2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天空殿】天空戦記シュラト【・・の裏へようこそ】

1 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/14 01:17
わたくしは調和神のヴィシュヌと申します。
天空界にさらなる安定と調和をもたらすため、皆の意見を聞こうと思いここへ参りました。
天空人や地上人の区別無くおいでください。

2 :以上、自作自演でした。:04/05/14 01:20
どりるちんちん諸君私は戦争が好きだ

3 :以上、自作自演でした。:04/05/14 01:20
2なら天空界壊滅

4 :3:04/05/14 01:21
チッ! 運のいいヤツらだ
どりるちんちんに感謝するんだな

5 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/14 01:37
>2
ちんち・・・
わたくしの前で言った方はあなたが初めてです。ですがこの世界で2を獲るのは栄誉とか・・・
褒美を出しますので後で天空殿の裏まで来てください。

6 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/14 01:43
>3-4
先の大戦の再来とならずに済んで胸をなで下ろしたところです。

大変恐ろしいことを考えていらっしゃるのですね。
しかしいろいろな意見を聞くのも調和神たるこのヴィシュヌの務め。
壊滅の方法などを詳しく聞きたいので後で天空殿の裏まで来てください。

7 :以上、自作自演でした。:04/05/14 01:51
次スレと考えてもイイのかな・・・・?

他のみなさまは・・・いらしゃるんでしょうか(・∀・)ドキドキ

8 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/14 02:10
>7
期待していらっしゃるのですね・・・・
前スレとはシュラトが創造神として初めて創った世界のことですね。
今わたくしの周りにはじじぃどm・・・いえ八霊士の方しかおらず心許なく感じているところです。
ですので神将の方々がいらっしゃればこれほど心強いことは無いのですが・・・・
しかし天空界に危険が迫っているわけでもない今、無理に転生させることはできません。
期待に添えるかどうかは分かりませぬが、どうかあなたの光流をこの世界のために注いでください。

9 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/14 02:40
>2、>3
ようこそいらっしゃいました、天空殿の裏へ。
さあこちらに来るのです。



      (ザッシュ ザッシュ ザッシュ ・・・・ふぅ〜)




日誌 : 今日は2人の前途ある若者を改心させました。

10 :以上、自作自演でした。:04/05/14 05:20
>1
神だろーが何だろーが
この板にスレを立てた時の洗礼を受けてもらうぜ?









糞スレ立てんなボケ!
削除依頼出してから首吊って氏んでこい。

11 :以上、自作自演でした。:04/05/14 06:26
毎日、お化粧にどのくらい時間をかけますか?

12 :以上、自作自演でした。:04/05/14 07:39
セイントセイヤのパクリ。

13 :以上、自作自演でした。:04/05/14 10:14
天空殿の裏はバカップル達が乳クリ合う天空界の名物スポット

14 :以上、自作自演でした。:04/05/14 15:51
林原めぐみの出世作でしたっけ?

15 :以上、自作自演でした。:04/05/14 16:27
一万年を一緒に過ごしてきてインドラ様との間に男女の関係はなかったのですか?

16 :以上、自作自演でした。:04/05/14 23:30
デーバ神軍においてエリート集団であるはずの八部衆が若い子ばかりだったのは何故ですか?

17 :以上、自作自演でした。:04/05/15 00:28
ヴ ィ シ ュ ヌ 逃 亡

18 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 01:24
>10
糞・・・・その言葉を使ったのもあなたが初めてです。
しかし、これが人間界のしきたりであれば甘んじて受けましょう。

しかし、礼を失するわけにはいきません。
お礼をいたしますので天空殿の裏でお待ちください。


>11
・・・・おほほ、わたくしは化粧などいたしません。
ですので顔面にひび割れが起こることなど有りません。
噂に流されることなく真実を見つめて下さい・・・・
・・・真実を知りすぎる者も命を落とすことがありますが・・・


>12
なるほど・・セイントセイヤなるものはよく知りませぬが、
そう申されるのなら似ているのでしょうね?
ここ人間界には数多の神話がありそれぞれの世界を構成しているのですから
似通ったものが中にはあるのかもしれません。
しかし先の大戦で平和のため、人々のため争い散っていった者たちを、
蔑ろにするような発言にはこのヴィシュヌ淋しくなります。

19 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 01:25
>13
シュラトから分けていただいた桜の木を天空殿の裏に植えました。
その桜を見に来る者たちは後を絶ちません。
なにせ一年中狂い咲きなのですから・・・・
・・・おほほ、やはり肥料が違うとひと味もふた味も違うものです。


>14
おほほ、そうかもしれませんね。
この世界でのミーの役で出世したそうです。


>15
おほほ、あなたは週刊・天空界の読者でいらっしゃいますね?
第2号のあの記事は根も葉もない噂に尾ひれが付いたものです。
わたくしとインドラはそのような関係にありません。
黒の光流に染まったあの者はロリですから・・・


>16
おほほ、現八部衆が若者により構成されているのはその資質もさることながら、
若さ故にあふれる光流の力に期待を寄せるところが大きかったのです。
決してわたくしがショ○で若いエキスを吸収しよう等と考えたりはしていません。
・・・おほほほほ・・・本当ですよ・・


>17
わたくしはアスラ神軍との2度の大戦をくぐり抜けてきました。
逃亡などはいたしません。

20 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/15 02:57
(こ・・・・こんなところに天空殿裏への裏口が・・・!?)


21 :以上、自作自演でした。:04/05/15 04:16
ここに八部衆の新メンバー置いていきますね。

「モナ王」

22 :以上、自作自演でした。:04/05/15 05:30
ここにCLAMPの聖伝置いていきますね。

23 :以上、自作自演でした。:04/05/15 05:34
管理人さん?

24 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 05:46
>20
レンゲ・・・元気そうで何よりです。先にシュラトが創った世界でも活躍していたとか・・・
もしよろしければ少し私の話し相手になって下さい。
ラクシュも久しく会ってないと淋しそうにしていますし・・・・
いえ、インドラより任務を付与されていれば別にかまいません・・・ええかまいません・・・
わたくしよりインドラを取るのであれば・・・あのわたくしが石化されたときのように・・・おほほほほ
冗談です。このシュラトにいただいた桜の花でも観てゆっくりしていって下さい。

ああ、ただしもうすぐ肥料をやる時間ですのでその時だけは席を外してくださいね。
絶対に覗いてはだめですよ。


>21
まあ、かわいらしい名前の神将ですね・・・
しかし八部衆の席は今欠員もなくそのまま加えると九部衆になってしまいます。
インドラに連絡しておきますのでデーバ神軍の一神将として天空界の為に活躍して下さい。

25 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 06:09
>22
CLAMPさんとは地上界で漫画を生業とされている方ですね。
この「聖伝」なにか既視感のある言葉が出てきますしありがたく読ませていただきます。


>23
おほほほ・・・確かに今現在この天空殿の主であるわたくしは、
地上界の言葉で管理人と称されてもおかしくは有りません。
しかしわたくしは瞑想中、自らの転生後の姿を見てしまったことがあります。
別次元に転生したわたくしはそこで未亡人でアパートの管理人をしておりました。
夫に先立たれているところなどは現状に似通っていますが・・・・
いずれにせよ、わたくしの転生など遙か未来の話です。

26 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 06:16
おほほ・・・それでは今から桜に肥料をやらねばなりません。
レンゲ、絶対に覗いてはだめですよ。





>10
おまたせいたしました。あなたの功績に対してお礼をせねばなりません。
さあ、もっと近くに来てください。

               (ドグシャッ・・・ふう、一発でキめると気持ちいい)



日誌:今日は一人の若者を改心させました。少し肥料が足りない。

27 :以上、自作自演でした。:04/05/15 06:30
>別次元に転生したわたくしは
心を盗まれたお姫様や
蟲と心を通わせられる王女様や
発明好きの小学生の母親や
明治時代の牛鍋屋の看板娘や
魔法学校の園長先生に
転生していたこともおありですね?


28 :以上、自作自演でした。:04/05/15 06:32
レンゲたん質問があります。
お胸のサイズが75のAだということは公然の秘密となっているところですが、
その後成長しました?

29 :以上、自作自演でした。:04/05/15 06:45
ここにイスラム教信者とダイナマイトをセットで置いていきますね。

30 :以上、自作自演でした。:04/05/15 06:58
ヴィシュヌって神様だよな?
俺たち歪小な存在の人間を癒してくれるだろ?
硬くなった俺のちんちんを癒してくれよ。

31 :以上、自作自演でした。:04/05/15 09:20
レンゲさん、というか他の八部衆の皆さんもそうですけどみんな一万年を生きるのですか?

32 :以上、自作自演でした。:04/05/15 10:12
ふーん。意味深なスレタイですね。

33 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/15 17:34
>ヴィシュヌ様
ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。
この度は謁見を賜り、恐悦至極に存じます。

>わたくしが石化されたときのように
(うぐっ)
ヴィ、ヴィシュヌ様のお相手、
私でよろしければ務めさせていただきます。

>21
シャクティ装着時のタントラは
”オン・モナ・ソワカ”か?

>22
ふむ。見たところ、これは人間界で伝えられている
天龍八部衆をモチーフとした書物のようだな。
・・・・・・・。
那羅王はいないのか・・・。
残念だ。

>23
転生したヴィシュヌ様がアパートの管理人とは・・・。
意外だな。

>27
どの転生後も慈愛に満ちている人物ばかりなのは
流石はヴィシュヌ様といったところか。
最近、私もラクシュに別次元に転生した後の姿を
見せてもらったのだが・・・
随分と沢山転生していた。

34 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/15 17:39
>28
違う!!私は78・・・Σ
ひ、人の胸のサイズなど、どうでもよかろう!!

>29
イスラム?ああ、人間界での宗教の一つか。
それとダイナマイトだと??
宗教儀式で使用でもするのか?

>30
宇宙を平定する偉大な調和神だからして
歪小な存在の人間など相手にはしておられんのだ!

>31
ヴィシュヌ様やインドラ様のみならず
1万年もの長きに渡って生きておられる御仁は他にもいらっしゃる。
ただ、総じて言える事はどの御仁もその身のソーマが強大だということだ。
ソーマの総量と生きる歳月は比例しておるのだろう。
それから考えると、今後どのくらいの時を生きるのかは
己の修行次第といったところか。

>32
あー・・・、
桜、綺麗だな?
(あまりツッこまぬ方がよいぞ?)

35 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 19:15
>27
おほほ・・・数万年の間繰り返し行われた瞑想の中では、
確かにそのような者になった自らの姿を見ました。
幾多の他の人生、それは瞑想中のわたくしの密かな楽しみでもありました。
八霊士の方にはそれを覚られ、たしなめられたこともありますが・・・・
ところでわたくし瞑想中のヴィジョンについてはどなたにもお話ししたことがないはずなのですが、
何故あなたは知っているのですか?


>28
おほほほ・・・わたくしもこの世界のしきたりを幾ばくか学習して参りました。
それは「セク質」と呼ばれるものですね?
しかし好きな娘のことをいろいろ知りたい気持ちは判らないではありません。
わたくしの私見で良ければ・・・
あまり変わっては・・・・いえさらに筋肉が付いていたと思います。


>29
おほほほ・・・大変危険な組み合わせですね。
わたくしは彼の者たちを受け入れることができますが・・・
唯一絶対神を信仰する彼の者たちにとっては、そのこと自体が神を冒涜することになるのでしょう。
なればわたくしは敵となり、この皆との謁見の場所も破壊されてしまうことと思われます。
相容れぬことが判っているなら無益な争いをする必要も有りません。
どうぞお持ち帰りになってお米の国の大使館前にでも置いて下さい。

36 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 19:16
30
矮小な存在などと自分を卑下することはありません。
あなた達人間の生活の安寧が清廉な心を生み、そのことこそが天空界と人間界に安定と調和をもたらすのです。
しかしあなたの要求は清廉とはかけ離れているようです。
もし毒を出さねば清らかな心に戻れないというならば、調和神としてお手伝いいたします。
しかし・・・その・・・ここでは人の目もありますし・・・とても恥ずかしいので・・・・・・あちらの物陰で・・・・・よろしいでしょうか


>31
八部衆に限らず天空人はおよそ死とはかけ離れたところで生活しています。
そのため外圧さえかからねば人間界でいう寿命は万年の単位となることも少なく有りません。
ただしあくまでも外圧がかからない場合のことであり、
創世と破壊を繰り返す輪廻の中ではその天命を全うする者はごく僅かとなり、
レンゲの言うように光流の量によりその長さが変わってきます。


>32
おほほほ・・・この人間界との道を新しく開いたときに立てた看板のことですね。
わたくしの憩いの場である天空殿裏が人目を引くのは気が引けましたが、
これも人間界と天空界の橋渡しになればと・・・
また、活動している神将たちの目に停まればと・・・・
もし気に入っていただければ幸いです。

37 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 19:17
>レンゲ
良い返事を聞けて何よりです。
なによりここを訪れるお客様がたが喜んでいることでしょう。
わたくしはこと人間界については素人同然。
よくそばにあって助言をよろしくお願いします。
本来この任務はお付き神将であるヒュウガにお頼みするところなのですが、
地上界に出た途端クウヤと一緒に修行にいってしまったようです。
もし2人を見かけることが有りましたら、
「所望の本は見つかったかヴィシュヌが心配していました」
と伝えて下さい。

38 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/15 19:22
それでは>30さんこの物陰に・・・もっと近くに来てください。

                     (・・・ジョキンッ!!)


日誌補足:悪い想念にとりつかれた者が自ら心を入れ替えた。
よろこばしいことだ・・・肥料が増えて

39 :以上、自作自演でした。:04/05/15 20:01
レンゲたん常駐してくれるの?
ヒュウガたんが来ればいいですね

40 :以上、自作自演でした。:04/05/15 23:55
ヴィシュヌ様にレンゲタンか〜
あとラクシュタンとサラスさんとかサティさんとか来てくれたらウハウハですな〜
(;´Д`)ハァハァ

41 :以上、自作自演でした。:04/05/16 02:26
神に肉体や性別はあるのか?
あるなら間違いなくセックスするだろ?
神はセックスしない、などと言い訳しないだろうな?
人間の俺とハメっこしようぜ。

42 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/16 08:33
>39
レンゲが早くに気付き駆けつけてくれたこと大変感謝しております。
又そのことがあなたの期待に添えたようで何よりです。
しかしヒュウガは地上界でしかできない修行に明け暮れているようです。
修行が終わればここに来ていただけるでしょう。

あなたもそのことを祈念しながらお待ち下さい。


>40
おほほほほ・・・女性ばかりを所望されているのですね・・・
ラクシュは今修行のため光流行の最中、サラスは極秘任務を遂行中です。
サティさんとはレンゲのお姉さんですね。
レンゲがここにいる今彼女が診療所を開けることはできないのでしょう。
ごらんの通り今すぐ彼女たちがここへ来ることは適いませんが、
あなたが想念を送り続ければいつの日か願いの叶うこともあるでしょう。
ところであなたの尊称には「様」と「タン」と「さん」があるようですが、
それは 年 齢 で差別していらっしゃるのでしょうか?
・・・・おほほほ・・別にかまいませんよ・・・わたくしが年寄りでも・・・


>41
おほほほほ・・先ずは質問からお答えいたします。
性別は存在します。わたくし自身、調和神になる前は一人の天空人でした。
肉体については触れることができる実体を肉体と呼ぶのならあると言えるでしょう。
セック・・男女の営みについてもほぼ人間界と変わるところはありません。

ただし、わたくし調和神が創造神以外の者とまぐわうことは、禁忌となっています。
ご希望に添えず申し訳なく思います。
しかしどうしてもというのであれば今晩人目に付かないように来てください。
とっておきの場所がありますので・・・・そこでなら八霊士の目も欺けるでしょう。
誰にも見られないように来てください。

43 :以上、自作自演でした。:04/05/16 10:35
希望して念を送れば来るのか
よ〜しクウヤ先生希望っとこれで来るのかな。
ちょっとドキドキ

44 :以上、自作自演でした。:04/05/16 12:49
それでは撒き餌がわりに、ここにビニールの本置いていきますね。

45 :以上、自作自演でした。:04/05/16 13:26
いつもながらレンゲたんにはその特殊なお胸について質問が来ているみたいだけど、
パンツ履いて無い疑惑はどうなったの?

46 :以上、自作自演でした。:04/05/16 18:56
ヴィシュヌ様、できればマリーチを転生させてください。
たぶん天霊界にいると思います。

47 :以上、自作自演でした。:04/05/16 21:20
石化事件の後、インドラ様のことをどの程度信頼できますか?

48 :以上、自作自演でした。:04/05/16 21:35
時代劇スターで誰が好きですか?

49 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/16 22:02
>37
>ヴィシュヌ様
私も人間界の事についてはシュラト程詳しくはありませんので
お力になれるかはわかりませんが、ヴィシュヌ様の為、
この力を使うこと惜しまぬ所存でございます。
二人を見かけることがありましたら、必ずやそのお言葉伝えておきましょう。

>39
ああ、こちらにヴィシュヌ様お1人残して去っていくのも薄情な気がしてな。
ヒュウガは修行で手が離せないようだからな・・・。
しかし、ヴィシュヌ様がこちらにいらっしゃるのだ
手が空くようだったら、顔くらいみせにくるだろう。

>40
ラクシュが来れば賑やかになってさぞ華があるだろう。
幻夢衆の方は落ち着いて機転のきいた事を言ってくれそうだな。
私の姉のサティは・・・幼い頃の事を暴露されそうだな・・・・。

50 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/16 23:05
レンゲすれ違いとなりましたね・・・

>43
そう、希望を捨てないことです。
そうすればいつか叶う夢も有るでしょう。
ところでクウヤを先生付けで呼ぶあなたはクウヤの学校の生徒なのですか?


>44
それは以前インドラから具申のあった塩化ビニルの処理に関する本ですね。
それでは拝見させていただきます・・・・・(ペラッ)
まあっ!なんとみだら恥ずかしい!地上界にはこのような物が有るのですか・・・
しかし何故これが八部衆一の智将・クウヤへの撒き餌となるのでしょうか?
それとも別の者を引き寄せるための物なのでしょうか?


>45
まあ、またレンゲに「セク質」なのですね。
あまり女性に恥ずかしい質問をするものではありませんよ。
天空人の一般的な例で言えば、男性はふんどしを女性は着けていないことが多いようです。
しかし、裾の長い服を着ている時はともかく、神将のように動きやい短めの服を着用する場合は、やはり下着を着けます。
また、シャクティ着用時はその金属製の質感から肌を守るためにつける下着があります。
これは人間界の言葉で言えば全身タイツといったところでしょうか・・・
どうでしょう、疑惑は晴れましたか?

51 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/16 23:07
>46
今すぐにでもアスラ神軍が攻めて来るというのであれば転生させます。
有能な神将は一人でも多く欲しいところです。
しかし平穏な今、彼の者の意志を無視して呼び出すことはできません。
もしご希望なれば、この場に来ることを祈ってください。
祈りが通じれば彼の者もここへ参ることを望むでしょうし、
本人が望めばすぐにでも転生させるでしょう。


>47
わたくしはあの事件、そしてその後に起こったアスラ神軍との闘い・・・
これらに関わった者を総て赦すことといたしました。
悪いのは黒の光流による悪しき想念であり個人に責任は無いと考えています。
インドラが白き光流をまとっている限り、デーヴァ神軍最高司令官として・・・
長らく仕えていただいている側近として全幅の信頼を寄せております。


>48
おほほほ・・・時代劇は以前ラクシュとともに暴れん棒将軍なる物を見た記憶があります。
2人ともTVに釘付けでしたが思い出されるのは殿方の股間のみでお顔の記憶が有りません。
ですので誰が・・と聞かれましても答えることができません。ごめんなさい・・・

52 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/16 23:12
>41
ようこそいらっしゃいました>41さん、それではこちらの桜の木の陰で・・・



                 (ザシュッ・・・・・ふう、慣れない武器は疲れますわ)




日誌:今日も黒の光流に囚われそうな若者を改心させました。
今宵も桜がきれいです。

53 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/16 23:39
>41
ヴィシュヌ様のおっしゃられている事を聞くと
どうやら、その・・・男女の営みについてのことらしいが・・・。
私はその手の話に疎いのだ。
というか、疎かったらしい。つい先日周囲の者に指摘された。
勉強・・・・するべきなのか?

>43
クウヤに念が届くといいな?
修行修行で忙しい毎日を送っているようだがたまには生き抜きも必要だしな。

>44
そんなものにあいつらが引っかかるわけが・・・・
と、言い切れないところがあいつらな訳だが。
・・・・・情け無い。

>46
転生が許されているのであればそうして頂きたいところだ。
が、そうなると、
”お前の命、確かに受け取った!” ”私の中で生きろ”
と悲壮な覚悟を決めて言った私の立場はどうなるのだ・・・・・。

54 :以上、自作自演でした。:04/05/17 00:10
あなたにとって正義とは何ですか?

55 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/17 00:11
(うわっ!?)

こ、これはヴィシュヌ様!ご機嫌麗しゅう・・・
(何か・・・嫌な音が聞こえたが・・・。私は聞いてない・・・聞いてない・・・)

>45
ヴィシュヌ様も仰られているが、
激しく動くからな。流石に見えない様にはしておる。
下着というよりは上着部分と下部分がそのまま繋がっていて、
その上にスカートを着用しているのだ。

>47
インドラ様はあのような事件を引き起こされたが
本質の部分は変わっておられなかったのだ・・・。
だからこそ、ヴィシュヌ様を石化こそしたが
殺害までには至らなかったのだろう。
だからといってその行為は決して許されることは無いだろうが、
私は・・・私は今でも、あの御方を敬愛している。

>48
時代劇と言われてもな・・・・・・。
天空界には時代劇は無いしな。
なんせ歴史に関わった重要な方々が一部とは言え生きておられるからな。
口伝やらで先の大戦の話を聞くことはあるが・・・
それも時代劇とは言えんだろうし。
そもそも、”スター”いうものに興味が無い。

56 :以上、自作自演でした。:04/05/17 00:14
>54
ちきしょう
レンゲに挟んでもらうのが俺の夢だったのに先越しやがって
しかもものの数分差で・・・・くやしい

57 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/17 00:42
Σ!?(今日は驚かされてばかりだな)
間に客人を挟んでしまうとは初めての経験だな・・・。

>54
私にとっての正義か・・・・・。
”愛するものの為に生きよ”
この師の言葉こそが、私にとっての正義と言えよう。

>56
まぁ・・・なんだ・・・
元気、だして?

ええと・・・これで・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・挟めた・・・か?

58 :以上、自作自演でした。:04/05/17 01:12
俺の必殺技をうけてみやがれ
白濁昇天波〜〜〜〜!
しこしこっ。どぴゅっ。

59 :56:04/05/17 05:08
ああ、ふて寝してる間に挟んで貰ってる。
ありがとう

60 :以上、自作自演でした。:04/05/17 05:10
神様お金をください。
現金、日本円でお願いします。

61 :以上、自作自演でした。:04/05/17 06:41
神将候補生になりたいのですがどのようにすればなれますか?

62 :以上、自作自演でした。:04/05/17 06:43
ヴィシュヌ様、レンゲ様、おはようございます。
僕はお二人とエッチをしたいんです。
どうすればその願いが届くのかお教えくださいませ。

63 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/17 19:22
>54
わたくしにとって正義とはこの世界に安定と調和をもたらす力のことです。
なればこそ皆が平和を祈る世界を夢見てやみません。


>56=59
念願かなって何よりです。
レンゲも八部衆なればこそ普段隙を見せることは少ないのですが、
今回は心優しき面がでて挟んでいただけたようですね。
わたくしも瞑想から醒めて自身が挟まれているのを見ました。
たしかに少しうれしく思います。

64 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/17 19:24
>58
おほほほ・・・下ネタはアスラ神軍の始まりと申します。
しかし不動明王を超える下劣の技はもはやアスラ神軍そのものと言えるでしょう。

   (ジョッキン!・・あら、殿方の急所というから即死かと思ったらそうでもないのですね・・無駄に痛くしてごめんなさい・・チャクッ!)



日誌:今日はアスラ神軍に身を堕とした者を救いました。
肥料のやりすぎは良くないそうです。今日はもう肥料をやりません。

65 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/17 20:07
>60
大変申し訳ないのですがわたくしにはそのようなことができる力がありません。
天空界では貨幣があまり浸透していないためそのことを重視する者が少ないのです。
残念ですが今回は願いを叶えることができません。
しかしこれに懲りず世界の平和のために祈りを続けてください。
そして額に汗して働くのです。それは何よりも尊い資産となるでしょう。


>61
おほほほ・・・神将では無く神将候補生というところが奥ゆかしさを感じさせます。
またデーヴァ神軍の成り立ちについても深い知識を持っておられるようですね。
本来、軍内部の人事についてはインドラが司るのですが今不在のためわたくしの判る範囲で・・・
それではあなたが天空人だとして説明いたします。
先ずは天空殿までおいでいただき候補生としての試験を受けていただきます。
これは実力そのものよりも将来性を見るものです。今現在の光流が弱くとも落ち込むことはありません。
その試験に合格さえすれば神将候補生としての生活が始まります。
どうです、簡単だと思われたのではないでしょうか。
今デーヴァ神軍では良き人材を募集しています。ぜひ天空殿までおいでください。


66 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/17 20:09
>62
これは丁寧なあいさつ痛み入ります。
しかし丁寧な口調とは裏腹に二股かけようとしていらっしゃるようですが・・・・
やはり女性に対するには誠実さが必要では無いでしょうか?
今日はもう肥料も間に合ってますので、あなたの希望に添えるよう考えてみましょう。
わたくしにとって創造神以外とのまぐわいは禁忌ですのであなたとはいたしかねます。
ということであなたが創造神になるしか道はありません。
常に正義を貫き、世界の平和を祈ってください。
そうすれば創造神の後継者となれるかもしれません。
レンゲに対しては・・・・まあ本人に聞いてみるのがよいでしょう。
わたくしから助言を差し上げるならば・・そうですね・・雷帝にでも転生してみるのが・・・
おほほほ・・・レンゲに怒られてしまいそうです。ここまでといたしますね。


>レンゲ
>私は聞いてない・・・聞いてない・・・
どうしたのですかレンゲ・・・そんなに体を強張らせて・・・この陽気の中寒いのですか?
なにかありましたらこの調和神たるわたくしに申し出てください。
わたくしにとって八部衆のあなたは子も同然・・・力になりますよ・・・おほほほほ・・

67 :以上、自作自演でした。:04/05/17 22:07
びしぬ様
>創造神以外とのまぐわいは禁忌
ということはシュラトとは大丈夫ってこと?
シュラトに迫られたらやっちゃうの?

68 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 00:56
>58
すでに・・・ヴィシュヌ様の手により桜の餌じ・・・ではなく
肥料になってしまった様だな・・・。
なんだったのだ?一体・・・?

