2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「善悪」とはそもそも何なのか?

1 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:16
何気なく使っている言葉だが、その意味や根拠はどこにあるのだろうか?

2 :求道者 ◆IHSXPiND6Q :04/03/22 12:23
善 ... 2get する人

悪 ... 3 - 1000 のすべて

3 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:28
>>1

それを知ってはいけない。
知ろうとしてはいけない。
無為自然。


4 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:45
主観や立場によって違う。歴史的政治的な社会状況にも左右される。

たとえば昔はアメリカに入植してきた白人にとって先住民族は悪だが、
先住民族にとって白人は悪の侵略者そのものだった。

5 :名無しさん@3周年:04/03/22 15:40
主観や状況などに依存して、「善悪」はその意味を変えるというのは、確かにその通りのような
気もする。

では、現在の平均的な日本人にとって、「善悪」とは何を意味し、その根拠はどこに求められる
のだろうか?

6 :名無しさん@3周年:04/03/22 15:54
善悪の根拠となるのは、価値観。
しかしながら、現在の日本では、価値観が多様化しているために、
善悪の判断も多様化している。

真・善・美。
これらは、科学教育からは生まれないんだよ。
モルモットの命と、人間の命と、どちらも同じ生物の命。
しかし、人間の方が遙かに強いから、人間の命の方が尊いという気持ちになってしまう。
弱肉強食を肯定すれば、障害者、高齢者、社会的弱者が差別されるのは当然。

でも、本当にそれでよいのか?という疑問が生じるところから、
善悪の判断の基礎となる価値観が、作られてゆくような気もする。

7 :名無しさん@3周年:04/03/22 16:10
>>6

つまり、本来的には善悪について合意が必ずしも形成されるというわけではないということ、
そこは分かる。

しかし、

> 弱肉強食を肯定すれば、障害者、高齢者、社会的弱者が差別されるのは当然。
> でも、本当にそれでよいのか?という疑問が生じるところから、

それでよいのか?という問いかけの中には既に君自身の善悪の基準がある。

一体そもそものスタート点はどこだ?


8 :6:04/03/22 17:22
>>7 それでよいのか?という問いかけの中には既に君自身の善悪の基準がある。

いや、そういう意味ではないよ。
「それでよいのか?」
この問いは、一般的なものでしょう。
以下のように書き換えてみた。

しかし、そういう判断を下してしまって、本当によいのかと、多くの人々は考えそうだ。
では、なぜそう考えてしまうのか。
そこに、出発点がありそうな気がする。

9 :7:04/03/22 17:36
>>8

了解。

> しかし、そういう判断を下してしまって、本当によいのかと、多くの人々は考えそうだ。
> では、なぜそう考えてしまうのか。
> そこに、出発点がありそうな気がする。

そうだよね。「それでいいのか?」と思う。なぜなんだろう?

意見kibon。

10 :6:04/03/22 18:03
それでいいのか、と考えない人たちもいるでしょう。
むしろ、それが当然と考える人たちです。
両者の違いは、一体どこから来るのでしょう?

日本とは、全く文化が異なる社会で生まれ、成長した人たちの中に、
弱肉強食を肯定する人たちがいるのは、分かります。
しかし、同じ日本で、似たような教育(公教育)を受け、
同じような中流意識の中で育ってきた人たちの間にも、
正反対の意見・・・つまり、弱肉強食でいいのか?と考える人と、
当然じゃないか、当たり前だ、と考える人とがいますよね。

文化の違いで説明することは簡単ですが、どうもそれだけでは無さそうな気がします。

11 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/22 20:19
イエスや原始仏教から見ると、善は天であり永遠の命の国にあるものを善であると言える
のです。一方、悪はこの世全て。
 ヨハネの第一「全世界は悪しき者の支配下にあることを、知っている。」
 ブッダ「世間は妄執によって導かれる。世間は妄執によって悩まされる。妄執という
     ひとつのものに、一切のものが従属した。」
     
天では、イエス・キリストが地上で奇跡を起こされたように―盲人は見え、足なえは歩き、
らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ ― また、語られたように―財産のある者は、貧
しい人に分けてあげなさい ― そのように困った人、苦しんでいる人、富んでいる者、
貧しい者がいません。この地上でも、そのようになるよう祈ることが、ひとつの善なので
す。

また、地上で困難な境遇の人でも、イエスを信じて耐え忍んで生きれば天国に入る。
     

12 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/22 20:24
永遠の命には慈悲があり、どのような人にも慈しみのこころを起こすことも、ひとつの善。

