2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現世利益真言vs法華

1 :名無しさん@3周年:03/12/07 20:30
真言と法華は、現世利益ご利益が信者を惹きつけますが、どっち
がご利益がありますか?
霊友会に影響を与えた西田無学師、創価学会の3代会長の池田大
作氏は、元真言宗の信者だったそうです。

2 :Gocc (極猫) ◆HswindowsI :03/12/08 00:30
        ■■■■■
      ■■■     ■■
   ■■■by Gocc   ■■■
   ■■■■         ■■
    ■■■         ■■
                 ■■
                ■■
             ■■
            ■■
          ■■
       ■■
      ■    ∧ ∧      ■  ■■■    ■■■■  ■■■■■
    ■■    (*゚ー゚)     ■  ■       ■       ■  ■  ■  
   ■■     (∩∩)    ■■ ■  ■■■ ■■■       ■
   ■■■■■■■■■■■■ ■    ■   ■          ■
   ■■■■■■■■■■■■  ■■■■   ■■■■     ■

3 :名無しさん@3周年:03/12/08 23:02
日蓮聖人が真言宗を批判したのは佐渡流罪後です。
十界曼荼羅を書かれた後です。

4 :名無しさん@3周年:03/12/08 23:23
この世またはかの世におけるいかなるかたちでも、空中に現れる光輝きや
彩色でも、これらはすべて悪魔ナムチの讃めたたえるところである。
魚を殺す=(魚を釣る)ために餌が投げ込まれたのである。 ブッダ

5 :名無しさん@3周年:03/12/08 23:27
拝み屋と習字崇拝、不毛の選択だな。

6 :名無しさん@3周年:03/12/09 22:55
日蓮さんは、真言の影響を受けています。真言の批判をしたのも晩年です。

7 :名無しさん@3周年:03/12/09 23:15
無心の題目唱えで十分身体を絞ったら、その直後に5分でも10分でもいいから静かに呼吸して
瞑想する。そうするともっと激しく宇宙の生命に満たされます。これを体感するべきです。
これまでの「題目唱えだけ」では、だめなんです!
日蓮信者さんが一歩進歩するにはそれがどうしても必要です。題目の直後に毎日必ず
静かに呼吸する瞑想をしていくのです。そうすればあなたも、新たに救われます。
それが本当の仏道の始まりなんです。そうすれば本当の自分の人生を生きることができ
るようになるのです。
題目マントラは単に瞑想のための"前振り"なんです。まあ、何事もやってみることです。


8 :名無しさん@3周年:03/12/10 22:38
真言宗の覚鑁上人の三密は、一密に通じるという考え方が鎌倉新仏教を準備
した。

9 :名無しさん@3周年:03/12/10 22:42
>>7
座禅っていうか、瞑想だけでいいんじゃないの?
ブッダの弟子はそうしていたし...............

10 :名無しさん@3周年:03/12/11 21:47
第40回在家佛教夏季坐禅の会
 道元禅師の入寂から七百五十一年。その伝灯を継ぐ鶴見の大本山総持寺
で初秋の二日間坐禅と禅堂の生活を習う。前貫首の板橋興宗禅師に「坐に
親しむ」寸語がある。「昔から坐禅という修行の道がある。まず姿勢を正
すことである。腰をビシッと立てる。次に身もこころもリラックスさせる
、これが坐禅のすべてである。道元禅師は、これを<只管打坐>といわれた。
<打坐>というのは、ガッチリと腰をすえて坐る。<只管>が肝心かなめであ
る。只管は<ひたすら>また<ただ>とも読む。腰を立て背筋を伸ばして<ただ>
坐っていると、自然に腹式呼吸になる。臍の下の部分で呼吸をする。これ
を昔から<丹田呼吸>という。この丹田呼吸を自然にスムーズに行っている
と、からだのシンからホンワリと<よろこび>が湧いてくる。」
期日 9月6日(土)午前9時から
9月7日(日)午後4時まで
  会場 總持寺(横浜市鶴見区鶴見)
  定員 37名
  費用 7千円(1泊4食)
  申込期日 8月22日(金)まで
参加ご希望のお方には申込書をお送りいたしますので、事務局(03-3214-
5024)宛、お申し出下さい。
http://village.infoweb.ne.jp/~zaike/d/index_d.html


11 :名無しさん@3周年:03/12/13 03:19
大倉さんですか?

12 :名無しさん@3周年:03/12/13 12:41
>>9
修行は、意識の集中と分散を繰り返すのですね。
ということであれば、ただ坐る曹洞禅の準備としては、題目いいのではない
でしょうか?


13 :名無しさん@3周年:03/12/13 21:21
法華の題目行法は、真言宗の阿字観瞑想の方法から取られたものでしょうね。
日蓮は要は真言宗なんですね。強い呪法としてのお題目上げるわけですね。
その過程に自分が比叡山でいろいろとやらされた修行法や密教行法の独自実
習から敷衍して編み出したものだったと推測されますね。しかしそれらは単
えに自分で実習して効果の上がる方法を探して行ったということでしょう。
どれだけ脳下垂体に強く影響を与えられるか、それを体感で感じとりながら
ああでもない、こうでもないと思考錯誤しながら編み出したのに違いありま
せん。その基礎に真言密教の行法からのヒントがあったと考えられますね。
比叡山の摩訶止観などもそうであったように当時も効果の上がる体感的に修
行法を研究した人々がいたということでしょう。それらは要するに「瞑想法
の研究」だったわけです。そうするとその延長上に日蓮はマントラ瞑想法と
してのお題目によるチャーティング法を阿字観瞑想法的にアレンジして編み
出したのでしょう。

14 :名無しさん@3周年:03/12/13 21:41
そして行き着いた先が習字を拝む邪法ですね。

15 :名無しさん@3周年:03/12/13 21:52
大倉さんって、誰ですか?

16 :名無しさん@3周年:03/12/13 22:20
もう、そろそろ南無妙法蓮華経を唱えることは古い行法になるでしょう。
世界に通用しないし。

17 :名無しさん@3周年:03/12/14 20:11
阿字観瞑想法とは、どのようなものでしょうか?

18 :名無しさん@3周年:03/12/15 23:07
>>16
妙法という法本尊に帰依しますということから、唱題行がありますから、永遠
に続きます。末法万年です。

19 :名無しさん@3周年:03/12/16 22:36
題目のリズムは実はチベット仏教の読経のリズムと全く同じリズムですので何か
の機会があれば調べてみるとよいと思いますが、題目リズムは何かそれがオリジ
ナリティがあるかと言えばそれほどでもないのがわかるでしょう。たまたま
ナンミョーホーレンゲェキョウという音韻が連続的に唱音されるときに生まれる
リズムがリベット仏教の読経のリズムと同じになるということで、音韻と呼吸法と
リズムの相乗効果で内分泌腺への刺激がほどよい効果を生むということなのです。
従ってこれはあくまでも瞑想法の具体的なマントラの一つであるということに
すぎないのですね。それを神のようにして崇める日蓮の誤謬が今日まで延々と
続いて今に至り日本の蒙昧な宗教を生んでしまったということに過ぎないのですね。
平安時代には平清盛が大勢の僧侶に題目読経を自分のためにさせる題目会を厳島神社で
しばしば催させたとも聞かれますが、日蓮以前から題目チャーンティングの習慣は
あったと言われているのもこうしたことからもわかります。


20 :名無しさん@3周年:03/12/17 22:37
日蓮は、法華における法然のような存在?