>59
元気を出したようで何よりだ。
それにしても、ふて寝していたとは
客人も可愛い所があるな?

>60
金か・・・。あれが無いと人間界では生活出来無いからなぁ?
衣食住に対価が必要だとは天空界では考えられん。
人間界に降りたときには驚いたものだ。
何?金が欲しい?
私にどうこう出来るものであれば、人間界での任務の時に
誰がわざわざ給仕のバイトなぞするものか。
あんな、どピンクの服・・・。ラクシュじゃあるまいに。

69 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 01:01
>61
客人、神将になりたいのか?
ヴィシュヌ様がほとんど説明されておられるから
いまさら、私から言うことも無いのだが・・・ひとまず補足を。
一応建前として、”印”があると言うことが条件になっているだ。
夢だったり痣だったりと何らかの形で啓示があった、ということだな。
ただ、これは自己申告だからして実際には誰でも候補することはできる。
その後の試験や訓練に耐えられるかどうかは、また別の話だがな。

>62
またお前は、そういうことを・・・!
そういったことはだな、全身全霊を賭けて全てを捧げても良いと
心に決めた相手とのみ行うことでは無いのか?!
少なくとも客人はその相手では無い!
大体だ!ヴィシュヌ様に私だと!?軽薄な奴は私は嫌いだ!
>66
>ヴィシュヌ様
>雷帝にでも転生
な・・・な何を仰られているのです!わわわたくしはそんな!
そんな・・・・・!
そんな、・・・そんなことは・・・・!
その・・・・・・・無いです・・・。

70 :以上、自作自演でした。:04/05/18 01:54
猫王ですがなにか質問ある?
得意技は猫ぱんちと顔洗いです。
あと、人間に追いかけられた時に猛ダッシュで逃げて
安全な所まできたらクルッ!と後ろ向いて人間を挑発したりできます。

71 :以上、自作自演でした。:04/05/18 03:40
ババア。

72 :以上、自作自演でした。:04/05/18 06:02
珍将団

73 :闥婆王クウヤ:04/05/18 11:16
今回の人間界での修行、なかなかの成果でした・・・(ニヤリ)
さっそくインドラ様に報告せねば・・

ムッこんなところにビニールの本が・・・・
フフフ、やはりこのわたしぐらい修行を積めば本の方から寄ってこようというもの
これも報告の品の中に・・・インドラ様の喜ぶ顔が目に浮かびます(ニヤリ)

さてこの裏道を通って、と・・・ウオッ、レ、レンゲいつからそこに?
いや、ゴホン・・・レンゲどうしたのですかこんなところで・・・?
インドラ様の警護に就いているものだとばかり思っていましたが・・・?
わたしは今大変な修行を終えて天空界へ帰るところなのです。
ところで見ましたか?先ほどのわたし・・・
できればヴィシュヌ様にはご内密に・・
(ギョッ目全開)こ、これはヴィシュヌ様どうなされたのですかこんなところで?
あ、これは挨拶もせず失礼を・・・闥婆王クウヤただいま修行より戻って参りました。
それよりもこんなところでどうなされたのですか?このクウヤにお聞かせください。

74 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/18 19:02
>67
シュラトは転生した直後に味み・・・・いえ、何でもありません。
可能か不可能かでお答えするならば可能と答えることができます。
しかし実行するかどうかは別問題です。
シュラトがそのようなことを望むとも思えませんし、わたくしもラクシュの悲しむ顔は見たくありませんので・・・・


>70
まあ、これはかわいい神将が来たようですね。
しかし得意技を見る限りではアスラ神軍との戦闘には耐えられそうも有りません。
これからも地上界にて人々になごみを与え続けて下さい。
それがこの世界の平和へとつながることでしょう。


>71
なんてことを・・・レンゲはまだ若いのですよ。それをババア呼ばわりではレンゲがかわいそうです。
女性に対してそのような失礼なことを言ってはなりません。いいですね。


>72
ちんしょうだんと呼ぶのでしょうか?何のことなんでしょう?
地上界で見ました珍走団とよく似てはいますが・・・・・
珍奇な神将の団体という意味であなたがアスラ神軍につけたお名前なのでしょうか?
なぞは深まるばかりです。

75 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/18 19:03
>レンゲ
>肥料になってしまった様だな・・・。
レンゲ・・・あなたわたくしの秘密日誌をお読みになりましたか?
これには調和神の勤めとして大切なことが書いてあります。
公開されれば天空界を揺るがすこととなりますのでむやみに見てはなりません。いいですね。


>クウヤ
おほほほほ・・・クウヤ、地上界において修行とはなかなか殊勝な心がけです。
わたくしは天空界と地上界のさらなる安定を目指すために、レンゲの力を借りながら、ここで見聞を広めているところです。
よろしければあなたも手を貸して下さい。
ところで修行の成果はどうでしたか?
今現在、インドラは不在ですので報告はわたくしがお受け致します。
その報告の品とかいう物を見せて下さい。


76 :以上、自作自演でした。:04/05/18 19:23
ヴィシュヌさま…綺麗だ…

77 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 20:55
>67
一体何を言っておるのだ・・・。
シュラトもラクシュに殺されたくはないだろう。
そして、そんなことになろうものなら
ダンを筆頭にクウヤ・ヒュウガから袋叩きの上
ヴィシュヌ様を敬愛する神将、及び候補生達に村八分にされそうだな・・・・
いや、されるだろ。絶対。

>70
(うわ・・・さわりたい・・・!)
Σ(はっ・・・!思わず挑発に乗ってしまうところだった・・・)

>71
バ・・・・・・・・・・・・
それは誰に向けて発せられた言葉なのだ・・・?
私か?
私なのか!?
私なのですか!!?
ヴィシュヌ様!!?
・・・・・いえ・・・何でもございません・・・。

78 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 21:00
>72
これはあれか?
ガイが須弥山に引き連れてきた奇妙なアスラ神軍のグループ名か何かか?

>73
>43
の念が届いたのか?
それにしても、
>44
の撒餌に本当に引っかかるとは・・・・。
同じ八部衆として情け無いぞ・・・・。

>クウヤ
クウヤ。こんな裏道で 奇 遇 だ な !?
お前こそこんなところを通ってどうするつもりだったのだ!?
報告なら正面から堂々と入ればよかろう!
それに内密も何も、一部始終しっかりと見ておられた様だが・・・?
何?インドラ様の警護?
ああ、実はインドラ様よりヴィシュヌ様の様子を見てくるよう仰せつかってな。
が!ここに来たが最後、あ、いや、
来たもののヴィシュヌ様お1人を残して客人の相手をお任せする訳にもいかず、
こうして私も残っている次第だ。

79 :以上、自作自演でした。:04/05/18 21:05
レンゲのレス好き…

80 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 21:16
>ヴィシュヌ様
Σも、申し訳ございません!ヴィシュヌ様!
風の勢いで落ちた物を拾った際につい、
見たと言うべきか・・・見えてしまったと言うべきか・・・。
ですが、私の目にしたものは
”アスラ神軍に身を堕とした者を救いました”
と記述されていた一ページのみでございます。
例え堕ちたものであろうと救わずにはいられないその愛!
流石はヴィシュヌ様だと感嘆していた次第でございます・・・。

>76
まったくだな。
ダンを初め、傾倒する者がいるのも頷ける。

81 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/18 21:28
またもや客人を挟んでしまったか。
どうやら、最近気が緩んでいるな。私は。
ここに咲き乱れる桜の魔性の美しさがそうさせるのか・・・?

>79
そう言ってもらえると私も嬉しいわ。
・・・・・・・・・
Σ…ぁ。
(こほん)
本気で気が緩んでいるようだな・・・。

82 :インドラ:04/05/18 21:48
これは…、この場所はもしや……。
ヴィシュヌ様……。

天空殿の蓮華座を度々抜け出して何処へ行っているのか…と思っていたが…。
小用では無かったと言う訳か…、天空殿裏においでとは…。
余程この場所がお気に召したか…。

…桜の樹も見事な程に咲き乱れて…。
また私に犠牲者を隠密に処理させる心積もり……か…。

 ・・・・。

レンゲ、クウヤ…。そして客人の方々よ…。本当に…この場に来たのが運の尽き…いや…僥倖だ…な…。
特に闥婆王クウヤ…その所有の品ビニールの本については
ヴィシュヌ様の手に渡る事無く…この雷帝インドラの司政室まで持って来る様に…。

では…な…。

83 :43:04/05/18 23:37
クウヤ先生がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!

お導きありがとうございます。ヴィシュヌ様!!
これで水面鏡を教えて貰ってレンゲの肢体を眺めながらウェ〜ヘッヘッヘッ
と、やることができます。

84 :以上、自作自演でした。:04/05/19 00:07
インドラ様 キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

このままデーヴァ神軍が集結すればいいですね !!

85 :リョウマ:04/05/19 00:54
まさか次スレが立っていようとは…
乗り遅れるとは一生の不覚!しかし、これで新たなネタが出来た
よし、次週の「週刊☆天空界」のトップ記事は決まった!
ずばり「祝☆天空界復活!」だ。ちなみに女性読者を意識して
星をちりばめてみたが、いかがだろうか。


86 :リョウマ:04/05/19 01:11
当たり前のように前スレ(?)のネタをひっぱってきたが
果たして、良かったのだろうか…うーむ
とりあえず補足説明しておくと、石像作りに飽きた俺は
「週刊☆天空界」という一流ゴシップ誌の発行人兼編集長兼お茶くみとして働いている
ちなみに前スレで、ヴィシュヌ様の逆鱗に触れ
逃亡者の身となった事はトップシークレットだ

87 :闥婆王クウヤ:04/05/19 04:03
>ヴィシュヌ様
なるほどよく判りました。不肖このクウヤ修行の成果をお見せするべくお手伝い致しましょう。

>その報告の品とかいう物を見せて下さい。
こ、これはデーヴァ神軍の機密事項でありまして・・・え〜と・・・その・・・
(クッだめですね・・ヴィシュヌ様に逆らうことなど到底このクウヤにはできませぬ・・・どうすれば・・)

>インドラ様
>この雷帝インドラの司政室まで持って来る様に…。
(何という僥倖)はっ仰せの通りお持ち致します。
ヴィシュヌ様、司令官の命によりこの品はこのまま司政室にお運び致します。失礼いたします。(助かりました)

インドラ様お久しゅうございます。これが今回の修行の成果でございます。
フフフ、どうですか?・・・やはり女性は四十を過ぎてから深みが出るという物ですね!(ニヤリ)
しかしインドラ様はわたしの修行の成果を確認される時いつもスッぱいお顔をされているのは何故ですか?

>レンゲ
再会の挨拶をしていませんでしたね・・・お久しぶりですレンゲ。

>こうして私も残っている次第だ。
そうなのですか・・今ヴィシュヌ様に申し出たところなのですが、わたしもここに寄せさせていただくこととしました。よろしくお願いします。

しかし、このわたしに気配を感じさせないとは・・なかなかやりますね、レンゲ。
長年のストーカー修行の成果が上がっているようで何よりです。
わたしの光流封じの術とあなたのストーカー技術・・・一度術くらべをしたいものですな。

>リョウマ
あなたも元気そうでなによりです。
以前なにか理不尽な理由により火炎戟を喰らった気がするのですが気のせいでしょう。
「週刊☆天空界」一部いただきます。
おや、今回のフィギュアはどこに?
那羅王(シャクティ着脱機能付 ロ○コ○搭載)では無かったのですか?

88 :闥婆王クウヤ:04/05/19 04:05
>76
当然です。ヴィシュヌ様はお美しいのですよ。
しかし最近そのことを理解しない者が多い中、あなたはなかなか見所がありますね。
その気持ち大切にして下さい。このビニールの本「酔いどれ四十路酒」を差し上げましょう。

>79
レンゲも喜んでいることでしょう。
わたくしも客人に楽しんで頂けるような対応ができれば良いのですが・・・
これもまた修行の一つ・・努力することといたしましょう。

>83
声援ありがとうございます。あなたの念を感じこの場へと参りました。
しかし教えませんよ。
この水面鏡はわたしが 自 ら の 趣 味 のため会得したもの。
その邪な考えの方にはお教えすることはできません。
第一そんなことをしようものならレンゲに殺されてしまいます。あきらめて下さい。

>84
そうですねインドラ様もいらっしゃったようです。
リョウマも来ていることを考えれば程なくデーヴァ神軍の集結も終わるでしょう。

89 :以上、自作自演でした。:04/05/19 05:49
ひさぶしり

90 :以上、自作自演でした。:04/05/19 05:52
新キャラハン増えて賑やかになるのは良い事だし
煽るつもりではないがここであえて言っておこう。




馴 れ 合 い は ほ ど ほ ど に

91 :以上、自作自演でした。:04/05/19 05:56
リョウマ編集長は八部衆最強の男なんですよね

92 :闥婆王クウヤ:04/05/19 06:33
>89
ガイ殿?・・・・ではないですね。
あのころのガイ殿は無口だったため、たまに口を開くと舌が絡まっていたのでしょう。
そっとしておいてやってください。

>90
ご忠告痛み入ります。
この世界に生きる者としてその言葉肝に銘じておきましょう。

>91
そうです、そのように呼ばれています。
わたしが直接目撃したのではありませんが、ヒュウガたちから伝え聞いた話では、
対不動明王戦で他の者が全く歯が立たないところを相打ちに持ち込んだそうです。
その時のタフネスぶりまさに最強と言えるでしょう。

93 :以上、自作自演でした。:04/05/19 07:08
ビシュヌ様とラクシュ様は仲良くしているのですか?

94 :以上、自作自演でした。:04/05/19 07:36
インドラがレンゲ・クウヤ・ダンの3人の偽物を作ってたけど
あれはどうやって作るの?

95 :以上、自作自演でした。:04/05/19 07:55
全員握手して!
ヴィシュヌとレンゲのときだけにぎにぎぺろぺろはぁはぁしちゃう。
クウヤもちゅーちゅーする。

96 :以上、自作自演でした。:04/05/19 07:57
こんな所に神将の格好をしたイメクラがあるとは感激の極み!

97 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/19 20:02
>82
>インドラ様
インドラ様っ!
ヴィシュヌ様をお探しに直々にこちらまでお出向きになられるとは。
ただ今、ヴィシュヌ様が丹精込めて世話をされておられる桜を
ご覧になられてはいかがですか?

>83
なっ・・・!
・・・・そんな邪な考えではクウヤの修行には耐えられまい。
水面鏡は諦めるのだな!

>84
ああ!お出でになられたな!
これから先も誰かが顔を見せに来ると期待しよう。

>85
>リョウマ
久々に会うな。
やっとヴィシュヌ様の御裁可を享ける決心がついたか。
その本、週刊化したのだな。

98 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/19 20:04
>87
>クウヤ
ストーカーと言うな!隠形と言え!
私のことをストーカー呼ばわりしているが
のぞき趣味を持ったお前に言われたくないわ!

>89
ガイみたいな喋り方だな。

>90
内輪の話というものは、得てして外のものから見れば
つまらない事が多いものだしな。
肝に銘じておくとしよう。

>91
一説には八部衆最強の”龍王のシャクティを持った”男と言う話も聞くが、
リョウマの打たれ強さは私も認めるところだ。

>93
調和神同士、気があうようでな。
この間も二人で人間界の時代劇とやらを熱心に見ておったようだぞ?

99 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/19 20:05
>94
その偽者の話はレイガから聞いているのだが、
性格はまるきり違ったそうだな。
まるでタチの悪いイジメっ子のようだったと聞いている。
インドラ様は一体、どのようにしてお作りになられたのやら・・・。
私も興味があるな。

>95
ん?握手くらい造作も無いことだ。
はい。

・・・・

強く握るのは構わないが、その先のことをやったら・・・
このまま投げ飛ばす!!

>96
神将の格好というか、神将なのだが・・・。
いめくら?
何だ、それは?

100 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/19 21:10
>76
まあ、お世辞でも若い方にそう言って頂けるとありがたいですね。
レンゲの気が緩む気持ちが解るような気がします。


>レンゲ
気の緩みなど気にすることはありませんよ。ここは戦場ではないのですから。
それよりも通りがかりとはいえ皆がここに来てくれたことを喜びましょう。


>79
そうですね、レンゲの簡潔にしてハッキリした物言いは、よく性格を表していると思います。あなたもそこに惚れたのでしょうね・・・
これからもレンゲを見守ってやってくださいね。


>82 インドラ
これはインドラ良く来てくれました。
わたくしはあなたのような有能な側近を持てて大変うれしく思います。
ところでもし執務に差し支えが無いようであればここでお客様方と語らうのはいかがでしょうか?
もちろんデーヴァ神軍最高司令官の執務を蔑ろには出来ませんので無理にとは言いません。
息抜き程度でも良いのです。執務の合間に気が向くようでしたらここに来ることを考えてみて下さい。
お客様の中にそれを望む方もいるでしょうし、レンゲもあなたが来ると生き生きとしますので・・・

101 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/19 21:10
>83
念が通じたようで何よりです。
しかし、その邪な考えを改めないと黒の光流に囚われることになりますよ。
水面鏡以外の修行をクウヤの元でおこなうのが貴方のためかもしれませんね
・・・


>84
そうですね、インドラも忙しい執務の合間を縫って来てくださった様です。
しかしここにデーヴァ神軍総ての神将が集うというのはないとおもいます。
想像しただけで大変なこととなりますので・・・


>85 リョウマ
リョウマも良く来てくれました。
その後の結婚生活はどうですか?まつりさんは元気なのでしょうか?
あなたに彫っていただいているわたくしの石像はどうなりましたか?
離れて暮らすあなたには聞きたいことが山ほど有ります。
たまにはここに遊びによって下さい。
石像のことは余り根を詰めることなく気軽に考えておいてください。
できあがるまで1万年でも2万年でもこのヴィシュヌお待ちします。

102 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/19 21:13
>87 クウヤ
>お手伝い致しましょう。
八部衆一の智将クウヤに手伝って頂けるとは心強い限りです。
よろしくお願いします。

>司令官の命によりこの品はこのまま司政室にお運び致します。
そうですか。わかりました。
報告の品に少々疑念が有りましたが、軍の機密ともなればどこでアスラ神軍に漏れるとも限りません。大切に手渡してください。


>89
クウヤの言ではガイの物言いのまねをされているようですね。
わたくしはガイとほとんど話すことが無かったのですが、無口の弊害がこのようなところに出ているとは正直驚きました。
しかし本人にとって忘れたい過去でしょうし、そっとしておいてあげるのが良いかと思います。


>90
もし何かありましたらこの宇宙の調和を司るこのわたしの不徳の致すところです。
注意してこの世界を育てていきたいと思います。


>91
そのような称号がリョウマに与えられていると聞いたことがあります。
しかしそれは肉体的な強さだけではなくて、
誠実な人柄と強い正義心に対する人々の賞賛だとわたくしは思います。

103 :天空界一般人:04/05/19 21:14
畏れながら申し上げます。
調和神ではなく、破壊神ヴィシュヌの間違いではないでしょうか?

104 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/19 21:14
>93
はい、やはり調和神同士だからと言うわけではありませんが、母娘の様に仲良くして・・・・いえ、姉妹のように、そう姉妹のように仲がよいと八霊士のかたの評判です。


>94
わたくしも作るところを見ていたわけではありませんのでどのような術を使ったのか解りかねます。
インドラ本人に聞くのが良いでしょう。


>95
握手ですか・・・かまいませんが「にぎにぎ」はともかく「ぺろぺろ」と「はぁはぁ」は握手の擬音として不適切なのでは無いでしょうか?
レンゲではありませんが不埒なことをするつもりでしたら力ずくで改心させることとなりますよ・・・・おほほほほ・・・
「クウヤにちゅーちゅー」はわたくし付きの女官たちが大変喜びますのでやってもかまいません。


>96
わたくしはもはや神将ではありません。
ところで「イメクラ」とは何でしょうか?
あなたはここを「イメクラ」と勘違いして大変喜んでおいでですが、そんなに嬉しいところなのでしょうか?

105 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/19 21:26
レンゲとおなじく挟んでしまったようです。

>103
おほほほ・・・そんなことはありませんよ。
わたくしは1万年以上を調和と安定の為に祈り励んできました。
そしてこれからも調和を乱す者と闘っていきます。
わたくしが何かを破壊する者だとしたら・・・黒き光流に囚われた人の心を解放しているのです。
けっしてシヴァなどとは一緒にしないでください。

106 :リョウマ:04/05/19 21:36
>クウヤ
久しぶりだな
以前、火炎戟をくらった気がするそうだが
それは気のせいだ。俺が仲間を背中から撃つような男だと思うか
ちなみに今週号のおまけはアカラナータだ。あのキテる性格は一部に大人気なのでな
レンゲの石像(シャクティ着脱可能)は絶対出ないぞ
俺もこの若さで三途の川を渡るつもりはない

>レンゲ
ヴィシュヌ様の御裁可…ということは、まだ怒りは解けておられないのか
ということは俺はまた、さすらいの旅に出ねばならん
人は誰もが旅人だ…嗚呼、運命教える星に導かれ 嗚呼 心の迷図をさまよい続ける

107 :リョウマ:04/05/19 21:45
これはヴィシュヌ様…
お心に留めていただき、恐れ多く存じます。
石像はすでに完成しておりますれば、草葉の陰から我ら八部衆をお守りください
妻とも睦まじく過ごしておりますれば、なにとぞご成仏のほどを…

108 :シヴァ:04/05/19 22:58
デーヴァ神軍などゴミも同然・・・・

109 :以上、自作自演でした。:04/05/19 23:04
ブラフマーのシャクティがあるのに
ヴィシュヌ様やシヴァのシャクティはないんですか?

110 :インドラ:04/05/19 23:16
ヴィシュヌ様の御裁可を賜った…。客人の方々よ…、宜しく頼む…。
…この雷帝インドラ…悪鬼と成果ててでも…その御心に添おう…。
全ては愛すべき天空界の為に…。

>54
客人よ…正義とは何か…。
その問いは難しい命題を孕んでいる…。
私にとっての正義とは…この天空界を平和に導き世の安寧を担う事…。
それすらも…私は貫き通す事叶わず…。あの戦いを招いてしまった過去が私にはある…。
しかし…転生により…ヴィシュヌ様の恩情で再びこの世界に戻って来た今…。
この命が尽きるまで…そのあるべき正義の為に邁進してゆく事を固く誓おう…。

>58
…この天空殿を汚す者を逃しはしない。
お前の“珍”必殺技封じさせて貰う!

ハアッ! ノシ≡≡≡≡ 〜○        スポッ

そのソーマの放出する局所…その穴は封じた…。
これから一週間はその雷球を取り除く事は出来ぬ…。
再び出る時は……赤き玉になっている事だろう……。フフフ…。

>59
客人よ…。お前のその悲願がようやく達成されたか…。
良かったな…。

111 :インドラ:04/05/19 23:16
>60
神と言えど全能では無い…。
ましてや…私は過去の過ちにより…、ヴィシュヌ様より給与80%カットの処遇の身ゆえ
その期待には応える事叶わず…。明日の昼食ですら危うい状況なのだ…。
ヴィシュヌ様は…「お金が無いならアムリタを飲みなさい」と言うだろう…。
客人よ…お互い辛い立場だな…。
しかし…苦境にいる人間をみすみす見捨てる事も出来ぬ…。
私のポケットマネーから少しだが…出そう……。つI

>61
ふむ…中々見所のある客人だ…。
だが…候補生と言えど…修行は厳しい…。
浮ついた気持ちでは到底勤まらぬ…逃げ出さぬ様心を引き締める事だ…。

>62
ほう…。慇懃な物腰だが淫美な願い…。
その願いはヴィシュヌ様とレンゲより却下されているな…。
同じ男として…分からないでも無い。だが…。
この天空殿で不埒な真似はさせぬ。

それでも尚…夢が捨てきらない無いのならば…後程コッソリと教えてやろう…。

>70
若き調和神と供に居た、少ナーガに似ているな…。
周囲の者を和ませるのに役立つ事もあるのだろうが…、
デーヴァ神軍の戦力とはならない様だ…。

112 :インドラ:04/05/19 23:17
>71
誰を指してそう呼ぶか…。答えは分かっている…。
皆まで言わずとも良い…。客人よ…この天空界で生き残りたくば…その言葉…
心の奥底に封印するのだ…。

>72
初めて聞く名だ…。客人よ…もしや…それは…、
我々デーヴァ神軍の事を指しているのではあるまいな…?
“珍”と付くと途端に胡散臭くなってしまうものだ…、
私の統率する軍が…そう呼ばれるのは甚だ遺憾…。
確かに変わり者が多いかも知れぬが…皆一騎当千の強者揃い…。
一部のみを見てそう思っているのならば……それは…、『誤解』だ…。

>76
.。oO(…外見は…な…。腹の中は言うまでも無い…。)

私は人の美醜について…余り深く考えた事は無いが…、
客人がそう感じた事に否定はしない…。
ヴィシュヌ様と初めて邂逅した時に感じたのは…、清浄で澄んだソーマだった…。
今更…思い出すとは…な。

>79
そうだな…。レンゲの神将としての受け答えもさるものながら…、
客人が感じたままを伝えてくれるのは…、我らにとってもまた喜びなのだ…。
レンゲには、更なる励みとなるだろう…。

113 :インドラ:04/05/19 23:18
>83
客人よ…、その喜びは…クウヤが来た事を喜んでいるのか…、
それとも…教えを請い自身の欲望が叶うと喜んでいるのか…。
クウヤのドドメ色のソーマに毒されたか…?
黒のソーマの気配が己の周りに満ちているのに…早く気付く事だ…。

それより…丁度手元に、レンゲの写真があるのだが……。

>84
その言葉ありがたく受け取らせて頂こう…。
気分が良くなって来たので…ここで一曲歌でも歌いたい所だが…。
それは後日…。

デーヴァ神軍の者達が大挙して来ると…その数、百万…。
ヴィシュヌ様が懸念されるのも道理…。(>101)
だが…客人の言いたい事は伝わった…。
そうだな…八部衆の全員が揃うと客人の方々も喜びに満ちるのだろう…。

>89
ひさぶしり…だな…、客人よ…。

いかん…思わず移ってしまった…。
これは…あれか…、「おこと教室」を「おとこ教室」と言ってしまうのと良く似ている…。
それとも…「ひさぶしり」はアナグラムで…、実は並べ変えると
「しりひさぶ」つまり……「尻非サブ」という深い読みが出来ると言う未来からの……!

