送してきたが、
>どうも、それは、記憶を書き換えられたものではないのか?
>戦前の、軍部の連中も、
>それほど、ひどいファシストなどは少なくて、
>サヨクが、非常に馬鹿だったんじゃあないのか?
>われわれは、前世の記憶を含めて、
>壮大な嘘を、刷り込まれているのかもしれない。

マスコミは、戦後60年近くにわたって、
戦前・戦争中を暗黒時代と、放送してきたけど、
前世を含めて、記憶を書き換えてきたのは、
サヨクや、マスコミ関係者じゃないかと思う。
1945年の、東京大空襲以前は、
それほど、関東地方や関西地方が、
悲惨だったわけでは無いという気がしてきた。
昭和12年〜昭和16年11月までは、
東京は、町並みが非常に綺麗だったし、日本人女性も男性も、美しかったという。

前世を含めて、記憶を書き換えられたような気がする。

163 :名無しさん@3周年:04/05/07 17:55
戦前の大阪は差別部落なんかアカラサマで、肺病や疫病が流行っても誰も助けにいかないから
部落では次々に死人が出て死体を玄関先に積み上げてそのすぐ横で焼いたらしい、
ペニシリンや抗生物質も無いし公共下水も無いから不衛生で疫病即死だったもの。

東京も遊郭があって国が合法的管理売春をしていて東北地方の貧しい女子が売られて来たらしい、
一度遊郭に入ると人権なんか皆無で生涯犬畜生扱いの淫売婦に落とされて、万に一つ
遊郭を脱出して交番に駆け込んでも警察官が遊郭とグルなので必ず連れ戻される。
性病になるともう死が待つのみ。

宗教は、少しでも如何わしい個人経営的なことをしたりすると直ぐに治安維持法で
特高警察に引っ張られたもの。これは恐ろしいもので、一晩で足がアザだらけになって
死体で返されたりしたもの。特高にやられた左翼や宗教関係者は計り知れない数がいる。

戦前が天国? なんていうのは世間知らずの、社会学歴史学知らずの、御目出度い話、

164 :名無しさん@3周年:04/05/07 18:14
>>163
最近なかなかこういう意見聞けなくなったから、バランスとる意味でも同意。
サヨクやマスコミの記憶の書き換えを疑うなら、
同程度に戦前に行われた記憶の書き換えの可能性も疑うべき。

また、日本古来の風習と思われてるものの多くは、江戸時代や、
もっと言えば明治以降の物に過ぎないこともわかってきている。

何がいいたいかと言うと、本当に自分の記憶を蘇らせたいなら、
あらゆる記憶操作について、検討しないといけない、ということ。
決してサヨクマンセーの意見じゃないので、誤解しないでね。

165 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 18:52
>>163
なるほど、被差別部落の人とかはすごいことになっていたのですね。

>>164
サンクス。
本当の自分の記億をよみがえらせるというのは大変なんだね。
私は昭和12年のころの、隅田川沿いの、
桜並木の美しい風景とか、
昭和12年頃の美しい日本女性の姿を、
フィルムで見て、自分に記憶がサヨクによって、
書き換えられた可能性を感じたけど、
>>163さんのような、悲惨な日本もあったんですね。
だから、226事件などがおきたりしたわけだが、
ただ、陸軍の当時の人に直接聞いたら、
それほど、軍部の人でも、ひどい人は少なかったらしいのよね。
中枢のど真ん中にいた人だから、
辺境の、満州とか、南方の兵隊にいた人とは、感じ方が違うかもしれないけどね。

何がいいたいかというと、
戦前でも、軍部の中枢にいた人と、
シナとか満州とかに行った人とは、
かなり感覚が違うということなんですよ。
そういう意味でも、いろいろと、
記憶を書き換えられているということをいいたいわけです。

166 :名無しさん@3周年:04/05/07 18:53
          旦~ /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   マターリ行きましょう
     ヽ   ・ ω ・ ゙':
     ミ  .,   、 ;':      旦~
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ・ω・';  まあ、お茶でも飲め
      ';      彡  ::   ,:'
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u



167 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 19:31
オカルト、板にいってんだけど、
日本航空の123便の事故にしても、
本当の記憶は、改ざんされていて、
真相があやふやなままになっている。

どうも、圧力隔壁の破壊という線は、
もしかしたら、違うのかもしれない。

近い過去の事件でも、
かように、真相が、不明の事件が相当あるわけで、
何がいいたいかというと、
前世の事件でも、真相が非常に不可解の事件があるわけです。

歴史的事件にさかのぼって、平安時代まで戻ってみましょう。
平安時代に、平家が、壇ノ浦で、滅んだことになってはいますが、
実際に、霊能者に、当時の、光景をだせといって、まともに出した人がまったくいなかったわけです。
近未来の世界を予言する人でも、
そのディティールを、正確に、予言することって、可能なのでしょうか?
たとえば、現在起きていることでも、
その結果が決まっていたとしても、
真実を見抜くということは難しいというのが実情ですね。
マスコミや、歴史教育で、偽者の記憶を植え付けられていたとしたら、
現在の事象に対しても、間違った歴史観や、世界観で、
事件を判断してしまう危険があるのです。

168 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 21:34
つづき。
過去で、自分の前世が、本当はどういう人だったかを、
わかるということは難しいということですね。
偽の歴史観や、偽の前世を、
相手から、ふりかけられるというか、
偽の、記憶を、本当だと認めさせようとする人が、
結構いるんですよね。

169 :X:04/05/07 22:04
一つ間違いの無いことがある。
おまえがビタ一文、儲かることは無い、
ということ。

170 :X:04/05/07 22:06
もう一つ間違いの無いことがある。
おまえにマイナスが続く、
ということ。

171 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 23:55
商売のことは書いて無いんだけど。

172 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 23:56
なんか、勝手なことを書く人がいるな。

173 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/07 23:58
スレッドの内容への返事がないので、ほかに行っています。
しばらく留守します。
といっても、明日までだけど。

174 :名無しさん@3周年 :04/05/08 00:01
凡夫の両舌坊主には地獄が待っている、

有り難くも何ともないよ、風貌も性格も総てが、
ホントの祈祷僧はもっと厳密だよ、

人生の熟達者今東光の如くか?
お笑い、



175 :名無しさん@3周年:04/05/08 00:08
つーか、おまえの魂は霊視すると真っ黒だよ、
使い尽くしたチ○○や○ン○みたく、
ドス黒い、
魂救済方法を糧にしているんだから救われないよ、
法華経に乗ることだな、



176 :名無しさん@3周年:04/05/08 00:19
層化関係?

177 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:29
レスありがとうです。
>>153
了解しますた。誤ってとってすいません。
>旧来価値に縋って吠える → こちらじゃねぇーか? ホントのとこは? そんで、これは簡単。
漏れも凄く良くわかる。でも、宗教してる奴にこれ言うと、吊るし上げてくるんですがな。団体で。
一番露骨だったのは、体験からいうと、キリスト教新派。
影からしてくるのが、祈祷系戒律主義者(宗派問わず)。
激怒して調伏かけてくるのが、修験道とか新興宗教に逃げた雑密行者。

>>154
>能力の同じ部分ばかりを使っていると、いずれおかしくもなる、
では、他人に祈祷をかけて、「能力の同じ部分ばかりを使」わせていた奴はどうなりますん?

>継続的に超能力なんて云う奴はだいたいキツネか野良かダキニだよ、
人間で、「キツネか野良かダキニ」を使ってる場合は、
継続的に超能力を使えるという意味ですか?

>>158
>宗教に自ら参加して、
漏れは自ら参加なんてしてませんよ?
親族で宗教に狂った奴が出てきたので、そいつの師匠に当たる奴に文句を言いに行っただけ。
したら、犯人の一人がそいつだった、と。
その師匠、宗派の大学教授だったので、マトモかと思ってますたが、とんでもない気狂い。
157にそっくりでしたがな。

178 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:34
>>159
>それらをはねかえすパワーをどうしたら得られるものでしょうか。
人に取ってもらうと、その夜必ず戻って来るんですね、これが。
直接神仏に祈って自力で取った場合、まず殺しにかかって、
こちらが失神するまで延々と調伏。
きちんとした方にお願いしたとしても、修行途中だったりすると、
半分だけ体から出て後はそのまま、なんて事もありますた。
水晶は持ってますが、扱い方がわからないので使ってません。
数珠も御守りも効果なし。
ある程度、念のこもった徳のある数珠は、間違いなく飛び散ります。
この場合、数珠をくれた方に後日必ずなにか大変な事があるらしく、
以降、迷惑がかかってはいけないので、身につけてません。
御守りが効果ないのは、寺神社で、じきじきに言われますた。
「そんなん買うだけ金の無駄」と。
それは自分でも思います。当方が一切無視してたら、
わざわざ霊とかが来た印?の、生木を割るような音をさせてきますので。

179 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:35
>身近な誰かを愛していますか。
調伏かけてきた霊能者も、坊主も、
「愛なんて屁理屈。お前の言ってることはキレイ事。
やったもん勝ちや。人は利用するもんや」・・・言うばかりですた。
これを10年もされ続けられるのは辛いです。
坊主の場合、相手は宗派発行の免許所持者ですし。
しかも、「博愛」を謳ってるカトですら、上のセリフと同じこと、
漏れにいいやがりましたよ。
言った奴はその辺の一般信者ではありません。
戒律の厳しい名の通った会派の奴です。
あと、ごく普通に一般的に良いこと、と言われてる事をしたとして。
そしたら、いちいち念飛ばしてきて言うんですね。
「それは陰徳ですか?」とか、「あんたは優しいなあ」とか。
で、記憶を消しにかかる、という・・・。
祈祷加害者は、その場その場に応じて、言葉巧みに接してきます。
「俺ら坊主に逆らうからや」と言ってみたり、
「あんたは素人やのに、そこまで良くやったよ」と言ってみたり。

そういうのを、「わざわざつけてやった」と言った坊主が許せん。

180 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:36
>本物を見つけることが出来るでしょう。
そうなれば嬉しいですが、いろんな意味で疲れますた。
漏れの場合、最終的には、本でしか読んだことがない、
某秘密結社とやらまでが実際に出てきて、閉口しますたよ・・・。
他によく言われたのは、「あんたの求めてるものは日本にはない」ですね。
日本には、霊性の問題として存在しないとか言われますた。意味は知りません。
じゃあ外国に行けばあるのか、と思ってたら、今度は、
「人間いうのはどこいっても同じやで。」と、
世界的な華僑だかなんだか、よくは知りませんが、
ホテルで偶然あった方に言われますた。
漏れが調伏モノをつけられて困ってるのをみて、
その方は声をかけて下さったのです。
漏れをみて具体的にいろいろ言ってくれたので、
その方は見えたのでしょう。

・・・まあ、とりあえず、以前のように普通に働きたいです。

181 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:45
>>162
右翼左翼は関係ないと思いです。
少なくとも、最初思想的な事柄を漏れに押し付けようという意思が入ってたしても、
途中から自分達の信仰肯定の確認に変化してます。
てか、口先ではごタイソウな事言ってても、
こちらが法を元にどんどんつっこんで聞いていったら、
「いちいち質問するな」と怒り出して、あげく、
「自分さえ良ければそれで良いんじゃ」と本音出して、激怒してますたので。
ただ、右翼左翼に繋がる基礎となる思想で言えば、
・「個人の自由を認めない」
・「信仰の自由を認めない(自宗派のみ。これはキリスト教に限らずでした)」
・「全体主義」
でしょう。一言で言えばナチズムと同じ、
或いは、カースト制度の絶対肯定、でもいいと思います。
こういう、集団にのみ絶対敵価値を見出すのは、右翼左翼問わずあると思いますが。
社畜と同じく霊畜なのでは?
もっとも、それを直接相手に言ったらまたまた調伏の荒らしで、
漏れは数日寝込んでますたよ。
特に、坊主の所属してる伝統宗派は全体としてそうでした。
誤解なきよう書いときますが、坊主の所属してる伝統宗派は、
差別で話題になる禅宗ではありません。
あと、日本の伝統宗教は、今でも目にみえない形ですが、
そういう差別は形態としても、意識としても、はっきり残ってますよ。
驚いたのは、キリスト教でもそれがあった、ってことだけど。

182 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:46
>>164
>あらゆる記憶操作について、検討しないといけない、ということ。
詳細を知りたいです。

>>174
>凡夫の両舌坊主には地獄が待っている、
それが本当なら漏れは嬉しいですけど。
しかし、両舌坊主が地獄に堕ちるのを喜ぶ自分は、
はたして正しいのかとも思う。
しかし、以前、それを言ったら、
「だからそんな連中に喰いものにされるんや」と怒られますたが。
まあ、どっちにしてもね、両舌坊主が地獄に堕ちたとして、
それで漏れの人生が帰ってくる訳ではないので。
一言の詫びすらない、ってのは心底アタマに来るが。

>>175
>ドス黒い、
霊視出来るなら詳細アップ希望。
それが妄想かどうか位、漏れもわかるので。

183 :名無しさん@3周年:04/05/08 05:58
         、        
         ∧ノヽ∧ ♪
        (´∀`)     M・O・N・Aモナ〜♪
     / ̄ヽ/,― 、\ o   。。  M・O・N・Aモナ〜♪
.:☆   | ||三∪●)三m三三Ε∃.  +
.:*    \_.へ--イ |     ゜ ゜ ゜ ♪.
 ..+:..♪.:。゜*.:.. / / | |      .::.
   ☆。:.+::..  | .|  | |☆:.°+    ☆.. :
  ....。*.:☆゜x(_):。|_)*+゜。::.☆ο::.+。 *ρ♪.:.

184 :178の続き:04/05/08 07:47
>>159
連続投稿出来ませんですた。
>>75の、
>その爺婆が、基本的には普通の人間であるとしたら、
ですが、人間でない場合もあるのですか?
もし人間でない場合どうすればいいのですか?
半端修行しかしてない少しかじっただけの奴に以前、
「来たら話相手になったって、友達になったらええねん」なんて軽口叩かれましたが。
とにかく、皆言うことが異なるので、訳わかりません。
・坊主の本山は、坊主のシワザと断言してます。
漏れもそう思っています。坊主や拝み屋に関わる前はこんな事なかったし。
・その坊主は、自分じゃない、と言ってます。
・霊能者は、よくわかりません。いつも言う事が変わる人だったので。

とにかく漏れは、「復讐の方法と、謝罪の要求と、元に戻す方法」を探してるだけです。

185 :名無しさん@3周年:04/05/08 08:59
「戦前がいい時代だった」、なんて云う奴はよほどの軍事メーカー系財閥か老舗財閥の体制維持側の奴かで、
庶民で戦後にそんなこと云う奴は基本的には馬鹿だよ、
普通の庶民だって隣組制度なんてのがあって、今の北みたいな相互監視体制だったものだし、

遊郭の話なんか赤線を脱出して交番に駆け込むのは13、14歳の少女だし、
大阪なんかは昭和20年代半ば迄そんな状態だったらしいし、

自由で豊かな時代に自分で自らをがんじがらめにして生きるのも一つの自由だろうけど、
守る財なり何なりを持たないで戦前体制側価値観で戦後にそんなことをする人は極々少数だよ、
そういう価値観が善で反体制的価値観は悪だから、って概念で戦後に人を決め付けたり説教する奴
もいるけどな、やれ日狂だ、やれ沿うかだ、とかさぁ、
そいつが金持ちの財閥なら云うことは筋が通るが、逆に戦後は金持ちや財閥もリベラルだから
そんなヤボな思考は云わない、昭和50年代の頃でも度平民の貧乏っ垂れでそんな考え持つ奴は馬鹿だよ、

186 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/08 10:45
>>177
だんだんわかってきました。
あなたの親戚の某さんが、某宗教にかかわったので、
文句を言いに、言ったら、相手は、某宗教の、
某宗派の大学教授で、まともかと思ったら、
霊的にトンでもない人だったということですね。

>>180
華僑の人には、あなたが、
某宗教に、ひどい目に遭わされているのがわかったのですね?