21 :名無しさん@3周年:03/12/18 22:39
永遠の宇宙仏である大日如来を真実の仏とする。
この大日如来を明らかにするには2つの界を体得しなければならない。
胎蔵界・・・目に見える慈悲の面。陽。
金剛界・・・目に見えない智慧の面。陰。


22 :名無しさん@3周年:03/12/19 21:55
>>17
阿字観瞑想法 (初心者用)
梵字の「ア」の一字に、自分の本不生を徹見し、
自己の本源である大日如来の根本大生命を己が心として、
創造的に生き抜く密教瞑想法(真言禅)
一、入堂
手を洗い口をそそぎ、ゆったりとした服装をして、静かに道場に入る。
(瞑想中、他の人の出入りを禁止)
二、三礼 起居礼
阿字観本尊の前に至り、立ったまま合掌し、膝を少し曲げながら、頭を
わずかにかがめて二度礼拝し、三度目は床に両膝両肘と軽く額をつけ、
礼拝する。
三、着座 半跏座(或いは、正座・結跏趺座)
四、浄三行 蓮華合掌
(観念)「蓮華は泥中にあっても浄らかなように、この私の身も心も、
本来清浄である」
五、発菩提心 金剛合掌
右手五指が左手の各五指の上になるように少し交差して軽く合掌
   オン ボウジシッタ ボダハダヤミ  七返
(観念)「私は今、菩提心を発起する」
http://www.mandala.co.jp/shingon/ajikan.html

23 :ネットサーファー@神の国:03/12/19 21:57
宗教の価値は、それがもたらす快楽に価値がある。
現世の快楽を求めるか、それとも来世かは。
好きなものを最初に食べるか、最後に食べるかの違いである。

24 :名無しさん@3周年:03/12/19 22:00
阿字観瞑想法 (初心者用)
六、三摩耶戒 金剛合掌
 オン サンマヤ サトバン      七返   (観念)「汝は
三摩耶なり(私は仏の一族であり、仏の誓願を必ず為し遂げる金剛薩
たである)」
七、五大願 金剛合掌
 衆生は無辺なり 誓って度わんことを願う
 福智は無辺なり 誓って集めんことを願う
 法門は無辺なり 誓って学ばんことを願う
 如来は無辺なり 誓って事えんことを願う
 菩提は無上なり 誓って証らんことを願う

八、五字明念誦(胎蔵界大日如来の真言) 金剛合掌
 アビラウンケン
 (観念)「本不生を証する勇者よ。フーン・カン」  七辺
九、調息 法界定印
 法界定印を結び、眼を閉じたまま、息を三回程口から吐く。その後は
専ら鼻で呼吸をする。心を出入の息に観じて呼吸を調え、心を静める。
十、正観 法界定印
 そのままで、眼を少し開いて本尊を見る
 純粋な本来不生の自心を表すア字
 自心の清浄にして慈しみの心を開いた蓮華
 自心の円満にして清涼の光を放つ月輪
 このア字・蓮華・月輪の色・形・徳を感覚的に観ずる
 しばらくして静かに眼を閉じて眼前に観ずる
 日を重ねて、眼前の本尊が可成り明瞭になるようになれば、そのまま
 ゆっくりと胸中に引き入れて、自心の清浄と光明を、全身でしばらく
 観じてから、本の掛軸本尊へゆっくりとかえす。
http://www.mandala.co.jp/shingon/ajikan.html



25 :名無しさん@3周年:03/12/19 22:03
阿字観瞑想法 (初心者用)
十一、出定
 眼を閉じたまま深呼吸を二、三度し、両掌で頭から足の方へ、体に直接
 触れずに撫で下ろすようにして、呼吸や血液循環が次第に平常に戻って
から、静かに眼を開ける。深い定に入った時ほど時間をかける。
十二、三力加持 金剛合掌

十三、祈念
 「生かされていることに感謝し、阿字の霊光に照らされて自己を深め、
 社会を良くすること」を祈念する。
 (心に念願あれば、ここで祈念し、その後は仏の御心にすべてお任せする)
十四、被甲護身 甲胄印
 内縛して中指を立て合わせ、両人差指は中指の背で鈎の形のように曲げる。
 但し、中指には着けない。親指は、並べて伸ばす。
 (観念)「如来大慈悲の甲胄を着て魔障や煩悩から身を護り、社会の浄化
 に、献身する身支度をなす」
十五、生堂 金剛合掌
 生きとし生けるものに慈悲の心を抱いて、座したまま合掌し、一礼して出
 堂する。
http://www.mandala.co.jp/shingon/ajikan.html

26 :名無しさん@3周年:03/12/20 19:40
お題目を唱えているときの脳内の状態は実は瞑想状態とは言えないと思います。
むしろそのための準備状態であろうとか思われるのでした。
実際、瞑想の前にチャーティングでまず誘導して音声刺激によって身体と心を
準備しておいて瞑想するとより効果的な瞑想状態を生みやすいとされています
が、わたしも経験的にそれは体感しますが、マントラは別にお題目に限らない
でしょう。どんなものでもとは行きませんが、それなりに効果のある音韻を持
つマントラは一つではなく複数存在するのでした。
題目禅とはなりませんが、お好みならば1.お題目を気の済むまで無心に唱え、
身体を十分絞り終ったら、2.そこで静かに呼吸を継続する瞑想に入る、とい
うようにしますと、スムーズに瞑想に入れるでしょう。日蓮の題目唱えに慣れ
てしまった人が禅に親しむようになるには、まずこの瞑想法から行なうのがよ
いでしょうね。


27 :名無しさん@3周年:03/12/21 20:12
唱題から坐禅に変わるのは、自然に行えるのでしょうか?

28 :名無しさん@3周年:03/12/22 22:39
真言宗に三密というのがあります。手に印を結び、口に真言を唱え、心に仏の
世界を念ずるというものです。しかし新義真言宗の覚鑁は一密を修行すること
によっても究極の世界に至れると主張しました。一般にはこの考え方は、鎌倉
新仏教の修行法に道を開いたとされています。手に印を結ぶという行法が禅宗
に、口に真言を唱える行法は法然の念仏や日蓮大聖人の題目に、心に仏の世界
を念ずることは親鸞の信心につながるといわれています。
しかし唱題行は、一密ではなく、三密では?と思っています。
唱題行の時、合掌つまり御本尊様に向かって手を合わせています。
また心に仏の世界を念ずるということですが、これは唱題行の時御本尊様に向
かうことがそれにあたると思います。
十界を宇宙を貫く真理=南無妙法蓮華経が照らすというのが御本尊様で、仏の
悟りです。
ですから唱題行は一密ではなく、三密だと考えています。

29 :名無しさん@3周年:03/12/23 20:27
曹洞禅より臨済禅の方がわかりやすいですね。臨済禅では坐禅にはこだわりません。
騒がしくても平気な禅ですし、騒がしくても静かでもそんなことには無関係の悟りが
臨済禅です。これが本当の仏教を今に伝える禅だと思います。

30 :名無しさん@3周年:03/12/23 21:48
真言宗はオナニー
最澄の100分の1=工房(弘法)

31 :名無しさん@3周年:03/12/23 21:53
>>29
凡俗には解らないから「悟り」なんでしょうが、臨済の公案はさっぱり
解りませんね。

32 :名無しさん@3周年:03/12/24 03:59
(一年生)
>>28さん
>真言宗に三密というのがあります。手に印を結び、口に真言を唱え、心に仏の
>世界を念ずるというものです。

確かに、そのように伝えられていますね。
ところが、唱題行に関して。
[口]に置いては、仏レベルに満たしているとおもいますが
[身]と[意]が不十分だと思います。

まず完全な一密というのはありえないと思います。
身口意は、完全に分けれないと思うからです。
(無言の行は、完全に分離させる行でしょうか?)

三毒を三密にするという事は、すべてを仏レベルにすることですよね?