>90
客人よ…忠告いたみ入る…。しかし…。
私は武人だ…。甘い感傷に左右される事は許されない…。
神将全てを率い…客人の方々にも平等に接する心積もりだ…。
…心配は無用…。

114 :インドラ:04/05/19 23:19
>91
そうだ…。龍王リョウマは八部衆最強の男…。
…なのだが…、編集長と言う時点で最強の名を放棄している様に感ずるのは…
私の気のせいかも知れぬ…な…。

>93
調和神の見習修行について…、私の関与すべき事では無いが…
女官達の噂では…、仲良く…(平面状は)しているそうな様子…。
若き調和神もヴィシュヌ様の元で鍛えられる事だろう…。

>94
ほう…興味があるか…。
あれを作り上げるのは少しコツがいる…。
まず…用意する物は良質の水晶球、それに各個人の名を表わす梵字を刻み
ソーマを注ぎ込むのだ…。
水晶球を核として…ソーマが形を成す…。それが…アレ…だ…。

……余りにも膨大なソーマの量が必要な為…素人には勧めぬ…。

>95
握手ならば…何時なりと…。 ギュ つ
暫し待て…客人よ…、何故か手がべたべたぬるぬるしている様な気がするが…。
物の怪の類か…?
その手から黒のソーマを感じたが…、アスラ神族の気配がする…。

115 :インドラ:04/05/19 23:19
>96
今なら無料でご奉仕中…。アムリタ無制限飲み放題…。
指名料は別途で…。ただし…おさわりはご遠慮頂きたい。

…冗談はここまでにして…。私も多少ならば人間界の風潮は聞き及んでいる…。
が…、この天空殿はイメクラなどと言ういかがわしいものでは無い…。

客人よ…、イメクラ話については司政室にてじっくり聞かせて貰おうか…。

>103
客人よ…、破壊神はシヴァ様のみ…。
調和神であるヴィシュヌ様は…黒のソーマを纏っているのでは無い…。
ほ ん の 少 し 凶 状 持 ち な だ け …。

日々の調和神の職務も大変なのだ…、溜まってるストレスも御有りになるのだろう…。
天空殿裏の桜の腐敗土となりたくなくば……
聡い客人の事だ…みなまで言わずとも理解できるだろう…。

116 :インドラ:04/05/19 23:19
>ヴィシュヌ様
寛容なる心遣い有難く受け取らせて頂きます…。
デーヴァ神軍総指令として…雷帝の名に恥じぬ様…、ヴィシュヌ様の補佐お任せあれ…。

>レンゲ
私が不在の間…ヴィシュヌ様の警護の任…押し付けてしまった様だ…。
天王ヒュウガに見張らせ…いや警護させていたのだが…、あの者には荷が重かったか…。

>クウヤ
修行の成果…か…。闥婆王クウヤよ…、それは…そのビニールの本はお前に返却する…。
年増は…普段よーく…もう一万年余の間…見ているので充分だ…。

>リョウマ
相も変わらず副業に精を出しているな…。
そろそろ客人の方々にも龍王として誠実に相対してみてはどうか…。


…長くなってしまったな…。さて…、まだ職務が残っているので下がらせて頂く…。
…では…な…。

117 :以上、自作自演でした。:04/05/19 23:25
インドラ様ハァハァ

118 :リョウマ:04/05/20 01:13
>インドラ様
私が前スレの頃から、客人に対してほとんどレスを返さないのは
携帯電話なる通信機器で天空界とコンタクトをとっているからでございます
客人全ての質問に答えていては時間がいくらあってもたりませぬ
というわけで、時に仲間達の呼び掛けすら無視するかたちになってしまいますが
ご容赦頂きたい…。悪気があってのことではございません

119 :以上、自作自演でした。:04/05/20 03:58
神なのに服を着てるのは変だ。
脱げ!今すぐ全裸になれよ。
脱いだあとヴィシュヌたんとレンゲたんはこっち寄ってきなさい。

120 :以上、自作自演でした。:04/05/20 05:22
口うつしでアムリタを飲ませてください。
そのあとアムリタ風呂に入ってイチャイチャしようぜ!

121 :闥婆王クウヤ:04/05/20 05:41
>93
元々の出自も同じようですし、大変仲良くしているようです。
八霊士のかたの苦労が忍ばれますね。

>94
ざんねんながらわたしもその術を会得するに至っておりません。
しかし、偽物とはいえレイガに一撃で葬られるとは・・・・
なんと不甲斐ない・・・・
この次が有ればインドラ様にはもっと強く作っていただきましょう。

>95
握手でねか・・・そして、それ以上を望んでいるようですね。
なるほど貴方の気持ちはよく判りました。
我々は男同士・・・しかしあなたの気持ちを受け止めるのにそれは些細なことでしかないのです。
さあ、ともに抱き合い人間真空ポンプといわれるこのわたしと、
ちゅーちゅーしようではありませんか。

122 :闥婆王クウヤ ◆pXX1eDAPPA :04/05/20 05:45
故あってシャクティを装着しました。

>96
イメクラですか?
地上界での修行では大変お世わ・・・・いえなんでもありません。
しかしこのシャクティを装着したわたしとイメージプレイとは貴方も好き者ですね。
それではプレイ内容はあなたがアスラ神軍の下っ端魔神将ということで・・・
「いきますよ、ナウマク サンマンダ ボダナン ゲンダリ バン 闥婆水滸輪!!」
お楽しみいただけましたかな・・・・返事がない・・・・

>103
ヴィシュヌ様ほど慈愛に満ちた方はおりません。
それを破壊神などとは・・・・看過できませんな・・・・
もし天空界に仇なすためにそのような世迷い言を流布するようであれば、
この闥婆王クウヤがお相手致しましょう。

>108
む、かつての敵・・破壊神のシヴァ殿ですね。
しかしその脆弱な黒の光流は・・・
なるほど先の戦いでのダメージから回復し切れていない様子。
今の世に黒の光流を纏う者は少ないですからね。
また1万年ぐらい経ちましたら改めておいで下さい。

123 :闥婆王クウヤ:04/05/20 05:46
>109
人それぞれ役割があります。神将もまたしかり。
神将でもその役割においてシャクティを持たぬ者もいます。
調和神たる務めにはシャクティは必要ないということでしょう。
シヴァ殿はシャクティ有ったそうですよ。
しかし鷹揚な性格が災いしてか、結局装着せずに戦い、
そして装着する間もなくシュラト殿に敗れたようです。

>117
インドラ様にハァハァするとは特殊な趣味の方ですか?
レンゲの良きライバルとなれそうですね。

>119
わたしが地上界での修行の最中も「素っ裸」の神など見たこともないのですが?
あなたの信奉する神は裸なのですか?
いずれにしてもヴィシュヌ様にそのような格好させるわけにはいきません。

>120
ウフフ、それでは僭越ながらこのわたしめが一番乗りということで・・・
逃げても無駄です。さあいきますよ。(ムチュ〜〜〜〜)
次は風呂ですね・・さあ脱ぐのです・・・あれ返事がない・・・・

124 :闥婆王クウヤ:04/05/20 05:48
>インドラ様
>そのビニールの本はお前に返却する…。
そうですか、それでは遠慮無く持ち帰らせて頂きます。
次こそは全精力を注ぎ込みましてお気に召すものを探して参ります。

>レンゲ
>まるでタチの悪いイジメっ子のようだった
しかしレイガは涙を流す貴方の姿に不覚にもときめいたと言っておりましたよ。

>リョウマ
>俺が仲間を背中から撃つような男だと思うか
たしかにおぼろげな記憶では背中から撃たれたような気がするのですが、
しかし何故そのことをリョウマが知っているのです?
わたし背中からとは一言も言ってないのですが・・・
まさか・・・わたしの心を読んだのですか・・・
なるほど修行の果てに新しい術を身につけたのですね・・・

これはうかうかしてはいられません。
これにて修行へと戻らせて頂きます。

125 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/20 20:15
>100
>ヴィシュヌ様
は。私もインドラ様や仲間に会えたこと嬉しく思います。

>ここは戦場ではないのですから
ですが、私は神将でございます。
なればこそ、いついかなるときでも気を緩めず
ヴィシュヌ様とインドラ様、そしてラクシュのお三方にお仕えしたいと思っております。

ところでヴィシュヌ様、きりの良い数字おめでとうございます。

>103
ヴィシュヌ様に挟まれつつその様な発言をするとは、
大胆不敵なのにも程があるぞ・・・客人よ。
あのように慈悲深いお方をどうして破壊神等と思うのか・・・。
何か思うことある故の発言なのかもしれないが、そっと心に留めておけ。

>106
>リョウマ
お怒りか解けているのかどうか、
それはヴィシュヌ様のみ知ると言ったところだな。

>なにとぞご成仏のほどを…
お前、火に油注ぐことが好きだろう?

126 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/20 20:19
>108
お前は!
何故この様な場所に!!?
しかし、こちらにはヴィシュヌ様、そしてインドラ様がいらっしゃるのだ。
加えてシュラトにより天霊界へ送られたその身。
以前の様な大戦は引き起こせまい。

>116
>インドラ様
インドラ様がこちらにお出でになられ
このレンゲ、嬉しく存じます・・・。
ヒュウガは只今ヴィシュヌ様の任により人間界へ出向いている模様。
責任感の強いヒュウガのことです、用件が済めばこちらに来ることでしょう。

>117
一般の大衆が直にインドラ様のご尊顔を拝することは
ほとんど叶わず、客人が興奮するのも無理ないこと。

>119
どういう神だ!全裸の神など聞いたことも無いぞ!
よってその要求は却下する!

>120
病人でもあるまいに、何故そんなことしてやらねばならん!
それとも客人には介護が必要なのか?
それならば、ヴィシュヌ様がいらっしゃるのだ。
ヴィシュヌ様に治して貰うのが良かろう。

>124
>クウヤ
あのレイガがか!?意外なこともあるものだな。
偽者とはいえ、自分と同じ姿でその様なことをされると内心複雑だ・・・。

127 :以上、自作自演でした。:04/05/20 22:21
口奄 訶 訶 訶 尾 娑摩 曳 娑婆訶


128 :インドラ:04/05/20 23:59
ヴィシュヌ様がまだ平和の為に祈っておられる…。イマノウチに…。

>108
うっ……。
……シヴァ…様……。

天空殿裏に…黒のソーマの気配…。
この場所は…怨嗟に満ちているのだろうか…。
やはり…恐ろしい御方だ…。

嘗ての我が主…。私は未だ貴方の呪縛に囚われているのだろうか…。
いや…新たに転生した身ならば……シヴァ様の一部から逃れられた筈…。
…クッ…。しかしこの体の硬直は…一体……。
最近運動していないせいなのか……。

>109
シヴァ様のシャクティならば…ある…。
戦いでは装着する事無かったが…、玉座がそのシャクティなのだ…。
客人が気づかなかったのは無理も無い…。
シヴァ様の畏怖すべき気配に囚われ…その存在が目に留まらぬのだ…。
この私でさえ…シルエットとしてしか認識出来なかったのだからな……。

>117
息が乱れているな…客人よ…。病に侵されているのか…?
だとしたら…ヴィシュヌ様の治療を受けられるが良い…。
…それとも人工呼吸の方が良いか…?

129 :インドラ:04/05/20 23:59
>118
成る程…龍王リョウマよ…。
諸事情の程は分かった…。苦労しているな…。
しかし…お前に聞きたい事がある客人の方もおるのだろう…。
そう…例えば…、夫婦の夜の生活はどうなんだ…とかな……。フフフ…。

>119
待て…。体に…自信が無い訳では無い…。
だが客人の言い分にはいささか己の欲望が透けて見える…。
全裸になるのは…修羅王シュラトと夜叉王ガイだけで充分だろう…。
.。oO(それに…那羅王に期待するのは余りに酷…。
   ヴィシュヌ様も……どうなのだろう…な…。)

>120
天空殿の大浴場は広い…広大な大浴場…思わず宇宙を想像するほどに…。

うむ…ゆっくり湯船につかるのは心が洗われる…。
…ん…?あそこに見えるのは…>120の客人か…。
どうやら…忘我の面持ちで湯船に浮かんでいる…(>123)
幸福そうなので…放って置こう…。

130 :インドラ:04/05/21 00:00
>128
オン カ カ カ ビ サンマエイソワカ…
地蔵菩薩の真言か…。だが…人間界の民祥だろう…。
伝え聞いた所によると…地蔵菩薩は悲の菩薩…天空界風に言い換えるならば…
カルナー=呻きを意味するという…物悲しい真言だ…。

>124
闥婆王クウヤよ…お前の本気とやら…見てみたいものだ…。
それより…修行の成果が出ているのは何よりだが…
益々変態加減が…増長している様な気がするのは…気のせいか…。

>126
天王ヒュウガの行方を知っていたか…、成る程…。
ヴィシュヌ様も何か人間界に所望の品がある…と…。これは私の調査不足か…。
報告ご苦労…。


鬼の居ぬ間に…なんとやらだな……、インドラ宮へと戻ろう…。
では…な…。

131 :以上、自作自演でした。:04/05/21 01:06
トルーパーとどっちが強いですか?

132 :以上、自作自演でした。:04/05/21 05:39
セイントとどっちが強いの?

133 :リョウマ:04/05/21 10:17
そういえば、前スレでも鎧とクロスとシャクティと、どれが最強かという質問があったな
実際に戦ってみなければ、何とも言えない比較ではあるがな
そして、戦うからには勝つつもりだ。最強の名にかけて…
>インドラ様
夜の営み?はて、夜は二人ともぐっすりと眠っておりますが。
それよりも、いつ小ナーガが赤ちゃんを運んで来るか、妻ともども楽しみにしているところです
元気な子ならよいのですが

134 :闥婆王クウヤ:04/05/21 13:42
この闥婆王クウヤ、夜通しの荒行を終えただ今参りました。

>127
地蔵菩薩ですか。
修行の折、伝承を聞いたことがあります。
他の菩薩がみな天界にあって高みより人々を見ている時に、
六道の人々の傍にあって、解脱を助けた・・・と。
我ら神将も戦闘集団ではありますが、
その活躍の場所を天空界に限らず、
人間界でも人々の役に立てるようになりたいものです。

>131-132
ウ〜ム、トルーパーもセイントもこの闥婆王の修行中には出くわすことがありませんでした。
しかしリョウマ・・そう八部衆最強の男が勝つという以上我らの勝利でしょう。

135 :闥婆王クウヤ:04/05/21 13:43
>レンゲ
>ヒュウガは只今ヴィシュヌ様の任により人間界へ出向いている模様
さびしいですか?

>インドラ様
>変態加減が…
そうです、毛虫がさなぎから蝶へと変態を遂げるように、
このわたしも一皮むけ、纏う光流も一段と輝きを増してきたところです。
まだまだいきますよ、わたし。

>リョウマ
>いつ小ナーガが赤ちゃんを運んで来るか
まったく竜王ともあろう者がそのようなことでは困りますね。
それでは待てど暮らせど赤ちゃんを授かることはできませんよ。
しからば八部衆の年長組であるこのわたしがお教えしましょう。
まずは天空役場に行って出産届を出してくるのです。
受理されれば程なく調和神・・・今現在はヴィシュヌ様ですが・・・
へ報告がゆき、天霊界より魂が転生され赤ちゃんとなります。
その後、小ナーガによって届け出先の夫婦に赤ちゃんが届けられるのです。
手続きの途中を端折ってはいけませんよ。わかりましたか?

それでは大変ねむ・・・いえ引き続き瞑想へと入りますので
ヴィシュヌ様の御前を失礼させて頂きます。

136 :以上、自作自演でした。:04/05/21 14:11
智将クウヤ先生に戦術や戦略などを教えて頂きたいのですが・・・ぜひ

137 :以上、自作自演でした。:04/05/21 16:56
ヴィシュヌ様はガイの叛意を事前に察知することは出来なかったのですか?

138 :以上、自作自演でした。:04/05/21 18:04
うぬは己に負けたのだ

139 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/21 18:51
>107>118 リョウマ
そうですか、家庭の事情ではしかたありません。
また、お暇がありましたら来てくださいね。楽しみにしていますよ。

>草葉の陰から・・・>ご成仏・・・
おほほほ・・本当に次に会うのが楽しみです・・・

>108
破壊神シヴァですね・・・
わたくしを斃したこと忘れてはいません。
しかし、わたくしはあの戦いに関わる総ての者を赦すつもりです。
貴方とて例外では有りません。
それに以前の力は無いようですし・・・
ああ、インドラに何かしようとしても無駄ですよ・・・
あの者は今、白き光流を纏う者ですから・・・

>109
わたくしのシャクティですか・・・・
調和神の今となってはまとうシャクティはありませんが、
神将時代には装着して闘ったこともあるのですよ。

>110 インドラ
>悪鬼と成果ててでも…その御心に添おう…。
そのように気負いすぎるので黒の光流に囚われるのではありませんか?
第一、わたくしの気持ちに添うことが何故にあなたを悪鬼にするのです?

140 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/21 18:52
>117
大変興奮されているようですが、お加減はいかがですか?
インドラも罪な人ですね・・・
顔を出すだけでお客様の気持ちを乱すのですから・・・

>119
まあ・・わたくしのこの瑞々しい体が目的なのですね・・・
しかし、わたくしは一般の方に肌を見せることは出来ないのです。
レンゲとて嫌でしょうし、インドラとクウヤで我慢してください。

>120
(>123)おほほほほ・・・・念願かなったようで何よりです。
とても幸せそうな顔で・・おほほほほ・・・・

>121-124 クウヤ
>八霊士のかたの苦労が忍ばれますね。
まあ!八霊士のかたの苦労とはどういう意味なのでしょう・・・

>これにて修行へと戻らせて頂きます。
さすが修行の鬼と呼ばれただけのことはあります・・・・
でも、エッチなのはいけないと思います。ほどほどにするのですよ。

>125 レンゲ
>きりの良い数字おめでとうございます。
祝いの言葉ありがとうございます。
わたくしにもお祝いをさせてください。
そうですね・・場所はレンゲの結婚式で・・というのはどうでしょうか・・・
はやく、式を挙げてくださいね・・おほほ・・・

141 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/21 18:53
>127
地蔵菩薩なのですか・・・
世界は違えども人々を救うという目的は同じなのですよね・・・
貴方の救う御魂に幸有らんことを・・・・

>131
さあ、ただわたくしはどのような相手にも負けるわけにはいきませんので・・・

>132
わたくしは自らを守護してくださる方々の力を信じておりますし、
一対一の勝負にこだわるセイントの方と、
軍として戦術・戦略を用いるデーヴァ神軍では土俵も違いますし・・・
余り論じてもしようのないことだと思います。

>136
クウヤは八部衆の知恵袋と呼ばれるほどの者ですから・・・
その講義はきっと貴方の役に立つでしょう。
しかしこの平穏な世界で何故戦術・戦略を磨いてらっしゃるのですか?

>137
そうですね・・・あのとき事前に察知していれば、
無用な死者を出さずに済んだかと思うと、
わたくしは悔しくてなりません。
あのとき、アスラ神軍の不穏な動きを察知して、
配下の者に探らせてはいたのですが・・・
創造神の後継者を呼び寄せたことが逆手に取られるなどと・・・
よもやインドラが裏切るなどと・・・
思い至らなかったのはこのヴィシュヌの不徳の致すところです。

142 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/21 18:54
>138
そうなのですか?
確かに黒の光流に染まった者は、
総て自分のうちにある黒い欲望に囚われた者のようです。
「己に負けた」というのが正しい言い方なのかもしれません。

>私はその手の話に疎いのだ。 by レンゲ
>いつ小ナーガが赤ちゃんを運んで来るか by リョウマ
>天霊界より魂が転生され赤ちゃんとなります。 by クウヤ
なんとなげかわしいことでしょう。
エリート中のエリートである八部衆がこのような・・・
このような、世間知らずの坊ちゃん嬢ちゃんに育つとは・・・
インドラ、神将候補生の修行計画を一部変更するのです。
「保健体育」の時間を入れるようにしてください。

143 :以上、自作自演でした。:04/05/21 19:07
リョウマ、真実を見るんだ

http://abcdane.net/archives/cat_01_ajol_.html

5月18日参照

144 :以上、自作自演でした。:04/05/21 19:58
インドラ様、お願いがあります。
僕宇宙旅行したいんです。
でも行きっぱなしは嫌なんで、
ちゃんと戻ってこれる様に雷帝時空なんちゃら撃ってください。

145 :以上、自作自演でした。:04/05/21 20:07
うちのじっちゃんが言ってたけど「烏枢沙摩明王」って
便所の神様なの?
マユリのシャクティって便器?

146 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/21 20:30
>127
ふむ。少しばかり調べてみたが、
人間界において死者の成仏を祈る真言のようだな。
客人は誰の成仏を祈っておるのだ?

そういえば調べついでにわかったことなのだが、
私の那羅朱霊華のタントラ、
人間界では、あらゆる災難から逃れる事ができる呪いとして使われているらしい。
天空界での意味合いと随分と異なるものだ。

>131
>132
そのものたちとは出会ったことが無い故
どれほどの強さなのか私にはわからないが
客人がそう言うのであればそれなりの強さなのだろう。
しかし、会ったことも見たことも無い相手とどちらが・・・・
と言われても答えようがないな・・・。すまない。

>リョウマ
>133
それは違うぞ、リョウマ!
子供はな、蓮の花から生まれるのだ。

147 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/21 20:32
>クウヤ
>134
夜通しの荒行とは、流石だな。

>135
Σなぜわたしがさみしがらなければならないのだ!
わたしとひゅうがとかんけいないだろっ!?

>136
クウヤの知識量は半端ではない。
また、子供達に教えていることからもわかるように教えることも得意なようだ。
忍耐強いからな。
クウヤが了解するのであれば教えを受けられるとよかろう。

>137
シヴァの巧妙な策故、ヴィシュヌ様といえどお気づきになられなかったのであろう。

>137
己に負けた・・・か。
耳が痛いな・・・・。

148 :以上、自作自演でした。:04/05/21 20:35
レンゲたん、これさえ有ればヒュウガたんも大喜びです。

http://www.aimedia.co.jp/fujinhadagi_tuuhan/%82%E4%82%C1%82%BD%82%E8%83I%83C%83%8B%83p%83b%83h%83u%83%89/yurrari.html

149 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/21 20:36
>ヴィシュヌ様
>140
わたくしの結婚式、で、ございますか・・・?
その様な日が来るのが何時のことなのか
わたくし自身、検討もつきませぬ。

>142
>世間知らずの坊ちゃん嬢ちゃん
クウヤもリョウマも8つの頃から訓練や修行に明け暮れる日々。
それも無理なからぬことだと存じます。
え?わたくしもでございますか!?

>143
人間界では子が生まれないと病院へ行くのか…。
ふむ。天空界では子が授からないことは、そう珍しいことでもないからな。
むしろ授かる方が珍しいくらいだ。

>144
宇宙旅行はともかく生身で行くつもりか!?客人!
シュラトやヒュウガからシャクティを着用していても
危うかったと話しに聞いた。
シュラトなど「本気でヤバかった」と言っておったぞ!?
大丈夫か!?

>145
人間界ではそのように伝えられているようだな。
しかし、人間界と天空界では名前は同じでも
意味合いは随分と変わるようだから、同じく当てはまるまい。
その証拠に人間界の不動明王と天空界の不動明王は随分と違うであろう?

150 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/21 20:49
(また挟んだか・・・)

>148
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
客人よ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
私の体型は補正しなければ為らぬほど見苦しいか・・・・・?
この様なものを身に着けていたら、身動きするだけで息が切れそうだぞ・・・。
第一!何故あいつの名前が出てくるのだっ!?


151 :以上、自作自演でした。:04/05/21 21:36
あーちゃんの水芸を見た時どう思いました?

152 :以上、自作自演でした。:04/05/21 21:55
インドラ様ってヴィシュヌ様を石化した後、
服の部分を、特に胸のぽっちりの辺り削ったりして
結構スケベだよね。

153 :以上、自作自演でした。:04/05/21 22:20
最萌えはラクチェですか?

154 :インドラ:04/05/21 23:50
客人の来訪が多く…喜ばしい事だ…。
天空殿裏の桜も増々…天に向かい伸びて行くだろう…。

>131
人間界の戦士か…。出遭った事は無いが…、
彼らもまた己の正義の為に戦っているのだろう…。
しかし…デーヴァ神軍は私が鍛え上げた者達だ…、遅れを取る事は無い…。

>132
セイント…。何処かで聞いた事がある様な…。
もしや…「セイント・フォー」か…。まさか「セイント・テール」ではあるまいな…。
非力な女性と戦うつもりは無い…。

>133
頼もしい言葉だ…龍王リョウマよ…。
お前ならば…どんな逆境にも耐える事が出来るだろう…。
だが…男女の事柄については…何とも情けない…。

>135
>纏う光流も一段と輝きを増してきた
…クウヤ…、急激な成長は…時として濁流となる…。
探究心旺盛なのは良い事だ…。旺盛過ぎるのもまた困りものだが…。

155 :インドラ:04/05/21 23:50
>136
客人よ…、闥婆王の戦略が知りたい…と…?
闥婆水面鏡による監視で相手の動向を探り、ソーマ封じの技により気配を消し…
隠形の術で空間に溶け込む…。

客人よ…今一度問う…、教えを請い、何に利用するつもりだ…?

>137
…それは調和神ヴィシュヌ様…そして創造神ブラフマーですら見抜けなかった…だろう…。
先代夜叉王と修羅王を修行の為に人間界へ送り出す時…
破壊神シヴァ様は黒のソーマの種を夜叉王の魂へと埋め込んだのだ…。

人間界で芽吹く事無くひっそりと闇に溶け込み…息づいた黒のソーマは…
あの転生により本来の地に戻り開花した…。気付く事は…出来ぬ…。

>138
果たしてそうかな…。…私は自分の道を選んだまで…。
いや…捨て去った……と言うべきか…。
勝ち負けで決められるのであれば…なんと楽な事よ…。

156 :インドラ:04/05/21 23:50
>142
>世間知らずの坊ちゃん嬢ちゃん
ヴィシュヌ様…何処でその様な…ハスッパな言葉使いを覚えられたのか…。

>「保健体育」の時間を入れるようにしてください
ハ…ご命令とあらば…。
 全 力 で この雷帝インドラ自ら…八部衆を鍛え上げましょう…。フフフ…。

>143
客人…良い所に来てくれた…。
まさしく…リョウマはその状態にあると言える…。
だが…今更…「おしべとめしべ」で説明しても…分かってくれるかどうか…怪しい所だ…。

>144
客人の願い…、聞き届けてやりたい所だが…。
お前には…戦いで傷つき散っていった仲間がいるか…?
いや…何…、その者達が居ると居ないのでは…戻ってくる可能性が随分と違うのだ…。
可能性に掛けるか…。では客人よ…覚悟は良いな…?

Namah samanta-vajranam trat indraya hum.

雷  帝  時  空  烈  ッ  !!