>>185
戦前が良い時代ということを強調しているわけでは無いが、
戦後に、サヨク一辺倒による記憶の書き換えを問題にしています。
とくに、縄文時代〜飛鳥・奈良・平安時代末期の、源氏と、平氏の戦いの時代の、
先入観による記憶の喪失と書き換えとか、鎌倉時代・室町時代の頃の記憶の書き換えが、
霊能者によって行われてれていたと思います。
江戸時代に対する、歴史観も、
サヨク一辺倒になっています。
また一般人は、戦後に、某外国人が、
出稼ぎ目的で、密入国してきたことの記憶を書き換えられています。

187 :名無しさん@3周年:04/05/08 10:51
最近「声に出して読む〜」が流行ってるね。
あれは、情報を自分の脳にダウンロード、インストールするには一番良いんだけど
最も容易く記憶操作する方法でもあるんだよ。
音読してたものが、いつの間にか頭に刻み込まれて、修正しにくくなる。
効果の高いものには、それなりのリスクもある。
何を音読するか、よくよくサニワしないとね。

188 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/08 11:27
>>187
全然関係ないけど、
某宗教団体の、集会で、
某女性キョウソが、朗読していたのを、
聞いたりしたけど、
ああいうのも、記憶の書き換えにつながって、
悪い影響を与えるよね。

189 :名無しさん@3周年:04/05/08 18:46
>>188
集団の精神がただ一点に集中するときの効果だね。
そこに興味の無いイパーン人が入っていても、場の空気に巻き込まれてしまう。
ましてや信者なら、自分から望んで記憶を書き換えていくだろう。

何か大きな集団に同化し、すがるのは心地よく、安楽だ。
(スタートレックにヴォーグってあったね。「抵抗は無意味だ。おまえたちを同化する」って)
自分の心を見つめて、記憶の自他を一つ一つ点検しつつ生きるのは、辛く、効率的でもない。
これは宗教やウヨクやサヨクなどの分類とは、また別の次元で考えたほうが良いかもしれない。

190 :子龍:04/05/08 20:38
179−182
直接ガチンコがあったわけですね。そして理路整然としたあなたの話から、相手は
まさに痛いところを突かれたのでしょうね。
それにしても、秘密結社まで出てくるとは、よほどあなたに脅威を感じているようですね。

宗教家でありながら、幹部クラスになると、純粋に生きることよりも、経済的なこととか
名誉的なことに縛られてしまうのでしょうね。
愛は建前だけとか、差別が形態としても、意識としても残っていると聞くと、悲しくなりますね。
でも、それが事実なのかもしれませんね。そしてそちらに流れていくのが、人間というもの
なのかもしれません。

でも、あなたや、私や、スカイジョーカーさん達が存在することも事実なのです。
爺婆から見れば、新人類かもしれません。理解されないかもしれません。あちらから見れば
あわれな甘ちゃんなのかもしれません。でも、私等から見れば、あちらがあわれに見えるのです。
どちらが正しいのか、死んで見なければわかりません。でも、それはあちらも同じ条件です。
あちらも、どう転がるかわからずにもがいているのです。

甘ちゃんな生き方しか出来ない。そんな自分をとりあえず生きていこうと思います。
ななしさん、辛いね。私は、相手を変えようとか、正面ガチンコはしたことないから、
あなたを応援することしか出来ないけど・・・・。
普通の生活の中の、小さなエネルギーを大切にしていってください。

161さん、ありがと。こういうのって、エネルギーになりますね。

191 :子龍:04/05/08 20:50
ななしさんごめんね。甘ちゃんといっても、あなたは毎日、必死に生きているんだよね。
わかってあげられなくて、ごめんね。

>>178
>直接神仏に祈って自力で取った場合、まず殺しにかかってこちらが失神するまで
>延々と調伏。
具体的にどういう状態なんですか?

192 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/08 23:20
>>189
私の場合は、その集団に参加しても、
自分の中の何かが、キョウソよりも、
圧倒的に上回るエネルギーを感じていたので、
その集団に飲み込まれまいと、
がんばってみたことはあるけど、
当時は、100人とか300人の、
若者とか、大人とかの集団的な偽エネルギーに、
まきこまれたからね。【ちょっとひ弱だった】
1年後に、600人〜1000人くらいの集会に出たときは、
だんだん、その集団とは別なエネルギーを、
感じるようにはなったわけですね。

>何か大きな集団に同化し、すがるのは心地よく、安楽だ。
>(スタートレックにヴォーグってあったね。「抵抗は無意味だ。おまえたちを同化する」って)
>自分の心を見つめて、記憶の自他を一つ一つ点検しつつ生きるのは、辛く、効率的でもない。
>これは宗教やウヨクやサヨクなどの分類とは、また別の次元で考えたほうが良いかもしれない。



193 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/08 23:21
>>189
>何か大きな集団に同化し、すがるのは心地よく、安楽だ。
>(スタートレックにヴォーグってあったね。「抵抗は無意味だ。おまえたちを同化する」って)
>自分の心を見つめて、記憶の自他を一つ一つ点検しつつ生きるのは、辛く、効率的でもない。
>これは宗教やウヨクやサヨクなどの分類とは、また別の次元で考えたほうが良いかもしれない。

うん、同感、
宗教というよりは、集団真理(言葉的には不適切)と考えてもいいかもしれない。
目的を持った集団じゃなくて、組織でも無いし団体でもないそういう集団でも、
参加したことにより、自分の力じゃないものを感じるときはある。
しかし、自分の心を見つめていないひとは、そういう集団のなかで、
一瞬は、真理に触れることがあるだろうが、
一人に戻ったときは、真理を失ってしまう。
その集団のなかに、自分の心を見つめている人が数人いれば、
300人でも、500人でも、真理=真実を感じることはできる。
でも、一人になったときに、記憶の自他を点検し、
記憶の書き換えや、先入観や、洗脳されていなかったかを、
点検することは、なかなかできないし、
失われた記憶を、捜し求めることは非常に困難なことなのだ。

たとえば、ある地点で、方向性を間違えた場合は、
その間違ったことに気がつくのに、
7年かかったり、10年かかったりしてしまう。
3年で気がつくような人なら良いが、
普通の人は、方向性の間違いに気がつくのに、
10年はかかる。それがとても困ることだ。
10年の間に、また間違った記憶を書き換えられてしまう可能性もあるからです。


194 :名無しさん@3周年:04/05/09 20:54
「臭い人」は悪い霊にとりつかれやすいですか?

195 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/09 21:03
>>196
っていうか、悪い霊を、
綺麗に洗濯すれば、
臭くなるなるような気がしますが?

最初から、臭いというのは、
肉を食べ過ぎるとか、
いろいろあるのでは?

196 :名無しさん@3周年:04/05/10 04:22
>>186
>霊的にトンでもない人だったということですね。
霊的以前に、人として全く信用出来ません。
もっともそれは該当の坊主だけでなく、
それ以外にも関わった坊主、霊能者のほとんど全てに言えますが。
>華僑の人には、
そうです。漏れより知識もあったですよ。

>>187
それを悪用すれば、洗脳出来ますわな。漏れはそれをされますた。
あれが伝統宗教なのかと、小一時間・・・。

>>189
>自分の心を見つめて、記憶の自他を一つ一つ点検しつつ生きるのは、辛く、効率的でもない。
漏れは記憶がなかなか戻らないので、そうやって生きてますね、ここ6〜7年。
加害者許すまじ。

197 :名無しさん@3周年:04/05/10 04:26
>>190
>直接ガチンコがあったわけですね。
開祖のされた事や言ってた事とあまりにも実際がかけ離れるので(自身といい、教義といい)、
なので、疑問を呈しただけ。それも向こうからアプローチをかけてきたので。
そしたら怒ったわけです。で、仕方ないから、
「聞いたくらいで怒るような修行しかしてないなら、
もう一度、ご自身の開祖について勉強されたらどうか」と重ねて言ったら、
調伏祈祷で記憶消しにかかりやがったわけです。

>そしてそちらに流れていくのが、人間というものなのかもしれません。
それは結構ですが、だからと言って、坊主(祈祷系)や聖職者が、
それを容認肯定してかつ、それを生きて良い、ってことにはなりますまい。
だから漏れはそれを当人に言ったまで。
「それを容認しつつ、かつ、坊主や聖職者カゼ吹かしたいなら自分だけでしてろ。
お前の宗派の開祖はそんな事(容認の肯定や、それの他者への強要)一言も言ってないけどな」
って、ね。
そしたら「お前の言う事は厳しすぎる」と激怒して、
女性形の霊体とか、修羅とか、いろんなモノつけてきて、
「ざまあみろ、どうや、苦しいやろ」っつった訳です。

>あちらも、どう転がるかわからずにもがいているのです。
それはないでしょう。金持ってるし。何億もあるそうですよ。
調伏の主犯は「空が飛べる」と、麻原と同じセリフこいてたし。
まあそんなんだから、人からお供え受け取ってもお礼ひとつ言わなかったんですな。
漏れは16まで新品の服着たことなんてなかった人間だから、
そういう外道のオツムは理解出来ません。

198 :名無しさん@3周年:04/05/10 04:34
>>190.191
>相手を変えようとか、正面ガチンコはしたことないから、
指摘されればそうかも知れませんが、別にそんな意識はありません。
おかしいことをおかしいと言って何が悪いのか。
白を白と言ってよくないのは、
ヤクザだけでなく宗教までも、とは思いませんでした、正直。
それに、元々漏れは、無理やり宗教に巻き込まれて、
しかも訳わからん事ばかり言う連中しかおらんかったので、
あとは黙って拝んでただけです。そしたら強制強要させた、という。

>普通の生活の中の、小さなエネルギーを大切にしていってください。
すいません、意味がわからないです。

>甘ちゃんといっても、
いえ、甘ちゃんです。だからこそ、
「こんな甘ちゃんな自分には修行などは出来ない、神仏の冒涜にもあたるし。
なので、自分はあなた方とも一切関わりを持つ気はない」
と、腐れ坊主にも、糞霊能者にも、一番最初に言いました、直接ね。
しかし、自分の欲心に目がくらんだ人というのを、真の神仏というのがもし存在するならば、
そういうご立派な輩には耳まで塞いでしまうようで、聞く耳一切もたず無視。
おかげで漏れは散々でした。

199 :名無しさん@3周年:04/05/10 04:52
>具体的にどういう状態なんですか?
ええと。とれると漏れはすごく楽になる訳です。記憶も戻るし。
ところが取れたら相手は怒るんですね、これが。
なぜだか全く理解出来ませんが。

肉体から攻撃してくる場合と、精神から攻撃してくる場合があって、
どちらも、とにかく消耗します。
しかも入り込んできたら、出たり入ったりするし。

肉体から攻撃してくる場合でいうと、
何種類かあって、一つは毒霧みたいのを吐いてくる
(砂嵐に巻き込まれた感じを受けて、それからピリピリする)。
で、その後からやたら重い何かが上からはのって来る、
下からは足引っ張られる、って感じになる。
そうなったら身体が硬直してまず動けない。
別のだと、ひっつき虫のとげとげみたいなのを身体にいっぱい差し込んできて、
無理やり入ってくる、とか。これはきついです。
どちらも漏れが一般人だからかも知れないけど、お経も聖典も効果ナシ。
いや、唱えてるうちは入ってこれないんですが。
綱引きしてる感じで、そのうちこっちが消耗して倒れます。
もっと強いのになると、気付いたら入り込まれてた、ってのもあります。
また、神社や寺にいったら行ったで、
それは中に入れないものだから結界の外でまってたり(待つなよ)、
うっかりそこで取れようものなら、とった相手が人間でない場合は、
漏れが二度とそこにいけないように、漏れに病気や怪我を引き起こす。
一番ひどい時で、足が腫れ上がって数ヶ月杖をつくはめになった事もありました。
あとはつねったり引っ張ったり皮膚を切ってきたり。

200 :名無しさん@3周年:04/05/10 05:13
精神の場合は、これを呪縛と言えばそうなのでしょうけど、
思考を停止させて、で、一点の事ばかり考えさせる。
糞坊主や糞霊能者はこれを利用した訳です。
記憶の操作もそう。
今も毎朝(毎朝4時もしくは7時)来ては意識の中に入り込んで、
新聞を読むみたいに人の記憶を読んで、あげく散らかして帰って行く。
どうしても知りたい情報を言わせる事が出来ない場合は舌を切り刻んで言わせる。
その少しあとから、記憶の操作に入るんです(ここに書き込みするな、とか)。
また、信仰の自由をとにかく認めない。
坊主の宗派にこい、と、寺の風景延々みせたり。
普通、何年も行ってない場所の風景なんて思い出せませんよ
(本山からも一切関わるな、と言われてるし)。
それが鮮明にわかるんだから、ただただ気色悪い。
自分たちのしてる事は全て秘密で法に触れるから言えず、
しかし、一般人を喰いものにして良し、なんて、
そんな坊主にとってご都合主義がまかり通る伝統佛教が日本に存在するとは驚き。
それでよく恥ずかしげもなく佛教名のってると思います。
大乗と言いつつ実際してる事は何ですかね。
連中は何かというと小乗引き合いにだして小乗非難しますが、
そんなこと小乗でもせん、つうか、小乗なら絶対しないですがな。
口先金剛乗な輩って、オウムとか、オウムと同じような事しか出来ないのか?
まあ、そこは坊主だけでなく宗派全体が両舌の応対しかしないので、
そういう体質なのでしょう。
漏れなんかはそういうのこそ、真の自閉症と思いますけどね。
二言目には、「自分たちは選ばれてる」だし。どこが?と思うけど。
だいたい漏れは、法に触れることを是非聞きたい、なんて一言も頼んでません。
向こうから、「こんな世界もある」って押し売りしてきただけ。

201 :名無しさん@3周年:04/05/10 05:16
>>193
>そういう集団のなかで、一瞬は、真理に触れることがあるだろうが、
集団のなかで真理に触れることは絶対無理だと思う。

>>195
>っていうか、悪い霊を、綺麗に洗濯すれば、臭くなるなるような気がしますが?
それは法華経の考え方では?
キリスト教でも言い方違えど似たような事言うとるけど。
しかし漏れは、良い霊とか悪い霊で、宗教を論じてはいません。
善悪二元論で話進めると終わりがない。
それに本当に悪い霊の場合、人間はそれが悪モノとは、まず気付きませんよ。
よほど結界がはられてる所に偶然自分が行って、全部が顕になって気付かされるか、
それとも、どこかから何かがない限り。
たいていは、逆にそれ見てありがたがってる。
だから漏れは「お前ら逝ってよし!」って言っただけ。
言っただけで別に何もしてません(つうか出来ないし)。
それなのに影からネチネチ調伏三昧ですがな、これが。

>最初から、臭いというのは、肉を食べ過ぎるとか、いろいろあるのでは?
漏れは貧乏なので肉など普段食えませんが?
それを言うなら、坊主や霊能者側が肉好きってことでしょ。
被害者側はその影響受けるのでね。
坊主や霊能者側が、肉食のモノを使役してたら尚更。

202 :199,200の続き:04/05/10 05:52
>具体的にどういう状態なんですか?
簡単にいうと、全く違う(しかも元々なかった)人格が来るって感じです。
昔、それを猫婆に言ったら「なんでそんな事がわかる?」と言ってたし、
その婆をすら食い物にした糞坊主は「それに慣れろ」と言いやがりましたよ。
冗談じゃありませんが。