身…仏の印はなんの意味があるのでしょう?
  私は、気と関係があると踏んでいますが。  

意…空を理解したつもりになっても観察するに至れません。
 出来たら、仏陀ですが。
  正直、仏を偶像(NO空)としてとらえてしまうと思います。

真言だけは、それだけで仏のレベルに赴く事ができる。
ゆえに、真言は不思議であると弘法大師が述べ、
一密(一つが仏レベル・他は不十分)が三密(三つが仏レベル)に通じる
と興教大師が述べたのだと思います。
三密(即身成仏の方法)へ、仏の言葉から誘うので「真言宗」と。
なにも調べてませんが、あなたの言葉で急にそう思いました。

予想ですが、悟りを開かれて、涅槃をしない方は60くらいが寿命
だと思います。

33 :名無しさん@3周年:03/12/24 23:04
密教の場合には、五感をうまく使いますので、没入しやすいということはあります。
まず、護摩を焚くときの炎があるでしょ。光りですね。
もちろん、香りがします、パチパチと音がします。
そして、太鼓や錫杖の音とリズム。
極彩色の曼荼羅や不動や愛染の像。
そうした中で、不動真言などを腹の底から唱えますと、なかなかの感動世界ではあります。
感動を求めるものではありませんが、日常の雑念に支配された自分自身を、本来の自分として丸ごと全体の
いのちとして、体験するというような行法でもあります。
まあ、そんな大仰なことをしなくても、一つの呼吸に徹するという坐禅や、ヴィパサナという行法もありま
す。
唱題行は、シンプルですが、かなり完成された行法といえるかしれませんね。
まあ、どんな行法でも、それに徹するということが大切でしょう。
ここいらは、理屈じゃなくて、体験世界です。

34 :名無しさん@3周年:03/12/25 00:01
>>30
真言宗に詳しいの?

35 :名無しさん@3周年:03/12/25 22:54
法華信者が禅的思想に触れるということは不可能に近いでしょうから、それに
近いことをさせるにはまあよいかとも思われたわけですね。
題目マントラに慣れた人の脳の回路は基本的に中国で開花した禅に開眼して臨
済的禅を知ることはまずできないものと思われます。


36 :名無しさん@3周年:03/12/27 14:53
鎌倉新仏教への覚鑁さんの影響は、さほどではない思います。むしろ、比叡山
における修行そのものに源泉がありました。すなわち、天台の基本的な行法で
ある四種三昧ですね。ここから、禅も念仏も唱題も現れます。多面的な天台の
行法から選択して専修していきました。その道は、易行というシンプルにして、
深いものになりました。


37 :名無しさん@3周年:03/12/27 18:50
んじゃ、念仏や題目は天台のごく一部を
「これこそ、最高最上の教えだ」って言ってんの?

38 :名無しさん@3周年:03/12/27 18:53
ま、とにかく、在家者は
今は、大掃除をしっかりする事が仏教的であると思います。

39 :名無しさん@3周年:03/12/27 19:01
>>33
どのダンスがよいかの領域を超えていない。どの歌がストレス発散できるかの領域を
超えていない。自己満足の世界を超えていない。

40 :名無しさん@3周年:03/12/27 21:38
易行道は深いですか?

41 :名無しさん@3周年:03/12/28 10:29
>>39
批判では無く、自分の意見を出してみてよ。

42 :名無しさん@3周年:03/12/28 12:36
>>1
池田大作先生は、実家が真言(両親のお墓も真言の寺)というだけでです。
本当に真言の事よく知ってたら新興宗教に引っ掛からないでしょう。
折伏経典に書いてある通り、それは無知がなせる技です。

宇宙や生命生命という言葉よく引用するのは、
新興宗教 生長の家 出身だからかな

そういうことから、池田大作先生は、生長の家信者というのが正解。

43 :名無しさん@3周年:03/12/28 21:26
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、...


44 :名無しさん@3周年:03/12/29 07:59
臨済禅は、松果体から脳下垂体に掛けての横溢を体験することが可能になり、
病気のヒーリング体験や感応的経験をしたりするための修行にはちょうどよい
でしょう。すなわちヨーガなわけです。これはお題目マントラで脳の回路が出
来てしまった人にはぴったりのものになると思いますよ。それこそ瞑想の効果
というものを知るには非常によい順序なのです。お題目は瞑想の準備運動なの
です。


45 :名無しさん@3周年:03/12/29 22:01
生長の家の谷口雅春さんのお弟子さんが、池田大作さんでしたか。

46 :名無しさん@3周年:03/12/30 00:10
法華の硬直した脳味噌に禅は無理だろw

47 :名無しさん@3周年:03/12/30 06:58
日蓮聖人は、虚空蔵菩薩求聞持法、四種三昧、四度加行を体験
された可能性があります。
「虚空蔵菩薩に願いしことあり。日本第一の智者に」と御遺文
にありますから、求聞持法はしていなくても虚空蔵菩薩に縁が
あることは間違いないでしょう。
比叡山で修行されていますから、四種三昧のなかの、ひとつは
体験しているでしょう。
愛染不動感見記という真蹟によれば、大日如来からの相承のこ
とが書かれていますから、四度加行は経験されているでしょう。
結縁潅頂は当然としても、伝法潅頂も受けているのではないで
しょうか?


48 :名無しさん@3周年:03/12/30 11:09
それは薄いな

49 :名無しさん@3周年:03/12/30 14:27
真言でも法華でも信仰による変化というのは、電車で他人を気にせずに座席を譲れるよ
うになるとか、無理せずにできるようになるとかがでしょう。しかしそうしなければな
らないというのではなくて、7人がけの座席に6人が隙間を空けて越しかけているときに
駅で乗ってきて目の前に人が立っていたら、横の人に「ちょっといいですか」と声を掛
けて隙間を一人分空けてやるとか、すぐに気が回るようになるとかもできたらいいでしょ
うね。こういうのは世間ではほとんど見られません。
それでそうやって空けてあげても、それが別に気にならないで普通にして居られる。こ
れだけでもいいでしょうね。それは仏の心に通じると思っていますよ。まあくだらんこ
とですが、くだらんことに執着せずにするするとできる。これが本来の仏教でしょうね。
後は自然にやれればいいでしょうね。ほどよい生活、ほどよい暮らし。すべてが幸福です。


50 :名無しさん@3周年:03/12/30 14:36
>>49
のような肩の力の抜けたことを言えるヤシがおらんのかここは。

51 :名無しさん@3周年:03/12/30 17:34
>>49
偉いっ!大悟だなw

52 :名無しさん@3周年:03/12/30 21:30
天台宗・真言宗・日蓮宗の修業というのは、マジで体育会系の修行ですね。
だからこそ「修業」というのかもしれません(笑)


53 :名無しさん@3周年:03/12/30 22:42

とりあえず気になったので
「修業」ではなくて「修行」な

54 :名無しさん@3周年:03/12/30 22:44
何処ら辺が体育会系なの?
まさかすべて経験してるの?

55 :名無しさん@3周年:03/12/31 09:41
司馬遼太郎の国盗物語にも書かれているけど、題目の南無妙法蓮華経と唱える
と力がでてきそうです。
真言は、神秘的な響きです。

56 :名無しさん@3周年:04/01/01 16:57
結縁潅頂と伝法潅頂って、何でしょうか?