ルカ「いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。あなたがたの
父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。」

ブッダ「あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きと
し生けるものどもに対しても、無量の慈しみのこころを起こすべし。また全世界に対して
無量の慈しみのこころを起こすべし。上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき
慈しみを行うべし。〜この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。」

自分の損得、有不利益なく、好む好まない関係なく、一切の生きとし生けるものに無量の
慈しみのこころを起こすことが、この世では崇高な境地であると説かれる。


13 :名無しさん@3周年:04/03/22 22:23
>>12
つまり、宗教においては善悪は何かの根拠から演繹されるものではなく、教義の中で「定義」され
ているものであって、信者はその規定を変更することも、異を唱えることも不可能ということ?

では、教典を持たない非宗教者にとっての善悪はどこから生じているんだと思う?

14 :名無しさん@3周年:04/03/23 11:22
たぶん>>11-12のカミミタという人には、
>>13の文章自体、
意味が分からないに違いない。

だって
「なぜ利己的であってはならないのか?」
「なぜ悪であってはならないのか?」
という問自体、想定されてないからね。

15 :名無しさん@3周年:04/03/23 16:48
>>14
なるほど。信者はそもそも「根拠への問いかけ」を禁じられていると。

しかしそもそものそれぞれの宗教の始祖は、その宗教の信者ではないと言うことができるが、
彼らは何を根拠に様々な基準を規定したんだろう?という問いもわいてくるな。彼らはベースの
宗教を持っていないという点で、我々日本人と立場は同じだ。

16 :6:04/03/23 20:01
>>15
例えばキリストは、キリスト教の開祖ではありませんが、
ベースとなる宗教は、ユダヤ教でした。
マホメットは、旧約聖書をベースにしていました。
つまり、宗教の開祖といえども、元をただせばただの市井の人。
その「ただの市井の人」が、どのような根拠でその教義を確立したか、ということでしょうかね。

私思うに、家庭教育だと思います。
「人に迷惑をかけてはいけない」「ご先祖様が見ている」等々、
意外と、善悪の判断の根拠となりそうなすり込みが、なされているように思いますよ。
これは、およそほとんどの人間に対して、なされているすり込みでは無いですかね。

17 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/23 21:09
宗教においては、永遠の命にあるものが善なのです。そして、その善を受け入れ、永遠の
命に至る。その教えを、全く別のものに変更することは、受け入れることにはならない。
永遠の命を受けようとすれば、真理に異を唱えることは、我々にはできない。悪だから善
を学ばなければいけないのです。利己的な思いでいるならば、死後永遠の命を受けること
はできないでしょう。

永遠の命を受けるには、地上で哀れみの奇跡を起こされたイエス・キリストを主であると
告白するとともに敬することです。その上で、人々のあやまちをゆるすなどの教典を持た
ない人々も行っている善を行うことです。現実に起こった人のあやまちをゆるすことも、
永遠の命にあるものなのです。

18 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:46
善悪の基準は地域、時代で多種多様ですが、
その根本原理は同じです。
すなわち、人間を幸せにする行動は善であり、
不幸にする行動は悪ということです。
各種の行動に善悪を定義し、
それを絶対的なものとして従っていくのが
宗教なのです。

19 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:47
>>18
> 善悪の基準は地域、時代で多種多様ですが、
> その根本原理は同じです。
> すなわち、人間を幸せにする行動は善であり、
> 不幸にする行動は悪ということです。

「人間を」というけど、自分の人間だとすれば、自分だけをひたすら幸せにしようとするエゴイズムも
善になり、それは多分一般的観念とは異なるよね。

オレの予想では、利己主義=悪、利他主義=善みたいなものなのかな、と思う。

> 各種の行動に善悪を定義し、
> それを絶対的なものとして従っていくのが
> 宗教なのです。

上のような単純な原理であれば、なぜわざわざそれを絶対的なものとしたり、抑圧により強制し
たりする必要が生じるんだろうか?

20 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:48
訂正!