あと、それ以外でいうと、足とか手とか身体とか、とにかく出入りするんです。
特徴的なのは、人の足を狙うこと。
漏れは正座とか元々全然平気なのですが、坊主どもときたら、なぜだか足を狙ってきまして。
アキレスは切ってくる(実際に切れるわけではないけど、足があがらなくなる)等してきます。
ひどい時で、パジャマのズボンがあっという間に破れたり。

それから前に書いたけど、そいつらに入れあげてる親族って奴。
そいつは電波なので、漏れも最初散々注意したのにシカトだから、
師匠にあたる糞坊主に言ったし、腐れ霊能者にも言ったわけです。
しかしそいつらも無視。おかしいなあと思ってたら、
人の戒体壊したとたん、手のヒラ変えて、人間も豹変。
「呪術っちゅうのは必要なんじゃ、ざまあみろ。
(坊主どもの言いなりになる)親族とニコイチでいいんじゃ」と、
どっちもが抜かしやがりましたね。
電波の主犯はお前らか、みたいな・・・。

その親族も含め、許すつもり漏れはありません。
謝罪に来てもいない奴を許すも何もありませんが。

203 :199,200の続き:04/05/10 06:01
記憶は元に戻らない、元々の自分の性格にもなかなか戻らない。
こんな感じで別の車に乗せられて生きてる感じなので、
とにかく毎日が手探りなのです。それで、困っているのです。

204 :199,200の続き:04/05/10 06:05
思い出したので書いておきます。
霊能者ですが、やたら動物霊にこだわってました。
理由は知りません。

205 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/10 11:37
>>201
集団の中で、真理を感じるというか、
真理を感じている人が1人でも居る集団に、
真理を感じる人が1人〜2人参加した場合に、
その影響で、真理に触れるかどうかは別として、
何かを感じるという意味ですよ。
500人のすべての人が、真理に触れることはできないでしょう。
真理を感じている人1人が、
真実を知ろうとしている人一人〜2人が、
たまたま、500人の集団の中に居ると、
残りの498人とか497人とかは、
真理に触れたように感じるわけです。



206 :子龍:04/05/10 13:07
203さん、あなたのおっしゃっていることは正論だと思いますし、あなたの強さゆえ、
その困難にも耐えていらっしゃるのだと敬服いたします。

2言論で話を進めると終わりがないとおっしゃられることにも同意です。そこでお聞き
したいのですが、あなたは、自分の生命を維持するものや、存在の理由について、どう
お考えですか?つまり、神のようなものを信じますか?特定の宗派でゆがめられ、利用されている
神なるものでなく、自分の中、生きとし生ける物の中に存在するもののことですが。

207 :子龍:04/05/10 13:26
スカイジョーカーさん、集団の中で、真理を知ったように思えても、一人になってみると
実は何もわかっていないということはありますね。
その興奮の実体を、きちんと見つめて自分のものに出来たらいいのでしょうけれど、その集団の
中にいることで安心していたら、抜け出すこと、一人で生きることが怖くなるのでしょうね。

その真理が本物なら、間違いなく生きとし生ける者を生かしめているものなのなら、その集団に
属する以前に、どこに居てもすでに、生かされているのにね。


記憶の書き換えの話ですが、私たちはすでに、既存の価値観が最も良いものだと思わされているところが
あります。美しいものについてもそうですし、お金についてもそうです。しかし、本当にそれが幸せなのか
というと、実際に経験してみなければわからないこともあるようです。
納豆の美味しさだってそうでしょう?うどの苦さだってそうでしょう?
わたしは既存の価値よりも、実際に自分の知ったことを大切にしていきたいと思います。

そう言う意味では、記憶の書き換えではありませんが、修正は進歩の為には必要なようですね。



208 :子龍:04/05/10 13:42
また、自分を守るために、自分で無意識に記憶を書き換えることもあります。
何かアクシデントがあった時に、「自分は悪くない。」と主張する為に、有利な記憶
を編纂すると言うことですね。いつもそういう思考回路に頼っていたら、頭の固い人、
反省・進歩のない人で終わってしまいますから、気を付けたいですね。
日本人の誇りを守りたいから・・・、革新思想が素晴らしいと思うから・・・、といった理由で、
同じようなことが行われていますね。

うつ病の治療においても、同じようなことがいえます。ついつい自分を責める思考回路に
陥っていないか、ぐるぐる同じことを考え始めたら疑ってみるのです。
ひとつの物事でも、見方によってその意味は違ってきます。意識的に記憶の書き換えをして、
自分を悲劇の主人公から、違うポジションに移してやることは可能なのです。

209 :名無しさん@3周年:04/05/10 14:10
例えば高校生のとき、世界は高校の学校生活の中で完結していて、
そこから飛び出すことなんて、まず考えられなかった。
退学処分なんて、ほとんど「死」と同じくらい絶望的に感じられたりした。

はるか昔に高校を卒業した今となっては、そんな感覚は「井の中の蛙」
狭い世界しか知らない人間の視野狭窄だったと、素直に感じることができる。
それは、より広いものの見方を身につけることができたからだ。

そこでふと考える。
今自分が「重大だ」と感じていることの多くは、なんとなくそんな気がしているだけで
根拠の無い思い込みに過ぎないのではないか?
少しはものが見えるようになったつもりでも、それはそれで違う枠にはまっているだけではないか?

自分が苦悩した事柄は、苦悩が深ければ深いほど、逆に愛着が湧いてきたりする。
「苦悩する自分」と言う枠を、自分にはめてしまって、
「苦悩する自分」を愛してしまい、そこから抜け出せなくなることだってある。

210 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/10 21:19
>>207
それは、その集団が偽者だった場合は、
まったく真理を感じたということは無いので、
集団で居ても、個人で居ても、
まったく何もわかっていないのですが、
その集団の中に、ひとりか、ふたりか、
3人かの真理を知る人が居た場合は、
様子はちょっと違ってきます。
3人の人が、真理を知っているので、
その500人の集団の中に居た人は、
その中に居たときは何かを感じることはできます。

しかし、その集団から離れて、
1時間もたつと、
だんだんと真理の興奮は薄れて、
まったくの元の木阿弥になってしまいます。
まあ、それでも、3日とか、1週間とかまでは、
なんとなくその影響は残ったようなこともあります。
しかし、2週間、4週間とたつうちに、
かなりその心理の影響とかけ離れていったことを感じます。


それとは違ったのですが、
3日間のある営業研修で、
とてつもない真理に近い体験をしたことはありますが、
その体験のあった次の日の夕方に、
知人と出会っても、その心を理解してくれなかったということもありました。
その、知人が、まったく私の心を理解できない、
ギャンブル好きな人間だったので、所詮無理だったということでした。



211 :子龍:04/05/11 12:40
その、真理を知っていると言う2・3人に、要注目ですね。そんな人というのは、ある団体の
中に止まらず、独学的な部分や、経験もあるのだと思いますよ。
少なくとも、教祖の体験を追体験しているだけでは井の中の蛙でしょうね。

そんな人たちとの出会いも貴重だと思うし、その興奮を理解されないこともよくある話でしょうね。
やはり、人それぞれ、ちょうどいい時期というものがあるのだと思います。

209さん、激同です。納豆の美味しさを理解できるのにも、人それぞれににちょうどいい時期があるのですよね。


212 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/11 12:53
>>211
そういうひとは、
宗教団体に参加したとしても、
あまり深くかかわらなかった人が多いように思う。
真理を知っている人は、
宗教を否定する方向に行くだろう。

213 :Sa2 ◆l0rbLHJjBY :04/05/11 18:44
>スカイジョーカーたん
うちのスレでなんか不快にさせた人がいたかも
しれんからごめんね))といいにきた。
あの天使の人ね、チョト不毛なの。ごめん。
私も取り立ててフォローしてなかったから。
むしろ不毛だと気づいているからあえて
スルーした感じだったので))また話そうねー♪
お邪魔しました)))

214 :子龍:04/05/12 15:17
>>212
そう、宗教団体への縁というものは、ひとつのきっかけに過ぎないと思いますよ。
わたしは、どうせ知るなら全宇宙に満ち満ちている者について知りたいし、ユダヤの神
を知ること、日本の神を知ることで、満足したくありませんね。

やっぱり、そこで生じてくる矛盾を、ナントカできないものかと思います。(かといって
一人では何も出来ないのでしょうが)
ひとつの団体に固執していると、自分の利害が主になってくるもんね。とても全体を
見渡す器は育たないでしょう。

215 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/12 18:30
>>214
そう意味では、
10万人の団体とかでも、
100万人の団体でも、
600万人に団体の、頂点に立ってて居ても、
宇宙から見たら、
まったく塵みたいな存在ですね。
真理を知る人にとっては、
10人しか真理を知る人が居なくても、
どうってことはない。

だから、人数が、300万人とか、
500万人とか、真理を知らない宗○団体よりは、
たったひとりの、団体に属さない真理を知る人のほうが、
無限大の価値がありますね。

216 :名無しさん@3周年:04/05/12 19:35
>>215

うん、しかしそれは、自己満足の世界。オナニーに終わるよ。
現代にも真理がないわけではない。
しかし、誰もその価値を認めないんだよ。
時勢、時の流れというものがあるだろう。
人数ではないというのは当たり前の話。
当然、お金でも、名誉でもない。
人々を救って行くだけの器が君にあるかという事だ。
導いてゆくということでもいい。

217 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/12 21:05
>>216
>時勢、時の流れというものがあるだろう。
>人数ではないというのは当たり前の話。
>当然、お金でも、名誉でもない。
>人々を救って行くだけの器が君にあるかという事だ。
>導いてゆくということでもいい。

確かに、一人だけは、オナニーと同じになってしまうね。
人数は、500人も必要ないね。
5人〜6人程度(せいぜい多くて10人程度)でいいだろうけど、
確かに、その力量が問われるね。
10人の人が、本当の真実に目覚めたらすごいと思う。

218 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/12 21:07
>>217
×確かに、一人だけは、オナニーと同じになってしまうね。
○確かに、一人だけでは、オナニーと同じになってしまうね。

>>216
まず、自分が真理を、感じたら、
最低でも3人くらいは、自分の周りに人を集めるくらいの、
力量がないとだめだね。

219 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/12 21:12
真理というか、ずいぶん前のことなんだが、
20年位前だったか、
学生時代の知人と、
であったときに、真理の力を感じたんだな。
ちょうど、3日間の研修を、
終えた翌日の午後だったんだけど、
その真理の力がまったく伝わらなかったことがあった。

自分の中には、いわゆるフォースの力(スターウォーズ)があったのだけど、
相手にはまったく伝わらなかったことを思い出す。

220 :名無しさん@3周年:04/05/12 23:15
集団オナニー

221 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/13 11:49
>>219
研修というのは、
実は、企業研修だったんだ。

222 :子龍:04/05/13 12:19
力量というと、お恥ずかしいが、わたしにはまったくない。
それを見る目はあるつもりなんだけど、らしき人にはまだ、出会わないみたい。
情報求む。

223 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/13 13:47
>>222
コタツちゃんが、
完全に宗教否定なら、情報は無いことも無い。

つまり、宗教を否定した地平にならあるよ。

224 :子龍:04/05/14 21:19
宗教否定=唯物論だったりするよね。
もっと違う視点がある?教えて。

225 :名無しさん@3周年:04/05/14 22:14
宗教団体と、心の問題を考えるという意味での宗教は、分けて考えたほうがいい。
宗教団体否定≠宗教否定

226 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/15 12:38
>>225
既存の宗教に参加する=ほとんど団体とか組織とかだよね?
宗教団体を否定して、宗教行事も否定して、
純粋に個人で、心の問題として、
純粋に神を考えるという人も居るかもしれない。

227 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/15 12:39
>224
唯物論という人は、
唯物論の団体に加入していたり組織に参加しているので、
宗教団体に参加と同じだね。

228 :子龍:04/05/16 12:13
↑そうそう。唯物論という神観。価値観だね。団体になることにどんな意味があるのかは
わからないけど。

>>225>>226同意。団体にならなくても、神を知ることは結果的に幸福に繋がることは間違いない。
団体の、運営的な利害に振り回されて、とんでもない方向に引きずられるよりは。

229 :名無しさん@3周年:04/05/17 15:28 ID:VITbNObg
保守。

230 :子龍:04/05/17 15:36 ID:SHDRvXom
団体や行事というものは、安心感を得る為の子供だましでしかないと思う。

結局は、一人で産まれて、一人で死んでいく。
でも、その途中に、さまざまな感動が用意されている。どんな宗教団体に属しているか
なんて、関係なくね。

231 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/17 19:01 ID:yp9RsYyy
宗教団体とか、そういうものは、
ほとんど意味が無いことだと思う。
ある宗教団体の人のことを霊にあげよう。
○○○の○○○○さんは、
自称霊能者で、1960年頃から1968年頃にかけて、
霊的な相談とかに乗っていて、
いろいろなことを言ってたらしいけど、
その人の見た前世の、霊的能力は、
ほとんど不正解の記憶だったということが証明されている。
1970年前後から、宗教団体を作って、
霊的前世の記憶を語ったけど、
全部的外れで、ことごとく嘘だったことが証明されてしまった。
たとえば、釈迦時代の記憶も、釈迦の記憶じゃなくて、
実際は当時の某王様の前世だったことがだんだんわかってきた。
でも、ご本人はわからないまま、なぜか宇宙からの、
メッセージだけを、受けてしまった。
これは、ある宇宙から来た人の、意識で、
○○○○さんの、個人的な記憶ではないのですが、
ご本人は、自分の記憶と思ってしまったわけです。
似たような事件は結構ありますね。


232 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/17 19:01 ID:yp9RsYyy
私の場合も、本当の300年前の前世は、
フランスで、しがない管理人だったということなんですが、
あるひとは、1700年の頃の江戸時代の、
幕府旗本だったのでは?という霊視もある。
間違った霊能者の人は、
私をフランス王国の西暦12世紀頃〜13世紀頃の王様だと思ったりするわけですね。
出、その間違えた霊能者が、12世紀とか13世紀に、フランスにいたはずなのに、
日本お平安時代末期にいたことになる。
1100年から1200年のころに、
フランスにいて、日本にもいるということはありえません。
かように、時代的に重複するのに、
何の矛盾も無く前世を決め付ける霊能者もいますね。





233 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/17 19:13 ID:yp9RsYyy
宇宙からの記憶が、
特定の人の個人的な記憶でありながらも、
別な霊能者が受信してしまって、
その記憶を、自分だと勘違いしてしまうということなのです。

つまり、現実に存在するAさんの記憶が、
宇宙から発信されたとしても、
Aさんが、霊的な受信能力が無い場合は、
別な人が受信してしまうのですね。
電波のようなものです。
Aさんの個人の特定の記憶でありながら、
Bさんという霊的に敏感で、霊能力がある程度ある人は、
Aさんの記憶を、間違って自分の記憶だと勘違いしてしまうわけです。
Aさん個人は、実は本当に宇宙からのというか、
その人自身の個人的役割を、メッセージされているのを、
電波を受信することが、あまり敏感では無い場合は、
赤の他人のBさんが、間違って受信して、
Bさんは、自分を、Aさんだと錯覚してしまうわけです。
だから、この世的には、Bさんのオリジナルのように思うのですが、
実は、霊的には、Bさんは、Aさんの情報をある意味では盗んで、
パッチもののAさんということを表明してしまうということです。
すると、世間的には、Bさんが、オリジナルのように思うので、
Aさんが、遅くなってから宇宙からの、電波を受信しても、
世間の人が、Aさんを、Bさんのぱくりだか思ってしまうことがあります。
Bさんは、Aさんあてに来た情報を盗んだので、
Bさんのほうが偽者なんで、
Aさんのほうが本物なんですけど、
世間というのはこの辺の事情がわからないので、
勘違いし続けることになります。