57 :名無しさん@3周年:04/01/02 12:49
日蓮聖人は、たぶん四種三昧のすべてはしてないのではないでしょうか。
四つのウチ、ひとつを徹底して行うとか。私は非行非坐というのに関心が
あります。止観行の観の瞑想を、メシ喰っても歩いていてもトイレにいて
も四六時中やっているというものです。原始仏教のヴィパサナ瞑想と同じ
と思います。称名念仏は、やってないと思いますが、四種三昧のなかの念
仏は、やってかも知れません。日蓮聖人の性格では、「ワシは若き日に、
あれやこれや修行したぞ。山中にこもり、月をともとし、大音声をはなち
て云々」なあんて、書きそうですけど。やっていたことを黙っているのは、
つらい性格じゃないのしょうか。


58 :名無しさん@3周年:04/01/02 13:34
どっちもパワフルな教祖ではある。

59 :名無しさん@3周年:04/01/02 13:38
教祖?


60 :名無しさん@3周年:04/01/02 15:33
>>57
能書きの多い因業爺ってとこねw

61 :名無しさん@3周年:04/01/02 20:12
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。...
(仏教哲学辞典 P.1605)


62 :名無しさん@3周年:04/01/03 19:50
禅をやるとというか、禅はそもそもやるものでもないし、やるとかやらないとかの
次元のものではないわけでしたが。臨済の禅は完璧に完全に教外別伝で不立文字の
世界ですから。
ただ題目高速連続称揚に慣れてしまった場合には、気の済むまで唱えた後で、その
高揚感のまま、すぐに静かに呼吸を意識する瞑想に入るとよいのです。これはあく
までも「やるとかやらない」とかの「瞑想」です。これはすぐに効果が出てきます
よ。


63 :名無しさん@3周年:04/01/04 20:29
題目高速というのは、学会ですね。他はもっとゆっくり唱えているような。

64 :名無しさん@3周年:04/01/05 22:44
曼荼羅の世界は、修行しないとわからない。

65 :名無しさん@3周年:04/01/06 22:45
真言宗は、日蓮さんに大きな影響を与えたようですね。

66 :名無しさん@3周年:04/01/08 22:41
修業時代を含めて、日蓮聖人は一切経を4度読んだとされてますね。ひとつは
北条政子が奉納したもの、鎌倉では鶴ヶ岡八幡宮、奈良の薬師寺、そして岩本
実相寺。あれだけの教典を読み続けるというのは、やはり集中力がないと。比
叡山でも読んでいそうなものですが記述はないし。。。そういえば園城寺の縁
起に「戒壇を園城寺に建てようとして許可が出たが、比叡山の横やりでダメに
なり、悔しさのあまり呪詛の護摩を焚いて、満願の日にその姿も煙と消え、四
万八千のネズミと化して、比叡山の教典を、すべて食い破った」なんていう凄
まじい話が、堂々と書かれていましたから、もしかして、なかったのかも(爆)


67 :名無しさん@3周年:04/01/10 12:25
一切経を読んだというのは、親鸞会の高森さんも阿含宗の桐山さんも言っていますね。

68 :名無しさん@3周年:04/01/10 23:02
へぇー

69 :名無しさん@3周年:04/01/10 23:11
>67
キリヤマじゃ無理だろうな。

70 :名無しさん@3周年:04/01/11 13:17
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。...
(仏教哲学辞典 P.1605)


71 :名無しさん@3周年:04/01/12 19:07
真言密教の曼荼羅を見て、意味がわかりますか?

72 :名無しさん@3周年:04/01/13 22:44
日蓮さんは仏教ヨーガもやったでしょう。彼の教説には道元の修証義から影響
された節がどうも感じられますから、禅でも阿字観でも子の刻参りでもなんで
もやったことでしょうね。題目後の呼吸瞑想法は試して見なかったはずでしょ
う。試さなかったからこそ、彼は題目止まりの宗教しか説けなかったのです。


73 :名無しさん@3周年:04/01/17 22:17
題目は六波羅蜜に通じます。

74 :名無しさん@3周年:04/01/22 22:46
霊能宗教からの脱却が、法華、真言とも重要な課題ですね。

75 :名無しさん@3周年:04/01/23 23:25
>>14
仏教初心者ですが、質問です。
真言宗では大日如来をご本尊とされているようですが、
これはどういう意味があるのでしょうか?
http://www.internetacademy.co.jp/~t1110539/mikkyou.htm

↑ここに、真言(密教)の成り立ちが書いてありますが、
ということは、真言のご本尊の大日如来は、どちらかと言うと
他宗教で言われる「神」に近い存在なのでしょうか?
仏教についてまだまだ右も左も分からぬ状態ですので、変な
質問してすみません。
あと、ググっているうちに、このスレと関連深いサイトを見つけました。
http://www.geocities.jp/mksutra/singonbokoku.html

76 :名無しさん@3周年:04/01/24 21:49
日蓮聖人は、天台大師の摩訶止観を重視たが、止観は 1 働きを止める 精神の活
動を止めることを意識する(死に切る、に通じる) 2 観ずる 止めた後の状態を
観ずる(意識において"観ずる"という主体化)体験的感想であるが、この心理学を瞑
想において体験することで、脳下垂体の意識主体が観ずる働きを知ることとなり、こ
れは一種の能動的自己の発揮に繋がることを感ずることができた。これは日蓮の題目
行で意識が能動的に活性化するのに似ていた。その静かなる萌芽を感じられた。これ
は願いを持ち「この世にあくまでも行動主体として生きる」自己の存在を強める働き
を持つように感じる。観る自分、見る主体としての自分、意識主体である自分を知る
ことができる。
一方、禅では上記のような心理的な操作を行なうことをせず、むしろ「仏の姿となる
」こととして只管打坐するのをもっとうとし、むしろ「主体でも客体でもない自己」
を感ずるのが本領であろう。そこではあくまでも、もともと悟である自己、仏そのも
のである生死、衆生を体そのもので感ずる行であるとしている。体感も確実に異なる
ものとなり、能動主体としての自分が意識されなくなるのであった。万法の方から我
の仏なるを証すといわれる。これはもっぱら道元の禅であるが、臨済の禅も結局はそ
こに至るが、教導の方式がことなりスパルタ方式であった。


77 :名無しさん@3周年:04/01/26 23:09
>>75
法身仏で、宇宙の中心(生命そのもの)ですから、神と捉えても間違いではないと思います。

78 :名無しさん@3周年:04/01/27 23:53
孝道教団は、題目も座禅もするそうです。

79 :名無しさん@3周年:04/01/28 11:31
念仏無限禅天魔真言亡国律国賊

80 :名無しさん@3周年:04/01/29 14:37

おい!大事な所が抜けてるぞ。

「日蓮カルト」が抜けているぞ!!

81 :名無しさん@3周年:04/01/31 22:15
真言宗にも坐禅があります。阿字観です。

82 :名無しさん@3周年:04/02/02 23:09
阿字観って、念仏禅に似てますか?

83 :名無しさん@3周年:04/02/03 23:08
日蓮宗と浄土宗と浄土真宗には、座禅がありません。

84 :名無しさん@3周年:04/02/03 23:26
浄土真宗スレの渡海 難は真宗の念仏は座禅して唱えるものだと
仰せになられております。

85 :名無しさん@3周年:04/02/07 06:40
渡海 難という人は、念仏禅の黄檗宗の影響を受けているようですね。

86 :名無しさん@3周年:04/02/07 07:49
念仏題目禅これ最強

87 :名無しさん@3周年:04/02/08 20:59
題目禅って、釈迦本寺ですか?

88 :名無しさん@3周年:04/02/09 23:18
南無とは帰依と訳するわけだが
他の意味は^全て^もしくは^何も無い^という意味もあるので
帰依することだけを意味しているのではない。

ついでに
妙法の他の意味は^男と女^ ^因と縁^もある。
宗派を超えて戒名に男は法を女は妙を使うのはそういうわけ。



89 :名無しさん@3周年:04/02/10 23:21
釈迦本寺って、日蓮宗ですか?