戻って来れたならば…私の内宇宙の様子はどうだったのか聞かせて欲しい…。

>145
幻夢衆の長…烏枢沙摩明王マユリか…。
ヴィシュヌ様の直属の隠密部隊の為…、私の管轄では無いが…
あの男のシャクティの話は聞いた事が無い…。
成る程…そういう訳か…。
もしや…陶器で出来て……。

157 :インドラ:04/05/21 23:51
>147
>わたしとひゅうがとかんけいないだろっ!?
レンゲよ…、かなりの動揺が垣間見えるが…。
顔が赤いな…、熱があるのならば…暫し訓練を瞑想修行に切り替えると良いだろう…。

>148
客人よ…。それで騙される私では無い…。
…所詮まやかし…。

>151
あーちゃん…? …不動明王アカラナータの事を人間界ではそう呼ぶのか…、客人よ。
…あの男の水芸は「芸」では無い…。
ただの放尿…生理現象に過ぎぬお粗末な代物…。
…下品さ加減ではアスラ神族一…だな…。何とも情けない…。

158 :インドラ:04/05/21 23:52
>152
…待て…。客人…! 誤解にも程がある…。
私はあの時…一切手を触れていない…。断じてそんな事はしていないッ!
ヴィシュヌ様に聞かれたら…どんな叱責を受けるか…。

…手を触れずに妄想…いや、瞑想した事なら幾度か…。
Σッ! …何を言わせるつもりだ…。

.。oO(…生かしておくと…厄介な事になるかも知れぬな。)

>153
ラクチェ…とは誰だ…?
まさかとは思うが…若き調和神の事か…?
だとしたら…答えは否…。
鳥の様に高く華のように甘いあの声を聞くと…どうにも…。
ターバンを取って頭を掻き毟りたくなる…。しないが…な…。


ヴィシュヌ様より要請のあった…「保健体育」の講義内容を練らねばならぬ…。
久々にやりがいのある仕事を仰せつかった…。至急取り掛からねば…。
では…な…。

159 :以上、自作自演でした。:04/05/21 23:52
インドラ様…抱いてください…

160 :以上、自作自演でした。:04/05/22 05:18
ねんがんのシャクティをてにいれたぞ

 そう、かんけいないね
⇒ころしてでもうばいとる
 ゆずってくれたのむ!

なにをするきさまらーー!

161 :闥婆王クウヤ:04/05/22 06:37
闥婆王クウヤ、連続15時間の瞑想より醒め、
今ここに参上つかまつりました・・・・頭が痛い・・・

>136
このわたしに教えを請いたいと・・
シュラト討伐の際のわたしの活躍を見てのことですか?
とくに月光窟での戦いの後など、
「まったく八部衆一の智将が聞いてあきれるわ・・・」
「理論倒れのクウヤと改名すれば・・・」
「重要文化財破壊の罪で逮捕します・・」
等々、絶賛でしたからね、わたしの作戦。

ウゥッ、自ら言ってて気が滅入ってきました。
すみません、教授する気になりませぬ。

>137
それはあまりにも巧みな敵の罠故気が付かずともしょうがないでしょう。
我ら八部衆とて物事の本質を見極めること出来ず、
仲間同士で闘う羽目になったこと・・・・情けなく思い出されます。

>138
うぅ、耳の痛い言葉です。
しかし修行により自らの光流を鍛えた今、
同じ過ちは繰り返しませぬ。
内なる敵に必ずや勝利して見せましょう。

162 :闥婆王クウヤ:04/05/22 06:38
>143
>大学病院ではこの夫婦のような性に関する知識のないカップルが他に居ないか調査を始めている。
リョウマのところに調査が行きそうですね。
と言うよりこのわたしの知識が誤りだとは・・・・
森羅万象全ての理を得ることこそ我が修行の目的。
こうしてはいられません。
早速、セックスセラピーを受講しなくては・・・えっ相手が要る?

>144
宇宙旅行ですか、まだ人間界の技術では無理なようですね。
自ら進んで必殺技を喰らいたいというのなら止めはしませんが・・・
インドラ様の内宇宙に行くことが宇宙旅行と言えるかどうか疑問ですね。

>145
幻夢衆のマユリ・・・あのポエムの大好きな21歳ですね。
人間界では便所の神様かもしれませんが、天空界では違いますよ。
なにせ天空界にはトイレありませんからね。

>148
そのような表面だけを取り繕うようなものではだめです。
レンゲの場合、本質的に・・・ウゴッ

163 :闥婆王クウヤ:04/05/22 06:39
>151
すみません。みていません。
ずるや・・いえ、修行のため参加してませんでした。残念です。

>152
インドラ様が斃された後、復活したヒュウガやリョウマがそのようなことを言っておりました。
ハンマー片手に喩えようもない笑みを浮かべ削っていたと・・・

>153
次期調和神であるラクシュのことでしょうか?
萌えとは内なる望みですので貴方が何に萌えるかは貴方自身で決めることです。
あの超音波ボイスに耐えられればの話ですが・・

>159
インドラ様はああみえて豪腕なので、背骨が砕けてしまいますよ。

>160
あなたは誰ですか?
シャクティを手に入れたというくだりを見るに
昇格の決まった神将候補生ですか?
殺してでも奪い取るとは尋常ではありませんね。
手に余るようでしたらこのクウヤいつでも助太刀致しますぞ。

164 :闥婆王クウヤ:04/05/22 06:40
>ヴィシュヌ様
>エッチなのはいけないと思います。
インドラ様の言葉では有りませぬが、
どこでそのような言葉をお知りになったのか・・・
このクウヤ大変興味があります。

>レンゲ
>わたしとひゅうがとかんけいないだろっ!?
なにをそんなに怒っているのです?
同じ八部衆として仲間に会えないのは寂しいのではないかと・・・
わたしは最近ダンに会えなくて大変寂しく思っていますよ。

ところで>143のセラピーなのですが相手が必要なのだそうです。
レンゲ一緒にどうですか?
だめですか・・
ではヒュウガかインドラ様と受講して、後で我らに教えて頂きたいのですが。

>インドラ様
保健体育・・・何故でしょう。初めて聞くのに甘美な響き・・・
授業大変楽しみにしております。

165 :以上、自作自演でした。:04/05/22 07:36
あああああオマエら!!!!!
全員俺の性奴にしてやる!!!!!!!
毎晩毎晩乱乱パーティじゃあ!
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

166 :闥婆王クウヤ:04/05/22 07:59
性奴はごめん被りますが、
ランランパーティーはなかなか楽しげな響きですな。
気に入りました。
不肖このクウヤ、またも一番乗りです・・・
それではイきますよ!(目半開きニヤリ)

167 :インドラジッド:04/05/22 08:21
呼んだか?

168 :リョウマ:04/05/22 09:28
>143
前にも述べたように、俺は携帯なる通信機器を使用しているので
内容をうかがい知る事は出来ないが、恐らくは我が無知をあざ笑うものなのだろう
しかし、役所に届け出るとか、蓮から生まれるとか、あげくの果てには保健体育!?
情報が錯綜していて、いささか俺の頭は混乱ぎみだ…

169 :以上、自作自演でした。:04/05/22 11:29
>>ヴィシュヌ様
八部衆だけ生き返らせて、他のを無視したのは
わざとですか?

使ったタントラは、長くてよくわかりません。教えてください。

170 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/22 16:14
>151
水芸というと1人しか思い浮かばぬ故、あやつのことなのだろうが・・・。
遠目ながらに何をしているかは解かった・・・・。
アスラ神軍では一子相伝で恥の捨て方でも教えておるのか!?
下劣過ぎる!

>152
私がインドラ様に・・・その・・・オトナ・・にして頂く約束をした後、
レイガの進言により玉砕して走り去ったあの後の出来事か!?
(Σ一、体何を言っておるのだ・・・私は)
は、何を戯言を!インドラ様がその様なことをなさるわけがなかろう!
現にインドラ様も誤解だとおっしゃられているではないか!

そういえば・・・・
あのときヒュウガから”勿体無い”だの”自分を大切にしろ!”だの
いろいろ言われたが、私が"オトナ"について話したら怪訝な顔をしていたな・・・。


キス以外、他にあるとも思えんのだが。


171 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/22 16:17
>153
誰だそれは?!
果物みたいな名前だな。

>158
>インドラ様
インドラ様直々に講義をなさるのですか?
楽しみにしております。

>159
かなうものならば・・・・その・・・わたっ私もっ!
私も抱きしめて頂きたく・・・(////

(Σはっ・・・!)
私はなんと恐れ多いことを!
インドラ様・・・どうか忘れてください・・・・。

>160
シャクティを手に入れたと喜ぶ候補生にそのような非道なことを!
客人から黒のソーマを感じるぞ!

>164
>クウヤ
セラピー?
私は姉から聞いた知識があるから受ける必要ないぞ?

172 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/22 16:20
>165
"制度"の言い間違いか?
そんなに興奮せずともインドラ様に案を提出して、
適切だとみなされれば適用されるだろう。
毎晩毎晩パーティーをする制度など却下されるのは目に見えているがな。

>167
人間界の伝承に登場する英雄か?
この様なところに現れるとはどういった用件だろうか?

>168
>リョウマ
そうだ、リョウマ。クウヤがセラピーというものを受講したいが
一緒に行く相手がいないとぼやいていたから一緒に行ってみてはどうだ?

>169
いかにヴィシュヌ様といえど、そのお力には限界があるのだ。
きっと、苦渋の末の選択だったのだろうと思う。



さてと、
たまには候補生と手合わせでもしてみるか。

173 :以上、自作自演でした。:04/05/22 16:30
手合わせ?
は〜い、はい、はい、僕希望しま〜す。

前略 シュラトさん
ついにチャンスが巡ってきました。
言われたとおりレンゲ先輩のスカートの中を・・・
必ずや緑色のたわしのようなものを拝んできます。

174 :以上、自作自演でした。:04/05/22 16:53
ヴィシュヌ様って、石化されてても
周りの事情を把握してたんですか?

ガイが術を引き継いだ時点で、それを打ち破れないのは、
調和神として未熟だと思います。
修行しなおしてください。

175 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:16
>143
まあ、人間界にもリョウマ夫妻のようなかたがいらっしゃるのですね。
やはり周りの者が間違いを正してやらねば・・・
インドラ、保健体育の件頼みましたよ。

>144
雷帝の奥義を自ら受けようとは・・・・
余程自信がお有りになるようですね。
もしその自信に見合った実力がお有りなら、
無事帰還した際は是非デーヴァ神軍に身を投じてください。
デーヴァ神軍では優秀な神将を常に欲しています。

>145
地上界ではそうなのかもしれませんが、
天空界ではやはり意味合いが変わってくるものです。
彼の者も便所の神と言われてもピンとはこないでしょう。
ちなみに彼の者にシャクティはありません。
幻夢衆はその隠密性こそが命ですから・・・

>148
何故レンゲにこれを勧めるのか・・お客様の真意が分かりかねます。
第一天空人は乳バンドをつけませぬ故、無用の物と言えるでしょう。

176 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:16
>149 レンゲ
>え?わたくしもでございますか!?
そうです、あなたもですよレンゲ・・・
もうすぐインドラから保健体育について教育が有ります。
そこでよくお勉強してください・・・
ああ、但しインドラの課外授業の誘いには乗ってはいけませんよ。おほほほ・・

>151
あーちゃんとは隠し芸大会に乱入してきた不動明王のことですか・・・
彼の者の意表をついた行動、そしてその大胆さには驚きました。
あの場が戦場でないことに安堵したものです。
しかし、不動明王ほどの者をあーちゃん呼ばわりするお客様は、
アスラ神軍ゆかりの・・それも高位にある魔神将でしょうか・・?
お答え如何によってはこの場で・・・・

>152
まあ!インドラがそのようなことを・・・
インドラ本当なのですか?
ロリでショタだと公言していたのは、わたくしの目を欺くためなのですか?
少し貴方のことが判らなくなってきました・・・

>153
ラクチェとはどなたのことなのか判りませぬが、
萌えが愛情表現の一種ということであれば、
世界平和のため萌えまくって頂きたいと思います。

177 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:18
>158 インドラ
>久々にやりがいのある仕事を仰せつかった…。
仕事にやりがいを見いだせるその姿、嬉しく思います。
よろしく頼みましたよ。

>159
まあ、インドラも隅には置けませんね・・・
しかしあなたは一時の気の迷いから言ってはいませんか?
この先数万年を一緒に添い遂げる覚悟はお有りなのでしょうか・・・

>160
殺してでも奪い取るとは穏やかでは有りませんね。
他人のシャクティは装着することは出来ませんよ。
だから殺すなどと言わないでください。

>164 クウヤ
>セラピーなのですが相手が必要なのだそうです。
わたくしではどうですか、クウヤ・・・・冗談ですよ、おほほ・・


178 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:20
>165
その考え方・・・まるでアスラ神軍の者の様ですね・・・
最近、桜の栄養不足を憂いていたところです。
おほほほ・・・ご協力に感謝致します・・・

      (せ〜の、ジャグッ・・成仏してくださいね)

日誌:アスラ神軍の手の者がここに迷い込んだようです。
しかし彼の者の罪を許し、心を救いました。
最近肥料の少なかった桜もご満悦の様子です。

179 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:20
>167
呼んでおりません。
あなたはあなたの世界で活躍・・・
いえ、活躍されると困る方もいるようなので
程々に暮らしていてください。

>168 リョウマ
>いささか俺の頭は混乱ぎみだ…
もうすぐインドラより保健体育の教育がありますのでお待ち下さい。

>169
八部衆以外の者を無視した訳では有りません。
ただあの場合はアスラ神軍がそこまで迫っていたので、
八部衆を優先させました。
また天空界全土に侵攻があった場合、
2度目の転生ができないことを考えると、
生き返らせた者がまた命を落とす危険を冒さないため
転生を見合わせたのです。
シヴァ討伐後、ラクシュによってわたくしが転生を果たし、
その後二人で大戦で生命を落とした天空人を転生させました。
よって転生を望まぬ者以外は総てこの世界に還って来ているはずです。
真言ですか?

ナウマク サンマンダ ボダナン
マハシリエイ ソワカ
オン バラダ ハンドメイ ハーン

悪用しないでくださいね。

180 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/22 18:21
>173
元気の良い候補生ですね。将来を期待しています。
しかしそこはかとなく邪な光流が見えるのですが・・・
いずれにしてもレンゲが遅れを取るとも思えませんし、
いい機会ですから、真剣に学び取るのですよ・・・

>174
石化していた間は外界のことは判りませんでした・・・
文字通り手も足も出ませんでした・・・
たしかにわたくしは未熟でした。
もっと力があればよりよい結果を出せたかもしれません。
反省しております。
そのことをふまえて次期調和神にはそのようなことが無いよう、
引き継ぎを行っているところです。
あなたも次期調和神がよりよき世界を維持できるよう祈ってください。

>クウヤ
>どこでそのような言葉をお知りになったのか・・・
>インドラ
>何処でその様な…ハスッパな言葉使いを覚えられたのか…。
これはわたくしとしたことが・・・
この地上界でしか見ることが出来ないとラクシュが言うので、
一緒にTV放送なるものを視聴しておりました。
その影響・・・かと・・思います・・・

181 :以上、自作自演でした。:04/05/22 18:32
天空界とバイストンウェルは近所なのですか?

オーラ力とソーマは似てますね。

182 :以上、自作自演でした。:04/05/22 19:11
ナウマク サンマンダ ボダナン
マハシリエイ ソワカ
オン バラダ ハンドメイド メーイ

183 :以上、自作自演でした。:04/05/23 01:21
ぼくはしょうがくいちねんせいです
あのね おちんちんをさわるとおおきくなるのわなんでなの?

184 :インドラ:04/05/23 02:43
講義内容の充実を図る為…時間を忘れ没頭してしまったな…。

>159(インドラ様…抱いてください…)
私の背後に迫るとは…、中々やる…。
客人よ…、お前が女性ならば…安易にその言葉は言わぬ方が良い…。
…男性でも…だが…。
我が身を大事にする事だ…。

だが…余り大切にし過ぎると何処かのイカズゴケの様になるので注意せよ…。

>160(ころしてでもうばいとる)
穏やかでは無いな…客人いや…神将候補生か…?
だとしたら…候補生でありながらその言動…咎めなければならぬ…。
我がデーヴァ神軍に…己の欲望を抑えられぬ者は必要無い…。
それとも…「殺してでも奪い盗る」では無く「奪い盗ってでも殺したい」者でもいるのか…。

>163(クウヤ)
>ハンマー片手に喩えようもない笑みを浮かべ削っていた
闥婆王クウヤよ…、お前までもが…。
再度言う…この雷帝インドラ断じてやっていない…と。
石化したヴィシュヌ様にセーラー服や猫耳メイド服を着せようとした事はあっても!

…あ……。

185 :インドラ:04/05/23 02:43
>165(毎晩毎晩乱乱パーティ)
…全員か…そう興奮するな…客人よ…。
息の乱れは精神の乱れ…そのままではソーマの放出が止まらなくなってしまうぞ…。
…楽しげな提案だが…却下する…。
クウヤが相手をしてくれる様だ…(>166)

客人よ…、満足か…?
……幸福そうなので放っておこう…。

>167(インドラジット)
ほう…彼の世界では破壊神の名を持つ者よ…。
私を倒してみるか……それも面白い…。
だが…この世界で破壊神はあの御方のみ…。
唯独りだけだ…。

>168(リョウマ)
龍王リョウマ…、お前に夫婦として正しい有り方を進ぜよう。
…ヴィシュヌ様も今の現状に愁いておられるのだ…。
このままでは…少子化になって天空界存亡の危機となる…。
私の講義を受けると良いだろう…。
お前に教える事は数多い……。まずは…このビデオを…ゴソゴソ…

>171(レンゲ)
>私も抱きしめて頂きたく
……あの小さかった子供が……。
…オトナになったな…レンゲ……。

.。oO(胸の成長は相変わらずだが…。)

186 :インドラ:04/05/23 02:43
>173(手合わせ)
候補生として…その心構えは良し。だが…
地べたに這いつくばって拝む事の無い様…気を引き締めよ…。

レンゲには…人間界の様に下着の着用を義務付けする必要があるな…。
ヴィシュヌ様も…。
クウヤに指令を出し…ランジェリーショップに買いに行かせようか…。
いや…いかん…事は緊急を要する…ここは私が…。

>174(調和神として未熟)
ヴィシュヌ様の力が弱かった訳では無い…。
あの石化の術は…内からは破る事は不可能…。
そういう風に作ったのだからな…。

>176(ヴィシュヌ様)
>ロリでショタだと公言していた
…ハハハハ…。何処でその様な戯言を聞かれたのやら…。
この雷帝インドラを疑われるか…。おまけに…少年属性まで入っているのですが……。
それは…ヴィシュヌ様…、 貴 女 の 御 趣 味 で し ょ う

187 :インドラ:04/05/23 02:44
>181(天空界とバイストンウェル)
バイストンウェルとやらが近隣に存在するのか…知らぬが…。
この世界は多層に重なり合い…影響を及ぼしている…。
生きとし生ける者全てに宿る力は…時を越え言葉を変え…不変に存在するのだろう…。
米国神話では…フォースとも言うらしいが…。

>182(真言)
…ふむ…。あの男の転生を願うか…客人よ…。
だが…その真言…言葉足らずの様な気がする…。
……違っていたのだったら…すまぬな…。
…何せ…ヴィシュヌ様ですら舌を噛んでいた真言なので…な…。

>183(おおきくなる)
ああ…それは…海綿t

…幼き客人よ…。お前にはまだ早い…。
早熟は時として…身を滅ぼす…。
クウヤや…ヴィシュヌ様の毒牙に掛からぬ内に…帰るが良い…。
…家まで送ろう…。


…迷い子を送り届けねばならぬ用が出来た…。
…では…な…。

188 :以上、自作自演でした。:04/05/23 03:53
小泉訪朝について自分の考えを述べてください。

189 :闥婆王クウヤ:04/05/23 04:29
大変興奮していたらしく>166でレス番つけ忘れました。
>165へのレスです。
あまつさえsage忘れるとは・・・このクウヤの不覚でした。

>167
我が最高司令官によく似た名前の方ですね。
いえ、呼んでいませんが、せっかく来て頂きましたし、
これからわたしと滝行などいかがでしょうか?
楽しいですよ・・・滝行・・・

>169
あの場では、異動宮が迫っている状況では仕方のないことです。
その後、他の者も転生を果たしていますし、
判断に間違いは無かったでしょう。
わたしの妹弟も転生させて頂きましたし、
感謝こそすれ批難する気は毛頭ありません。

>173
数少ないチャンスをものにし、自らを高める・・
良い心がけです。
しかし次期創造神のエロいところを真似するのはいただけませんね。
そのようなことでは立派な神将にはなれませんよ。
ところであなたドカベンの世界から来ました?

190 :闥婆王クウヤ:04/05/23 04:30
>174
石化の術はかけた本人が解くか、あるいは死亡するかせねば解けません。
また、解けてから対象者が行動できるようになるまで若干の時間差が有ります。
あの場での布陣を考えるに、
インドラ様とガイ殿はヴィシュヌ様の石化を解かぬことを第1義とし、
インドラ様が倒れることも視野に入れていたように思われます。
なれば術の引き継ぎにも万全を期していたと思われ・・・
多分どのような者も破ることは敵わなかったでしょう。

>181
バイストンウェルを見たことは有りませぬが、
人間界の伝承の地は多かれ少なかれ似たようなところがあるので、
案外、近い所に存在するやもしれません。
オーラ力と光流・・なるほど内なる力である点は似ております。
やはり近い位置に存在する別世界なのでしょう。

>182
それは転生の真ご・・・ちょっと違うようですね。
ハンドメイド・・・メイ・・?
なんでしょう?
まあ語感から害悪のあるものとも思えませんので大丈夫でしょう。

191 :闥婆王クウヤ:04/05/23 04:31
>183
そうですか・・・
それはもしかすると病気かもしれません。
丁度今から診療所に行くところですので一緒に行きましょうか?
ああ、インドラ様と行くのですか・・・

>188
天空人には国家レベルの外交というものが存在しません。
生活集団として村や集落がありますが、
この間でも外交と呼べるようなものは無いのです。
そのような外交頓着な天空人が多くを語ること出来ませんが、
強いて言わせて頂ければ自国の正義を貫けず、
もてる手札を使い切って現状を見繕ったという感がします。
問題となるのはそのような状態で、
今後どのような外交を展開できるかでしょう。

>リョウマ
実はわたしも混乱しているところです。
しかし>143によるとあなた方夫婦はセラピーなるものを受けた方がよいそうですよ。

192 :闥婆王クウヤ:04/05/23 04:32
>レンゲ
>姉から聞いた知識があるから・・・
なるほどその手がありましたか・・・
ちょっと輝山カテ村まで行ってきます。

>ヴィシュヌ
>わたくしではどうですか、クウヤ
そんな!畏れ多い。
このクウヤ、ヴィシュヌ様となぞ夢にも思いませぬ。
しかしヴィシュヌ様がよいというなら・・・あっ冗談ですか?

>インドラ様
>セーラー服や猫耳メイド服
なんと!・・・
敬愛する貴方がそのような人だったなんて・・・
ところで写真を撮ったのではありませぬか?
あれば是非この闥婆王に焼き増しを・・・

>クウヤや・・・毒牙に掛からぬ内に
これはひどい言われようですね。
部下に対する評価を誤るところから、
上下関係の軋轢が始まると修行の折耳にしたことがありますぞ。

>ランジェリーショップ
いえ、最高司令官を使いっ走りにするなど・・・
ここはこのわたしにお任せ下さい(充血目全開)

193 :リョウマ:04/05/23 08:40
>インドラ様
ビデオを興味深く拝見いたしました。
しかし、このビデオは中年の男性が赤子のような姿で行動し、女がそれを世話する内容。
これでどうして子供が生まれるのやら…。
は、そうか。子作り以前に、子供が出来た時の心構えを養うためのビデオだったのですね…
さすがはインドラ様、読みがふかくいらっしゃる


194 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/23 22:35
>181
バイストンウェルですか・・・
わたくしにはよく判りません・・
その世界ではオーラ力というものが有るのですか・・・
宇宙は一つではなく複数が存在しており
互いに干渉すれども行き来することは出来ないと聞いています。
しかし、調和神としての務めから解放されることが有れば、
他の宇宙へ言ってみたい気もいたします。

>182
あれほど悪用せぬようにと・・・あらちょっと違うのですね。
わたくしの知る限りそのような真言はありませんが、
なにかを願ってのことであれば声高らかに唱えてください。

>183
まあ、これはかわいいお客様ですね・・
あなたの年頃はいろいろなことを知りたくて、
しょうがないのでしょう。
しかし早熟の天才と呼ばれたクウヤの今の姿を見るに・・・
あまり与えすぎるのもどうかと考えます。
程々にしておうちにお帰りなさいね・・・

>186 インドラ
>貴女の御趣味でしょう
まあ・・おほほほほ・・・
わ た く し にそのような趣味があるとでも思っているのですか?
でもまあ今はこのことは余り深く触れないことにいたしましょう。

195 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/23 22:35
>187 インドラ
>ヴィシュヌ様の毒牙に掛からぬ内に
・・・・・おほほほほ・・・
どうやらあなたは大変な勘違いをしているようです。
そのことについてはよく話し合わねばなりませんね・・・
今晩、皆が寝静まってからゆっくりとここで話し合いましょう。
いいですね、イ ン ド ラ

>188
あの小泉という方にはあの方なりの思いがあってのことでしょう。
人道支援も言葉通りであれば大切なことですし、
何より本人のいう対話の継続が今回の成果なのでしょうが・・・
しかしクウヤの言うように手札を使い切ったのなら
それは成功とはほど遠いと思います。
あの方が永世的に首相の座につけるならばそれも良いですが
もしこのまま交代でもしようものなら次の者がかわいそうです・・

196 :以上、自作自演でした。:04/05/23 23:02
ビシュヌ様それはインドラ様への逢い引きの誘いですか?

レンゲたん一大事ですよ

197 :以上、自作自演でした。:04/05/23 23:31
神なのに石化なんてご都合主義ですか?
その場思い付きの適当設定ですか?
そもそも神に肉体があるんですか?