234 :名無しさん@3周年:04/05/17 21:34 ID:cV9+T579
↑魔がよく用いる手法、
自分らの団体に引っ張り込んで悪因縁転化を行い、引っ張り込んだ者が悪い奴だ、
とする手法。引っ張る者にも魔の眷属の毒蛇などが付いていてそれら眷属霊が本能的に
人間である者の感覚器などに毒を吹き付けるもの。鈍感な者はそのことすらわからない。

またそれら悪霊を押える力量や能力が不足している場合や、たとえ能力があったとしても
唯我独尊に陥ったり秘匿性厳守を破ったりすれば、たちまちのうちに魔に狙われるもの、

魔に狙われている、と認識されたものならば、一度その存在周辺環境をリセットするしかない、


235 :名無しさん@3周年:04/05/17 21:39 ID:cV9+T579
また、自分では気が付かないうちに魔の功徳の恩恵に預かったりすれば、
必ず反作用がやってきて、その本人には影響が無くても親近者に影響が出たりするもの、
さういう魔には魅惑力もあり、なかなか気が付かないもの、

236 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/17 21:56 ID:yp9RsYyy
>>234
>>235
魔というか、
霊的に敏感な、パッチもの【偽者】の、
Bさんが、集団を作ったりして、
指導者などになってしまうのですが?
鈍感なAさんは、
真実に目覚めても、
Bさんのほうを、本物だと、
世間が思い込んでしまいます。

237 :子龍:04/05/18 11:46 ID:pDfWpWy2
>>233
ああ、勘違い。ですね。そのような矛盾を、よく考えてみればわかるものを、
特別な能力を手に入れたことがうれしくて、なんの検証もしなくてうけいれてしまうのですね。
魔の功徳の恩恵に預かったということでしょうか。

結果的に、自分の信用が失われてしまうというのに・・・。

238 :あるメッセージ:04/05/18 16:33 ID:WgaiGKrQ
真実の波動と出会い、その世界をどんどん広げていくことは、
一般人の皆さんが思っておられるような簡単なことではないことを、
またここで書かせてもらいます。
神道の神=たとえば天照とか、
他力信仰の○○団体の神々と一体の方は、
絶対に真実の霊的敏感な世界は分かりません。
一時感じられるかもしれませんが、
それは本当に一時でその方には真実の心は分からないんです。

上のようなメッセージをもらいました。


239 :あるメッセージ:04/05/18 16:37 ID:WgaiGKrQ
霊的に、一瞬だけは、
真実の波動を感じることがあるかもしrません。
しかしながらそれは一瞬でしかありません。
それを感じたからと得意になっているというのはどういうことなのか、
本当にお粗末な世界に自分がいることをもっと心で知っていってください。
自分が素晴らしいと思う心のままでは難しい、
本当の霊的な喜びの世界は絶対にわかりません。


上のようなメッセージもきました。


240 :古代樹:04/05/18 17:01 ID:rGoBpZwf
スカイさんかどうか知らないけれど、テレビで話題になった
我は仏なりと言っている女性霊能者があったよね。
その女性は確か死体遺棄なんかで、逮捕されました。
その女性には、その時死んだ女性の霊が付いているのを知っていますか。
そして、その女性霊が逮捕された人を通してあなたに付いているのです。
そして、女性が監禁されて強姦された物事と人を結びつけるような
思考から逃れなれなく成ってしまっています。
決して、現実に知りうる情報以外のものを信じては成りません。
そして、恨みの念を捨てて愛の人に成らなくては、決して恨みを持った
女性の霊はあなたから離れていかないでしょう。
あなたが同じような性質を持っているから、この逮捕された人物からあなたに
念を通して憑依してしまっているのです。
恨みの念を捨てない限り、同類の波長の法則により、
あなたはそこから抜け出せません。
良く考えて、冷静に成ってください。
どのような教団に属そうとも、愛の気持ちを持って
生きていく事は出来るはずです。
愛の中に全てを解決する道があります。

241 :古代樹:04/05/18 17:25 ID:rGoBpZwf
人の言葉、霊の言葉、湧き上がる感情に振り回されずに
三次元的情報を集めてから決断を下しなさい。
人の言葉、霊の言葉より、現実の情報を通して行動と判断を
していかない限り、永遠に現実的感覚は取り戻せません。
人の言葉、霊の言葉に振り回されては決して成りません。

242 :古代樹:04/05/18 17:37 ID:rGoBpZwf
人を霊的に感知する時、念を向けねば成りません。
念には二種類あり、怒りの念と、愛の念です。
怒りの念を向けた時には、その作用を受けるので
対象者の本来の姿が変わってしまい、正確な測定はできません。
愛の念は、「その人本来の姿に成りたまえ。」という願いを込めて
その人を測定するので、その人が若干変わっても、マイナスの方には
殆んど変わらないので、正確にその人を知ることが出来ます。
正しく霊的に人を測定するには、愛の念が重要なのです。

243 :古代樹:04/05/18 18:09 ID:rGoBpZwf
人に呪いの念を向けられているだとか言った感情さえも
一端否定し、現実的な人間に成ってみよう。
そこから、愛の気持ちをもって人を見ていき
何が真実で、何が迷いなのか知っていこう。

真実で当たり前の和やかな生活を送るのが
人にとって理想なのです。

244 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/18 23:24 ID:WgaiGKrQ
>>240
悪いけど、
俺は、現在どこの教団にも入っていないよ。
また、現在は誰かを恨んでいるということも無い。
過去に、霊的ストーカーされたことはあったけど、
現在は、念も送られてきていない。

245 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/18 23:26 ID:WgaiGKrQ
>>242
愛をもって、
霊的波動を受けることには同意。

246 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/18 23:27 ID:WgaiGKrQ
>>243
人間は、のろわれているということは、
ほとんど無いと思う。
マイナス思考が、そうさせると思います。


247 :古代樹:04/05/19 18:29 ID:Y1F0Q1GN
釈迦は限りなく迷いの道を歩まれた。
限りなき煩悩と伴に、限りなき悟りも開かれた。
神の性質の中には、「悟り」の要素もあります。
限りなき煩悩と、限りなき悟りを神は世界に放たれました。
多くの煩悩があるからこそ人は悟ってもいけるのです。
多くの煩悩が、多くの苦悩があればあるほど、
悟り、人を導いていけるのです。
煩悩、苦悩は、多いほどいいのです。
そして初めて人を救っていけるのですから。
苦しみは逃れるものでなく、背負うものなのです。

248 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 18:37 ID:/GvHzpez
>>247
お返事まだですか?

249 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 20:29 ID:/GvHzpez
マジックとトリック。
たとえば、1+1は2である。
りんごを手から離せば、
地球上で重力があれば、
必ず地面に落ちる。

とろこが、マジックや手品だと、
りんごが空中に浮いたりする。
もちろん、無重力状態では無い地球ではそういうことはありえない。

ということは、そこには、トリックがあるということだ。

250 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 20:32 ID:/GvHzpez
つまり、トリックを、
われわれが見て真実と思い込むことを、宗教の魔術なのだと思う。
救われていないのに、
救われたと錯覚すること。

真実の前世の記憶じゃないのに、
偽者の記憶を方って真実と思い込むことなど、
霊能者の陥るわなは大きい。

251 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 20:34 ID:/GvHzpez
>>250
真実の前世の記憶じゃないのに、
偽者の記憶を誰かから聞かされて真実と思い込むことなど、
霊能者の陥るわなは大きい。
ある意味、魔の仕業と、
真実を、取り違えることがおきやすい。


252 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 20:35 ID:/GvHzpez
マジック=魔物の仕業。


真実=りんごが木から落ちる。ニュートンの万有引力の法則。

253 :名無しさん@3周年:04/05/19 21:21 ID:+uKJeo31
未だニュートンの古典理論信じてるの?
アインの特殊相対論も古いのに
今はエーテル論だね

御苦労様

254 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 22:20 ID:/GvHzpez
>>253
地球に限定してますが?
なにか?
それとも、空中にトリックなしで、
重力の法則を回避できるんですか?

255 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/19 22:22 ID:/GvHzpez
>>253
エーテル論で、
説明してください。

256 :子龍:04/05/20 15:50 ID:pfPB8q5y
マジックとトリックについていえることですが、人間は、当たり前のことをありがたいと
思い、感謝すればいいものを、珍しいもの、ありえないものをすごいものだと思ったり、
欲しいと願ったりしますね。
なんなんでしょう。自分だけが特別でありたいという欲が芽生えるのでしょうね。

古代樹さん、ありがとうございます。見失いがちな当たり前の心を大切にすることの意味を
示してくださっているのですね。
スカイジョーカーさんは、もうすでにわかっていらっしゃいますよ。ところで、猫爺に狙われて
いるとおっしゃっていた方、大丈夫でしょうか。その方に向けた、メッセージなのだと思います。

257 :古代樹:04/05/20 17:08 ID:2jY2CO/A
気が触れるような現象が存在し、気が触れ過ちを犯す。
そしてその霊が死後、人に取り付き、また気の触れた現象を
引き起こす。気の触れた霊が限りなく人に取り付き輪廻し、
人の心を奪っていく。
心を奪われた者はまた霊となり、人の心を奪っていく。
気の触れた霊の輪廻転生の作用から
身を守るには、限りなき気の触れるような現象の中で
限りなく金剛不動の自分を見出して生きるしかない。
例え、どのような現象が起きようとも、自分の心だけは
失っては成らない。
例えば仮に、自分の周りが戦場で、多くの人が殺されていたとする。
女も子供も情け容赦なく殺されていく。
そのような状態の中で、ただ一人現象に目を向けず、
心に静寂を保てるだろうか。

258 :古代樹:04/05/20 17:16 ID:2jY2CO/A
例えどのような事態に成ろうとも、
たとえ刃物を突きつけられたとしても、
心の中の神、真実の仏性を失っては成らない。
金剛不動の仏性が自分の中にある限り、
外の世界の現象は仮の世界、
一切心に感受されない。
心の中に仏陀あれば、心は静寂にして
外界の一切の波動を受け付けない。
この様な状態に成った時に、
一切の気の触れた霊の輪廻の波動から、
己の身を守る事が出来る。
例えどれだけ気の触れた霊が側に来ようとも、
どれだけ自分の心を苦しめようとも、
それに負けてはならない。
金剛不動の仏陀を見出したとき、
一切の輪廻から解脱できる。

259 :古代樹:04/05/20 17:58 ID:2jY2CO/A
>>238
>>239
悟りとは自分の苦を滅す為に必要なもの。
それ以外の悟りは人に示しても人を救う事は出来ない。
限りない苦の連続が、限りない悟りの連続と成っている。

260 :古代樹:04/05/20 18:16 ID:2jY2CO/A
仏陀とは当然ながら何処にも居らず
何処にもいる。
釈迦は自分の中に限りなき神性を見いだし
仏陀と成った。
全ての人の心には同じように仏陀が
眠っている。

261 :古代樹:04/05/20 18:29 ID:2jY2CO/A
そして自分の仏性が顕現している間は
人の中の仏陀を見る事が出来る。
そして初めて教えを説く事が出来る。

釈迦の説法はそうであったに違いない。


262 :古代樹:04/05/20 21:14 ID:fT5PXWvr
愛とは人を救おうとする中にあるのでは無い。
自らを保っておけば、必ず人は助けを求めてやってくる。

仏典に
本当の修行者と言う者には、
他人の過失など目に入らぬ。
他人の過ちを目に入れると、
自分の過ちの方が危ない。
他人の過ちは、自分に咎がないが、
自分の過ちは、自分に咎がある。
自分の過った心を払えば、
迷いをとことん打ち砕くに等しい
とある。
人は自らの心の平安のみ大事にすれば
良いのである。

263 :古代樹:04/05/20 22:34 ID:IJ65Z14B
個人的思った事。

人間の強さって何だろう。
どんな怖い人がいたとしても、
自分が強かったら負けないかもしれない。
しかし、自分より強い人は何処にでもいる。
この問題を解決する為には
どんなに怖い人がいてもその人の中に
善性を見いだす事しかない。
どんなに強い人がいてもその人の善性を信じる
事で一切動じない、これが強さだ。
しかし、もっと大きな強さがある。
それは自己犠牲を伴った強さだ。
そんなに苦しいのなら、
その思いを私にぶつけなさい。
私を傷つけなさい、
あなたの痛みは私の痛みです、
といった自己犠牲をを伴った愛の気持ち、
これに勝る強さは無い。
強さとは究極的に自己犠牲にまで
到るのだと思う。

264 :名無しさん@3周年:04/05/20 22:36 ID:Rp4UeplR
鉄筋工場に勤めている
単細胞のやつが一番強いんだよ
難しく考え杉

265 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/20 22:56 ID:fmNCKWG4
>>259
そのメッセージは、
漏れ=スカイジョーカーに来たものじゃなくて、
漏れが、受けて来たメッセージじゃないので、
そのメッセージの内容が、漏れには、
あまり良くわからない。
漏れの霊的感覚に来たメッセージなら、
漏れの心に得心が行くだろうが、
第3者の心に来たメッセージを、
その人が書いた文章を、
一般人にわかりやすいように、漏れが、
解説した文章をいれたり付け足したり削ったりしたので、
波動が変わってしまっているかもしれない。
ごめんなさい。


>>>>ALL>>>>書き込んでいる人へ。
強制IDになりました。
ある意味良かったですね。

266 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/20 22:58 ID:fmNCKWG4
>>264
鉄筋工場とか、
精密機械の工場とかの人も強いよね。

267 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/20 23:06 ID:fmNCKWG4
>>238
真実の波動と出会い、その世界をどんどん広げていくことは、
一般人の皆さんが思っておられるような簡単なことではないことを、
またここで伝えさせてもらいます。
アマテラスとか、
他力信仰の神々と一体の方は、
絶対に真実の○○○○○の世界は分かりません。
一時感じられるかもしれませんが、
それは本当に一時でその方には真実の心は分からないんです。

ちょっと、原文に近い形に修正します。

268 :名無しさん@3周年:04/05/21 00:16 ID:zP2ZHpvE
それがどうした?そんで何なのさ?

理想論なのか何なのか知らねぇーが、タラタラタラタラ何なんだよ亜穂みたいな能書きは?
基地外みたいだ? そんならその馬鹿の基地外よりも効率で勝ってみれや? やってみろ、
能書き屁理屈だけで応用実行力はあんのかよ?