90 :名無しさん@3周年:04/02/12 22:47
題目禅の釈迦本寺と天台止観の孝道教団、どちらがありがたいですか?

91 :名無しさん@3周年:04/02/14 21:20
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの...
(仏教哲学辞典 P.1605)


92 :名無しさん@3周年:04/02/16 23:09
曼荼羅は神秘ですね。

93 :名無しさん@3周年:04/02/17 22:55
題目は生命力が湧く。

94 :名無しさん@3周年:04/02/18 22:59
日蓮宗は、真言宗を抜いた。

95 :名無しさん@3周年:04/02/19 22:53
日蓮法華系が日本では一番多い?

96 :名無しさん@3周年:04/02/20 00:08
金集めでは真言系の関東(川崎、高尾、成田等)に敵うところも無いのでは?

97 :名無しさん@3周年:04/02/21 00:05
真言宗はありがたい宗派。

98 :名無しさん@3周年:04/02/21 11:12
高尾山で滝行をしましょう!

99 :名無しさん@3周年:04/02/21 22:01
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの修法
の時には壇上にある曼荼羅を用いる。...
(仏教哲学辞典 P.1605)


100 :名無しさん@3周年:04/02/21 22:13
南無妙法蓮華経もいいかもしれんが、南無阿弥陀仏が最高だあと。

これは本当は 「ナぁーーーム、、、アーーーーアミダッブッ」
と唱えます。

こう唱えると阿弥陀様の生命がドワーンと現れて頭の先からドカーンと
生きかえります。「、、、」は息を止めて休みます、「アーーーーア」は
小さく入りだんだん大きく、「ミ」は小さくし、「ダッ」で強く大きく、
「ブッ」でスイカの種を飛ばす要領で詰まった感じにして(「プ」と「ブ」
の中間、ブッ)止めます。「ツ」は付けません。

宇宙の生命がドカーンと現れます。阿弥陀様の明るくまぶしいまでのご慈悲が
目の前で頭の上に輝くのがわかります、ぜひぜひ唱えましょう。あまりに
明るいのでびっくりすることでしょう。ただナにも想像せずにただ無心で
一言二言数回上の要領で正しく発音すればよいのです。唱えれば改心できる
でしょう。宇宙は阿弥陀様の世界だったのです。唱えましょう。

101 :名無しさん@3周年:04/02/23 23:36
念仏の哀音ですね。

102 :名無しさん@3周年:04/02/24 23:24
曼荼羅はありがたい。

103 :名無しさん@3周年:04/02/25 23:15
真言宗も日蓮宗も両方凄い。

104 :名無しさん@3周年:04/02/26 23:07
曼荼羅に向かって、真言・題目を唱えるをパワーが出ますか?

105 :名無しさん@3周年:04/02/28 11:18
法華は多くの新興宗教を生んでいます。真言の新興宗教は、阿含宗くらいで
しょうか?

106 :名無しさん@3周年:04/02/28 21:39
真言宗は口に真言を唱え、手で印を結ぶ。

107 :名無しさん@3周年:04/02/29 08:57
日蓮宗は口に題目、手は合掌

108 :名無しさん@3周年:04/02/29 21:34
おいエチレン教徒&放火学ッカヒ野郎よお、

これ見れ。
   ↓
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1075712405/54-69

けけけ


109 :名無しさん@3周年:04/03/01 01:01
結局、創価並みの信仰ならバカでもできる。バカデモできるからすごいんだぞ
とか抜かすからな、そんじゃ言ってやろう

1.法華経はなくても「なんみょおほおれんげえきょお」だけあれば
  よかった
2.初めから釈迦がそういっていればよかった
3.もっと言えば、釈迦が言わなくても、誰が言ってもよかったわけで
  元々仏教とその呪文はナンの関係もなく存在し得た
4.たまたま勝手に付けた経文の名前がそれだっただけのことだった

なんだよ、エチレン市寝や >カスめがよ


110 :名無しさん@3周年:04/03/01 21:56
●2003年1月20日
寒中読誦修行始まる

「大寒」を迎えた1月20日、寒中読誦修行(寒修行)が大聖堂はじめ全国
各教会で始まりました。2月3日の「節分」までの15日間、多くの会員が
参加します。

大聖堂では期間中、東京教区23教会から約1万6000人が3組に分かれ
て読誦修行に取り組みます。初日にあたる1月20日、東京地方の気温は4
・3度(午前6時)。平年よりやや暖かな大寒の入りとなりましたが、会員
たちは厚手の防寒着に身を包み、白い息を吐きながら大聖堂に足を運んでい
ました。

また、高崎教会藤岡支部は包括地域にある天台宗浄法寺を会場に実施。読誦
修行後、坐禅にも臨んでいます。


111 :名無しさん@3周年:04/03/02 23:21
>>110
佼成会ですか?

112 :名無しさん@3周年:04/03/06 20:06
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの修法
の時には壇上にある曼荼羅を用いる。D日蓮大聖人は日女御前御返事に...
(仏教哲学辞典 P.1605)


113 :名無しさん@3周年:04/03/07 09:12
>>111
佼成会です。

114 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:26
>>110
>また、高崎教会藤岡支部は包括地域にある天台宗浄法寺を会場に実施。読誦
>修行後、坐禅にも臨んでいます。

そうか、ならえらいな。ガンバレな。>佼成会な。いいぞ。

115 :名無しさん@3周年:04/03/09 23:55
高崎教会藤岡支部は、孝道教団の影響があるの?

116 :名無しさん@3周年:04/03/10 23:27
高崎教会藤岡支部だけでなく、佼成会全体が坐禅に取り組むといいですね。

117 :名無しさん@3周年:04/03/13 22:02
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの修法
の時には壇上にある曼荼羅を用いる。D日蓮大聖人は日女御前御返事に「十界具足
とは...

(仏教哲学辞典 P.1605)


118 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:42
又、私の思うところ、阿部師は次期猊下に相承できないと思います。「假令広
布の時といえども別付血脈なるものは他に披見せしものに非ず」(弁惑観心抄
二一二頁)とある如く唯受一人の上人のみが知り得る相伝であるが故に、空っ
ぽにして相承箱も無い阿部師には相承の仕様が無いからであります。 
最後に今こそ全僧侶と檀信徒は総決起して濁流を元の清流に戻さなければなら
ない時と信じます。個々に無相承を語ると左遷や破門やらの思惑から固く口を
閉ざすが「異体同心なれば万事を成じ」ることができると確信いたします。
摩訶止観に云く「魔事を転じて仏事となすは、すなわち功慧なり」。又云わく
「強き者先に牽けば、必ず善処に弁る」と。
かくして現今の法華講員を救い、将来入信される方々の為にも、是非私案の三
項目を樹立して戴きたく全御僧侶方に衷心よりお願い申し上げる所存です。
「一期の大慢を以って永劫の迷因を殖ること勿れ」(強仁状御返事)
本門弘通の大導師・開山日興上人様の祥月命日忌に、御宝前へ謹書を慎んで奉
り、宗開両祖の御威光を賜れますことを、お祈り致します。
平成十六年二月七日


119 :名無しさん@3周年:04/03/18 23:23
真言宗の寺院で写経ができます。

120 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:42
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの修法
の時には壇上にある曼荼羅を用いる。D日蓮大聖人は日女御前御返事に「十界具足
とは十界一界もかけず...

(仏教哲学辞典 P.1605)


121 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:42
護摩にはどんな意味がありますか?