×:自分の人間だとすれば
○:自分も人間だとすれば

ゴメーン。

21 :名無しさん@3周年:04/04/03 20:16
人間は誰でも大なり小なり利己的・自己中心的だし主観的でもある。
客観的に大きな視点から他人を思いやることなんて芸当は、人間が
完全にやるのは不可能なのかもしれない。

22 :名無しさん@3周年:04/04/03 21:01
オウム=善

23 :名無しさん@3周年:04/04/03 21:10
そんなややこしいことかんがえなくても、

人殺しは悪である

これだけは確定。これには理由は必要ない。


24 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:05
人はやがて死ぬ。永遠の命にあるものを受け入れる者は、永遠の命に入れる。死は絶対的
なものであり、天にあるものをまことの言葉として生前に受け入れておくこと。

「求める者には与え、借りようとする者を断るな。」イエス 
「人々は『わがものである』と執着した物のために悲しむ」ブッダ

  天には、自分の所有物に対する執着がありません。誰かが、自分の所有物を借りようと
  するなら、返してもらおうとせず貸すのが善なのです。求める者に与えてあげること、
  それもひとつの善となるのです。
  
「この世でもの惜しみし、吝嗇で、乞う者を罵り退け、他人が与えようとするのを妨げる人
々、―かれらは、地獄、畜生の胎内、閻魔(ヤマ)の世界に生まれる。」ブッダ  

25 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:07
「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」イエス

 天には、この世のものを望むこころはありません。ブッダのように、一切の所有物を
 捨て去ることが善なのです。
 しかし、人間には生きていく上で必要な物があるでしょう。だからといって、この世
 の豊かさを追い求めて働くこころは悪なのです。
 また、天では全ての人々が平等です。自分の望みのため、人々からしてほしいことを
 命令するだけの者は罪なのです。
 
人々から利益を得たい者は、まず人々に利益を与えることをすること。ならばゆるされ
るのです。しかし、それはこころの問題であって、なぜなら天にはこころしか入れない
からです。世間に利益を与えるつもりで働く者は、善なるこころを抱いている者といえ
るでしょう。
 

26 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:08
しかし、世間に利益を与えるつもりで働く者が永遠の命に至るというのではありません。
それで得た収入があるなら、それで自分のこの世の望みをも果たそうとするでしょう。
この世の望みを果たそうとすることに、悪なる思いが生じているのです。なぜなら、天
にはこの世の望みを果たそうとするこころがないからです。
また、自分の生活に必要なものがどうしてもいるため、金銭を欲して働く人も救われま
す。

イエス・キリストが天を現され、その方をあがなうことで救われるのです。しかし、御
言を受け入れず、ただ、自分の贅沢のため金銭を愛し、自分の贅沢のため人々に自分の
欲求を言いつける者は、裁きのためにこの世に再び生まれるとされます。

苦労をし、その苦労に見合った喜びを得るなら、裁きはないでしょう。苦労もせず、た
だ贅沢と楽しみだけで生きている人は、裁かれるのです。
「喜び生じれば、悩みが生じる」ブッダ 

27 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:35
アダムが堕落したのは人が存在するためであり、
人が存在するのは喜びを得るためである。

28 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:49
それは、全ての事物には反対のものがなければならないからである。
もし、事物に反対のものがなければ、義は生じ得ないし、
邪悪も、聖さも惨めな状態も、善も悪も生じ得ない。
そうすると、すべての事物は混じり合って1つとならざるを得ない。
したがって、事物が一体となるならば、生も死も、朽ちる状態も
朽ちない状態もなく、幸不幸も、意識も無意識もなく、
死んだ状態で続かなければならない・・・

29 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :04/04/25 23:53
自他共に長期的に苦しみを最小化することに努め且つ継続させる行為

30 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:57
>>1
ちょっと待て、今イチジクの葉で股間を隠しているところだ・・・

31 :名無しさん@3周年:04/04/26 00:10
人間が作った概念

32 :名無しさん@3周年:04/04/26 10:54
そうすると、すべての事物は無用に造られたということになり、
したがって創造には何も目的がなかったことになる。
そのため、この一体となった事物は神の知恵とその永遠の目的、
また神の力と憐れみと公正を滅ぼしてしまうに違いない。

33 :名無しさん@3周年:04/04/26 15:18
神が居ないと考えればいいじゃん

34 :名無しさん@3周年:04/05/04 14:25
もし律法がないというならば、罪もないと言わなければならない。
もし罪がないと言うならば、義もないと言わなければならない。
そして、もし義がなかれば、幸福はない。
そして義も幸福もなければ、罰も不幸もない。
そして、これらのものがなければ神は存在しない。

神が存在しなければ、わたしたちは存在せず、大地もない。
なぜならば、作用するものも作用されるものもなく、
事物の創造はあり得なかったからである。
そこで、全ての事物は消えうせていたに違いない。


35 :名無しさん@3周年:04/06/05 19:50 ID:iJFvDzhE
http://www1.ttcn.ne.jp/~aatok2-h/takamori.htm
敬天愛人

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)