198 :以上、自作自演でした。:04/05/24 02:43
ヴィシュヌ!イイよ!ヴィシュヌ!
胸さわさわ。けっこうデケーな。
どれどれ。下のほうは......すでにビショビショじゃねぃか

199 :以上、自作自演でした。:04/05/24 04:06
8人揃って天空戦隊デヴァレンジャー

200 :以上、自作自演でした。:04/05/24 04:06
ついでに200げっと。記念に何かくれ。

201 :闥婆王クウヤ:04/05/24 06:40
輝山カテ村の診療所に行って参りましたが、
セックスセラピーの話をしたところ
危うく刺し殺されるところでした。
姉妹揃って強者ですね。

>196
(・・・いつの間に誑かしやがったんだ、あのじ・・)
いや、客人との会話中に考え事とは失礼をいたしました。
我が敬愛するヴィシュヌ様とインドラ様が
そのようなことなどいたすわけがありますまい。
客人の思い過ごしでしょう。
ただ、レンゲにはこのこと伏せておいた方が良いと思われます。
天空殿中で松の廊下ばりの刃傷沙汰など起きて欲しくはないので・・・

>197
天空界で神と呼ばれる方(数えるほどしかいませんが)も
元の出自は天空人であり肉体を持つ身です。
石化の術をかけられれば当然のごとく石化もいたします。
実際、ヴィシュヌ様が石化されたのは過去の事実ですし、
神は石化などしないというのが人間界での常識というならば、
それこそが天空界と人間界という世界の違いなのでしょう。

202 :闥婆王クウヤ:04/05/24 06:45
>198
ヴィシュヌ様に対する不埒な言動、そしてその振る舞い
看過することは出来ませぬ。この場で成敗いたします。
第一、ヴィシュヌ様は尿漏れを起こすようなお歳ではありませぬぞ。

>199
修行の折りに見たことがあります。
子供向けの娯楽作品で戦隊物と呼ばれるものですね。
しかし残念ながら我らには致命的な弱点があります。
戦隊物必須条件と言われる色分けがうまくない・・・
カレーを食べまくるヒュウガなぞ想像できませんしね。
それに8人揃うことなどもう無いのですから・・・(遠い目)

>200
きりの良い数字を獲ることはこの世界での栄誉とか・・・
それをついでで獲るところなど客人の大物ぶりを感じさせます。
それではこのわたしからは水面鏡を駆使して撮影した
「雷帝お着替えビデオ」を差し上げましょう。
パジャマ姿のおねむなインドラ様が
執務用の服に着替えるまでを撮影したものです。
インドラ様の肉体を拝める者なぞデーヴァ神軍にもなかなか居ませぬぞ。
ああ、このことは内密に・・個人で楽しんでください。

203 :リョウマ:04/05/24 09:12
何!ヴィシュヌ様が尿漏れ!
大丈夫ですよ、ヴィシュヌ様。人間界にはシニア用のおむつもあると聞き及んでおります。
必要なら、クウヤがダッシュで買いに行くことでしょう

204 :以上、自作自演でした。:04/05/24 10:40
ヴィシュヌ様のうそつき〜
ヒュウガが来るように念を送っているのに全然来ないよう。

205 :以上、自作自演でした。:04/05/24 12:17
クウヤさん、何か辛いことでもあったのですか?

206 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 13:17
候補生の訓練時間の調整で少しばかり時間が空いた。
その間、客人の相手をさせて貰うとするか。

>173
何度言わせればわかるのだ!
私のスカートの下は(以下ry)
それにだ!やれるものならやってみろ!
候補生ごときに遅れをとる那羅王レンゲでは無いわっ!
蹴り倒してくれる!

>174
ヴィシュヌ様が未熟なのでは無い。
インドラ様が偉大なのだ。
それに調和神は戦うことが務めでは無いからして、
その様な方面の修行は行われないだろ。
だからこそ、神将達がいるわけなのだが・・・。

>176
>ヴィシュヌ様
は、承知致しました。
(課外授業・・・?)

>181
少なくともこの近所にはその様な場所は無いな。
しかし、宇宙単位になると人間界と天空界の関係のように
平行して存在しているのかも知れん。
あくまで仮説だが。

207 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 13:18
>182
タントラは一字一句間違えず、正しい発音と動作、
そして、そのタントラに見合うだけの光流があって初めて発動する。
客人、なんだか微妙に間違えている気がするぞ。そのタントラは。

>183
あら?
こんな所でどうしたの?迷子?
え?体の具合が悪いの?
そう。なら、あの桜の木の下にヴィシュヌ様って言う
綺麗な人がいるからその人に治して貰うといいわ。
その後に、インドラ様・・・そうそう、あの頭に布巻いてマントを着けた
背の高い人よ。あの人が家まで送ってくれるわ。

>185
>インドラ様
>あの小さかった子供
インドラ様・・・あの時のことを・・・・。
・・・・・・・・・・・・嬉しいです・・・・。
>186
>ランジェリーショップ
インドラ様がお手を煩わせ無くとも、
わたくしが買いに行って参ります故、お待ちください。
え?行かなくとも良いのですか?

208 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 13:19
>188
その人物の事は知らないが、
人間界の事情を詳しく知るクウヤに事の顛末を聞いた。
膠着していた物事が前に進んだのだろう?
その割りに随分と非難されているのだな。
全てが一度に解決しないとそれは失敗なのか?
"二兎を追うものは一兎をも得ず"、と言う言葉もあるのだがな。
人間界の風習はよくわからん。

>192
>クウヤ
くれぐれも姉を怒らせるようなマネを・・・
って、遅かったか・・・・(>201)



ん?あ、時間か?ああ、今行く!
・・・残りについてはまた今夜。

209 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/24 21:00
>196
まあっ、何か勘違いをしていらっしゃるようですね・・・
わたくしとインドラはそんな関係では無いのですよ。
最高司令官たる者の無様な姿を
他の者の目にさらすことがないようにという配慮なのです。
何もありませんでしたよね イ ン ド ラ

>197
わたくしはもともと天空人でしたので
肉体を持っていることに疑問を感じたりはしませんでした。
また、石化の術にかかってしまったことも事実です。
天空界とはこのような世界なのです。

>198
きゃっ・・やめてください・・・・
人の体を触りながら適当なことを言わないでください・・・
どうやら貴方は罰を受けねばならないようです。
クウヤが相手をしてくださるようですね。
クウヤ思う存分やりなさい・・・

>199
これはデーヴァ神軍の広報活動に最適だと思われます・・・
インドラ・・どうでしょう、わたくしたちで造ってみるというのは・・・
あっそうですね、天空界にはテレビが有りませんでした・・・
残念ですが貴方の企画は流れてしまいました。

210 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/24 21:01
>200
おめでとうございます。
わたくしからはダンとおそろいのこのペンダントを差し上げましょう。
あなたが今どのような生活をされているのか判りませんが、
自分の仲間のことを第一に考え、誠実に暮らしてください。

>202 クウヤ
>ヴィシュヌ様は尿漏れを
>203 リョウマ
>ヴィシュヌ様が尿漏れ!
おほほほほ・・・あなた方がわたくしに対して、
普段どのように考えているのかよく判りました。
インドラ・・配下の教育について見直す必要があるようです・・・

>204
もうしわけありません。
この調和神たるヴィシュヌの不徳の致すところ・・・
しかし必ずや任務を終えここに来るでしょう。
それまでお待ち下さい。

211 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/24 21:02
>205
クウヤの身に何かあったのですか?
あなたは何かを知っているようですね・・
クウヤはわたくしにとって大切な八部衆の一人。
何もなければよいのですが・・・・

>206 レンゲ
>候補生の訓練
レンゲ、精が出ますね・・・
後輩の育成も先輩神将の務め、
よく稽古をつけてやってください。
お願いしますね。

212 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 21:42
>196
客人、推測でものを言うのはよせ。
逢い引き?そんなこと・・・そんなことあるわけが・・・あるわけがなかろう!
しかし、例えインドラ様のお気持ちがどの様であったとしても
私の気持ちは同じ・・・・。
私は、インドラ様のお傍にいられるだけで幸せなのだ・・・。

>197
神が石化されてはおかしいか?
神といえど人の子だ。(多分)
肉体はある。
でなければ、こちらにいらっしゃるヴィシュヌ様のお姿は何なのだ!?

>198
八部衆の1人として、ヴィシュヌ様に無礼をはたらく不逞な輩を
野放しにしておくわけにはいかん!
客人・・・・いや、198!覚悟!!

>199
”電光刑事バン”並の語感だな・・・。
しかし8人は少し多くないか?
ん?八部衆?
八部衆は8人揃って行動することが滅多にないからいいんだ。8人で。
いや、今となっては7人か。
そんなこと言っていたら十二天聖等どうする。
1人の怪人を12人で袋叩きか?
・・・子供には見せられん。

213 :闥婆王クウヤ:04/05/24 21:44
>リョウマ
>ヴィシュヌ様が尿漏れ!
いやそれは>198の言いがかりでした。
貴方にも言っておきますがヴィシュヌ様はそんなお歳ではありません。
シニア用などと・・・・
ああ、インドラ様から頂いたビデオで見たのですか。
あなたが着けて実践しているところなのですね。

>204
ヒュウガも特命を受けている身、
なかなかここに来ることは適わないのでしょう。
しかし、わたしもヒュウガがここに来ることを望んでいます。
ヒュウガの任務が早急に終了しここに顔を出せるよう
わたしと祈りながら待とうではありませんか。

>205
実は最近修行がつら・・・

いえ、なんでもありませぬ。
この修行が趣味の闥婆王・・いささかもつらいことなどありませぬ。
此度のことはただ単にわたしのミス・・・
修行に出る時間が迫っていたため多少慌てていたというのが真実。
そのことでお客人に心配をお掛けしたのならもうしわけありません。
以後、気をつけるようにいたします。
また、先の場所にいた方には大変ご迷惑をおかけしました。

214 :闥婆王クウヤ:04/05/24 21:45
すみませんレンゲ衝突したようです。

>レンゲ
>・・・・・・・・・・・・嬉しいです・・・・。
盲目・・・・

>ヴィシュヌ様
>クウヤはわたくしにとって大切な八部衆の一人。
なんともったいないお言葉。
そのお言葉だけでこの闥婆王クウヤ修行を乗り切ることが出来ます。

215 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 21:52
>200
客人、おめでとう。
記念品か・・・。ふむ、そうだな。
では私の郷里の特産品である水晶の原石を進呈しよう。
そのまま持つも良し、加工して使用するも良し。
好きに使え。

>201
>クウヤ
確かにうちの姉は怒ると恐ろしいが、普段の性格はいたって温厚だ。
そんな姉に刺し殺されるところだったとは、
一体どういう風に話しをしたのだ・・・。

>203
>リョウマ
リョウマ。お前、火事で燃える家に火炎戟で止め刺すのが好きだろう・・・。

>204
鈍いからな。ヒュウガは。
大方、念に気づいておらんのだろう。
わかり易い所に立て札でも立てたら気づくかも知れんぞ?

>205
クウヤ、苦行も程々にしておいた方がいいぞ?
それとも辛いのは、最近弟や妹に会っていないことか?

>211
>ヴィシュヌ様
はっ。お任せくださいヴィシュヌ様。
ご期待に副えるよう、粉骨砕身して任にあたる所存でございます。


216 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/24 21:58
>214
>クウヤ
Σうわっ!?クウヤ!?
お前がこの時間にうろうろしているとは珍しい・・・

>214
>盲目・・・・
何だと!?
開いてるかどうかわからないような目をしているお前に
言われたくないわっ!!

217 :以上、自作自演でした。:04/05/24 22:14
調和神スクリミールとヴィシュヌ様は、どっちが強いですか?

八部衆の皆さん、全員スクリミールにやられちゃいましたよね。弱ッ!!

218 :以上、自作自演でした。:04/05/24 23:07
レンゲたん、クウヤ先生につっこまれる前に俺がつっこんどきますね
それではクウヤ先生のもの真似で

鈍いのはあなたも同じですよ、レンゲ

219 :リョウマ:04/05/24 23:17
>ヴィシュヌ様
おむつの件に関しては私の早計でした。
さすがはヴィシュヌ様…、だてに生きた化石と呼ばれてるわけじゃありませんね

>レンゲ
>火炎戟でとどめ
そんなに褒めてくれるな。照れるではないか

>クウヤ
さすがに赤ん坊の真似をするのは抵抗があるから、
近所から子供を借りて来て、予行演習している

220 :リョウマ:04/05/24 23:22
>217
え?スクリミール?
何者だ、そいつは?調和神らしいが、すくなくとも俺は知らないな。
恐らく、そいつと戦ったのは俺の偽者だろう

221 :黒木美奈:04/05/24 23:51
ガイは、ガイは何処!?

私はガイと一つになり、新たなる宇宙を…創る!

222 :インドラ:04/05/25 01:36
遅くなったな…。ヴィシュヌ様に任された仕事は何と膨大な事か…。

>180
そうか…人間界は様々な国家に分かれ統治する者が違うのだったな…。
人間界の出来事…国家間の議論など…、天空人である私が論じた所で…所詮戯言に過ぎぬだろう…。
ふむ…、だが考えさせられる事はある…。
統治者同士で会談を行えば事態の推移も早い…。
それについて…自国のプライド…とやらが妨げになる…という点。
過剰な期待と責任は…、その者には「荷が重い」という事か…。

もし仮に、これが…ヴィシュヌ様とシヴァ様の会談であったのならば…
平和か滅亡の二者択一…。
それを思えば…人間界の小国同士の事など…取るに足らぬ代物の様に思う…。

>192
>ランジェリーショップに使いっ走り
闥婆王クウヤよ…、ではお前に指令を下す。
これは隠密行動にて…慎重に事を進めよ…。

>193
生命の神秘は奥が深い…。
だが…リョウマよ…。お前は物事の本質に気が付かなかった様だな…。
この世には様々な嗜好が存在する…私の所蔵の品がある。
これを鑑賞し…、見聞を広めると良いだろう…。

223 :インドラ:04/05/25 01:37
>195
>いいですね、イ ン ド ラ
ヴィシュヌ様…、私とした事が…。ついうっかり言い間違え…失礼を…。
「毒牙に掛からぬ内に」では無く…「得がある」の間違い…。
余り深くお考え無き様…、…誤解に過ぎぬ瑣末な事…。
ハハハハ…。

>196
ふむ…、成る程…。
ヴィシュヌ様の遠まわしの誘いであったか…。

フ…、だが…レンゲとそれと何の関係があるのやら…。
見当が付かぬ…な…。

>197
物語の最初から…適当設定ならば…救いが無い…と思うが…。

客人よ…、人間界の神は思念のみの存在の様だが…。
天空界に住まう我らは肉体があり、術を仕掛ければ…肉体に影響を及ぼす…。
ソーマを体内に巡らせ…操る…民なのだ…。
次元すら違うのだから…客人の疑問は尽きぬだろう…が、
我ら天空人はそれが当然の如く永き時を生きている…。

224 :インドラ:04/05/25 01:38
>198
ほう…、余程命がいらぬ…と見える…。
ヴィシュヌ様にアレを切り落とされぬ様…この雷帝インドラが引導を渡してくれよう…。
それが私に出来るせめてもの情けと知れ…。

ソーマ弾ッ!!≡○)∀)・∵.

我が最大の奥義…その身で受けよ!

Namah samanta-vajranam trat indraya hum.
雷  帝  時  空  烈  ッ  !!(全力)

私の内宇宙で朽ち果てるが良い…。

>199
一人戦隊ものに向かぬ色があるな…。

〜天空戦隊デヴァレンジャー〜

天真爛漫熱血シュラト(ホワイト)を筆頭に、無口で冷酷なガイ(ブラック)…二人はプリキュ…
もとい、オカマで頼れるレイガ(ピンク)と責任感が強いヒュウガ(イエロー)
男気溢れるリョウマ(グリーン)と紅一点怒ると怖いレンゲ(レッド)、
一本気なダン(ブルー)、冴え渡る知性クウヤ(ブラウン)の8人が
幼稚園バスを襲う、凶悪非道な敵アスラショッカーを打ち砕く!

戦隊ものと言えば集団攻撃なのだが…、現八部衆の者達は皆…別行動が多い…。
戦隊ものにする必要が…あるのだろうか…。

225 :インドラ:04/05/25 01:39
>200
客人よ…おめでとう…。
だが…、こんなに早く到達するとは思っていなかった…。
用意もしていない…。
客人よ…すまぬが…それは500に到達するまで暫し待て…。

>201
(誑かすとは聞こえが悪い…そもそも誑誘されたのは私なのだが…
 おっと…いかんな…心で会話するのは天王と龍王の専売特許だった…。)

>202
>「雷帝お着替えビデオ」
いかに私が眠りから醒めたばかりとは言え…お前の術に気が付かぬ訳が無い…。
そのビデオすでに別の物に差し替えてあるのに気づかぬとは…な…。
……中身は……、クウヤ…お前の滝に打たれる修行を延々撮影したものだ…。
環境ビデオのようで貰った客人>200も癒された事だろう…。

>203
その内痴呆症まであと僅か…か?
ヴィシュヌ様の醜態…誰にも見たくは無い…。ならばいっそ私の手で…。
…それが…せめてもの私に出来る唯一の……。

>204
気を長く持つ事だ…。なにせ天空人の時間は無限にあるのだからな…。
客人よ…、気を落とす事無き様…。
寂しさは一抹の不安の現れ…押し潰されそうならば…、
手を伸ばすが良い…。

>205
クウヤがこれは自らの手に負えぬと判断したのならば…。
ヴィシュヌ様や私に助けを求めるだろう…。
無い…と言う事は。心配しても始まらぬ…。

226 :インドラ:04/05/25 01:39
>207
>え?行かなくとも良いのですか?
うむ…それについての問題はほぼ解決している…。
だが…指令を受ける人物の趣味が問題になってくるのだが…。

>209
>何もありませんでしたよね イ ン ド ラ
同意を求められるか…、ヴィシュヌ様…。
は…。では客人及び神将には秘匿いたしましょう…。

それより…、ヴィシュヌ様…少し宜しいか…。
何故…、私の名を呼ぶ時…一文字づつ区切って話されるのか…?
ちゃんと聞こえております…。

>212
>私は、インドラ様のお傍にいられるだけで幸せなのだ・・・。
……そうか……。
レンゲよ…お前の警護…頼りにしよう…。

>213
>ビデオで見た
ふむ…それで思い出した事がある…。
お前に「保健体育」の講義を天空殿にてする予定でいたのだが…、少し遠くで行う…。
人間界に降り…重点的にイメクラとやらに付いて学ぶ…付いてくるが良い…。

>217
…調和神スクリミールだと…? 聞いた事が無い…。
客人よ…、それは…お前の妄想では無いか…?
無かったものとして処理してしまった方が良い過去もある…。

227 :インドラ:04/05/25 01:41
>218
天王ヒュウガも那羅王レンゲも…処世術に長けておらぬ…。
長所でもあるが…敵に突かれた時命取りとならぬ様注意すべき点でもある…。

だが…鋭いヒュウガにレンゲは…どうなのだろうな…。
一層旨く行かぬような気もするが…。どちらにせよ…、私が口を挟むべき事では無い…。

>219
>そんなに褒めてくれるな。照れるではないか
誰かが…お前の事を…、脳みそが筋肉で出来ていると評した者がいたが…
伊達では無いらしい…。
…ああ…、勿論…これは褒め言葉なのだが…。

>221
女…、夜叉王ガイの姉だと…?
人の身でありながら…この天空殿に表れるか…。
ガイはもう既に人間界を離れ…天空界を離れ…遠き旅路…、いや…
修羅王シュラトと運命を共にしている…。

当時…嘆きの声が響いた…暗闘の結末など…、
知る者は少ない…。だとしたら…初めから亡きものとした方が良い…。


さて…夜も更けた…こんな時間に客人の来訪は無いとは思うが…良い夢を…。
では…な…。

228 :ガイ:04/05/25 02:26
スレも200を突破して今更だが、新スレ設立おめでとう。
今回はヴィシュヌ様がたててくださったそうだね
それにしても、前回を上回るハイペース。これもひとえにヴィシュヌ様の御力ゆえか。
僕もシュラトも元気で新たな世界を創っているから、心配しないでほしい

229 :ガイ:04/05/25 02:32
ちなみに今日は人間界の漫画喫茶から書き込んでいる。
フフフ、酔いつぶれて終電を逃した馬鹿な男を笑うがいい
というわけで挨拶がてら立ち寄ってみた。もう現れる事もないかもしれないが
僕はいつまでも君達の世界を見守っているよ…じゃあね

230 :以上、自作自演でした。:04/05/25 03:55
ここにエロゲーを置いていきますね。
インドラ様とクウヤ様への貢ぎ品です。
女どもには内緒だよ!

231 :以上、自作自演でした。:04/05/25 07:19
ヴィシュヌさまの「ヴィ」は
ヴァギナの「ヴァ」と同じでしょうか?

違うならビシュヌに改名しなさい。

232 :闥婆王クウヤ:04/05/25 07:51
>レンゲ
>鈍いからな。ヒュウガは。
鈍いのはあな・・・・・・
ああ、もうつっこまれ済みでしたか。失礼。

>217
当然ヴィシュヌ様に決まっています。

ただ、我ら八部衆がこともなげに葬られたところを見るに、
戦闘技能に特化しているのやもしれません。
そこが気になる点ではあります。
まあ、忌まわしき過去ではありますな。
この闥婆王どのようにして斃されたのか記憶が無いくらいです。

>218
この闥婆王の行動を読み切るとはあなたもなかなかやりますね。
しかしあなたは生身の人間、
レンゲを怒らせると生命がいくらあっても足りませんよ。

>リョウマ
>そんなに褒めてくれるな。照れるではないか
さすがは八部衆最強の男・・といったところですか・・・
いや、感服いたします。

233 :闥婆王クウヤ:04/05/25 07:51
>221
これはシュラトの浮気相手・・・・
ではなくてガイ殿のお姉さんですね。
いけませんね、それでは近親そう・・・
姉弟で合体はこの天空界でも禁忌です。
あきらめてください。

>インドラ様
>ではお前に指令を下す。
はっ、お任せ下さい。
この闥婆王クウヤ、喜んでこの任に就きましょう。
必ずやヴィシュヌ様とレンゲにピッタリサイズの物を探し出して来ます。

>重点的にイメクラとやらに付いて学ぶ
はっ、命令とあれば・・・この闥婆王クウヤどこまでも付き従っていきます。
インドラ様のおごりとは・・太っ腹ですね・・・
フフフ、ランジェリーショップといいイメクラといい
今回の地上界での修行大変楽しみなものになって参りました。

234 :闥婆王クウヤ:04/05/25 07:52
>ガイ殿
これはガイ殿お久しぶりです。
あなたの元気な姿を見れて皆喜んでいると思います。
また機会があったらここに立ち寄ってください。

>230
これはたいそうな物をいただきありがとうございます。
しかしパッケージを見る限りこれはインドラ様向けなのでは?
もっと年上の女性が出てくる物は無いのでしょうか?

>231
同じかどうかは別にして、○万年を生きるヴィシュヌ様のほうが、
その言葉より先に生まれているような気がします。
よって改名するのはヴァギナのほうです。
バギナと呼びなさい。

235 :以上、自作自演でした。:04/05/25 10:33
レンゲってヴェーダをふくらはぎに付けてるよね
それはそれでかっこいいんだけど
どうせなら峰不二子みたいな感じで
太ももの内側に付けて欲しいな。
取り出す時はこうスカートをきわきわまでたくし上げる感じで

236 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/25 19:11
>217
調和神スクリミール・・・ラクシュから聞いたことがあります。
わたくしとどちらが強いかということですが、
直接相対してみないと本当のところは判りません。
ただ、邪悪な想念によって創り出された者を打ち負かすことが出来ねば、
この宇宙の安定を司ることなど出来ぬでしょう。
もし対決するのならば勝ちたいとわたくしは思います。

>218
あなたはクウヤについて大変詳しいようですね。
クウヤのファンなのでしょうか?
もし神将候補生ならばクウヤを手本として、
立派な神将になって下さい。

>219 リョウマ
>だてに生きた化石と呼ばれてるわけじゃありませんね
さすがですリョウマ、龍王の名に恥じない肝の据わりっぷり・・・
スクリミールより先にあなたと勝負したくなってきました。

>221
ガイのお姉さんですね・・・
わたくしがガイに夜叉王の魂と創造神の種を転生させたために、
大変不幸な目に遭わせてしまいました・・・・
しかしシュラトによってあなたの魂は救われたと聞いています。
シュラトに送られた世界で姉弟末永く暮らしてください。

237 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/25 19:12
>223 インドラ
>ついうっかり言い間違え…
そうでしたか・・・
さすがの雷帝もいささか職務が過ぎるのではないですか・・・
優秀な部下が居るのですから有る程度の仕事は任せて、
自らの体を労って下さい。
あなたはわたくしの最も信頼する側近、
卒中などで倒れられても困りますので・・・

>226 インドラ
>私の名を呼ぶ時…一文字づつ区切って話されるのか…?
クウヤが「最近インドラ様も耳にきているらしい」
と言っていたものですから・・・・
聞こえやすいようにと・・・・

>228 ガイ
あなたは前スレのガイですね・・・・
いらっしゃったことありがたく思います。
シュラトもあなたも新しい世界でがんばっていることでしょう。
また、時間が取れるようでしたら是非又いらっしゃってください。

>230
インドラとクウヤに対する贈り物ですか・・・
そのようにお客様に慕われている二人が羨ましく思えます。
ところで何故わたくしとレンゲは中身を見てはいけないのでしょうか?

238 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/25 19:13
>231
あなたの中で「ヴィ」と「ヴァ」が同一視されていることがよく判りませんが、
わたくしはこの名前で数万年を生きてきました。
しかるにここで変えるわけにはいかないのです。
発音の問題であれば、
あなたがビシュヌと呼ぶことを咎めたりはしませんよ。

>233 クウヤ
>ヴィシュヌ様とレンゲにピッタリサイズ
なにがピッタリなのですか?

>235
レンゲのことよく見てますね・・・
ヴェーダは最も取りやすい位置に着けることが肝要だと思います。
峰不二子なる人物は知りませぬが、
そのような位置に着けている神将は見たことありません。
みなが着けぬ以上、機能的では無いと言うことでしょう。

239 :以上、自作自演でした。:04/05/25 20:02
クウヤ先生がすでに闥婆王になってた頃
レンゲが神将候補生で入ってきたんでしょ。
どう?
初々しかった?
かわいかった?

240 :以上、自作自演でした。:04/05/25 21:49
星矢よりも美形度が低いのは基本ですか?

241 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/25 22:40
>214
嫌なことを思い出させてくれる。

にわかごしらえの調和神と経験豊富な調和神とでは、
どちらが勝つのかなど分かりきったこと。
>弱っ
あんなもの・・・!あんなもの反則だ!!
記憶以外の何から何まで完全コピーとはどういうことだ!?
思い出しただけで腹が立つっ!!

>218
確かに、レイガやマリーチほど人の気持ちに敏いほうでは無いが、
だからといってヒュウガと一緒にされるのは心外だぞ!?