122 :名無しさん@3周年:04/03/21 09:56
法華経以外の経典で女人成仏が説かれていないのは、女性に妄想癖があるから
でしょうか?
http://love2.2ch.net/test/read.cgi/gender/1063495364/l50

123 :名無しさん@3周年:04/03/22 23:39
真言か、法華か。

124 :名無しさん@3周年:04/03/23 22:50
霊友会の4つの源流
1.法華経
2.若月チセ先生の霊能力
3.西田無学先生の先祖供養
4.戸次貞雄先生の弥勒信仰


125 :名無しさん@3周年:04/03/25 21:25
霊能者とはどのような人々なのでしょうか?

126 :名無しさん@3周年:04/03/26 21:57
先日、900回目のサンデー勤行会を行った沖縄本島のある支部。信心の基本
に徹し、団結固く前進しよう-支部長の提案に賛同し、...
 (聖教新聞 3月25日 名字の言)

127 :名無しさん@3周年 :04/03/27 10:11
真言宗系の新宗教で大きいのは阿含宗と真如苑。

128 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:46
阿含宗で超能力者になれます。

129 :名無しさん@3周年:04/03/28 09:41
真如苑でも超能力者になれる。

130 :名無しさん@3周年:04/03/29 23:03
摩訶般若波羅蜜多心経 まかはんにゃはらみったしんぎょう

観自在菩薩      かんじーざいぼーさつ

行深般若波羅蜜多時  ぎょうじんはんにゃーはーらーみったーじー

照見五遠皆空     しょうけんごーうんかいくう

度一切苦厄      どーいっさいくーやく

舎利子        しゃーりーしー

色不異空       しきふーいーくう

空不異色       くううーいーしき

色即是空       しきそくぜーくう

空即是色       くうそくぜーしき

受想行識       じゅそうぎょうしき

亦復如是       やくぶーにょーぜー



131 :名無しさん@3周年:04/03/30 23:19
般若心経は、神秘的な魅力があります。

132 :名無しさん@3周年:04/03/31 22:46
山口法興師の書簡

どうか一派の方々には、自らの謗法に気づいて戴きたいと思います。しか
し、それでも自分らは正しいと思うのならば、正信会を出て別派を立てて、
日蓮正宗を名乗ることはおやめください。私たちは、当初の目的に向かっ
て頑張るつもりでおります。お前こそ出ていけ、お前にそんなことをぬか
す資格は無いなどと言われるかもしれませんが、言う資格は大いにあるつ
もりです。先日、先輩とその件について話しましたところ、それは「正信
覚醒運動のあゆみ」等に特筆されるべきことだが、俺たちが死んだら、誰
もわからなくなってしまうだろうなと言ってくれましので力をえた次第で
あります。

 立宗七百五十年 平成十四年三月十日 以上

http://speedstar.fc2web.com/frame.html より


133 :名無しさん@3周年:04/04/01 22:55
舎利子        しゃーりーしー

是諸法空相      ぜーしょほうくうそう

不生不滅不垢不浄   ふーしょうふめつふーくーふーじょう
      
不増不減       ふーぞうふーげん

是故空中       ぜーこくうちゅう

無色無受想行識    むーしきむじゅそうぎょうしき

無眼耳鼻舌身意    むーげんにーひぜっしんにー

無色声香味触法    むしきしょうこうみそくほう



134 :名無しさん@3周年:04/04/03 11:43
般若心経は、ほとんどの宗派で唱えます。

135 :名無しさん@3周年:04/04/03 14:40
>>134
観音経(妙法蓮華経 観世音菩薩普門品)はどうですか?
真言系、天台系、日蓮系、どこでもよく唱えられてます。
これを唱えて、
真言か法華のどっちが優れているかと言う議論はやめにして
宗派対立なくして皆、仲良くしましょうね。

136 :名無しさん@3周年:04/04/04 16:08
般若心経は、真言と禅で特に重視されてますね。

137 :名無しさん@3周年:04/04/05 23:15
天台宗はどちらかといえば、観音経でしょう。

138 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:11
般若心経は空を説き、観音経は慈悲を説く。

139 :名無しさん@3周年:04/04/07 22:04
無眼界乃至無意識界  むーげんかいないしーむーいーしきかい

無無明亦無無明尽   むーむーみょうやくむーむーみょうじん

乃至無老死      ないしーむーろうしー

亦無老死尽      やくむーろうしーじん

無苦集滅道      むーくーしゅうめつどう

無智亦無得      むーちーやくむーとく

以無所得故菩提薩捶  いーむーしょとくこーぼーだいさったー

依般若波羅蜜多故   えーはんにゃはーらーみったーこー


140 :名無しさん@3周年:04/04/08 22:58
般若心経は、大乗仏教のエッセンス。

141 :名無しさん@3周年:04/04/10 20:11
般若心経を唱えましょう!

142 :名無しさん@3周年:04/04/11 08:07
得阿辱多羅三貌三菩提 とくあーのくたーらさんみゃくさんぼーだい

故知般若波羅蜜多   こーちーはんにゃはーらーみったー

是大神呪       ぜーだいじんしゅー

是大明呪       ぜだいみょうしゅー

是無上呪       ぜーむじょうしゅー

是無等々呪      ぜーむとうどうしゅー

能除一切苦      のうじょいっさいくー

真実不虚       しんじつふーこー


143 :名無しさん@3周年:04/04/11 19:43
題目を唱えましょう!

144 :名無しさん@3周年:04/04/12 22:41
本門佛立宗では仏壇に供えた水を飲めば病気が治る等の「現世利益」ことさら
強調したり、曼荼羅を書写した従来の本尊を止めて、彼が自ら考案作成した題
目を書いて脇書きした「要法本尊」なるものを講員に授与したり、それだけで
はあき足らず、「本門佛立妙講一座」なる法要式を作るなどして独立の準備を
した。ところが、本山の妙蓮寺の貫主にさえ強言を吐くようになっていた慢心
の塊の彼に対し、反発した講員の裡反者が増え講員が著しく減少した。この事
態に憂慮した幹部50人から宥清寺からの退座要求を突き付けられる。そして
彼は私宅に退き晩年を過ごした。
日扇と生涯対立関係にあった本門法華宗に対する体制批判から生まれた改革教
義に過ぎず、既成宗教の難しい教義を捨て、信徒中心の判りやすいというより
御都合主義のデタラメな教義である。
要法本尊
 御本仏大聖人の自筆の御本尊を「雑乱勧請の広式本尊」という珍説を言い、
 否定して、自作の題目一遍の横に「三箇秘法之中一大秘法」と「本門肝心上
行所伝」と脇書きした「要法本尊」のみを信仰対象にしている。
 また、法要やお経は唱題のみで拍子木を鳴らしながら唱える。「口唱一専」 
と正行とし、「事行の題目」と称する。
  御本仏大聖人御教示あそばされた『聖人御難事』に
『此の法門申しはじめて二十七年、弘安二年太歳己卯なり。仏は四十余年、天
台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の
大難申す計りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり』
と本門戒壇の大御本尊を御図顕を明示あそばされた御金言を本門佛立宗はどの
ように拝すのか?
その他にも『観心本尊抄』『報恩抄』『日女御前御返事』をはじめ御本仏大聖
人が各御文で明示あそばされた正意の御本尊は、十界互具の曼荼羅御本尊である。

145 :名無しさん@3周年:04/04/12 22:54
今本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
佛既に過去にも滅せず。未来にも生ぜず。
所化以って同体。是即ち己心の三千具足。三種世間なり。

146 :名無しさん@3周年:04/04/13 23:37
本門法華宗も本門佛立宗と同じくお経を読まないで、唱題だけなのでしょうか?

147 :名無しさん@3周年:04/04/14 00:47
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。

148 :名無しさん@3周年:04/04/14 22:08
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。

149 :名無しさん@3周年:04/04/14 23:03
何という御遺文でしょうか?