その前に、お天等様の下でちゃんと働いてんのかよ? 喪前は、
一体何なんだよ、基地害か、パラサイトのたかり屋かよ、法賊かよ? 
喪前が悪魔外道のように考えている超賎人や創価学会員でも真っ当に働いてるんなら神仏は一定評価はするぞ、

269 :名無しさん@3周年:04/05/21 00:38 ID:zP2ZHpvE
そんならおまえの真実は精密機械なの?それ以外のこの世のものは総て嘘なんだ、
凄い論理だねぇー、

オレは自力は否定しないし自力で今は過ごしているけど、他力も否定はしないね、
キリストは他力だけど、「総て逆らえ」って言っているな、正しいんだよ、これが、
結論を言うと、最初から理想論の自力だけの奴は駄目だね。オレはそういう奴は尊敬も
しないし、正しいとも思わないね、自力で一度躓いて他力に行って改めて自力の本質を悟った
奴とか、他力で限界を感じて自力に来たような奴ならある程度の尊敬に値もすると思うがな、

最初の最初から自力だけで、それも単なる理想論のそれで、屁理屈だけでタラタラだけの奴は
ある意味マルキストみたいなもんでね、脳内人間で実行とか実務とか応用力は無い奴だね、
試行錯誤すらが最初から無いのだから、
最も、その筋の代々の権威とか世襲実力者ならまた別次元だがな、

270 :名無しさん@3周年:04/05/21 01:01 ID:PK+yQBsU
まず自力で出来るとこまでやってみると、
意外に出来たor全然だめだ
両方感じるね。

でもそれは、一回やってみたから
自分が出来ることと出来ないことの分別がついた訳で
そこから先はもう、神仏にもたれるしかない

確かにこういう感覚は、外に出て生きてると良く感じるね。
やる前に考えすぎると、自力、他力、両極端になり易い。
そう思う。

271 :名無しさん@3周年:04/05/21 01:06 ID:zP2ZHpvE
まぁ、マルキストのような脳内人間は理想論をタラタラタラタラ云うわけだよな、
そんでもって実行はなかなか伴わないんだな、それと特徴的なのが〃嫉妬深い〃
ことだな、ベトナム戦争のときの温厚でユーモアなアメリカ兵はコミュニストと聞くと
たちまち形相が変わり躊躇無くベトコンを殺戮したんだが、〃コミュニスト〃のニュアンス
の中には、「嫉妬人間」とか「企み人間」の意があったらしいんだな、非生産的でパラサイト
だけしか考えない応用力の概念すら無い連中なんだね、勿論、生産性なんてのも最初から微塵も無いさ、
戦前の大戦期以前の日本でも二宮尊徳なんか薪を背負いながら勉学に励んだらしいんだが、
その考え自体本質はマルクス労働価値説と対極するアメリカ的プラグマ価値観に近いんだが
戦後の進駐軍はその二宮を一時禁止したんだよな、皮肉にもな、
まあ、実行を伴わない理想論は嫉妬偽善者の隠れ蓑になるのは何時の世でもおんなじようでね、
あと付け加えると、嫉妬偽善者っていうのは共通して好色濃いのも特徴のようだね、

272 :名無しさん@3周年:04/05/21 01:19 ID:PK+yQBsU
俺は協賛党の幹部なんてのは大嫌いなんだけど
こんな唄があって

 星のように光る 汗流しながら
 滂沱滝流るる如く 泣きながらうたおう
 さあ底辺の者よ 労働者諸君よ
 忘れまじや 若き日に抱きし大志をば

こういう、「汗流して働いてる者のリアリティ」みたいな感性は嫌いじゃないので
そこは一言だけ言っときたいんだけど

273 :名無しさん@3周年:04/05/21 01:23 ID:zP2ZHpvE
今の日本なんて、逆に言えば〃生産性〃だけだね、
説明すれば長くなるけどさぁ、

資本主義社会で利益を出さない事業ってのは〃社会悪〃なんだよね、
自己満足でK泳なら別かも知れんがな、

そんなもんは旧社会主義の中国や東欧にも今は無いさ、

274 :古代樹:04/05/21 02:28 ID:U7uhObS5
私は仏教的視点から見た、霊的苦しみから
解かれる道を説いています。
仏教者であるならば霊的問題は全て
心の問題として捉えるべきです。

本来我々の心は清らかで正常なものです。
心の中には仏(神)が座っています。
自分の苦しみが外界からの作用で
様々に乱れる時、
その苦がはっきりと自分の心の中で実在している
事を確かめます。
自分が苦しんでいるという明瞭な感覚が必要です。
その後で、その苦が徐々に無くなり、自分の心が
明瞭に成っていく為には何が必要か考えます。

275 :古代樹:04/05/21 03:29 ID:U7uhObS5
心の原因は様々にあるでしょうが
それらは全て執着です。
様々の外界の現象に固執し、心の中に平安を
もたらせない状態、それが執着です。
執着を解くには、心の本来の清浄なるものが
蘇りつつ、その執着が徐々に失われていくのを
イメージしていかなくては成りません。
心の中に全ての執着が無くなった時、心の中の
本来の性質が現われます。
しかし現実には執着を解こうとする事自体が
執着と成る事が良くあり、その場合は、
自動的にある一定の時間を経て、徐々に執着が無くなり
心が清浄に成っていく姿をイメージします。
しかし、これさえ、執着に成る事に成った場合、
執着を取り去ろうとする事自体を諦めます。
何時しか自分の心に本来の性質が蘇るだろうと
今の状態自体を良しとします。
これによって例えどんなに霊的に苦しかろうと
本来の自己を取り戻す事が出来るはずです。

276 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/21 11:11 ID:kZ96BBdf
>>272
スレッドの話題と外れるけど、
今日酸党の幹部とか、
同じしゃべり方をするよね?
なんかコピーロボットみたいだよね?
不○たんとCたん、書記長とか、
みんな同じ顔のあげさげをする。

>>271
>>270
さんのいうことも、ある意味ではうなずける部分もあるとおもうけど、
層化の人の末端のひとは、俺も知っていたけど、汗を流して働いていたよ。
で、毎月金を何10万円と吸い取られていた。
いずれにしても、
汗流して働くというのはいいことだよね。

>>273
生産性か、昔から言われていたね。
なかなか生産性が上がらなくなってきてるよ。
1960年代の高度成長はすごかったけどね。

277 :古代樹:04/05/21 23:17 ID:pdmM0BlU
仏教とは何処までも
己の過ちを認め、
心を反省させ、心を清浄にする行為。
自分の過ちを全て人のせいだとするのは、
仏教者としてでなく、人として言語道断。
心のバランスを失ったものは
体のバランスを崩す。

278 :古代樹:04/05/21 23:48 ID:pdmM0BlU
仏教は原始より、限りなく自分の心を
見つめ、苦からの解脱を図る思想。
仏教間に対立が起こる訳も無く、
対立が起きるとしたら、仏教姿勢から
離れてしまった時のみ。
仏教は常に個の心に響く思想。
集団間の対立の中に仏教者としての
姿勢は無い。

279 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/21 23:53 ID:kZ96BBdf
>>277
ですね。
ただ、ここで最近来ている人で、
仏教者から攻撃を受けている人がいるんですが、
どういうアドバイスがいいのでしょうか?
私じゃないのですけどね。

280 :古代樹:04/05/22 12:26 ID:viisLIGv
AがCを恨み呪ったとする。
生霊、悪霊はAからbを通って
Cに向かう。
Cが完全に魔を降し続けた時、
魔はbに戻らずAに戻る。
魔を多く背負い切れるのは
一人しか居ない。
結局はA、C間の問題となる。
Aの寿命は縮まっていき、
助けを求めるしかない。

281 :古代樹:04/05/22 12:28 ID:viisLIGv
「苦」を滅する為には、「楽」とは何かを知らなくては
ならない。
魔の作用を受けたものにとって、
何が「苦」で何が「楽」かを悟るのは難しい。
「楽」とは、過去最も心の迷いが無くなり、
心が正常に戻った状態。
これが「楽」。この状態に何度も戻る為に、
心の執着を断っていく。
「苦」と「楽」の状態が見分けられるように成れば
心の執着から逃れるのは、そう難しい事では無い。

282 :古代樹:04/05/22 12:52 ID:viisLIGv
本来の「霊格」が高い者ほど、普通は魔を
寄せ付けない。
しかし、魔を背負うと成ると、普通より
多くの魔を背負ってその状態を続ける事になる。
霊格の高いものは既に、自分が何者であるか
ある程度分かっている。

283 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/22 13:45 ID:EyYfqktN
>>280
スモールbというのは、
どういう役割ですか?
Aさんが、Cさんを、うらみのろった場合は、
直接に攻撃するということは無いのでしょうか?
A→Cということでは?

Aさんは、
現実の肉体ということですか?
スモールbというのがなぜ必要なのかわからないのですが?

284 :古代樹:04/05/22 14:06 ID:viisLIGv
宗教家が途中から変わってしまう事が
多いのは何故だろう。
何らかの悟りを得、教えを説くように成ると、
多くの悩みを抱えた人がやってくる。
悩みを抱えたものの中で、特に悩み激しい者は
必ず魔を背追ってやってくる。
そうした者に会う、会わないに関らず、
念を向けられただけで、念を通して魔は
宗教家の元にやって来てしまう。
そして、心に迷いや煩悩を起こす。
そうした魔と闘い、自らの心の執着を捨て、
無明から般若の知恵を無限に導き出さない限り
魔の作用から逃れる事は出来ない。
魔とは、その煩悩を克服した者には
寄って来ない。
永遠に闘いつづけるのが宗教家の道。
最も険しい無限に続く悟りへの道。

285 :古代樹:04/05/22 15:03 ID:viisLIGv
般若の知恵とは何か。
仏典にはこうある。
三世の仏達が説かれた十二の経典も、
全て我々の本性の内に、始めから完全に備わっている。

どうしても般若の知恵を呼び起こして、
自ら観察すべきである。

般若の瞑想で、思いのままにそこを
抜け出るのが、無念の生活である。

全ての「苦」を自分の問題として受け止める事より
仏教は始まる。例えどんなに他者に非があろうとも
全て自分の問題と受け止めそこから悟っていく。
これが仏教。

286 :古代樹:04/05/22 18:12 ID:viisLIGv
多くの人間の性質として、
まず、敵意を向けられたら
敵意を剥き出す。
しかし、これでは何の解決にも
成らないので、相手を信じて、
喝を入れようとする。
しかし、ほとんどの場合
これでは解決にならない。
相手の敵意を跳ね返すには、
それとは真逆の慈愛の気持ちを
持たねば成らないからである。
しかし、この感情すら、
相手を激怒させる事が良くある。
最も良いのは、何も考えず、
相手の感情を自分の内に
入れずに、沈黙する事である。
自分の内に感情が入らなければ、
彼は苦しくなり、自ら自滅するか、
助けを請うしか無くなる。
本当の慈愛とは、一切の沈黙の
中にある。

287 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/23 22:01 ID:H2uRQG4f
古代樹さんは全く返事をくれない。

288 :古代樹:04/05/23 22:16 ID:n28FZY7V
スカイくん。
恐らく君はある霊能者のから強い念を送られていて、
その人を信じてしまいたくなる苦しみから逃れたいんじゃ
ないのかな。
だから、別の人を信じる事でその苦しみから逃れたかったんじゃ
ないの?
怒らせるために言っているのじゃない。あなたの苦しみの
一端を感じました。
もう、誰も信じなく成れるといいね。
神様は別に特定の人じゃないよ。
全てが神のエネルギーで出来ている。
全てが神が形を変えて表われているんだとしたら、
何も信じなくてもいいんじゃないの?
君自身の魂も神様が作ったんじゃないの?
だったらもう自分自身を信じていこう。
何も信じる必要はない。
自分を信じて。(私の事も信じる事無く)

289 :名無しさん@3周年:04/05/23 22:19 ID:JTnPqU0s
古代樹自身が神に一番縁遠い
それに気づけ
人間様を余り小馬鹿するなよ


290 :古代樹:04/05/23 22:34 ID:n28FZY7V
この女性霊能者は恐らく、何らかの神社に
御参りした時に、古い時代の、落ちぶれた武家の娘に
憑依されたものと思われます。
死んだ女性の霊としたのは間違っていました。
とにかく頑張ってと言うほか無いです。

291 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/23 23:25 ID:H2uRQG4f
>>290
女性霊能者って、
心あたりが薄いんだが、
27年前の女性霊能者(新党・神社と無関係)なのか、
9年前の女性霊能者(新党と神社と無関係)なのか、
どうなんでしょうか?
時間と場所がわからないと、
特定できません。
3次元にすんでいる関係なので。
ちょっと自分では、感じられません。

>>289
古代樹さんのおっしゃる事と、
自分の体験が合わないんですよね。

292 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/23 23:26 ID:H2uRQG4f
>>288
確かに、自分を信じることは大切というかそれがすべてではある。

293 :名無しさん@3周年:04/05/24 01:22 ID:+FoCSrQa
>290
まもなく貴方は開きます。
どうかその時の印を見逃さないうに・・・


294 :子龍:04/05/24 12:18 ID:v5BVApX7
古代樹さんの霊視があたっているかはわかりませんが、本来の仏教について・・・、
>>288について・・・、は見失ってはならない大切なものだと、わたしも思います。

295 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 13:20 ID:JsrB1LsQ
>>294
古代樹さんの、
霊視は、
心には感じないのだが、
自分を信じるという意味は賛成。

296 :古代樹:04/05/24 14:22 ID:uCdRXQK+
特に現代の宗教家が間違っているのは、全ての人が既に修行者
であるという点を見失っている事です。
教団に入れて始めて悟らせようとする。
教団に入らないと修行は出来ないと思っている。
しかし、全ての人がこの世に生まれてから、苦しみ、既に修行を
しているのです。
そして、それぞれの人生で悟ったものを持っているのです。
既に全ての人が修行者で、それぞれが悟りを持っているのに
それに気づかないのが、現代の教祖です。

297 :古代樹:04/05/24 14:23 ID:uCdRXQK+
また、教祖、若しくは教祖の潜在意識に対して
祈るように勧めている団体は多い。
しかし、彼らをよく観察してみると、
実際にはそれほど頻繁に祈っていない。
修道女や牧師のほうが頻繁に祈りを捧げている。
これは、自然と地上の人間に対して祈るのが
不自然であると、魂は悟っており、自動的に
それを行わないようになる為と思われる。
どんなに教祖が自分に祈るように勧めても、
実際にはそうはならない。
これが自然な法則。

霊的に迷っても教団には属さず、霊能者に依存せずに
自分で問題を解決するようにしよう。

298 :古代樹:04/05/24 15:19 ID:uCdRXQK+
余談であるが、かなり昔から、宇宙には神の意識が
宿っているとか、魂が宿っているとか言われてきた。
宇宙の意識とは、どういったものなのだろう。
宇宙は限りなく謙虚になる事で、自分の体に全ての世界を
写している。ちょうど鏡のように成っている。
そして心の内から外の世界を覗いている。
自分の内なる世界を見つめる事で外なる世界全てを見つめている。

299 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 15:42 ID:JsrB1LsQ
>>296
キョウソを批判すると、
反発が来るので言いにくいのだが、
教団に加入させるということ事態が、
人生が修行だということを、
無視した考えだな。
修行の場所の提供としての、
研修のための出会いというのは必要だろうが、
宗教団体に加入して、祈ってもマイナスにしかならない。

300 :古代樹:04/05/24 15:42 ID:uCdRXQK+
もちろん宇宙は究極的な神ではない。
究極の神は限りなく身近に、しかし気づかない
だけの存在かもしれない。
限りなく極微で、無限大という対立する要素すら
対立する事無く共存可能なのである。
何時か様々な事を悟った上で、本にしたいと思っている。
余談でした。

301 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 15:44 ID:JsrB1LsQ
>>297
新興宗教団体に加入すると、
キョウソを、崇拝するように強制されるけど、
自然と、曽野不自然さに気がついて辞めてしまう場合が多い。