>219
>リョウマ
褒め・・・
・・・・・幸せ者だな、リョウマ。

242 :インドラ:04/05/25 22:40
雷帝インドラ…参る…。

>228
久しいな…夜叉王ガイよ…。
修羅王シュラトの精神世界にて不自由は無いだろうが…。
たまに抜け出してここで…息抜きするのも良いだろう…。
ヴィシュヌ様の管理する…かの天空殿「裏」…だが…な。

>229
酒に溺れるか…。あれほど酒は飲んでも飲まれるな…と釘を刺しておいたのだが…。
溺れる者は藁をも掴む…と言うが…お前が掴んだのは漫画喫茶か…。
八部衆の夜叉王として…シャクティを装着後…
漫画版「天空戦記シュラト」を心ゆくまで堪能するが良い…。

>230
ほう…、客人の貢ぎ物とは…な…。
右王天パジュよ、客人に…アムリタ茶を出せ…。冷めない内に飲むが良い つ旦~

さて…このエロゲーとやらの内容だが…。
Σ…!これは…禁断のロリ系触手物か…。
客人よ…この雷帝インドラにやれ…と…そう言うのだな…。
フフフ…久方ぶりに…黒のソーマが身の内に湧き出るのを禁じえない…。ククク…。

243 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/25 22:41
>221
ガイの姉か。
私にも姉がいるから心情は察せなくもないが
だからといって同情は出来ない。
新たな宇宙を作られた日には今の宇宙が消えるからな。

>226
>インドラ様
インドラ様よりその様にお言葉を貰えるとは、
身に余る光栄!
必ずや、インドラ様のお役に立ってみせましょう!

>228
>ガイ
ガイ!よく来たな!
暇なときにでも又、顔をみせてくれ。
きっと客人方も喜ぶことだろう。

>230
女には内緒なのか・・・。
残念だ。

244 :インドラ:04/05/25 22:42
レンゲと逢うとは…。返答ご苦労…。

>231
ヴァギナ…と言うと人間界のある神話が思い出される…。
「ヴァギナ・デンタータ」と言うのだが…。女陰に歯のある事を意味する…。
これにより…一人の英雄が倒されたらしいが…、流石にヴィシュヌ様にはあるまい…。
それとこれとでは話が違う…と言う事を遠まわしに、客人に伝えるつもりだったのだが…
話がずれ過ぎたか…。
ついでだが…プッ■■とか■ントも同列の意だが…
ヴィシュヌ様とは何の関係も無い事を明記しておく…。
.。oO(隠語の連発…これはセクハラになるのだろうか…。後程…天空倫理管理局へ問い質してみよう…)

>234
>もっと年上の女性が出てくる物
クウヤよ…、お前のしがらみ…根は深い…。
新たな世界を見る切っ掛けが必要の様だな…。

>235
ふむ…良い所に目を付けたな…客人よ…。だが…お前も知っている事とは思うが…
レンゲの衣服の丈は短い…更にその太腿の内側にかさ張るヴェーダを所持すると、
歩き難いとは思わぬか…?
がに股で歩く那羅王を見たいのならば…止めはせぬが…。

>237
>自らの体を労って下さい
卒中………。誰のおかげでこんなにも職務が溜まっているのやら…。
ああ…いいえ…こちらの話です…、こちらの…な…。
ヴィシュヌ様もどうか…お体には御気を付けられる様…。
特に明かりの無い闇夜には…。

245 :インドラ:04/05/25 22:42
>239
闥婆王より先に神将以前に…私はレンゲと逢っていたのだが…。
その時の話は…いらぬ様だな…。
客人にも…子供時代の目に涙を溜めたレンゲを見せてやりたい所だが…
勿体無いので……見せん。

>240
客人よ…一つお前に問う。
それは……荒木&姫野フィルタを通してか…?
いや…意味が分からぬならそれでも良い…。
煌びやかに戦いを繰り広げる神将達に美形は不要…。
…皆が迦楼羅王の様にあっては困る…。

美形を望むならば…、客人よ…己の心に投影して見るが良いだろう。
人はそれを妄想と呼ぶが…な…。


早朝より兼ねてからの「保健体育」の修行を始める…。
題して「子供が出来るまで」だ…。
第一回目の講義は〜男女の出会い編〜からとする…。
では…な…。

246 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/25 22:43
Σこ、これはっ!?
インドラ様にぶつかってしまうとは!ご無礼の程、お許しください。


>231
どう聞けば"ヴィ"と"ヴァ"が同じに聞こえるのか。
そして何故違ったら改名なのだ!?
それに"ヴィ"でも"ビ"でも、結局は同じ"Vi"だろうに。

>232
>クウヤ
お前まで私を鈍いと言うのか。
そんなに鈍いか・・・・?

>ピッタリサイズの物(>233)
・・・・・・・・・・・・・・・。
昨日、私にぶつかって来たのは・・・・
どさくさに紛れてサイズを見極める為だった・・そういうことか・・・?
あ?どうなのだクウヤ!

>235
ああ、これか?
太ももの内側?
外側に手裏剣くらいならまだしも
内側にこんなかさばる物着けていたら
動きにくいではないか。

247 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/25 22:45
>239
私が候補生として天空殿に上がった年、
すでにクウヤ・ヒュウガ・リョウマ・レイガの4人が八部衆の一員だった。
候補生からしてみれば八部衆はそれこそ雲の上の存在でな、
まさか自分が八部衆の那羅王になるとは思いもよらなかったものだ。
那羅王として、初めてインドラ様と謁見したときの事・・・
私は生涯忘れることは無いだろう。

>240
ふむ・・・。美形というなら八部衆ではまっさきにレイガの名が浮かぶな。
あとは・・・ヒュウガがわりと整った顔立ちしているか。
単純な顔の造形でいうとそんなところか?
美形度が低い・・・?どの程度なら普通でどの程度なら高いのか
いまいち分からないが、星矢とやらはそんなに美形なのか?
レイガが聞いたら悔しがりそうだな。


(インドラ様にぶつかってしまうなんて・・・・・・・・・・・・幸せ・・)

248 :インドラ:04/05/25 22:53
>247
…大丈夫か?レンゲ…足取りが不確かだが…。
…宿舎まで送ろう…。
ぶつかった事で…信頼の置ける八部衆の者に何かあったのでは…
ヴィシュヌ様にすまぬからな…。

では…失礼する…。

249 :以上、自作自演でした。:04/05/25 23:02
送り狼だーー
送り狼が出たぞ〜〜

250 :以上、自作自演でした。:04/05/25 23:55
お前らの中に仮面ライダーが一名紛れこんでいるぞ!
蜘蛛を封印したクローバーのACEのカードで変身するやつ。

251 :以上、自作自演でした。:04/05/26 02:56
でっ、肝心要のシュラトはいないんですか?
大きな声じゃ言えないけどここって
脇役あがりの地味キャラしかいないじゃないですか。
あっ、レンゲは中堅キャラですね。てへっ

252 :以上、自作自演でした。:04/05/26 11:52
天空殿内神将同士の恋愛は禁止ですか?

253 :リョウマ:04/05/26 12:36
>251
見せ場らしい見せ場の無かった、クウヤやダンならいざしらず
シュラトと共にドラマを積み上げて来たこの俺を
脇キャラ扱いというのは得心がいかんな
返答しだいでは、八部衆最狂の誉れ高いこの俺の必殺技が炸裂するぞ

254 :闥婆王クウヤ:04/05/26 20:40
インドラ様、ランジェリーショップなるものに、
このクウヤ最大の愛想笑いをしたためて突入しましたところ、
何故か店内の方々が悲鳴を上げまして・・・
官憲に追われ逃げ帰って参りました。
しかし再度のチャンスをいただきたく・・・
この次こそは必ずや突入に成功して見せまする。

>235
そうですか・・・あなたの言いたいことはよく判りました。
客人の頼みとあってはこのクウヤ、断ることは出来ませぬ。
わたしはスカートなる物を履いていませんが試してみましょう。
ウォッ、ウォォォォォッ〜
だ、だめです。この位置ではわたしの秘なる部分と競合して
きもちよ・・・・いえ、据わりが悪く実務に耐えません。
申し出は却下させて頂きます。

>ヴィシュヌ様
>なにがピッタリなのですか?
い・・いえ・・何でもありませぬ・・
こ・・これは、その・・・ゆび、指輪?・・・・!
そう実はインドラ様より指輪を買い付けてくるようにと・・
日頃、お世話になっている方への感謝の気持ちだそうです。
それでは、わたしはまだ任務の途中ですのでこれにて失礼致します。
インドラ様、すみませぬ。しっぽを捕まれました・・極秘任務失敗・・

255 :闥婆王クウヤ:04/05/26 20:41
>239
わたしは女性などには興味のない身・・・
レンゲとは当時顔を合わせることもありませんでしたので・・
よく知らないのです。
ただ、天空殿につめている女官から
「インドラ様のストライクゾーン真ん中高め、
打ち頃の球が・・・餌食になるかも」
という話は聞いたことがあります。
今はボール1個分高めに外れているらしいですが

>240
戦いとは顔でする物では無いのですよ、お客人。
第一、星矢なる人物を知りませぬが、
わたしもそう劣ったものではないでしょう。
(ニヤリ)いかがですかな。

>インドラ様
>子供時代の目に涙を溜めたレンゲ
なるほど、それがストライクゾーンですか。

>レンゲ
>どさくさに紛れてサイズを見極める為だった
いいがかりです、レンゲ。
そのようなことをせずともわたしには水面鏡が・・・

(>248)
見ましたよ、レンゲ・・
寄り添って歩いているところを・・・・フフフ
これから急遽ヒュウガと会合することになりました、失礼(ニヤリ)

256 :闥婆王クウヤ:04/05/26 20:42
>249
あなたはオオカミ少年ですか?
どこにもガイ殿など居ませんよ。

>250
はて、誰のことでしょう?
よもや・・・レンゲ・・・
いやいやまさか客人がそのような親父ギャグを・・・
しかし皆目検討がつきませぬ。
カメンライダ〜なるものを知りませぬし・・・降参です。

>251
シュラトは新たなる世界創世のため旅立ちました。
いろんな世界を見て創造神としての修行をするそうです。
だからここには居ませんが・・・
われらではご不満でしょうか?

>252
そのようなことは聞いたことがありませぬ。
しかし神将同士の恋愛は、
神将に女性が少ない以上あまりある話では無いのでしょう。
ああ、別に男同士も禁止はされてませんよ。
一部の女官を喜ばせるだけですが・・・・

>リョウマ
>最狂の誉れ高いこの俺
ああ、少しは自覚が有ったのですね。安心しました。

257 :インドラ:04/05/26 22:54
何と…。任務に失敗か…。
神将達には笑顔の修行も必要の様だ…。

>249
客人…誤解を招く嘘は止せ…。
私はただ送っただけだ…。な、何もしてはいない…。
それに…レンゲは信頼のおける八部衆…。
部下の者を気遣うのも…この雷帝インドラの勤めだ…。

>250
ふむ…最後のライダーにしては余り格好良くない…オーディンの偽もn…。
いやいや…私は人間界の正義を司る者達は知らぬが…。
…カードで変身だと…何故ヴェーダでは駄目なのだ…。
……それより…肝心の蜘蛛のなんとやら…だが…
見当が付かぬ…な…。付かぬ事にしておけ…。

258 :インドラ:04/05/26 22:55
>251
既にクウヤが答えているが(>256)
シュラトは創造神としての責務の為…ここを去った…。
客人よ…新たな創造神を擁立させるならば…今の内やも知れぬ…。

それより気になるのが…脇役に地味キャラ…発言…。
確かに…私は根暗でオッサンかも知れぬが…地味…、地味なのか…。
迦楼羅王に服装を見立てて貰おうか迷う所だ……。

>252
デーヴァ神軍総司令として…軍内部に置ける恋愛等の類は…黙認している…。
命を掛けて戦う者には、守るべき信念そして…愛する人が居るからこそ
己の力を存分に発揮できる…と思っているのでな…。
…勿論軍の規律は守って貰わねば困るので…
物陰からの監視を怠らないのも…私の勤めだ…。

259 :インドラ:04/05/26 22:55
>253
辺り一面焦土と化すのは看過出来ぬ…、龍王リョウマ。
客人に向けての必殺技は止めよ…。
八部衆最狂…妻恐では無くて何よりだ…。

>254
>インドラ様より指輪を買い付けてくるようにと
Σッ?! ク、クウヤ…。ヴィシュヌ様とレンゲに指輪かッ?!
なんと言う事を言ってくれたものだ…、もう少しマシな嘘を…。

多分…ヴィシュヌ様の事だ…。
「楽しみにしていますよ・・・ イ ン ド ラ (微笑)」

il||li ああ…。 il||li


至急…人間界へ降り…、給料の3ヶ月分の品を手に入れねばならぬらしい…。
…では…な…。

260 :以上、自作自演でした。:04/05/26 22:57
このスレでもインドラ様に挟まれること叶わず…_| ̄|○

自分が異性になったとしたら、誰と付き合いたいですか?

261 :以上、自作自演でした。:04/05/26 23:59
にゃーにゃー。神様に相談にゃー。
ボクのスレに質問こないのにゃー。
どうすれば質問くるようになると思いますかにゃー?
質問スレ逝けとか言わないでにゃー。
なにしろあなたたちは神様にゃー。
それくらいの相談できる器量くらいあるでしょうにゃー?
マジレスきぼうにゃー。

262 :以上、自作自演でした。:04/05/27 01:12
八部衆って全員揃っても、アカラナータ一人に勝てないんでしょう?
リョウマは、アカラナータが余裕かまして踏ん反り返ってたところを不意打ちして勝っただけでしたね。
どいつもこいつも修行が足りません。
候補生からやり直しなさい。

それと、インドラ。
中間管理職のくせに、態度が大きすぎます。反省しなさい。

263 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/27 01:36
(昨日は本当にいい日だった・・・・・・。
今日も朝からインドラ様の講義を聞けたし・・・。
姉さん、近頃 私はしあわせです。)



>249
狼?
この近辺に狼がいるとは聞いたことが無い。
大方、似たような動物と間違えたのでは無いか?

>250
誰だそれは。
ヴィシュヌ様・インドラ様・クウヤ・リョウマ・私・客人方、
それにガイ。この中の誰かがそうだと?
私の知る人達はいつもどおりに見えるが・・・?
ということは客人の中に紛れているのか?
しかし、客人の素性は特に問わないから 問題はなさそうだがな。

>251
皆、落ち着きのある人物ばかりだから
華やかな雰囲気を好む者からしてみれば地味に感じるのだろう。
確かにシュラトが居れば随分と賑やかになりそうだ。
あいつもいい加減 書類仕事に飽きてきた頃だろうし、
その内こちらにも顔を出しに来るだろ。

264 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/27 01:37
>252
禁止されていると聞いたことは無い。
ただ、女性の神将自体が少ないから
そういった話はあまり耳にすることが無いな。
どちらかというと女官や文官との話の方が多い気がする。

・・・ほとんどクウヤの言っている事とかぶっているな・・・。

>253
>リョウマ
まぁ、落ち着け。リョウマ。
最近の行動を見るに、雑誌のネタにでも詰まったのか?

>クウヤ
>255
結局、サイズを調査しているのではないか!!
え?指のサイズ?
そうか。それはすまなかったな。

>見ましたよ(>256)
見たも何も、送って頂いただけだ!
ヒュウガと会合?
それは構わないが、言い方に何か含む物を感じるぞ・・・。
あることないこと吹き込むようなら・・・・・・・・・・・・・・・・・
お前の水面鏡の使用用途を 詳 し く ヴィシュヌ様にお話するとしよう。
お前の場合、無双華叩き込むよりこちらの方が威力ありそうだからな。

265 :以上、自作自演でした。:04/05/27 01:38
レンゲ、乙です。
レンゲみたいに凛々しくなりたいです。

266 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/27 01:38
>257
>インドラ様
昨日はわざわざ自室まで送って頂き、ありがとうございました。
次の講義も楽しみにしております。

>260
私が異性になったらか!?
私の周りには女が少ないしな・・・。
ラクシュ・・・は、あの声に耐えられそうにないし、
ヴィシュヌ様・・・は恐れ多すぎる。
姉さん・・・・・・・姉・・・姉かぁ・・・・。
性格はともかく、姉は付き合う以前に血縁だからな。
論外だろ。
・・・・・・いないものだな。

>261
なんだか可愛らしい喋り方の客人だな。
そうだな・・・閑散としているところに人は近づき辛いものだ。
例え人がいなくとも積極的に自分のことを話して見るとどうだろう?

>262
何をいう!
八部衆全員揃えばいくらアカラナータといえど倒すことくらいできるわ!
それにリョウマにしてもアカラナータの攻撃を耐えるだけの力があったからこそ
不意をつく事ができたのだ。
インドラ様の態度がでかいだと!?
中間管理職とはいうが、実質天空界で二番目に偉いお方なのだぞ?
すぐ上におられるヴィシュヌ様以外に対して尊大であったとしても
それは理に適っているのだ!

267 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/27 01:47
客人(>265)。ひょっとして私が来ることを見計らっていたのか!?
今日は隙を見せないようにしていたのだが。
できるな・・・・。

>265
凛々しく、か。
なろうとしてなった訳でもないが、
常に毅然とした態度を崩さない様、心がけてはいる。
男達に混ざっての荒仕事だ。自然とそうなる。
客人も神将になったら凛々しくなるかもしれんぞ?

268 :以上、自作自演でした。:04/05/27 04:49
ヴィシュヌたんこないですね、こっそりエッチ修行にはげんでるのかなーハァハァ

269 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/27 19:41
昨日は異常なまでの黒の光流を感知しましたので、
瞑想を続けていました。
ここにこれなかったことをお詫び致します。

>239
レンゲはたしかに可愛らしい娘さんでした・・
お肌もピチピチして・・・そうピチピチ・・・
わたくしより遙かにピチピチ・・・・
だったことを記憶しています。

>240
星矢なる者はそれほど美形なのですか?
それは一度味み・・・いえ、
わたくしの信頼する神将の面々も
そう捨てたものでは無いと思うのですが・・・

>242 インドラ
>黒のソーマが身の内に湧き出るのを禁じえない
この黒の光流の高まりは・・・!!
あれはインドラ宮!・・・よもやこの前のシヴァが・・・
いけません・・・止めねば・・・
(ドンドンドン)インドラ、このドアを開けるのです。
中で子供のすすり泣きが・・・
(ドンドンドン)インドラ、早く開けるのです。
黒の光流に囚われてはなりません。インドラ!

270 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/27 19:42
>249
この辺りに地上界の動物である狼が出たのですか?
この国では絶滅して久しいと聞いておりますが・・・
いずれにしてもその牙にかかる者が出ない以上、
そっとしておきたいと思います。

>250
わたくしたちの光流におかしな所はありませんし・・・
危害を加えるのでなければ、
お客様を詮索したりはいたしません。
仮面ライダーなる者がどのような者かは存じませんが、
天空界の平和を乱すのでなければここにいらしてもかまいませんよ。

>251
創造神たるシュラトは、さらなる見聞を広めるために旅に出ています。
ラクシュはやはり寂しい様子ですので、
もしシュラトを見かけましたら
是非ここへ寄るように言ってください。
お願いします。

>252
わたくしとあの人がそうであったのに、
禁止する理由がありません。
禁忌にさえ触れなければ良いと思います。
愛は天空界の安定を促す大きな力となるでしょう。

271 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/27 19:43
>254 クウヤ
>実はインドラ様より指輪を買い付けてくるようにと
まあそうでしたか・・・
楽しみにしていますよ・・・ イ ン ド ラ (微笑)
ところでクウヤに聞きたいことがあります。
やはりもらい物を受けたならば、
それ相応のお礼が必要ではないでしょうか?
インドラにお返しするのに何がよいでしょう?

>260
わたくしが殿方だったらということですか?
そうですね・・・
ラクシュもレンゲもいい娘だと思います。
目移りして決められません。

>261
そうですね・・・レンゲの言ではありませんが、
やはり何かしらお話しするのがいいのではないでしょうか?
可愛らしいしゃべり口ですし、
そのうち目の停まった方が書き込んでくれると思います。
何も書かずに置いておくと、
終末を迎えたと勘違いされるかもしれませんし・・・

272 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/27 19:44
>262
たしかに先代は勝てなかったと記憶しております。
しかし、現八部衆は先代より数段上の力を持っていること、
このヴィシュヌが保証致しましょう。
必ずや勝っていただけると思っています。

>264 レンゲ
>お前の水面鏡の使用用途を詳しくヴィシュヌ様にお話するとしよう。
まあ、なにか楽しげな使い方があるのですか?

>265
それは良い目標です。
レンゲは密かに女官たちにも人気がありますし、
やはり毅然とした態度が良いのでしょうか?
あなたも願いが叶いましたら是非神将候補生におなり下さい。

>268
おほほほほ・・・エッチ修行とはどのような修行なのでしょう。
今までにそのような修行をしたことはありません。
しかしお客様を待たせたこと深くお詫び致します。
それと同時にわたくしのような者を待ってくださったこと感謝致します。

273 :以上、自作自演でした。:04/05/28 00:43
とりあえずここ消えて無くならなくて良かったですね。

274 :以上、自作自演でした。:04/05/28 00:54
結局ガイの姉ちゃんは何がしたかったんでしょうか?

275 :インドラ:04/05/28 01:33
混沌としているな…、リグ期か…?

>260
客人よ…私の隙を突けるならば…何時なりと相手をしよう…。
隙があれば…の話だが…。

私が女になったとしたらか…。考えるだけでもおぞましいが…。
デーヴァ神軍の者は皆…正義感溢れる強者揃い…、到底選ぶ事はできぬ…。
それに万が一、特定の名を出しその者と妙な雰囲気を醸し出したくは無い…。
総司令官として…誰か一人を贔屓する訳にはゆかぬのだ…。

>261
大分困っている様だな…客人。
私も真剣に応じるとしよう…。
質疑が来ないと言う事だが…客人方の目に留まる様、仕掛けてはどうか…。
…私もレンゲとヴィシュヌ様の提案には賛成だ…。
閉塞され…動きの無い次元は…そのまま廃墟と成果てる…。
勝機を掴みたくば……自ら率先して動きを作れば良い…攻撃は最大の防御なり。
待っているばかりでは戦術として不利ともなろう。
日々の修行の積み重ねが新たな道を作るのだ…。
そして…来訪された客人の方々には、厚く御礼を心掛けよ…。
お前に白きソーマの導きがあらんことを…。

276 :インドラ:04/05/28 01:34
>262
私をインドラ…。そう呼ばれるのは…ヴィシュヌ様とあの御方のみ…の筈…。
いや…まさか…な…。
…客人よ…、八部衆がアカラナータに勝てぬ…そう言ったな?
だが…龍王リョウマはあの男に勝利した…。
相手の隙を突き即座に反撃に転じるのも強さの表れ…、
嘗て…デーヴァ神軍最強の戦士と称えられた不動明王アカラナータを打ち破った者は
これまで居なかったのだ…。充分だろう…。

それより……私の態度が大きい…と。成る程…、そうかも知れぬ…。
笑えば少々緩和されるだろうか………(ニヤニヤ…)
いかんな…顔が強張る…こうか…?(ニヤリ)

自室に篭り…笑顔の修行でも始めるか…。

>265
客人か…それとも神将候補生か…。目指すものがあるのは良い事だ…。
これからも修行に励むがよい…。
だが…レンゲの様に凛々しさを志すならば…、75のA…。
この暗号が必要のようだ…。

>266
>ヴィシュヌ様以外に対して尊大であったとしても
レンゲ…それは…フォローなのか…?
まあ…良いが…。
お前の気持ち…有難く受け取ろう…。

277 :インドラ:04/05/28 01:34
>268
…ヴィシュヌ様が…か?馬鹿な事を…。
客人よ…ヴィシュヌ様にエッチ修行など必要無い…。呼吸を整えよ…。
瞑想により更なる境地に辿りついた…ヴィシュヌ様にとって快楽など…。
フ…、これ以上は大人の事情になるが…あの御方は…
(省略されました・・楽しく想像してください。)

>269
>(ドンドンドン)インドラ、このドアを開けるのです。
い、いかん…。このままでは…!何とか誤魔化さなくては…!!
プチ・・・ガッ・・・ゴッ・・・ゲ・・・
ゴソゴソ・・・・・・・・・・

・・・・グガ・・・・
ゴホンゴホン・・・・

ヴィシュヌ様…このインドラ宮に自ら足をお運びになるとは…。
何か火急の用でも用でも…?黒のソーマなど微塵も感じられませぬが…。
ヴィシュヌ様…こんな夜更けに…供も付けず御一人で…
私の部屋へいらっしゃる…と言う事は…、もしや夜這いではありますまいな…?
フフフ…戯言ですよ…。御気になされるな…。
さあ…アムリタ茶でも飲み、落ち着かれてはいかがか…。

278 :インドラ:04/05/28 01:35
>273
そうだな…。だが…依然この次元は不安定な様子…。
客人よ…天空殿を案じてくれたのだな…。
恩に着る…。

>274
さて…迦楼羅王より報告は受けたが…直接私が関わっている事では無い為、
話が見えぬのだ…。
私からガイの姉について何とも言えぬのが実状…。
引き裂かれた魂が求めるものが招いた結果か…。
…幸せであれば良いのだが…な…。


さて…ヴィシュヌ様の誤解を解かねばなるまい…。
では…な…。

279 :以上、自作自演でした。:04/05/28 02:26
お前ら全員まとめて俺の性奴にしてやる。
毎晩とびっきりのプレイぢゃ!
ヴィシュヌたんは特別ヒーヒーアンアン言わせてやるから楽しみにしとけ。

280 :以上、自作自演でした。:04/05/28 04:08
昔、このアニメを見ていたらサンテラだったか
アンテラだったかが後ろを向いて喋って居た時
顔の後ろに明らかに口と分かる物があって
喋っていたのだけど…あれは一体何?