150 :名無しさん@3周年:04/04/15 23:28
3災とは何ですか?

151 :名無しさん@3周年:04/04/16 21:22
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。


152 :塩瀬哲生@創価学会改革派:04/04/16 22:55
観心本尊抄

爾前迹門に説いた仏も無常であり、その場かぎりで滅びでしまうものであったが、いま法華
経本門寿量品の説法に至って仏の久遠の本地が明かされ、本因・本果・本国土の「三妙が合
論された時には、この裟婆世界が三災にも犯されることなく成・住・壊・空の四劫を循環す
るものでもない常住の浄土となった。久遠の本仏はすでに過去にも滅することなく未来にも
生ずることのない常住不滅の仏であり、仏の説法を問いている所化たちもまた本仏と同体で
常住に実在することがはっきりと説き示された。
このような説明がすなわち、釈尊在世の衆生舎利弗たちの己心の三千具足、三種の世間であ
った。迹門十四品には、いまだこのような三妙冥合論の事の一念三千が説かれなかったのは、
法華経の内においてもいまだ時期が熟してなかったのである。
この法華経本門の文底に沈められた肝心たる南無妙法蓮華経の五字にあっては、釈迦仏は随
一の高弟たる文殊師利(もんじゅしり)菩薩や薬王(やくおう)菩薩等にもこれを什嘱し給
わないので、どうしてそれ以下の一般の弟子にこれを付嘱する訳がない.但涌出品から嘱累
品に至る八品の間に地涌千界の大菩薩を召しいだして、これを付嘱し給うたのである。その
文底下種の大御本尊の為体(ていたらく)は常住不滅の本仏が説き明かす常住の浄土たる娑
婆世界の上に宝塔が空に居し、その宝塔の中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏と多宝仏がな
らび、釈尊の脇士には上行等の地涌の四菩薩がたらび、文殊や弥勒等の迩化の菩薩は本化四
菩薩の眷属として末座に居し、迹化の菩薩他方の国土の菩薩等大小の諸菩薩は下賎の万民が
大地にひれふして雲閣(うんかく)月卿のごとき尊貴の人を見るがごとく、十方から来集し
た分身の諸仏は、迹仏迹土をあらわすゆえに大地の上に居した。

153 :塩瀬哲生@創価学会改革派:04/04/16 22:58
このような尊極無比の大御本尊は在世五十余年にまったくこれなし、法華経八年のあ
いだにも涌出品から嘱累品に至るただ八品の間にこれを説き地涌の菩薩に付嘱した。

154 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:07
真言宗は神秘的ですね。

155 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:39
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。

156 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:41
今、本時の娑婆世界は三災を離れ四劫を出たる常住の浄土なり。
仏、既に過去にも滅せず未来にも生ぜず。所化、以て同体なり。
此れ即ち己心の三千具足三種の世間也。
迹門十四品に未だ之を説かず。法華経の内に於ても時機未熟の故か。
此の本門の肝心南無妙法蓮華経の五字に於ては、仏、猶お文殊・薬王等にも之を付属したまはず。
何に況んや其の已下をや。但地涌千界を召して八品を説いて之を付属したもう。
 其の本尊の為体〈ていたらく〉、本師の娑婆の上に宝塔空に居し、
塔中の妙法蓮華経の左右に釈迦牟尼仏・多宝仏、釈尊の脇士は上行等の四菩薩、文殊弥勒等の四菩薩は眷属として末座に居し、
迹化・他方の大小の諸菩薩は万民の大地に処して雲閣月郷を見るが如し。
十方の諸仏は大地の上に処したもう。迹仏迹土を表する故也。是の如き本尊は在世五十余年に之無し。
八年之間、但、八品に限る。

157 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:53
ほとけは常住を否定したまえり。即ち諸行無常、諸法無我を説きたまえり。
仏教の基本なり。

158 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:54
無始已来謗法罪障消滅今身より仏身に至まで持奉る、
本門の本尊本門の戒壇本門事行八品所顕上行所伝本因下種の
南無妙法蓮華経

如来滅後々五百歳始観心本尊抄曰、
今本時の娑婆世界は、三災を離れ、四劫を出たる常住の浄土也。
仏既に過去にも滅せず、未来にも生ぜず、所化以て同体。是即ち己心の三千具足三種世間なり。

迹門十四品に、いまだこれを説給ず。法華経のうちに於ても、時機未熟の故か、
此本門の肝心南無妙法蓮華経の五字においては、仏猶文殊薬王等に、これを付嘱し給はず。
いかに況や其已下をや。但地涌千界を召して、八品を説てこれを付嘱し給う。
其本尊の体たらく、本地の娑婆の上に宝塔空に居し、塔中の妙法蓮華経の左右には、
釈迦牟尼仏、多宝仏、釈尊の脇士は、上行等の四菩薩、文殊、弥勒等は、四菩薩の眷属として末座に居し、
迹化他方の大小の諸菩薩は、萬民の大地に処して、雲閣月卿を見るが如し。
十方の諸仏大地の上に処するは、迹仏、迹土を表するが故也。
かくのごときの本尊は、在世四十余年にこれなし、八年の間にも、但八品に限る。
本朝沙門、日蓮撰大慈大悲、大恩報謝。
南無妙法邁華経


159 :名無しさん@3周年:04/04/17 21:57
南無久遠本時の嫡弟、二千余回の当初、虚空会上において、塔中直授の相承を蒙り、
末法濁世に出現し、本末有善、衆生普施、下種益の大導師、吾高祖日蓮大菩薩。
建長五年癸丑の四月廿八日の朝より、弘安五年壬午の十月十三日の夕にいたるまで、
我不愛身命、但惜無上造と、本仏法王の金言にまかせ、諸宗無得道の逆化を成じ、
我等が為に、本門の肝心上行所伝の要法を授与せしめ給はんとて、
大難四か度、小難数をしらずの、御弘通、大慈大悲大恩報謝。
南無妙法蓮華経

160 :   :04/04/17 22:01
空海の教えを実践して、最後に不幸になった人は、
いっぱいまわりのいた。

161 :名無しさん@3周年:04/04/17 22:05
>>160
日本語を書けや

162 :名無しさん@3周年:04/04/17 22:09
法華の教えを歪曲して実践し初めも中間も終わりも不幸であり続けた人はまわりに
いっぱいいた。

163 :名無しさん@3周年:04/04/18 21:21
真言法華宗

朝に光明真言を唱え、夕に題目を唱える。

164 :名無しさん@3周年:04/04/19 23:11
光明真言って、何ですか?

165 :名無しさん@3周年:04/04/20 23:00
光明真言は一切の罪障を即時取り除き、死者を極楽浄土に導くという強力な真
言です。短いにも関わらずかなりのパワーがあるものですから、覚えておきま
しょう。

光明真言

オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニハンドマ・ジンバラ・ハ
ラバリタヤ・ウン


166 :名無しさん@3周年:04/04/21 23:06
真言の時、印を結びますか?

167 :名無しさん@3周年:04/04/23 23:11
法華経の真言も唱えましょう!

日本語訳法華経総持真言

不思議よ、思惟よ、意念よ、無心よ、永遠よ、修行よ、寂然よ、淡白よ、
弦黙よ、解脱よ、済度よ、平等よ、無邪心よ、心の平和よ、平等な見方
よ、迷いの滅尽よ、無尽の善よ、解脱の徹底よ、寂かに動揺しない心、
淡白な心よ、総持よ、観察よ、光明よ、みずからをよりどころとする心
よ、究極の清浄よ、凹凸のない平坦よ、高低のない平坦よ、回転しない
心よ、旋ることのない心よ、清浄の眼よ、等しくして等しき所なきことよ、
悟りの絶対境よ、法の完全な観察よ、教団の完全な和合よ、明快な説法よ、
真言よ、真言に安住する心よ、無尽のはたらきよ、響きわたる声よ、大衆
の声にたいする明察よ、教えの理解よ、無尽の教えよ、顧慮することなく
法に従う自在の境地よ。


168 :名無しさん@3周年:04/04/24 20:30
真言と題目、どう違いますか?