302 :名無しさん@3周年:04/05/24 15:48 ID:gGFboRVw
      _ , -――- 、 _
      /゛ヾヾヾヾヾ ,ミ ヽ、
    ./ミ/ヽ ___ ノ `'ミ ヽ、
    /ミ/           `i、|
   ,iミ/              lミヽ
   |ミ゙l              |ミ|
   |ミ`l     ヽ  ノ     l゙ミ|
   iミ、 _ー,ニ二_、 ` '  ∠_二、_r ミ,i この仮想空間2chにバグが発見された。
   .lrィi ヽ     `l‐'r'´     / irィl そう君達宗教人だ。君達のような異常者
   .l |l、ヽ ヽ、___/゙ ヽ、_ -' /ll ノ    がいると健常者に害が及ぶ。
   ヽ_i ‐' ′ ‐ / `ヽ'-、 `''‐ iノ  よって消去(デリート)させてもらう。
     `|   / ` -,,- ′ ヽ  |'
     `i   ,_ -─'─- _ 、  .i´
      |ヽ  -───- ` /|
      イ ヽ  r─-、   / ,l
     i´\ \___/ / !-、


303 : ◆e6Mv2w7nzY :04/05/24 15:50 ID:RYIAkdlJ
教組になりたいな

304 :古代樹:04/05/24 19:08 ID:Pkc1Idv6
神の教えとは何か。
神が高級霊とするなら、高級霊が地上に在りし日の
心の悟り、これが教え。
しかし、全ての人間も現に地上に生き、苦しみの中で
様々な事を悟っている。
これも同じく地上にて獲得した教え。
全ての地上の人間にも、高級霊と同じように、
様々な教えが詰まっている。
これを学ばずして何処に教えを求めるのか。
神の啓示を受けさえすれば様々な悩みが解決するのだろうか。
一人一人の心の中に、宿題と答えが詰まっている。

305 :古代樹:04/05/24 19:57 ID:Pkc1Idv6
高級霊の教えとは何か。
高級霊といわれる人々は、
必ずと言っていいほど、
普通の人以上に障りと闘ったり、人生の試練と
闘ったりしている。
この時に得た大きな悟りこそが
人々に感動を与える。
しかし、これは大きな教訓を含むものの、
これだけでは人は救われない。
人それぞれに必要な悟りは周りの人が持っているからである。
神の教えだけでは人は救われない。

306 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 20:50 ID:JsrB1LsQ
高級とか低級とかよりも、
エネルギーが強い大きいか小さいかだと思う。
大きいエネルギーに気がついた人は、
宇宙まで悟りが進むだろう。
心が広がるからだ。

307 : :04/05/24 21:10 ID:6xlOQhbO
機の成りて 自ずから来る悟りこそ
天から来たる 恵みの知恵なれ

308 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 22:04 ID:JsrB1LsQ
>>307
天恵ということですね。

309 :害基地デンパ@くしこ:04/05/24 22:07 ID:iJ8B9Cxh
わたいも教祖になって大儲けしたいけど、
その才能が全くありません。ほんま、悔しいわ。

310 :名無しさん@3周年:04/05/24 22:11 ID:cYtIQIwX
廃人の巣窟ですね


311 :害基地デンパ@くしこ:04/05/24 22:14 ID:iJ8B9Cxh
ウハハ。廃人こそ全てを知る。。。だったりして!

312 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/24 22:24 ID:JsrB1LsQ
>>309
会社の社長は、
製品を製造販売しますけど、
キョウソというのは、何も製造販売しませんからね。
会社は、製造、販売、総務、運営管理、工程管理、建築製造、など、
さまざまな才能が要求されますね。

キョウソは、何も建築しないし、
ある意味、何も無いものを販売するようなものですね。
っていうことは、空虚を販売するともいえます。

>>310
廃人は、何も販売できませんが?

313 :古代樹:04/05/25 12:24 ID:7iWdKGVW
限りなく普通の人に成らなくては、
苦や魔がやってくる。
神の教えを聞いて偉いと思っている人達、
自分を見失って居るにも関らず、人を救えば自分が救われると
思っている人達。
実際には救える人など一生の内限られているのに、
自分が聖人に成ったつもりで、人を救おうとしている人達。
信仰などせずとも神は見ているのに、必死になって
信仰しようとしている人達。
現実から逃避しておきながら、必死に悟りを求める者達。
皆、中道から外れている。
この状態に心の安らぎは無い。
人間が偉くなる為ならば、宗教は不要である。
いや、神さえも不用である。
神は人間を堕落させる為にあるのではない。

314 :古代樹:04/05/25 12:40 ID:7iWdKGVW
悪魔にとっては
宗教団体や霊能者は必要だが、

神にとっては宗教家も霊能者も
必要無い。

神は全ての人を見ているのだから。

315 :古代樹:04/05/25 13:05 ID:7iWdKGVW
宗教を信じる事で、限りなく謙虚な心を
取り戻せる人は皆無に等しい。
宗教を信じるほどに執着の塊に成っていく。
自分が人より偉いと勘違いしてしまう。
宗教を信じるほどに
限りなく普通に成っていく道は無いのだろうか。

316 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:09 ID:QU+a2M3j
それはなさそう。
宗教は他者に伝えて大きくしていく使命みたいなのを植えつけるから。
相手の幸せはこれを信じること、って本気で思うようになってしまうもの。

317 :古代樹:04/05/25 13:22 ID:7iWdKGVW
宗教を信じる人で、私は現実逃避していない、
と言い切れる人はどれだけ居るだろうか。
信じるほどに、現実感覚を取り戻し、人生の
障害と向き合っている人はどれだけ居るであろうか。
多くの人が夢想の中を、人が作った世界の中を
生きている。
自分の世界は、自分の心の奥にしか無い。

318 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/25 13:44 ID:9/P6nPjY
宗教を信じる人は、
現実がうまくいかないので、
その原因を宗教にあると誤解することにある。

たとえば、なんでもいいけど、
現実に不安とかがあると、
現実を見るというよりは、
現実逃避をしてしまうのだろう。

そこへ、宗教団体とか、
キョウソとかの、魔の手が忍び寄ってくる。
相手が来るというよりは、
自分が、宗教団体や、教会や、
キョウソという魔のほうに飛び込んでいく感じです。

真実と出会うということは非常に難しい。

319 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/25 13:47 ID:9/P6nPjY
>>315
宗教を信じれば信じるほど、
宗教団体を、拡大することに生きがいを身に着けてしまうと思う。
>>316
さんのいうように、自分の宗教を相手に押し付けることが、
相手にとっても幸せになると、押し付けるのが宗教。
真実の学びは、相手に押し付けない。
真実を学んでも自由だし、
学ばないで、宗教に行くのも自由。

320 :名無しさん@3周年:04/05/25 13:51 ID:TlsL4Qaz
 
     ,; ⌒  ⌒  ⌒ ヽ
     (     _____ )      
    (   /        ヽ
   (   l   ⌒     ⌒ヽ
   (   ヽ , ―― 、  , ―‐‐、       ________
    (   〉=| ( ・ ) |⌒| ( ・ ) |      /
    (  |  ー―‐'  ヽ ―‐'     < オッホー面白いスレがたったでおまんな〜
     ヾ(6 ヽ    (  :::::) 、 )      \  
       l    _______)        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        l    (    \|ノ'    
       | ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   __/ヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄| l\_
  ̄   \ ヾヽ     //|    


321 :288:04/05/25 14:55 ID:eQWrU8fs
>>319
宗教団体を信じることと、宗教(真理)を信じることとはかなり違いがあるようですね。
古代樹さんが言われるように、「自分の中に、宿題と答えとがある。」同意します。

322 :古代樹:04/05/25 15:11 ID:7iWdKGVW
真理は普通の中にある。

限りなく普通に成る事で神に近づく道がある。

人より低く成り下がっても、神より遠のきはしない。

323 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/25 22:48 ID:tG/oSIzb
出世しても、
真理には近づけないだろう。
教祖は、真理から遠く隔たっている。

324 :古代樹:04/05/26 00:47 ID:JiQ6Fe/f
とにかく宗教的人格者ほど
魔の障りを受ける人は居ないように
思われる。
特に偉いと思う感情が障りを良く
引き起こしている。
この偉いという感情を覆い隠す、
微妙なすり替えが、自分は特別な使命を
持っているんだという誤解である。
強い使命感を持つ事で、偉ぶる感情を覆い隠し、
偉さを反省せずに生きることが出来る。
これによってますます執着を身に付けていく。
本当は全ての執着を断ち切っていくのが、
人として正しい方向性にも関らず。
たった一つの執着が次なる執着を引き起こし、
徐々に執着の塊と成っていく。

325 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/26 09:37 ID:L/WkBCaI
>>324
たとえば、S会の、
I氏とか、政治的に権力を持ってしまうと、
自分が偉いと感じてしまう。
経済的にも、献金を強要して、
庶民からお金を巻き上げると、
それを自分のお金だと思って毎年100億円〜300億円ぐらい使う。
自分が偉いと思っているから、
組織の主導権は自分だと、
必ず主張して、特別な使命がそうさせているんだと正当化してしまう。

偉い感情の、胡散臭さ、鼻につく感じ、
何様なの?という庶民の反感を、
特別な使命という誤解で、自分や他人を納得させている。
これは、世間で言う権威ある人などにも、
見られる傾向である。
日本新党などにも、最高権威の人を、
特別な使命と、定義つけることによって、
執着を生み出していたということを、
納得できることができた。

326 :古代樹:04/05/26 14:49 ID:JiQ6Fe/f
>>325
そうですね、政治家にとっても無執着の生活は大事です。
政治家は皆使命感を持っています。自分が世の中を変えるのだと。
しかし、実際には政治を動かしているのは政治家ではないのです。
社会の中で、不平不満を言わず必死になって生きている人達、
彼らの姿を見て感動して、彼らの為に何かをしなくてはならない、
という、感情を政治家は持つのです。
そうすると、実際に政治を動かしているのは、政治家ではなく、
社会に一切不平不満を言わない与えられた環境下で努力している
個人だという事が出来ます。
彼らの努力している姿こそが、社会を動かし、政治を変えているのです。

327 :古代樹:04/05/26 15:09 ID:JiQ6Fe/f
魔は常に心に強い執着のある人の
下へやって来ます。
執着の最もたるものは何でしょうか。
それは困難や苦しみから逃げたいという執着です。
この最大の執着を断つという難問に打ち勝たない限り、
次なる執着は断てないのです。
ここが最も苦しく峠なのです。
自分の苦しみは、自分の責任。
ここまで悟ったら、後の執着を断つのは早いのです。

328 :古代樹:04/05/26 15:34 ID:JiQ6Fe/f
世の中には、神からの啓示を受けたり、
何らかの悟りを得たりして、
一生幸せが続くと勘違いしている人が居ます。
しかし、どんなに啓示を受けても、悟っても、
一生苦しみは続きます。
人はこの世に生きている限り、永遠に悟れないのです。
次々苦しみはやってくるのです。
その中で必死になって努力し、悟っていく道が、
地上での生活なのです。

永遠に悟れない。この現実にどれだけの宗教者が
目を向けているでしょう。

329 :古代樹:04/05/26 16:06 ID:JiQ6Fe/f
仏教的に言えば、
「永遠の今」、「霊界に有った、時間を超越した自己」
を悟れば心が自由になれると思っている人が居るかも
知れない。しかし、人生はそんなに甘いものではない。
永遠に悩み苦しむし、その中で、人を愛していかなくては
成らない。
どんなに霊的世界に参入しても
極めて厳しい現実があるのです。

330 :古代樹:04/05/26 16:10 ID:JiQ6Fe/f
そして、人は悟りたい、悟って人に教えを説きたいという
執着すら断って行かなくては成らないのです。
これが仏教で言う涅槃の境地です。

全ての執着を断った境地です。

331 :古代樹:04/05/26 16:18 ID:JiQ6Fe/f
魔に苦しむ人はただひたすらに神に祈るか、
一切の執着を断ちなさい。
それしか救われる道は無い。

332 :古代樹:04/05/26 16:58 ID:JiQ6Fe/f
涅槃の境地に入って初めて
人の心の執着が見えて来ます。

ここに釈迦の慈愛が生まれます。

333 :闇を分けるもの:04/05/26 20:44 ID:1qsHpkOK
苦しみの中に光が見える。

赤い光が鳩となって天から旅立ち、
モーセの頭上に止まった。
モーセの杖が一振りする時、
七色の虹が現われ、
釈迦が軽く会釈をする。
虹は冠に姿を変え、失われし古代の記憶を持つ女性の下に届き
そこに愛が生まれた。

334 :古代樹:04/05/26 22:39 ID:XyFqn2MV
人は神を求めても幸せには成れないという事、
この事が宗教的な人ほど分かっていない。

神を否定し、自らの心の内にのみ目を向けた時、
初めて人は幸せに成れるのだと知らなくてはならない。

幸せは外からやって来ない、常に自分の内から
やって来る。

335 :古代樹:04/05/26 22:45 ID:XyFqn2MV
神さえ否定できる宗教家がどれだけ居るだろう。

一見神から遠のく様に見え、必ずしも遠のかない。
神を追い求める事を捨て、自らの中に光を見出したときのみ、
本当の神と同じ悟りを実感できる。
永遠に修行者として努力できる人は殆んど居ない。

336 :古代樹:04/05/26 22:51 ID:XyFqn2MV
神と言う一定の地位を作り出し、
それと一体と成った様な状態を
悟りとは言わない。
そうした間違った幸福感に浸っている人に限って、
少しの人生の障害で挫折してしまう。
神と言う一定の地位を意識の中で作らずに、
全てが神の存在と認め、限りなく努力できる人こそ、
本当の宗教者である。

337 :古代樹:04/05/26 23:07 ID:XyFqn2MV
宗教を否定し、神さえも否定し、
全ての存在に神を見いだす。
これが、古代仏教にしろ、古神道にしろ、
存在していたと思われる。
近現代に入って日本人は神と言う存在を作り出した。
これが極めて不幸な事で有った事は、現代宗教を見て
良く分かる。

338 :古代樹:04/05/26 23:15 ID:XyFqn2MV
悪魔や人生の障害と闘わないような
静寂さよりも、それらと闘って
心乱されながらも、人として成長して行く。
これが人として生きる道であり、
人は決して神に成ってはならない。
人は人、神は神である。

339 :古代樹:04/05/26 23:23 ID:XyFqn2MV
宗教を否定した果てに、最も当たり前な、普通の人として生きる中に
最大の宗教心が備わっている。限りなく普通の人でありながら
道を説いたらどうなるか。
多くの人がそれを見習うだろう。
神を説いて人はそこから遠ざかり、人を説いて人はそれを見習う。

340 :古代樹:04/05/26 23:54 ID:XyFqn2MV
宗教的、霊的生き方など、
99%の人には必要ない。
宗教的生き方をしている人であっても、
普通の人以上の人生を生きているとは
限らない。
殆んどは、現実を見失っている。
極めて当たり前の生活が出来た人の中で、
極少数の人が、宗教的生き方に
辿り着いた方が良い。

341 :古代樹:04/05/26 23:55 ID:XyFqn2MV
極めて普通の生き方とは、
一切の執着を断って和やかに生きるということである。
心に苦しみが無く、焦ること無く、幸せになることである。
この当たり前の生活を出来た人のみが、宗教的人生を
目指せるのでは無いだろうか。

342 :古代樹:04/05/27 00:18 ID:VfzftXW/
限られた能力、与えられた環境下で、
精一杯努力している姿こそ、
他者に対する最大の「愛」では無いだろうか。
様々な説法よりも、そうした努力する姿こそが
人に感動を与え、何をすべきか教えている。

343 :古代樹:04/05/27 00:37 ID:VfzftXW/
人によっては宗教心を植え付けなくては、
人は自分は魂であることが分からず
地獄に落ちると言っている。
しかし、全ての執着を断ち、和やかな心を持った境地では、
自然と潜在意識との調和は保たれ、自分が魂であると
実感できるものなのである。