281 :闥婆王クウヤ:04/05/28 05:02
>260
そのようなことこの場では公言できませぬ。
もしこの場で名前を出して、
その相手がわたしに色目を使い出したらどうするのです。
女官たちが喜ぶだけではないですか。

>261
それは切実な問題ですね・・・
わたし自身、あまり人気のある方ではないので、
参考になるかどうか・・・・
やはり他の御三方がおっしゃるとおり、
質問が無くてもつらつらと書き込んでみるのはどうでしょうか?
目に付けば客人も寄ってくるでしょうし・・・
誠実に対応すれば良いと思います。
言ってて自身の耳が痛くなりますが・・・

>262
たしかに先代は斃すことができず、
封印して難を逃れたと聞いております。
しかし一万年の間成長の無かった彼の者に対し、
我ら八部衆は先代よりその歴史を受け継ぎ、
また自身を高めるべく修行をしてきました。
その違いが、リョウマの勝利へと繋がったはずです。
第一、今八部衆が集結すれば、
ブラフマーのシャクティを着けたシュラト殿が、
瞬殺することでしょう。

282 :闥婆王クウヤ:04/05/28 05:04
>レンゲ
>お前の水面鏡の使用用途を詳しくヴィシュヌ様にお話するとしよう。
グッ、仕方ありません。
会合は中止となりました。

>265
あなたが男性ならそれは良い目標です。
女性なら・・・・・やりすぎはよくありませんよ。

>268
ヴィシュヌ様がそのようなことをなさるわけがありません。
あまりにも激しい妄想は黒の光流を現出させますよ。

>ヴィシュヌ様
>インドラにお返しするのに何がよいでしょう?
そうですね・・・
最近客人からエロゲーなる物を差し入れられた時、
たいそう喜んでおられました。
ですのでエロゲーなぞよろしいかと思います。

283 :闥婆王クウヤ:04/05/28 05:05
>273
わたしは修行中でしたのでことの経緯は分かりかねますが、
たしかになくならずに済んで良かったです。
そして客人の応援に感謝いたします。

>274
正確なところは本人にしか判りません。
シュラト殿の話だとただガイを取り戻したいという一念が、
心の中にある創造神の種に誤った力を加えたそうです。
しかるに、単にガイと暮らせる世界が欲しかったというところでしょうか。

>インドラ様
>レンゲの様に凛々しさを志すならば…、75のA…。
本人は78だと言い張ってますが・・・・

284 :闥婆王クウヤ:04/05/28 05:07
>279
フフフ・・・そうですか、
いやいや、わたしは何故こんなについているのでしょう・・・
またも一番乗りです。
ヴィシュヌ様に対し、そのようなことをさせるわけにはいきません。
わたしがあなたをヒーヒーアンアン言わせてみましょう。

ナウマク サンマンダ ボダナン ギャナウ サンラ サンラ ソワカ 闥婆水雷染!!

>280
天空観測所によれば、異動宮侵攻当時、
天空界全域において時空の乱れが発生していたそうです。
わたしは直接対峙していないのですが、
それはその時空の乱れのせいではないかと思われます。
忘れてやってください。

285 :以上、自作自演でした。:04/05/28 22:18
ヴィシュヌ様はあと何万年生きるおつもりですか?

286 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/28 23:28
>273
ありがとうございます。
これもここに来てくださっている
お客様のおかげと思っております。
正直、今回の混沌はわたくしとしても
どうすることも出来ませんでしたので・・

このような混乱はあまり起こらないと良いですね。

>274
わたくしもラクシュから聞いただけの情報しか
持ち合わせておりません・・・
そのラクシュでさえ詳しくは判らないとのことでした。
シュラトはこの件についてあまり多くを語りたがらないようです。
この件についてラクシュが問いただすと、あの明朗な彼が・・・
いつも明るく笑っている彼が、少し寂しげに笑って口を噤むそうです。

>277 インドラ
>もしや夜這いではありますまいな…?
いえ、そのようなことは・・・ありませぬが・・・
(黒の光流が消えた・・?)
>アムリタ茶でも飲み、落ち着かれてはいかがか…。
これはありがとうございます。
大変おいしかったです。それでは瞑想に戻ります。
(いったい何事が起こったのでしょう・・・??)

287 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/28 23:30
>279
まあ、最近桜の滋養が足りないからと自ら申し出てくださるとは、
なんと見所のある方でしょう。
おほほほほ・・・これでお別れとは残念です。

    (ザシュッ・・・ふぅ、慣れてくると使いやすいわねこの剣)

日誌:又アスラ神軍に身を落としたる者が居ました。
その魂を救う・・・なんと素晴らしいことでしょう。
桜もまた、喜んでいることでしょう。

288 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/28 23:33
>280
まあ、恐ろしい・・・妖怪のような姿ですね・・・
しかし、アスラ神軍には奇抜な技を持つ者が居ますので
何かの術だったのかもしれません・・・
いずれにしてもあの者たちも天霊界に居る身・・
今更確認することはできません・・・

>282
>エロゲーなぞよろしいかと思います。
そうですか・・エロゲーですね・・・
判りました。
エロゲーなる物を買い求めに行ってまいりましょう・・
おほほほほ・・・ところでどこで買い求めれば良いのでしょう。

>285
さあ、どのくらい生きれるのでしょう?
わたくしも自分の寿命まではわかりかねます・・・
できれば生きれるだけ生き抜きたいと思います。
それが幾万年でも・・・

289 :インドラ:04/05/28 23:52
血の匂い…。桜も風に揺れ…振るえているかのようだ…。

>279
客人は凝りる…と言う言葉を知らぬらしい…。
それに…何故…、私や闥婆王までもが含まれておるのかも…よく分からぬ。
男でも良い…のか?
だとしたら…黒のソーマに魅入られたアスラ神族よりも始末に負えぬな…。
毎晩飛び切りのプレイにはそそられ…いや…、お前の相手は既にクウヤがしているな(>284)
技を喰らって全身ビチョビチョの上…ヴィシュヌ様にまで止めを刺されて…(>287)
私は見てはいない…見て無い……放って置こう……。

>280
客人よ…お前は見てはならぬものを見てしまった様だ…。
確かに…日帝アンテラと月帝サンテラは…、
私と同じ十二羅帝として最強の名を擁いていたが…、
デーヴァ神族とアスラ神族に別れ…彼の者達は単なるお笑い芸人集団と化してしまった…。
何とも嘆かわしい限りだが…、アンテラとサンテラが妖怪二口男女に身を墜したとは知らなかった…。
なにぶん…その時…私は…この天空界を去っていたのだからな…。

(口が何箇所もあったとか…ズラがズレてたとか…。去っていて正解だったのか…。)

>283
>本人は78だと言い張ってますが
クウヤよここだけの話だが…その数字にどんな違いがあると言うのか…。

290 :インドラ:04/05/28 23:52
>285
フ…。さて…な…。
永劫にも近いこの時を生きた…天空界の「調和」の神…。
そのソーマが尽きた時…死という概念では無く…新たなる転生を遂げるのだ…。
若き調和神の誕生により…既にヴィシュヌ様の役目は終えようとされている…、
しかし…人間界の時間軸より遥かに緩やかな天空界では…、
…時の単位すらも…おぼろげなものに過ぎぬ…。

>288
>それが幾万年でも
未練がましい……いや…、
ヴィシュヌ様…命ある限り天空界の為に…ソーマを尽くされるか…。
ならば…この雷帝インドラ…、愛すべき…この天空界の為にお供しましょう……。
(私が平凡で静かな人生を歩むのは…何時になるのか……)


今宵も良い夢を…。
では…な…。

291 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/29 00:54
>268
ヴィシュヌ様に対する妄想も程ほどにしておかないと、
いつかダンの技で生きたまま埋められることになるぞ・・・。

>ヴィシュヌ様
>楽しげな使い方(>264)
クウヤの術は無の境地を極めた上でのもの。
わたくしに全てが理解できているとは思えません。
直接クウヤにお聞きするのが良いかと思われます。

>273
次元が変わったことに気づかず、
時が止まったのかと思った・・・。
この場所が消滅しなかったことは何よりだ。

>274
我々には計り知れない部分はあるが
大切な人と一緒に居たいという気持ちはわからないでも無い・・・。

292 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/29 00:56
>インドラ様
>フォロー(>276)
枕言葉に「例え」が抜けておりました。
そう、 例 え です。

>279
客人の姿は既に無く、後に残るは血痕ばかり・・・。
・・・冥福を祈る。

>280
次元の歪みがそう見せたのか、それとも本当に化け物なのか。
真偽の程は・・・・、
直接戦ったヒュウガ・リョウマ・レイガならわかるかも知れん。
戦いでそれ処では無かったかもしれんがな。

>クウヤ
>282
人の胸のサイズを公衆の面前で語るな!!
大体そういったサイズは数字だけ見てもしょうがないだろ。
90あってもアンダーが80とかだったらどうするのだ。
これだから男は・・・・・。

>285
天空人は長寿だが不死では無い。
いつかその日がやって来るのだろうが、
それが何時のことになるのかは・・・・何時なのだろうな?

293 :以上、自作自演でした。:04/05/29 01:54
にゃー。久しぶりにゃー。猫王にゃー。
ふしゅ〜〜〜〜〜!しっしゅっ!
・・・とりあえず威嚇してみたにゃー。
猫の習性にゃー。すりすり。足にすりすり。

294 :以上、自作自演でした。:04/05/29 03:22
セックスしたくなるのはあなたたち神が人間を作った時にそう決めたのでしょう?
なぜセックスの話を避けるのか問いただしたい!

295 :以上、自作自演でした。:04/05/29 10:56
黄昏よりも昏きもの
血の流れより紅きもの
時の流れに埋もれし
偉大なる汝の名において
我ここに 闇に誓わん
我等が前に立ち塞がりし
すべての愚かなるものに
我と汝が力もて
等しく滅びを与えんことを

竜破斬!>>ヴィシュヌ

296 :リョウマ:04/05/29 21:57
保健体育の講義で真実を知ったわけだが
かえって悩みが増えてしまったではないか。
マツリにどう説明するか、それが問題だ

1・有無をいわさず押し倒す

2・さりげなく妻の目に付く場所に、保健体育の教科書を置いておく

3・すべてを諦め、時の流れに身をゆだねる

はぁ…

297 :インドラ:04/05/30 01:49
うむ…不測の事態が起こったか…。

>292
>90あってもアンダーが80
ほう…成る程。良く分からぬが…そう言うものか…。
レンゲよ…胸など戦いにおいて重要事項では無い…。
私は気にしない……が、
天王と摩利支天はどうなのだろうな…。フフフ…。

>293
いつぞやの…小ナーガに似た生物か…。何処から天空殿に入り込んだのやら…。
何やら慌しいが…私は酒しか持っておらぬぞ…。
>足にすりすり。
こらこら…困った奴だ…。
ふむ…シュラトに言って何か食物を貰おう…。
あの男ならば…何かしら隠し持っている事だろう…。

だが…逆に食われる可能性もあるがな…。

>294
ヴィシュヌ様の弁を借りれば…「人間界はいわば天空界の投影」
太古の昔…神が人間を造ったのか…世の成り立ちは…私には分からぬ…。
セックスとは交合の事か…?赤裸々だな…客人よ…。だが…愚問だ。
天空人の倫理観、道徳観は人間よりも強い…。
声高らかに性欲・愛欲の話など…、恥ずべきものだ…。

そう…秘してこそ性の神秘が増す…とは思わぬか…。
グチョグチョハードプレイについての話は……私も興味がある…後程司政室で話を聞こう…。
…ゆっくり…とな…。

298 :インドラ:04/05/30 01:50
>295
ムッ…?このタントラの詠唱…聞き覚えがある…。
いかん…ッ!このままではヴィシュヌ様のみならず…天空殿が崩壊する!!

Om vajra-padm' atmako' ham.
 反 生 回 路 

自らの技…その身に受けるが良い…!
レンゲの声に似ていたが…別人…だろう…。ゆるせ……>295

>296
>マツリにどう説明するか、それが問題だ
龍王リョウマよ…、よく考えるが良い…。
主導権を握るか…握られるかの瀬戸際…。
ちなみに…第4の案として…
「これを見てくれ。こいつをどう思う」と言うのも提示しておこう…。
…握られたら…それまでだが……。


今宵の天空殿は不穏なソーマの気配がする…、警備の者に不備が無いか…見てくるとしよう…。
しかし…客人の来訪…何時なりと歓迎する…。
…では…な…。

299 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/30 04:25
>293
まあ、あの時のかわいらしいお客さんですね・・・
人々の心に安らぎを与えるその仕草・・・
わたくしの心も癒されるようです。
あちらのラクシュの所にミーとミンチがいますので、
一緒に遊ばれてはいかがでしょうか。

>294
そうですね・・・たしかにこの世界が創造された時からの理、
あなたの言葉ももっともだと思います。
しかし暴走しようとする心には、
誰かが制動をかけてやらねばならないと思います。
暴走の果てに行き着く先は闇・・・
この世に黒の光流をはびこらせる訳にはいかないのです。

>295
その真言は・・・・黒の光流とは異なる、しかし破壊の・・・
インドラがこの場に居なければ大変なことになっていました。
この新天空殿も無事には済まなかったでしょう。
しかし、彼の者の姿・・・
何故レンゲと重なって見えたのでしょうか?

300 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/30 04:26
>296 リョウマ
リョウマ、あなたの思うままに為せば良いのです。
あなたがたは既に夫婦・・・誰にも気兼ねはいりません。
そして早く龍王の子を見せてください。

>298 インドラ
>自らの技…その身に受けるが良い…!
この天空殿の危機を救ってくださったこと礼を言います。
ところでエロゲなる物を好きなのですか?
いえ、クウヤから聞き及び、
この度の御礼にと思ったのですが・・・・

301 :闥婆王クウヤ:04/05/30 07:47
>285
わたし個人の願望としてはいつまでも健在でいて欲しいですね。
いつまでもお美しい姿を見ていたいのです。
だから、その終わりがいつ来るのかは想像したくありません。

>ヴィシュヌ様
>ところでどこで買い求めれば良いのでしょう。
言い伝えによりますとアキバッパラが良いそうです。

>インドラ様
>その数字にどんな違いがあると言うのか
本人にとっては雲泥の差が有るそうです。

>レンゲ
>大体そういったサイズは数字だけ見てもしょうがないだろ。
なるほど、Aの部分が大事なのですね。

>293
これは>261の方とは親戚ですか?
いえ、しゃべり方の特徴が似ていたものですから。
しかしなんと心の安まる仕草でしょう・・・
その愛嬌を皆に振りまいて、明るい世界の礎となってください。

302 :闥婆王クウヤ:04/05/30 07:48
>294
知っての通り我ら八部衆、
先日までセックスについて知り得ませんでした。
そのことでお客人方の真意を計り損ねていたのかもしれません。
しかし理解したならしたで、
天空人としての倫理にかかるこの話題、
公の場で口にすること憚れます。
そのことを含みおき御来駕ください。

>295
インドラ様が居なければ天空殿ごと吹き飛びそうな威力・・・
あぶないところでした。
ところで何故あなたはヴィシュヌ様に力を向けるのですか?
見たところアスラ神軍の手の者にも見えませんが・・・

>リョウマ
わたしとしては2番をおすすめします。
一緒にこのビニールの本を添えておけばより効果的ですよ。
この智将クウヤのいうことに間違いはありません。

303 :以上、自作自演でした。:04/05/30 10:39
マリーチがアカラナータに転生したのは本当ですか?

304 :以上、自作自演でした。:04/05/30 11:00
すんげぇ遅いつっこみで悪いのですが、
インドラ様、給料3箇月はエンゲージリングでは?

あっ プロポーズするんですか、失礼しました。
で、どっちに?

305 :以上、自作自演でした。:04/05/30 14:22
くぅっ!!

竜破斬を返すとは、なかなかやるわね。
何故、攻撃するか?
理由は簡単。胸のある女には等しく滅びを与えるのよ。
まずは、インドラ、邪魔なあんたを先に倒す!!

闇よりもなお昏きもの
夜よりもなお深きもの
混沌の海よ たゆたいし存在
金色なりし闇の王
我ここに 汝に願う
我ここに 汝に誓う
我等が前に立ち塞がりし
すべての愚かなるものに
我と汝が力もて
等しく滅びを与えんことを

重破斬>>インドラ

306 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/30 20:56
>303
天霊界にいるガイが、
二人揃って歩いているところを見たと言っていましたし・・・
そのようなことは無いと思います。
ただ、わたくしのあずかり知らぬところで、
時空のずれでも起こったのであれば・・
可能性を否定は出来ません。

>304
まあ、そうなのですか・・・・・(ぽっ)
地上界のしきたりについてはまだ知らぬことが多いようです。
しかしわたくしはお受けすることが出来ない身・・・
そのことはインドラも承知しているはずです。
だとすれば・・それはレンゲ用なのでしょうか・・?
なれば・・・祝福せねばなりませんね。

>305
オン シベティ シベティ ハンダラ バシニ ソワカ
オン ハンドメイ シンダマニ ジンバラ ハン・・・

ここでインドラを失うわけにはいきません。
アスラ神軍でないのならば、元の世界へ転生させてあげましょう。

ナウマク サンマンダ ボダナン マハシリエイ ソワカ
オン バラダ ハンドメイ ハ〜ン!

ふう・・・・ひさしぶりゆえ少し疲れました・・・
ヴィシュヌ宮へ引き上げます。

307 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/30 23:10
>293
・・・・・・

(なでなで)
(なでなで)
(なでなで)
   ・
   ・
   ・
   ・


>294
よく知らなかった為、今まで満足に答えられ無かったことが、
客人に避けていると感じさせてしまっていたのか・・・。
今は・・・その、・・・少しだけ、解かった・・・。
だが!大っぴらに話すことでも無いこともわかった。
本来はパートナーと二人の、極めて個人的な問題だろ?
それを面前で話すというのは非常に品の無い事だと思うぞ。

>295
これは・・・っ!
インドラ様が居られなければ危ないところだった。
しかし、何故だか自分の声を聞いている様だ・・・。


308 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/30 23:11
>リョウマ
>296
保健体育の講義は私にも衝撃的だったのだが、
お前の場合、問題は切実だな・・・。
しかしお前達は夫婦なのだから話合ってみるというのは駄目なのか?
・・・・・・・というより、お前が1から教えてやればよかろう!?
別にやましい事でもあるまいし。

>インドラ様
>天王と摩利支天(297)
何故二人の名前が出てくるのですか・・・インドラ様。
気にするようであれば、それまでの男だった。只それだけです。

309 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/30 23:13
>クウヤ
>Aの部分が大事(>301)
・・・・・。
お前の言いたいことはよく解かった・・・・。

>ヴィシュヌ様
ヴィシュヌ様、クウヤの水面鏡ですが・・・、
どうやら”趣味”で”覗き”に使っているような節があります。
同じ八部衆としてこの様な恥ずべき事を進言することは
心苦しいばかりですが、このままでは堕落していく一方。
私の力ではどうすることも出来ず、ヴィシュヌ様にお縋りする他無く・・・。
なにとぞ、ヴィシュヌ様からクウヤへご忠告願えないでしょうか。

>303
マリーチがアカラナータだと?
確かに戦場で「死ねー!皆死ねー!!」という
何か箍が外れた様な声を聞いたときには、
どっかで聞き覚えのあるような・・・。
と思ったのだが、あいつに声が似ていたのか・・・。
だがどう見ても別人のようにしか思えんぞ。
あのアカラナータがマリーチの様に
気障なセリフを喋っているところを想像してみろ。

・・・・・あまりの違和感に眩暈がしそうだ。

310 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/05/30 23:15
>304
プロ・・・・
ヴィシュヌ様は受けることは出来ないと仰られておられるし、
私は恐れ多くもインドラ様と結婚出来るなどとは考えていない・・・。
我々を・・・天空界を見守って下さり、私はその手助けをさせて頂く。
その関係だけで十分幸せなのだから・・・。

>305
非常〜に!親近感を覚えなくもないが、
インドラ様に楯突く者を見過ごすわけにはいかん!
なおも狼藉を働くようであれば、この那羅王レンゲが相手をする!

311 :降三世:04/05/30 23:51
この貧乳娘が!!<レンゲ

312 :リナ=インバース:04/05/31 00:02
>>310
あなたは他人の気がしないわ。声といい胸の大きさといい・・・。

わかったわ。インドラは攻撃しないわ。
ヴィシュヌ様もさすがは神ね。やっぱり何万年も生きてるオバサ(略)は違うわね。
あぶなくわけわかんない世界に送られるところだったわ。

313 :以上、自作自演でした。:04/05/31 03:55
ここにコカコーラを置いていきますね。
アムリタとかいう麻薬よりこっちのが美味しいし。

314 :以上、自作自演でした。:04/05/31 05:51
ヴィシュヌ → 高齢ババア
レンゲ   → DQNクソガキ
クウヤ   → ムッツリスケベ
インドラ  → ロリ属性

315 :リョウマ:04/05/31 12:08
ふ、ここ数日ほど携帯から、天空殿の様子をうかがうことが出来なかった。
「人大杉」などという、ふざけたタントラが表示されるばかりで。
ガイではないが、非常手段で人間界の漫画喫茶を利用している。

>300 ヴィシュヌ様
人間界では夫婦であっても、無理矢理ことに及べば、強姦罪が適用されるとか。
そのあたり、天空界はいかなる解釈をお持ちでしょうか?

>レンゲ
そうは言うがな、レンゲよ。
いかに夫婦であっても、照れくさいではないか。
やましい、やましくないというのは別次元の問題としてもだ

>311
トライロー・・・貴様がなぜ!シュラトに倒されたはず。
潔く成仏するがいい。未練がましいぞ

316 :リョウマ:04/05/31 12:13
>313
その飲み物は飲み続けると、男性の機能が役に立たなくなるときくぞ。
さては天空界をゆるやかに滅ぼそうとたくらむ、アスラ神軍の残党か。
この龍王が成敗してくれる!

それにしても、「人大杉」が続くようなら、もう天空殿の裏に来ることも出来ないな
そうならないことを祈るばかりだ・・・

317 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/31 19:05
>309 レンゲ
>クウヤへご忠告願えないでしょうか。
そうですか・・・わかりました。
レンゲ・・・気苦労をかけて申し訳ありません。
その件、わたくしに一任してください。

>クウヤ
クウヤ、あなたは八部衆闥婆王の責務をどう考えていますか・・
本来、八部衆は他の神将の模範となるべき者であり、
その尊敬を集めねばならぬ存在だと思います。
しかし貴方自身、我が身を見てどうでしょうか・・・・
あなた達はまだ若い・・
これから先も次期創造神、調和神の腹心として
この天空界をもり立てる必要があるのです。
欲望に身を任せ・・力をふるってはいけません。
水面鏡・・・この術の使用、これより禁止いたします。

お客様の前で大変失礼致しました。
ご不快になられた方も居るやもしれませんが、
お許し下さい。

318 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/31 19:06
>311
これは降三世明王・・・トライローと言いましたか・・
あなたも天霊界より転生されたのですか・・・
シュラトがあなたを斃した新必殺技、
楽しげに話してくれました。
何故レンゲに対してそのようなもの言いをするのか判りませんが、
害意が無いならばゆっくりとしていってください。

>312
本来の世界へ転生させようとしたのですが・・・
久しく使用していない真言でしたので
間違えたのでしょうか?
しかし、気分が落ち着いたようで何よりです。
お茶でも飲みながらレンゲとお話でもしていって下さい。

>313
人間界には同じ名を持つ異なる物も有るようですが、
わたくしたちのアムリタには麻薬成分などありません。
ただ、コカコーラはいただきましょう。
地上界でしか飲めぬ物ですし・・・

319 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/05/31 19:07
>314
おほほほ・・たしかにわたくしは、
人間界の時間の流れで見れば歳を取っています。
ですのでわたくしに対する評価は捨て置きましょう。
しかし他の者に対する評価は間違いだと思いますよ。

>315-316 リョウマ
リョウマ苦労しているのですね・・・
しかしそうまでしてここに来てくださったこと感謝します。
最近の時空の乱れ・・アスラ神軍編と呼ばれたあのころに近いものがあります。
ただ、この乱れを落ち着かせようとする者たちが、
努力しているとのことですので今しばらく待ってみるのが良いでしょう。
落ち着きましたら又顔を出して下さいね。

320 :以上、自作自演でした。:04/05/31 20:52
ビシュヌ様の膝枕でお昼寝したいです

321 :アーちゃんのファン:04/05/31 21:17
アスラは阿修羅、すなわち修羅王のこと。
修羅王こそアスラ神軍そのもの。
創造神に相応しくないと思われる。

ということで、大日如来の教令輪身、アカラナータ様こそが創造神に相応しいと思います。
審査をやり直してください。

322 :インドラ:04/06/01 02:16
雷帝インドラ参る…。

>300
>ところでエロゲなる物を好きなのですか?
は…、大好物…いえ…、私はそのような物存じ上げませんな…。
さて…一体何の事やら…。ハハハハ…(低音)
…ヴィシュヌ様自ら…御礼などと…
私はデーヴァ神軍総司令としての責務を果たしたまで…。

>301
>言い伝えによりますとアキバッパラが良いそうです
闥婆王クウヤよ…。言ってはならぬ事を…。私の唯一の娯楽を…お前は奪うか…。
それにもし…あのヴィシュヌ様がアキバッパラに降臨されたら…、
コスプレとやらに間違われてしまうのだぞ…。
……アキバッパラに生息する者が果たして…あの方をヴィシュヌ様その人と
認識出来るのかどうか甚だ疑問だ…。…戦いの終結より…永い時が経った…な…。

>303
この世界には3人同じ顔を持つ者が居る…と言う…。
だが…不動明王アカラナータと摩利支天マリーチは別人だろう…。
転生により同じ魂が同居しているとも思えぬ…。
声のみが同じならば…レンゲなどはどうなるのか…。
聞くところによると…シュラトの妹…シュラトの子供時代、
小ナーガ……の声に似ていると聞く…。

…私は…知らず天空界の禁忌に触れてしまったか……。

323 :インドラ:04/06/01 02:16
>304
客人が言い出さなければ…そのまま忘却した振りをしていた…。余計な真似を…。
…と言うのは冗談で…よく忘れず突っ込みを入れてくれたな…客人。
肝心の指輪とやらだが…無論約束を違える雷帝インドラでは無い…。
人間界に降り…給与の3ヶ月分の該当の品を買ってきた…。
どうやら…人間界という所は何にでもオマケが付いてくるらしく…、
私が給与の3ヶ月分を侘しい懐から出して買った…酒約数十箱…
指輪のオマケとして全てに発泡酒が付いていた…。
これを渡そうと思うのだが…、ヴィシュヌ様とレンゲは喜ぶだろうか……。

>305
…ふむ…どうやらヴィシュヌ様の計らい(>306)により事無きを得たか…。
…一つ試して見たい技があったのだが…不発に終わり…残念ではある…。
そう…その技こそ…この雷帝インドラが膝を屈した技…。
那羅王レンゲ直伝の……禁断の技…、その名も「インドラ甘噛み♡」

命拾いをしたな……、>305よ……。

>306
これは丁度良い所に…ヴィシュヌ様…。
人間界より指輪なる物をお持ち致しました…。
リングぷると言う名称の様ですが…発泡酒も付いてお得感倍増ですな…。

>310
レンゲ…お前も丁度良い所へ来た…。これを……つ目
ヴィシュヌ様にも渡したのだが…困った顔をされて…、
私をより一層慈愛の表情で御覧になるのだ…。レンゲ…私の顔に何か付いているか…?