169 :名無しさん@3周年:04/04/25 20:51
題目は仏=生命=南無妙法蓮華経につながります。

170 :名無しさん@3周年:04/04/25 22:13
>>169
創価信者の人ですか?

171 :名無しさん@3周年:04/04/26 22:15
高野山に行って、阿字観(真言禅)をしましょう!

172 :名無しさん@3周年:04/04/27 22:52
阿字観と禅宗の禅は違うのでしょうか?

173 :名無しさん@3周年:04/04/28 22:58
真言宗は奥が深い

174 :名無しさん@3周年:04/04/29 21:12
密教って、何ですか?

175 :名無しさん@3周年:04/05/01 21:03
故説般若波羅蜜多呪  こせつはんにゃはーらーみったーしゅー

即説呪曰       そくせつしゅーわつ

掲帝掲帝       ぎゃーていぎゃーてい

般羅掲帝       はーらーぎゃーてい

般羅僧掲帝      はらそーぎゃーてい

菩提僧抄訶      ぼーじーそわかー

般若心経       はんにゃしんぎょう



176 :名無しさん@3周年:04/05/03 19:36
現世利益は、信仰のきっかけですか?

177 :名無しさん@3周年:04/05/04 10:39
法華経を学びましょう。

178 :名無しさん@3周年:04/05/05 07:24
真言、法華、どっち?

179 :名無しさん@3周年:04/05/06 22:20
般若心経と観音経を読むのが真言宗

180 :名無しさん@3周年:04/05/07 04:32
>179
天台宗は?

181 :名無しさん@3周年:04/05/09 07:32
般若心経と観音経 真言宗・天台宗・禅宗

182 :名無しさん@3周年:04/05/10 23:06
法華経方便品と寿量品 天台宗・日蓮宗

183 :名無しさん@3周年:04/05/11 22:44
真言宗は、修行が多い?

184 :名無しさん@3周年:04/05/11 23:42
>>182
寿量品は曹洞宗も読みます。

185 :名無しさん@3周年:04/05/12 22:35
道元さんは法華経を重視してますね。

186 :名無しさん@3周年:04/05/16 10:03
【曼荼羅・曼陀羅】
梵語マンダラの音写。道場、壇、功徳じゅ、輪円具足と訳す。インドでは秘法を
行い諸神の来降を求める時、魔衆の侵入を防ぐために砂上に円形または方形に区
画した区域を作ったところに起源がある。そこから転じて信仰の対境として諸仏
を総集して図顕した本尊のことをいう。@本尊のこと A普提道場のこと。釈尊が
成道した普提座及びその周辺の一地域をいう。 B壇のこと。仏像等を安置し、供
物供具等を供える場所 C真言密教では仏の内証菩提の境地や仏果を絵画に描いた
ものをいう。金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅を根本として用い、更に潅頂などの修法
の時には壇上にある曼荼羅を用いる。D日蓮大聖人は日女御前御返事に「十界具足
とは十界一界もかけず...

(仏教哲学辞典 P.1605)



187 :名無しさん@3周年:04/05/17 23:04 ID:VUX0xOrT
曼荼羅って、ピラミッドパワーみたいなものでしょうか?

188 :名無しさん@3周年:04/05/18 23:03 ID:ecWMUid0
曼荼羅は宇宙

189 :名無しさん@3周年:04/05/19 23:19 ID:72R2tFPf
お題目を唱えましょう。

190 :名無しさん@3周年:04/05/22 09:54 ID:UDMTHgv+
↓断食で、仮眠時間も2時間ぐらいしかない。真言の修行は厳しいですね。

神寺不動尊松景院

修 行 の 概 要
●毎年1月の、土曜日(午後3時)から日曜日(午後4時)まで
 (平成17年・第22回目は、1/22〜1/23)
●ご奉納金(参加費用)、7,000円(宿泊・法衣使用料等全て含む)


修行のスケジュール
土曜日 日曜日
白衣着替え 写経
一般作法の説明 お札の浄書
得度式 御幣の切り方
法螺貝・錫杖の振り方 水行
護身法・九字秘法伝授 護摩修行
観法・経文読経 修了書授与


191 :名無しさん@3周年:04/05/23 09:11 ID:WfS8pDvU
真言の修行の護摩修行は、火の上を歩くことですね。危険じゃないですか?


192 :仔猫の尻尾:04/05/24 19:52 ID:d3I8GmjV
>>191
それは認識違いというものでしょう。

193 :名無しさん@3周年:04/05/24 23:39 ID:2d8f7IUS
>>192
危険じゃないと修行じゃないですか?

194 :仔猫の尻尾:04/05/24 23:52 ID:d3I8GmjV
じゃないです。
危険である必要はないでしょ?

って言うかね、
護摩と火渡りは全然、ちゃいまっせ。

195 :名無しさん@3周年:04/05/25 23:36 ID:o2AQljjK
火渡りは危険なんですか?

196 :名無しさん@3周年:04/05/25 23:37 ID:LBzuAPCy
http://boat.zero.ad.jp/~zbc17307/


197 :名無しさん@3周年:04/05/26 23:21 ID:8jvNmzc9
日光の山王院でも火渡りしますね。

198 :名無しさん@3周年:04/05/28 22:33 ID:oG7EMEZx
真言はスゴイ

199 :名無しさん@3周年:04/05/29 21:48 ID:OPJ2ZZ39
火渡りは危険ですか?

200 :名無しさん@3周年:04/05/30 08:59 ID:1HHWGi1E
題目は、生命に響く。

201 :名無しさん@3周年:04/05/31 21:28 ID:3JEF3DoZ
唱題は、六波羅蜜の修行です。

202 :名無しさん@3周年:04/06/01 02:13 ID:a2KvBNoO
>200
生命って何だ?
抽象的な言葉を書いて一人で悦に逝ってるんじゃねえよ、学会員め。

203 :名無しさん@3周年:04/06/02 22:49 ID:adW7ymQg
題目を一日30分唱えて、心が安らぎます。

204 :名無しさん@3周年:04/06/03 22:59 ID:cE9yUEFO
阿字観も心が安らぎます。

205 :名無しさん@3周年:04/06/06 08:20 ID:qpHSqtYQ
真言宗で念仏を唱えますか?

206 :名無しさん@3周年:04/06/07 23:30 ID:9tSGFCa8
真言宗で題目を唱えているところないですか?

207 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:40 ID:qXoTsOz4
法華密教教団をつくろう!

208 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:46 ID:6Gax+2M6
>>207
いいぞ!題目は《南無南無2ch》で決定!

209 :名無しさん@3周年:04/06/08 22:50 ID:6Gax+2M6
やっぱり、もう少し深く考えた。題目は《南無南無2チャン》

 南無南無2チャン 南無南無2チャン 南無南無2チャン 南無南無2チャン
 南無南無2チャン 南無南無2チャン 南無南無2チャン 南無南無2チャン

   心が安らぎます.....................

210 :名無しさん@3周年:04/06/09 22:59 ID:1xfGrek5
法華経に密教的要素あるの?

211 :名無しさん@3周年:04/06/09 23:24 ID:jtXphYyM
良家の息子の大衆向け仏教だからねぇ

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)