余りに変わった思考の持ち主でなければ、
自然に幸せに成った時、自動的に自分が魂であると
分かるものなのである。

反対に執着の塊に成ると、自分がただの人間に思われ、
魂の永遠性など空想に思えてくる。
これが自然な法則である。

344 :古代樹:04/05/27 00:43 ID:VfzftXW/
未開の地に住む人は皆、誰にも教わらなくとも
神も、魂も信じている。

彼らほどに神に感謝して生きている人は居ない。

345 :古代樹:04/05/27 09:42 ID:VfzftXW/
使命感、これより尊いものは無いと多くの人が思っている。
しかし、余りに強い使命感は本来の実力を半減させるものである。
使命感と言う執着すら断ち切って、本来の自己に戻る時、
無限と言ってもいい力が放たれる。
自分が人を生かしているのではなく、
自分が人に生かされていると気づくからである。
この事に気づいた人に霊的障害は無い。

346 :子龍:04/05/27 11:06 ID:d5kApJ8X
337,343
同意。

347 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/27 12:28 ID:jw2iF8Hv
>>337
明治維新で、日本新党は、新しく作られた。
アマテラスや、その他の神を古い材料で作ったともいえる。
ある意味では、名前は、古くても、概念は明治時代に、
天皇制と一体となって作られたと思う。←天皇制という言葉が的確かどうかは別として、
明治時代の教育制度が、
東京帝国大学を頂点として、
日本新党を基本として、教育制度として整備したのだろう。

348 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/27 12:35 ID:jw2iF8Hv
>>347
これは北○鮮系の在日朝○の人の、
霊能者が発言したので、
ほとんど電波かもしれないけど、
日本のアマテラスは、
太平洋戦争で敗北したという発言があった。

349 :スカイジョーカー ◆LEMON/oc4Q :04/05/27 14:03 ID:jw2iF8Hv
間違った認識と思い込み。
世間のニュースを見ても、
真実が報道されないで、
誇張されたデマを、信じて間違った判断をしてしまう場合が多いですね?
私だけなのかもしれませんが、
記憶の、勘違いということが良く発生しますね。

世間の情報でも、間違って受け取ってしまう場合がありますから、
前世の記憶でも、全く違う情報を、
自分の前世だと、錯覚してしまうことがあると思います。

350 :子龍:04/05/28 12:27 ID:u1yCVYDT
結局、自分の前世はわからないのだから、情報に惑わされず、今からの自分をきちん
見つめて生きていくことをお勧め。

自分の人生をどう積み立てていけば、どうシアワセになれるのかがわからないから、
振り回されている人もいるわけですが。
世間的な価値観を、いったん捨ててみて、素直になってみましょう。

351 :名無しさん@3周年:04/05/28 13:14 ID:KFrbkc8y
内容:
今朝6時に情報が伝わったニュースでも、
真実はまだ良くわかって無い。
でも、事実はもう決まっているはずだろう。
われわれ観察者は、
真実と事実がわからないので、
あいまいな情報で、右往左往してしまう。

でも、観察者が観察しようと、
観察しまいと、事実は決まっている。


霊的な情報でも、
前世は、決定した事実があるはずであるが、
観察者が、右往左往して、
全然勘違いの、偽者の前世をもとに、
現実を考えると、
真実や事実からはるか遠く隔たってしまう。

宗教団体に参加する人の落ちいる勘違いということは、
この辺に存在する。



352 :名無しさん@3周年:04/05/28 13:19 ID:enfPdph9
サーバーが移動したのですね。

353 :名無しさん@3周年:04/05/28 14:43 ID:enfPdph9
>>350
前世を言われたことで、
自分の人生を遠回りしてしまったようです。
1995年1月〜1999年12月ころに、前世のことを言われて、
2001年の3月頃まで、人生を棒に振りました。
言った人は、最初は、霊能者でも、
ストーカー的ではなかったのですが、
1999年前後には、
ストーカー的な状態になり、
2001年の3月までは、ストーカーされていました。


354 :古代樹:04/05/28 16:55 ID:ZNLKIjMS
>>349
前世など夢想です。

そんなものは普通例えあっても分かりません。
前世を知りたいのは、前世が知りたいのではなく、
自分が特別な存在と思いたいからです。
何故、特別な存在と思いたいか、現実が苦しいからです。
何故現実が苦しいか。
逃げたいからです。
何処に逃げられるんですか。
逃げ場など有りはしません。
自分の心からは逃げる事が出来ないからです。

355 :古代樹:04/05/28 17:02 ID:ZNLKIjMS
前世が間違う。
人間には未来しか有りませんから、
前世など必要無いものです。
一体人間は過去と現在どちらに進むのですか。
夢想にもほどがあります。

356 :古代樹:04/05/28 17:10 ID:ZNLKIjMS
何が自分にとって真実か。
そんな事は知る必要も無いです。
知り得る世界のみが真実です。
知らない世界を知ろうとすること自体が
どうかしています。

357 :古代樹:04/05/28 17:17 ID:ZNLKIjMS
現実とは何か。
目に見えるもの、耳に聞こえるもの、
肌に感じるもの、臭いを感じるもの、
等のみが真実です。
現実を失って、現実以上の世界を知るなど
ばかげています。

358 :古代樹:04/05/28 17:21 ID:ZNLKIjMS
例えば仏典の何処にも、正常な五感を失えとは書いていない。
正常なる五感を否定して
内なる世界に入れとは書いてある。

359 :古代樹:04/05/28 17:27 ID:ZNLKIjMS
正常なる五感とは、
見るもの、聴くもの、感じるもの
全てが、周りの人と同じように感じ判断できる
事を言う。
周りの人と同じような感じ方が無ければ、
思考によって、五感を歪めて居るとしか思えない。

360 :古代樹:04/05/28 17:42 ID:ZNLKIjMS
正常な五感を取り戻す為にこそ、
神への祈りが必要なのでは
無いだろうか。
心の安定と幸せが、仏教や様々な宗教で
説かれているのであるならば。



361 :古代樹:04/05/28 17:52 ID:ZNLKIjMS
正常な世界を取り戻した先に
正常な霊的世界がある。

正常な普通の生活こそ大事である。


362 :古代樹:04/05/28 18:00 ID:ZNLKIjMS
宗教世界によっては、人が地獄に落ちると言う
思想を説いている者が居る。
しかし、この世を因として人が地獄に落ちるとしたら、
この世こそが地獄である。
この世の中で地獄に落ちないような
本当の意味で幸せな生活をすべきである。

363 :古代樹:04/05/28 20:01 ID:ZNLKIjMS
間違った宗教団体に入るとどうなるか。
まず、自分の思考が奪われる。
猜疑心を持ち霊的世界を探求せんとする
気持ちも奪われる。
普通の人と違う感覚になり、肌が合わなくなる。
そして、自分は優れていると言う意識に篭る事で、
ますます、普通の人から遠のいていく。
これでは霊的に、あるいは人間的に正常な生き方は
出来ない。
生きる意味を知る事は、自ずから主体性をもって悟っていかなくては、
分からないものである。

364 :名無しさん@3周年:04/05/28 20:22 ID:enfPdph9
>>363
これは、霊的な感覚を、
ある意味では、ゆがめたままに、
一般的宗教団体に、参加しても、
同じことが言えますね。
私の青少年の時代の経験ですが、
一般的宗教団体に、入会はできませんでしたが、
参加しようとしたときに、自分の思考が、
一般的でなくなる恐れがあったわけで、
霊的に敏感であったがゆえに、宗教団体の、
一般的な人とも話が合わなかったわけです。
つまり、一般的な宗教というものも、
その一般性とか常識が、ある意味では、
やはり3次元的な常識に規定されてしまうのでしょう。
そのご、霊的な宗教団体に参加しようとしたことがありますが、
そういう霊的な宗教団体は、非常識なので、
さらに霊的感覚が狂ったことになります。
難しいですね。


365 :名無しさん@3周年:04/05/28 20:23 ID:enfPdph9
>>363
これは、霊的な感覚を、
ある意味では、ゆがめたままに、
一般的宗教団体に、参加しても、
同じことが言えますね。
私の青少年の時代の経験ですが、
一般的宗教団体に、入会はできませんでしたが、
参加しようとしたときに、自分の思考が、
一般的でなくなる恐れがあったわけで、
霊的に敏感であったがゆえに、宗教団体の、
一般的な人とも話が合わなかったわけです。
つまり、一般的な宗教というものも、
その一般性とか常識が、ある意味では、
やはり3次元的な常識に規定されてしまうのでしょう。
そのご、霊的な宗教団体に参加しようとしたことがありますが、
そういう霊的な宗教団体は、非常識なので、
さらに霊的感覚が狂ったことになります。
難しいですね。


366 :名無しさん@3周年:04/05/28 22:26 ID:enfPdph9
今日のイラクの事件でも、
朝6時の段階では、
誰が襲撃されたのかもわからなかったし、
またその襲撃された人がどういう人だったかすらもわからなかった。
だんだん情報が、入ってきても、
被害者の方の詳細はわからなかった。
まともな霊的世界でも、
こういうことがあるのだろうと思う。

367 :古代樹:04/05/28 23:04 ID:7lm+sEV+
>>365

霊的感覚って何ですか。常識を放れた霊的感覚など
無いと思いますが。普通なら一般常識人として生きながらも
多少敏感に感じても、何事も無く生活できるはずですが。
人と肌が合わなくなると言うのは、まだ、自分と言うものを
突き詰めていない状態ではないのですか。
自分と言うものに何らかの答えが出せない状態では、
やはり周りとの波長が合わないと言う事はありえます。
自分自身による自分への探求が終わったら、
何事も無いように、普通の人と溶け込めますよ。
また、他者からの影響を心配する必要も無くなります。
何処にいても自分を保てるはずです。

368 :古代樹:04/05/28 23:11 ID:7lm+sEV+
>>366

その通りです。霊的感覚の多くが不確実なものです。
霊的感覚自体を否定しても良いほどです。
大切なのは自分を保つ事、自分を知ること、
自分の思考を整える事だけです。
その為に、自分が魂なのだと思ったり、
人は生まれ変わるかも知れないと思ったり
するのが必要でしょう。
霊的情報など、自分を保つ為以上に
必要なものでは無いのです。

369 :古代樹:04/05/29 00:20 ID:gmZnl9ER
霊的な真実はどのように把握されるか。

結局は他者から流される情報でなく、
自分の能力を駆使して知っていくしかない。
その真理とは真理の断片に過ぎず、
他者によって答えが違うものである。

しかし、真理とは、自らの心の疑問、悩みを解決
させるものであり、それ以上のものではない。
従って、自らの心の中に、迷い無く把握された
真理のみが真実である。
他者からの情報や、霊の声等によってもたらされる
情報は真理ではない。
真理とは自らの心で完全に「分かる事」である。

370 :名無しさん@3周年:04/05/29 09:50 ID:LzF09500
>>369
真理を悟った人は、
意外と、霊的には鈍感な人が多いということですね。
つまり、霊的な声などはほとんど聞こえない。
10年に1回〜20年に1回聞こえるかどうかというレベルでしょう。
どんなに、多くても、
3年に1回聞こえるか聞こえないかということですね。

霊能者というひとは、
毎日、毎時間、毎秒、霊的な声を聞いているようですが、
そういう人で、悟っている人は少ない。

特に、宗教団体の教祖などになっている霊能者は、
全く悟っていませんでした。
これは、保障してもいいですね。
霊能者教祖は、聞いている霊的な声は、
100パーセント近く雑音といってよいでしょう。
普通のその辺に居る女性の霊能者になると、
真実を聞くことができなくなっているようです。

真理とは自らの心でしかわからない。
同意です。




371 :古代樹:04/05/29 12:37 ID:gmZnl9ER
>>369
しかし、本当は、霊的世界など「非実在」である。
障りが有るから霊的世界を実感できる。
しかし、その障りすら、
心の執着が引き起こしているものだとしたら、
霊的世界は感知されない。
完全なる執着を断った者にとって、霊的世界は実在せず、
霊能力さえ実在しない。
自らの「心」のみが顕在である。

372 :名無しさん@3周年:04/05/29 12:41 ID:LzF09500
>>371
古代樹さんへ。
自分へのレスになっていますよ。

373 :古代樹:04/05/29 12:46 ID:gmZnl9ER
>>370
その通りですよ。
完全に悟った場合(執着を断った場合)、霊能者として
生きる事さえ出来なくなります。
何故なら、自分も障りに苦しむ事があると証明している
事に成るからです。
霊能者としての自分さえ捨てた時、初めて自分は何者か
分かるものなのです。
これは最近私が分かった事です。

374 :古代樹:04/05/29 12:48 ID:gmZnl9ER
>>372
間違えました。

375 :名無しさん@3周年:04/05/29 22:47 ID:LzF09500
>>373
私も霊的には、だんだん鈍感になってきた。
前世もほとんどわからなくなったし、
普通の人と話せるようになってきました。
だいたい、中学生の2年生くらいから、
霊的には、新党的だったんですが、
学業とか、普通の友人関係で、
だんだん霊的に敏感になったことから、
高校生ぐらいから、
非キリスト教的時代とか、
唯物論時代とか、唯物論的実存主義とか、
虚無主義などに、かかわっているいちに、
キリスト教にも関係して、
霊的には、悪い方向に行きましたからね。

376 :名無しさん@3周年:04/05/30 09:38 ID:/l5DaNjk
>>354
自分や他人の前世を見えると、主張する人の多くが、
現実から逃げたい人が多いですね。
もちろん、霊的なことを全く見えない人は、
現実を見えているかというと、
そうでもありませんね。
一般常識に浸っていても、
結局他人を責めることしかしていない人が多いですね。
現実逃避の、自称霊能者も、現実を見ていませんが、
一般常識が正しいと思って、
世間の、しきたりに従っている人も、
結局は、現実を見ていないといえるでしょう。

377 :名無しさん@3周年:04/05/30 09:41 ID:/l5DaNjk
自分を見つめている人。>>>>>>自分を見つめている霊能者。
>>>>>>>自分を見ていない世間の常識を信じている人。
>>世間の常識と余りあわない人。>>>>>>>>>>>>壁>>>>>>
>>>>>>世間の常識を知らない霊能者。←無知・無能。

378 :子龍:04/05/30 20:36 ID:EeC0eiXk
376さんのおっしゃっていることは、事実ですよね。
常識にがんじがらめになって、本当に、それが自分の望んでいることかわからなく
なってしまっていますね。

私の場合は、体が自由に動かなくなってしまって、世間で言ういい子の座から
降りなくてはならなくなって、本当のいい子とは?自分にとっていい人生とは?
など、考えざるを得なくなったのです。自分を精神的な破綻から守るためでも
あったのかもしれません。

すごく長い年月を要しました。真っ暗なトンネルでした。でもそれは、自分の
これからの人生にとって、貴重な経験であったと今では感じています。

379 :古代樹:04/05/31 00:34 ID:T69s7ysc
結局この地上世界では完全には執着を
断てないから、如何にして最小限度の
執着で生きて行くか考えるのが
人生ではないでしょうか。
この様な掲示板で発言している自分すら
執着の塊の様な気がします。
私も執着を断っていく途上の普通の人間に
過ぎません。

380 :古代樹:04/05/31 03:30 ID:T69s7ysc
もう私には人に説法する執着も余り無いのですが、
>>371を分かりやすく説明すると、
我々は天界で霊的世界の中に生きるのでは無く
霊的世界を生み出しています。
心の世界が外界に現われ、同類相通ずの
法則に従い、霊的世界を生み出しています。
地上世界に魂が誕生すると、地上世界が認識され、
地上世界に自分が生きていると人は認識をしていきます。
しかし、実際は地上世界に意識を合わせている為に、
肉体の中から地上世界を想念の世界で生み出しているのです。
その存在が、天に帰り、霊的世界を実感する時、
霊的世界を実在のものと思い、霊的世界を生み出します。
しかし、魂が一度も地上に生まれた事の無い状態では、
天国という概念も、地上と言う概念もまだ存在せず、
自らの心のみが実在して居るのです。
この観点からすれば、地獄世界もまた、
地獄霊達がそのような世界があると自認しているが
故に実在するのです。
真に悟りに近づいた時、
天国、地獄、地上の三界も自分の心が生み出している事が
分かります。
本当は、自らの心のみ、心の世界のみ実在なのです。

381 :古代樹:04/05/31 09:06 ID:T69s7ysc
精神がに様々な感情が次々巻き起こり、
自分が霊障を受けているんじゃないかと感じた時、
先ずは医師の診断を受け、脳に障害が起きていないか
調べる事です。
もし、特徴的なる異常が見られなかったら、
精神科医に相談し、薬による治療を受ける事を
お勧めします。
実は心のショックによるもの以外の心の病は、
過剰な人の念や、何らかの障りによって引き起こされています。
心の執着を断ち切ることで、この様な障りを跳ね除けて
行くべきですが、こうした事が叶わない場合、また、霊能者によって
それを何とかしてもらえない(若しくはして貰うべきではない)
場合は、きちんと医師の診断を受けて、薬剤治療すべきです。
精神作用(自分の魂と、他者の念、霊魂)が脳に影響を与えて、
様々な感情と行動を引き起こすのですが、こうした感情を
薬で次々押さえる事で、執着を断っていくのと同じような
効果をもたらします。波長が合わなくなるのです。
しかし、自分の業から人に恨まれていたり、家系や土地に
霊的な因縁が持続的に存在している場合、
間違った宗教から離れられない場合などは、
薬だけの治療では回復が困難な事があります。
やはり、反省や執着を断っていく行為が重要だという事です。

382 :名無しさん@3周年:04/05/31 09:32 ID:KF5dnpOU
>>381
一般人の、
普通の人でも、
やはり霊的障害とも言うべきなのか、
その人の親戚や知人に、宗教や、
層化などの新興宗教が関係している場合は、
その人の家族に霊的障害が起きる場合があります。

たとえば、一般常識で、
物事を考えているようで、
その人の、知人や、親戚などの、
念の影響を、受けるということもあります。

383 :子龍:04/05/31 12:54 ID:hZBhZheY
>>381
脳の障害であるのか、霊の障害であるのか、判断するのは難しいですね。
医者は、霊の影響は否定するだろうし、霊能者はその逆を言うでしょうね。
いずれにしても、その症状に心を奪われて、考えられない状態であれば、薬物の
力を借りる意味もあるということですね。

反省や執着を断っていく作業、心を穏やかにするための方法論や、そのための時間
を自分のために作ってあげること、自分を大切にすること、必要ですね。

自分を守るためには、従来の一般的な価値観と戦う強さも必要になります。劣等感に
悩まされている人、神の作った世界を信じて見回してみたら、自分の劣等感が、違う
価値をはらんでいるものだと気付き、新たな強さを得ることが出来るかもしれません。

384 :子龍:04/05/31 12:56 ID:hZBhZheY
加味料理さん、旅からまだ戻られないのでしょうか?
また、いろいろお話を聞きたいです。

385 :古代樹:04/05/31 13:57 ID:T69s7ysc
残念ながら、霊的悪影響があっても、
それに全く気づかない部類の人として、
教祖という存在があります。
どうしても自分は偉いと言う感情が湧いてきて、
それを捨て得ない場合、そうした障りを受けていると
言って良いでしょう。
本人を偉いと言う感情から攻めて、心を奪っていく訳です。
さらに、症状が進めば、常に頭に声を放ち、お前は高級霊の
啓示を受けていると錯覚させます。
そして今度は完全に体に入り、お前は高級霊と一体と成ったと
いう感覚を起こさせます。自分の意に反して威厳ある言葉が
出たりするので、ますます、自分は高級霊と一体になったという
感を深めます。
最終段階になると、自分の意識が法界(霊界)に入り、
法界から世界を動かしているような、幻覚に到る事に成ります。
こう成ると末期と言って良いでしょう。

386 :名無しさん@3周年:04/05/31 17:03 ID:KF5dnpOU
>>385
ここのあるスレッドでも、
その段階に入ってしまった教祖を、信じている女性が居ますね。

387 :子龍:04/06/01 10:52 ID:bQVs4kOR
>>385
見分けるのは難し〜〜。みんな、自分だけは違うと思っているんだろうな。

388 :名無しさん@3周年:04/06/01 16:05 ID:91G2S9LK
>>387
みんな自分は正しいと思って居るからね。♪
まあ、教祖を崇拝する人は、
教祖を疑わないからね。

389 :古代樹:04/06/01 17:38 ID:gSUMCXvA
人間は生涯悪で有り続ける。
永遠に善人になど成れない。

人間は生涯間違い続ける。
永遠に真理など語れない。

この厳しい現実から、教祖と言われる部類の人は
逃げては居ないだろうか。
もし、「私は正しく、善人です」と言ったら限りない
偽善では無かろうか。
悪魔は決して自分を悪人だとは思っていない。
善人だと思って地獄の苦しみから逃げ出し、
人に憑依を起こす。自分が悪という現実から常に逃げている。

390 :古代樹:04/06/01 17:38 ID:gSUMCXvA
性善説も性悪説も無い。
間違いなく人間は生涯、善と悪の間を行き来している。

間違いと真理の間を行き来している。
この現実から誰も逃れられない。

391 :古代樹:04/06/01 17:39 ID:gSUMCXvA
悪魔は自分を悪人と思うが故に
悪魔なのでは無く、
善人と思うが故に悪魔なのである。
罪悪感を感じすぎて悪魔に成ってしまって居る
者など殆んど居ない。

392 :古代樹:04/06/01 17:43 ID:gSUMCXvA
仮に罪悪感を感じすぎて悪魔に成っている
者が居るとしたら、限りなく弱い悪魔であろう。

393 :子龍:04/06/01 18:08 ID:p+aFaZer
マックス君。すごいよ。『ブッダの言葉』読んだ事ある?
マックス君が気付いたようなことを、ブッダ自身が言っているんだよ。正確には、直弟子が
書き残したものだろうけど・・・。教祖たちには耳の痛い話ばっかり。

後の教団体質にとっては、都合の悪いことがいっぱい書いてあるので、封印されていたんだって。
納得な内容だよ。

394 :古代樹:04/06/01 18:17 ID:gSUMCXvA
全ての悪魔が罪悪感の塊に見える時は、
全ての悪魔に対して、愛を放った時のみ、
この時悪魔の心に反省が見られ、
悪魔は罪悪感の塊になる。

395 :古代樹:04/06/01 18:37 ID:gSUMCXvA
釈迦は様々な煩悩に苦悩し全ての人に
慈愛を放った。
煩悩の苦しみが釈迦の慈愛となった。
キリスト教の罪の思想は、イエスの
罪人としての自覚に起因する。
イエスの罪の自覚が、イエスの愛となった。

396 :古代樹:04/06/01 18:53 ID:gSUMCXvA
イエスは神ではない、
人として神の教えを説いた。
彼はユダヤの律法で裁かれんとした女性を
自らの罪で守った。
限りなく人の罪を感じ、限りなく愛を放った。
イエス程自らを罪人として低くしていた者は
居なかったに違いない。

397 :名無しさん@3周年:04/06/01 20:08 ID:LRXh2N3X
どんな罪を自覚してたんだ?

398 :名無しさん@3周年:04/06/01 21:16 ID:h69eS6KZ
はじめまして。教えていただきたいのですが。
とある女性教祖の教団で二十数年過ごしました。その関連のスレにも書きましたが、
教祖と信者の間に何か霊的な(あるいはエネルギー的な)作用もあるのでしょうか?
長い間無条件に信じていました。今は退会したのですがキレイさっぱりと開放されて
いるという意識には至っていません。
ちなみに私は霊的には全然敏感ではありません。

399 :マックススカイジョーカーシ%8ezeA?◇LEMON/oc4Q:04/06/01 22:39 ID:91G2S9LK
>>393
ひさしぶり、トリップをつけるのを忘れて、
しばらく名無しさんになってた。(汗
だいたい、名無しが、ほとんど自分だったけど、
たまに別な人のもある。
ブッダの言葉って、読んだこと無いよ。
本は買ったことがあったけど、
読まないうちにどこかにしまった。

400 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/01 22:42 ID:91G2S9LK
やばい、間違って、トリップの、
入れ方を間違えた。
もうレモンは使えないね。


401 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/01 22:45 ID:91G2S9LK
>>398
あると思いますよ。
霊的に、女性教祖に支配されていると思いますが?

402 :古代樹:04/06/01 22:52 ID:oc5FEm+0
結局我々は人に依存して生きている。

教祖は依存していないと言い切れるだろうか。
自分若しくは自分の潜在意識を信仰しなさいと
言った時、実は理解して欲しいと言う強い願いが
込められている。
また、教祖の中には、世間的に偉い人と接触しその写真を
信者に見せびらかさんとする者も居るが、
偉い人に近づく事で、自分も偉い人間に成った気分に浸りたい、
また、そうした偉くなった自分を信者に認めて欲しいと言う
願望が込められている。
人に理解されたいとは、助けて欲しいという感情と同じである。
現実には助けてくれる人など居ない。
自分のみが自分を救う事が出来る。

403 :名無しさん@3周年:04/06/01 23:03 ID:h69eS6KZ
>>401
回答ありがとうございます。
そうですか。仕方が無いですね。たぶん時間が解決してくれるのでしょう。

404 :古代樹:04/06/01 23:23 ID:oc5FEm+0
>>398
敏感でないなら思い過ごしでしょう。
信仰とは現実に向き合う為にも使われますが、
時として現実から逃れる為の手段に成る事も
あります。
神は信ずれば信ずるほど力を与えるのでは必ずしも無く、
本人の為に必ずしも必要ないときは、救いの手を
差し伸べない事もあるでしょう。
少なくとも、神は信心が強かろうが浅かろうが見ている事に
変わりは有りません。
教団の教えを通して神を見るのではなく、
自分の人生を通して、人間とは何か、神とは世界とは何かを
考えていく事が必要でしょう。
これが一番です。

405 :名無しさん@3周年:04/06/02 00:06 ID:vhy/WK5A
>>404

> 自分の人生を通して、人間とは何か、神とは世界とは何かを
> 考えていく事が必要でしょう。
> これが一番です。

確かにそうですね。ありがとうございます。
蛇足ですがヴィパッサナー瞑想に取り組んでみたいと思っています。全てが
無常であること、無我であることを自分の中から知りたいと思います。

406 :古代樹:04/06/02 15:24 ID:qoVRZQo9
この世が無常なのは、心が無常だからです。
心が無我であれば、世界も無我です。
心の世界が外に投影して見えるのです。
大切なのはこの世を無常と知る事で無く、
心しか最終的に変えるものは無い、実在するものは無いと
知る事です。
心が変われば環境が変わって見えますし、実際に変わってしまう事も
あります。
外の世界を見つめるのでは無く、自分の心を見つめる中で、
違った見方をしていくべきです。
「心が変われば環境も変わる」のです。

407 :古代樹:04/06/02 15:52 ID:qoVRZQo9
この世が無常だから執着を断つのではなく、
この世が無常と見える執着があるから、
その執着を断っていくのです。
無常と見える執着とは何か、困難から逃げる思い、
様々な不安、恐れ、などです。
最終的にはこの世の無常さから逃れるのが目的です。
これは逃避ではなく、その世界に居ながら、影響を
受けないという事です。

408 :古代樹:04/06/02 18:53 ID:qoVRZQo9
私は永遠に人に言葉を語れない自分、
永遠に人の上に立てない自分を見出しています。
特に教祖と言われる人の多くが、自分が先生である事に
固執し、無限に教えを説くことに固執しています。
しかし、永遠に教えを説くことなど可能でしょうか。
また、人の上に立ち続ける事は可能でしょうか。
恐らくそれは無理です。
人間が一生の内に獲得し語れる真理など高が知れています。
同じ事を繰り返し述べるのが限界です。
また、人の上に永遠に立ち続けるなど夢想です。
現実には人の上に立ったり、人の下に立ったりして
教え学んでいます。
永遠に先生の立場に成りたい執着、永遠に教えを説きたい執着、
これを捨てなければ人は幸せに成れないでしょう。
また、これらの執着を維持せんとする為に、周りから指摘される
自分の欠点を覆い隠そうとするものです。
この心の苦しみを隠そうとする中に、教祖が一般信者より
どんどん離れて高い地位に成って行く過程があるようです。

409 :   :04/06/02 18:56 ID:/khzdfU5
アホクサ

410 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/02 19:07 ID:fXNhXTXw
何があほ臭いのかな?
古代樹さんに対する批判でしょうか?

411 :古代樹:04/06/02 19:17 ID:qoVRZQo9
「宗教では救われないと思う人のスレッド」に移行します。


412 ::04/06/02 19:40 ID:iqVrAjk7
古代樹さま

ここにいてくださってありがとう




413 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/02 20:08 ID:fXNhXTXw
>>411
ありがとうございます。
またきてください。

414 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/02 20:10 ID:fXNhXTXw
古代樹さんがしばらく来なくなると、
書き込んでくださる人が少なくなるので、
ちょっとスレッドがさびしくなりそうです。

415 :子龍:04/06/04 11:59 ID:wwes4dfS
古代樹さん、ありがとうございました。

参考までに、「ブッダの言葉」から抜粋してみますね。

第五彼岸に至る道の章  四、学生ブンナカの質問
ブンナカさんがたずねた、
「動揺することなく根本を達観せあれたあなたに、おたずねしようと思って、参りました。
仙人や常の人々や王族やバラモンは、何の故にこの世で盛んに神々に犠牲を捧げたのですか?
先生!あなたにおたずねします。それをわたしに説いてください。」
師(ブッダ)はこたえた、
「ブンナカよ。およそ仙人や常の人々や王族やバラモンがこの世で盛んに神々に犠牲を捧げ
たのは、われらの現在のこのような生存状態を希望して、老衰にこだわって、犠牲を捧げた
のである。」




416 :子龍:04/06/04 12:13 ID:H3Mm2dfG
続き
ブンナカさんがいった、
「先生!およそこの世で仙人や常の人々や王族やバラモンが盛んに神々に犠牲を捧げ
ましたが、祭祀の道において怠らなかったかれらは、生と老衰をのり超えたのでしょうか?
わが親愛なる友よ。あなたにおたずねします。それをわたしに説いてください。」
師は答えた、
「ブンナカよ。彼らは希望し、称讃し、熱望して、献供する。利得を得ることに縁って
欲望を達成しようと望んでいるのである。供犠に専念している者どもは、この世の生存を
貪って止まない。かれらは生や老衰をのり超えていない、とわたしは説く。」

417 :    :04/06/04 18:59 ID:OTJ9xT84
イヤ、5月に商談取引のあった人が〃水門会社〃の社長さんでね、
港の近くに住んでいるのだが、


418 :スカイジョーカー ◆PEACH.GsBw :04/06/04 19:01 ID:gpUq3T/l
水門会社?

419 :子龍:04/06/07 15:16 ID:woNQv+/0
保守あげ

420 :名無しさん@3周年:04/06/19 15:28 ID:086sfLKn
ここも整理されてしまうかもしれません。

421 :名無しさん@3周年:04/06/20 13:31 ID:+zFeXKCj
スレッドストップされていないので、
ここは残るかもしれません。
何か問題点があったら、
誰か書き込みしてください。

198 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)