324 :インドラ:04/06/01 02:17
>311
ほう…トライローか…。
お前が天空殿「裏」に顔を出すとは…な…。
若い者に僻むのはやめよ…、お前も立派なオバサ…
胸ならば…成長の可能性も無きにしも非ず…お前はそのまま垂れ……

……鞭を取り出すのは止せ…。

>312
ほう…ヴィシュヌ様のタントラ効かぬか…、レンゲと同じ悩みを持つ者よ…。
早急に元の世界に戻らぬと…マリーチ…では無かった…、長い金の髪を持つ者が心配するぞ…。
それに…そこ彼処で破壊活動をされては困る…。
先の戦いにより荒廃した天空殿建設に天空人の数多の民が人柱になったと…

…何でも無い…。

>313
アムリタと植物性アルカロイド系清涼飲料水は同列にする事無き様…。
客人よ…、そのコカコーラとやら…黒く不気味な泡が浮いているのだが…
そちらの方が毒では無いか…?
客人からの貢ぎ物であれば……有難く受け取るのが流儀だが…
骨が溶け出しそうな気もするので…私は遠慮しよう…。

修羅王ならば…喜びそうだ…、後程持って行ってやるとしよう…。

>314
ふむ…、それが客人の認識か…。
いかんな…。この雷帝インドラがロリ属性になっていたとは…、
…その汚名を晴らすべく努力していたが…、そこまで浸透していたか…。
だが…私はロリに非ず…。
ああ…真実だ…。清廉な武人であるデーヴァ神軍の総司令が…
あどけない幼女に…心動かされる事は…動かされる事は・・・・・断じて無い…!

325 :インドラ:04/06/01 02:18
>315
龍王リョウマよ…、お前も夜叉王ガイの様に人間界の漫画喫茶か…。
八部衆は皆…漫画が好きと見える…。
結界に阻まれて難儀している様だが…、その間…週間天空界の記事を探すのも…
子作りに励むも良し…。修行に励むが良いだろう…。
お前は…忘れているかも知れぬが…ヴィシュヌ様の石像の件もな…。

>317
>クウヤに水面鏡の禁止
ヴィシュヌ様、その御裁可暫し待たれよ…。
私の話を聞いてからでも遅くはありますまい…。
この雷帝インドラ直属の精鋭部隊、八部衆の闥婆王クウヤには…私より密命を下しておりました。
ヴィシュヌ様並びに女性神将達の不安を煽る事無い様に、秘匿しておりましたが…
この場にて隠し立てする事は賢明では無い為、明らかにいたします…。
…そう…闥婆王に下した命とは…この天空樹周辺の水辺で不審者の探索…
近頃不埒な者が出没するとの報を受け…、広範囲の監視をする術を持つ闥婆王を選任いたしました。
その為に…言われの無い叱責を受けるのを見過ごしては…私の管理能力も問われましょう…。
ヴィシュヌ様…寛大なるご判断を。

.。oO(ちなみにクウヤの念写による写真の収益は…天空殿の維持費として活用している…。
   これを止めると財政困難になる事必至だ…、それをヴィシュヌ様はお分かりなのだろうか…)

326 :インドラ:04/06/01 02:18
>320
……。膝枕か…。
ここだけの話だが……
私はあの御方が座られるのを見た覚えが…、数度しかない…。
膝はちゃんと曲がるのか…甚だ疑問だ…。
それより…比婆王が来たら隠れる様注意する事だ…。

>321
不動明王アカラナータが…創造神に…だと?
審査のやり直し…と言う事らしいが…、客人よ…。
シュラトを創造神として選んだのはブラフマーだ…。
須弥山に行き直訴するのも良いが…、ブラフマーの残留思念も残っているかどうか……。

もし仮にアカラナータが創造神になったとして…
修羅王より…下品な世界になる事…確実だと思うのだが……。


本日は職務が溜まり残業か…、司政室へ戻る…。
では…な…。

327 :以上、自作自演でした。:04/06/01 02:42
ヴィシュヌとレンゲは生理ありますか?
クウヤとインドラは射精しますか?
これは貴方たちの存在に関わる大事な質問なのでキチンと答えてください。

328 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 03:29
>311
黙れ!
あとは垂れるばかりのオバサンに言われたく無いわ!

>312
客人の名前はリナというのか。
他人の様に思えないのは私も同様だが、
問答無用に破壊活動を行われては困るのだ。
聞くところによると、保護者を名乗る相棒がいるのだろう?
心配させないうちにヴィシュヌ様のお力で元の世界に戻られてはどうだ?

>313
美味い不味い以前にアムリタには味も匂いも無いのだが・・・。
しかし、客人が美味しいと薦めてくれるなら飲んでみるか。

>314
クソガキ呼ばわりされるとは・・・・。
正直なところ、少し傷つくな・・・。

329 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 03:30
>リョウマ
>315
難儀しているようだな、リョウマ。
私も早く結界が解けることを祈ろう。

>照れくさい
あー!お前をみていると焦れったい!!

・・・こういうことを言うと今までの経験上
自分はどうなのだと言われそうだが・・・
それは放っとけ!

>ヴィシュヌ様
>317
ヴィシュヌ様、進言をお聞き入れくださり誠にありがとうございます。
しかしながら、後からクウヤは密命を帯びていのだと話しに聞きました。
全てはわたくしの早計に他ならず、いかなる処分も辞さない覚悟でございます・・・。

330 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 03:30
>321
奴が創造神だと!?
破壊神の間違いではないのか?それは。
コツコツと物を作っていくような性格だとは思えないのだが。
・・・・・・・それはシュラトもそうか・・・。

>インドラ様
>323
>リングぷる
ありがとうございますインドラ様・・・・(困惑)。

>327
な・・・・・!
それはその・・・子供を生める体である以上・・・ソレはあるが・・・
・・・・・・恥ずかしいことを言わせるなっ!

331 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 04:09
客人の質問をひとつ飛ばしていたようだ。
夜間の警邏で疲れていた様だ。

>320
恐れ多いことではあるが、まるで母の膝元にいるような、
そんな気持ちになれるのだろうな・・・。


さて・・・・、自室に戻って寝るか。

332 :サティ:04/06/01 20:35
>雷帝インドラ様

妹がいつもお世話になっております。
お願いがあって参りました。

レンゲなのですが、このままでは行かず後家になってしまいます。
同じ八部衆のヒュウガさんとは友達以上恋人未満という中途半端な関係だとか。
とっとと一線を越えられるよう取り計らっていただきたいのです。
童○と処○というどうしようもない二人です。
老若男女問わず百戦錬磨のインドラ様に是非ともお力添えをお願いいたします。

333 :以上、自作自演でした。:04/06/01 21:14
ヴィシュヌ様は幻の銀水晶は使えますか?
攻撃系のタントラはないのですか?

インドラ様は雷帝なのに、雷系のタントラはありませんね。
パチンコ玉とアナザーディメンションしか見たことないんですけど。

334 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/01 21:41
>320
そのようなことでよろしければ・・・
調和神としての執務に差し支えなければ、
いつでもよろしいですよ。
さあ、こちらにきておやすみになって下さい。

>321
恋は盲目・・・・
いえ、よくクウヤがレンゲに言っているのを
聞いていたものですから・・・・
あの人が後継者を定めた以上今更変えることも出来ません。
しかも彼の者の・・・隠し芸大会での乱心、
今も天空人の中に精神的外傷として残っています。
残念ですがあきらめてください。

>323 インドラ
>人間界より指輪なる物をお持ち致しました
まあ、ありがとうございます・・・・
素敵です、このリング ぷ る ・・・
お礼をせねばなりませんね。
先日のエロゲーなるもの、わたくしの御側女官達が
アキバッパラなるところで買ってきてくださいました。
これを受け取ってください。

「薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花咲ク」
「王子さまLv2」

女官達も一生懸命選んだそうです。
早速、遊んでみて感想を聞かせてください。

335 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/01 21:42
>325 インドラ
>寛大なるご判断を。
そうでしたか・・・
クウヤにはきつく言ってしまい悪いことをしました。
あやまらねばなりませんね。

>327
生理ですか・・・
わたくしもまだ閉経を迎える歳ではないので
まだありますが・・・
そのようなことを知ってどうするのですか?

>329 レンゲ
>いかなる処分も辞さない覚悟でございます
そうですか・・・
いえ、処分などもとから考えてはいません。
あなたは同僚を思いやる気持ちから、
わたくしに進言したのでしょう。
その心を処分の対象などに出来ません。
この件はわたくしがクウヤにお詫びすることといたします。

336 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/01 21:42
>332
あなたの肉親を思いやる気持ち、美しく感じます。
インドラならばうまく取りなして下さるでしょう。
ところで貴方自身はいいのですか?
わたくしが縁を取り持ってもかまいませんよ。

>333
銀水晶ですか・・・?
どのような物か判りませんが、
少なくとも使ったことはありません。
攻撃系の真言ですか・・・・
通常の調和神としての執務には必要ありませんし、
準備しておりません。

337 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 21:59
昨日は明け方までの勤務で意識が朦朧としていたのか
言葉遣いに変なところが・・・、申し訳ない。

>332
Σね・・・・ねねねねねねね姉さん!?
久々に会えて嬉しいけど・・・・嬉しいけど・・・・けどっ!!
こんな処まで来て何を言うのかと思えば、な、な、な・・・なんて事を〜っ!
しかもインドラ様に・・・!
私のことよりもっ、姉さんこそどうなのよ!
人の事をどうこう言うよりも自分の事の方が先でしょ!?

338 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/01 22:01
>333
幻の銀水晶?
水晶に纏わる話は幼い頃いろいろと聞いたことがあるが、
その水晶の話は聞いたこと無いな。
攻撃系のタントラは、ヴィシュヌ様自身必要ないと仰られておられるし、
もしあるのであれば、シヴァとの戦いでお使いになられたことだろう。
インドラ様はそのままで十分にお強いから
訓練時にも術を使ったところを見たことが無い・・・。
・・・・・・・まてよ、迷い水を治められたとき、確かインドラ様のバックに雷が・・・。
ご自分で呼ばれた・・・・?

>ヴィシュヌ様
>336
>縁を取り持ってもかまいませんよ
私は、姉には自分の幸せを歩んで欲しいと思っております。
しかし、姉は私のことに構ってばかりで自分のことには気が回らない性分。
このままでは身内として心配です。
是非お願い致します。

339 :以上、自作自演でした。:04/06/01 22:12
>334
ささささんびゃくにじゅうじゃありませんがよろしくお願いしますッッ

………ふわふわのぬくぬく………もう芯でもいい………

340 :以上、自作自演でした。:04/06/01 23:57
>レンゲ殿
青龍、白虎、朱雀、玄武、空陳、南斗、北斗、三台、玉女

無双華も朱霊華もいまいちなので
このタントラで、新しい技を覚えるように。

341 :以上、自作自演でした。:04/06/02 00:33
ちんちんをみんなでしゃぶってくださいね

342 :インドラ:04/06/02 00:48
諸事情により途中での退席許せ…。

>327
真面目にか…無論…、私は常に客人方に対し真摯に応対している…。
そして客人よ…、本当にそれは…大事な事か…?
私にそれを聞く…と言う意味を…お前は理解しているのか…、甚だ疑問ではある…。
…だが…、それがお前に取って大事であれば話さざるを得まい…。

私のアレだが…
そもそも私は…涸れ(検閲中)■■■■から赤い■(検閲中)…が■■、
打ちd(検閲中)……なのだからな…。

うむ…やはりこの話をしようとすると…天空電波管理局の検閲が掛かる仕組みか…。
残念だったな…客人…。

>329
>いかなる処分も辞さない覚悟
ふむ…、レンゲ……。お前もクウヤと同じで…、己の負の感情に囚われすぎる傾向がある…。
それでは何時しか黒のソーマに引き込まれるぞ…。
今度…クウヤも誘い、レイガの経営するオカマバー「極楽鳥」とやらに行ってみるか…。
私の奢りだ…。

343 :インドラ:04/06/02 00:48
>332
待て…。「老若男女問わず百戦錬磨」とは私の事か…?
武人として戦いを重ねて来たのは確かだが…それが何の役に立つのか…。
客人もとい…レンゲの姉サティよ…。この私がレンゲとヒュウガの取り計らい…と…?
策を練るのは容易い…だが…、双方…の間柄について…私が口を挟むべき問題では無い…。
周りの者がいらぬ世話を焼いた所で…所詮付け焼刃に過ぎぬ…。
…妹の事を案じるのは良いが…、自分の事も考えるがよかろう…。

ああ…そうだ…。全くぜんぜん関係無い話だが…ここに…3つの提案書がある…。
一つは「二人きりの闘技場、戦いの中芽生える真実の愛」案
一つは「滝に打たれ修行中、水に濡れた素肌にドッキリ」案
もう一つあるのだが…、これはここでは言えぬので…後程インドラ宮まで取りに来るように…。

>333
天候を操る訳ではないが…、私の技は電球…では無く稲妻を凝縮し雷球としたもの…。
タントラの詠唱あらずとも…ソーマを自在に操る事により…如何なる時でも攻撃は可能だ…。
ジャンジャンバリバリ…パチンコ玉では無い…。
アナザーディメンションとやらは…私の術か? ……大人の事情によりあえて言わぬぞ…。

しかし…客人はこの雷帝インドラの最大の奥義を知らぬらしい…。
不発に終わり…未だ誰にも見せていないのだが…な…。

344 :インドラ:04/06/02 00:48
>334
>遊んでみて感想を聞かせてください
これは…ヴィシュヌ様より賜り物とは…明日は独鈷杵でも降らねば良いですな…。
では…、拝見いたします…。

・・
・・・。
ヴィシュヌ様…、少し頭痛が致します…。
薔薇に…王子さま…。この…何とも…言えぬ心持ち…。
私にこれをプレイしろと……?
は、ヴィシュヌ様の願い…必ず、か…必ずやり遂げて見せましょう…。


…と言う訳で本日はインドラ宮は戻る…。
これは…苛めかも知れぬ…などとは到底言えまい……。
では…な…。

345 :以上、自作自演でした。:04/06/02 01:04
かわいい男の子をはべらすインドラ様、萌えです。
なかなかどうして、いいものですぞ…フフフ


346 :以上、自作自演でした。:04/06/02 01:47
ヴぃしゅぬとれんげで3Pしたい。
ついでオスどもも交えて5Pに雪崩れこみたい。

347 :以上、自作自演でした。:04/06/02 06:07
天空殿の裏に来てみました。で、何くれるの?
何か貰えるまでここを動かないし帰らないよ。

348 :以上、自作自演でした。:04/06/02 20:54
レイガのシャクティには、自己修復能力はありますか?
一握りの灰からも蘇りますか?
「八部衆に同じ技は二度と通用しない。これはもはや常識。」とか言いますか?

349 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/02 23:05
>338 レンゲ
>是非お願い致します。
わかりました。
されど引き受けるからには
やはり良い人を見つけてあげなければ・・・
やはり天空界一のエリート、八部衆でしょうか・・・
ヒュウガでは本末転倒ですし
レンゲ、あなたはクウヤを兄と呼ぶことに
抵抗はありませんか?

>339
貴方もですか・・・
わたくしの膝などで良ければどうぞ


おやすみになったのですか・・・
これでは執務に復帰できません・・・
インドラ、後は頼みましたよ。

>340
地上界の呪文の一つなのでしょうか・・・
レンゲの術も捨てたものではない故、
無理にあたらしい術の開発をする必要は無いと思います。
ただレンゲ本人が強くなりたいと願うならば、
とめだてはいたしませんが・・・

350 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/02 23:06
>341
みんなとはここにくるお客様も含めてのことですか?
いずれにしろそれはしゃぶるものではありませんので
そのような行為はご遠慮下さい。

>344 インドラ
>明日は独鈷杵でも降らねば良いですな…。
おかげさまで今日はとても良い天気でした。
ところでお渡ししたエロゲのことですが・・・
女官達が「はやく感想をお聞きになって下さい」
と、せっつくのです。
早い内に感想を教えて下さいね・・インドラ

>345
あなたはそのようなインドラに萌えるのですか・・・
わたくしの周りの女官達もそのようなことを申していました。
同じような趣味をなさっているようですね。

351 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/02 23:06
>346
おほほほほ・・・・あれほど言いましたのに・・・
欲望に負けるとアスラ神軍になってしまいますよ。
今日はとりあえずお引き取りを・・・
もし忠告の甲斐無く黒の光流に染まってしまったなら
いつでもお越し下さい。
我らとここにそびえる桜の木が改心させてあげましょう。

>347
そうですか・・・それではあなたには





死を




冗談です。
しかし何も準備しておりませんでしたので
すぐにはお渡しできません。
お待ちになるならばこの桜の木でも見ていて下さい。
夜な夜な、自律歩行すると評判です。

>348
シャクティはみな自己修復をします。
所有者が光流を注げばの話ですが・・・
台詞の方はレイガから聞いたこともありません。

352 :以上、自作自演でした。:04/06/02 23:30
桜の木の下には死体が埋まってるんですね。

ヴィシュヌ様は「桜塚護」ですね。

「桜の下にいる人たちは苦しくないんですか」

353 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/03 00:47
>340
九字の印だな。それは。
折角の提案だが、今は治療術の修行に専念することにしていてな。
すまない。
それに客人、無双華や朱霊華もそう捨てたものでは無いぞ?
見るがいい。

Namah samanta-buddhanam alolik svaha!
那羅朱霊華!!(>341)

・・・・・私の意志で自在に動く朱霊華を使えば、
生かさず殺さず・・・この様に切り刻むことが出来る・・・。

便利だろ?

>341
その様なふざけた事を言うから、朱霊華をくらう羽目になるのだ。

354 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/03 00:48
>インドラ様
>342
インドラ様からお誘い頂けるとは・・・お気遣い、うれしい限りです・・・・。
お言葉に甘えさせて頂きます・・・。

>345
インドラ様!
男の子をはべらすくらいなら、この、わた・・・わたっ・・・わた・・・・・!
・・・・・・・・・・・・・っ!言えないっっ!!

>346
3P?5P??
それは・・・・・・・・・・・・何?

>347
そう急に言われてもな・・・。
帰らないと言っているが、
我々は客人に何時までもここに居てもらって構わんが?
それに、折角来たのだ。桜でも眺めつつ語らいを楽しんでいってくれ。

355 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/03 00:48
>348
レイガのシャクティに限らずシャクティならば自己修復能力はある。
勿論、私のシャクティも同様だ。
八部衆に同じ技は二度と通用しない?
もしそうなら、敵味方に分かれたときに相当に苦労することになっただろうな。
流石に器用なあいつでもそんなことはなかろう。

>ヴィシュヌ様
>クウヤを兄(>349)
クウヤを・・・・兄・・・・ですか・・・・?
あの・・・・それは・・・・・・・・・・・・ちょっと・・・・・・・・。
Σっ!決してヴィシュヌ様の人選がどうというのではなく、その、
クウヤは今まで仲間として接して来ましたし、
それが急に兄だということになると戸惑いを隠せ無いといいましょうか・・・。
この件に関しましては、姉と一度よく話し合いたいと思います。

>夜な夜な(>351)
自律・・・・・・・歩行!?
あの・・・・ヴィシュヌ様、僭越ながら一つよろしいでしょうか?
それは桜・・・・ですか?
桜だとするのであれば、
もしや、降三世明王の術がかかっているのでは・・・?
いえ、以前シュラトから聞いたことがあったものですから。

356 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/03 00:49
>352
ヴィシュヌ様は人を物のように扱う御方では無い。
桜の下にいる人たちは・・・・桜の下にいる人たちは・・・
その内・・その内転生されるから大丈夫だ!
きっとそうだ。

・・・・・・そうだという事にさせてくれ!

357 :インドラ:04/06/03 01:04
酒の肴が…無くなった…。侘しいものだな……。

>338
>確かインドラ様のバックに雷が・・・
稲妻を纏っている訳では無いが…、常に放電している訳でも無い…。
静電気かも知れぬ…。肌の乾燥には気を付ける事だ…。

>339
客人よ…膝枕で夢うつつか…。涎を垂らさぬ様気を付けるのだぞ…。
…これではヴィシュヌ様も動けまい…。
この隙に…瞑想修行を……、と思っていたのだが…(>394)
…仕事を押し付けられた様だ…な…。

>340
無双華も朱霊華もいまいち…とは…、八部衆も随分と軽く見られたものだ…。
近頃の修行…少し甘やかし過ぎたか…。

ふむ……、客人よ一つ頼みがある…。
那羅王の技が鈍ったかどうか…その身で受けて見ては貰えぬか…?
本来ならば…私か…もしくは同等の力を持つ八部衆の者が相手となるのだが…、
先程ヴィシュヌ様より…残業を仰せつかったので…私は付き合えぬ…。
他の者も用事や修行がある為か…近頃天空殿で見かける事も少ない…。
レンゲよ…良い練習相手が見つかったな…。では客人よ…後はお前に任せよう…。

358 :インドラ:04/06/03 01:04
>341
箸で摘むのも嫌なモノを…どうやって湯に潜らすと言うのか…。

>345
客人…意味有りげな笑いは止せ…。
それに…侍らす…とは一体誰の事か…。
侍らしているのでは無く…配下だが…。……もしや…私の参謀の

右王天パジュ・左王天パーニ「可愛いとは我らの事でしょうか?」
右王天パジュ「パーニの面貌が可愛いとは言い難いですな」
左王天パーニ「お前もな」

…下がれ…。客人はそれが良いのだろう…。
世の中には…触れてはならぬ事もある…。

>346
客人よ…黒のソーマに身を墜したか…。
天空界の濁りの無い大気に溢れるソーマを吸い、美しい壮大な景色を見るが良い…。
日々の垢を落とし…穢れの無い新たな気持ちで出直す事が出来るだろう…。

>347
ようこそ…客人よ…。待たせたか…。
しかし…この天空殿の裏で独りで待つとは…、何か見なかったか…。
いや…見なかったのならば…良い…。

何か貰えるまで動かぬとの事らしいが……ゴソゴソ
本日の職務が終了し…酒の肴に取って置いていたのだが…。
うむ…仕方が無い……、客人にはこれをやろう…。 つ―{}@{}@{}-

359 :インドラ:04/06/03 01:04
>348
ヴィシュヌ様も仰られているが…シャクティはソーマにより修復可能…。
灰からは…どうなのか…。
もし仮に…龍王火炎戟を喰らい耐え切らなければ…人体もろとも…灰と化すのだがな…。
迦楼羅王の台詞だが…あの男はそうは言わぬだろう…。
「このレイガさんの肌に傷を付けるなんて、でも薄皮一枚だけだわね」位は言いそうだ…。

>350
>感想を教えて下さいね
……感想ですか…。一言で宜しいか…。
口から少々血が…。

やはり私には…触手系ロ……、何を言わせるおつもりか……、
この雷帝インドラ…誘導尋問には引っかかりませんぞ……。

>352
…夜叉王がその様な事を言っていたな…。
…事実だが…。いや…冗談だ…、ハハハハ…。

だが…これ以上隠してはおけぬ…な…。
客人には真実を話そう…桜の樹の下には……、そう…桜の樹の下には…。
「根っこ」が埋まっている…。
……苦しいな……。

360 :インドラ:04/06/03 01:05
>354
レンゲか…。またぶつかる所であったか…。
>この、わた・・・わたっ・・・わた・・・・・!
慌てると転ぶぞ…。落ち着くが良い…。
落ち着いたのならば…ゆっくりお前の話を聞こう…。


闥婆王クウヤが人間界に降りたきり…戻らぬ…。

「クウヤ先生に励ましのお手紙を出そう!宛先はコチラ天空殿裏編集部まで」

天空殿管理局より宣伝が入ったか…。
では…な…。

361 :以上、自作自演でした。:04/06/03 01:12
レンゲ、よこのみつあみ切ってしまえばきっと仲間には入れるとオモ
大丈夫、半ズボンでインドラサマの心を(σ゚д゚)σゲッツ!!さ!!

362 :以上、自作自演でした。:04/06/03 05:55
ヴィシュヌの尻を手で叩きまくりますね。
レンゲの尻をべろべろ嘗め回しますね。
クウヤの尻にニンジン入れますね。
インドラの尻に 好色変態漢 と書いておきますね。

363 :闥婆王クウヤ:04/06/03 06:19
>ヴィシュヌ様
>インドラ様
ご心配をおかけして申し訳ありませぬ。
現在、地獄のローテという
天空修行基準監督署の定めを無視した修行を行っています故、
ここに来ることかないません。
出来れば後2日ほど暇を頂きたく思います。

>レンゲ
一人では大変でしょうがヴィシュヌ様とインドラ様の
警護お願いします。

>362
通りすがりに目に入ったのがあなたの運の尽き、
成敗させて頂きます。
(諸般の事情により真言略) 闥婆水滸輪!


364 :362:04/06/03 07:14
甘いな。
お前は俺の術の中なんだよ。
ホレ、はさんでやったぞ。

365 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/03 19:17
>352
桜塚護・・・とは、以前頂いた本の作者さんが・・・
たしかCLAMPさん・・でしたか・・
その方の描いた漫画の登場人物でよろしいのでしょうか?

桜の木の下には死体が埋まってる・・・
そのような言い伝えが人間界に有ると聞いています。
でもこの桜の木の下には何も埋まっていません・・・
本当ですよ、おほほほほ・・いえ、本当に本当なのです。

>355 レンゲ
>姉と一度よく話し合いたいと思います。
そうですか・・・それではお姉さんの返事を
お待ちしております。

>降三世明王の術がかかっているのでは・・・?
そうなのですか・・・?
わたくしも桜を育てるのはこれが初めてですし、
これが普通だと思っておりました。
たしかにただならぬ気は感じるのですが、
黒の光流とはまた違ったものの様でしたが・・・

>359 インドラ
>口から少々血が…
どうしたのですか?
歯槽膿漏なのですか?
ところでエロゲは余りお気に召さなかった様子・・・
選んでくださった女官達も残念がることでしょう・・・

366 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/03 19:18
>361
何の仲間となるのでしょう・・?
半ズボンでこころを・・・・ゲッ・・ツ?
とても楽しそうな仕草ではありますが・・・
レンゲやってみますか?

>363 クウヤ
>天空修行基準監督署の定めを無視した修行を行っています
貴方にとって修行はとても大事なことなのでしょうが、
わたくしにとっては貴方自身が大事なのです。
暇の件については問題ありません。
修行に専念して怪我などせぬようにして下さい。
早くの帰参お待ちしています。

367 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/03 19:22
>362,364
他人の・・・その・・しり・・に対してずいぶんな振る舞いですね。
ぜひ、お返しをせねばなりません。

この美しい桜の木・・
今日これより、あなたはこの桜の木と一心同体になれるのです。

       (ザッシュザッシュ・・ふぅ〜、誰も見てなかったかしら)

日誌:部下より桜は自律歩行しない物だと聞きました。
でも、今の方がえさに寄ってきて便利です。

368 :以上、自作自演でした。:04/06/03 19:30
創造神の力は実は何の役にも立たない力ですか?

369 :以上、自作自演でした。:04/06/03 19:32
なぜ次から次へとどうしようもない事件が起こるんでしょうか?

370 :以上、自作自演でした。:04/06/04 01:25
想像神はセッ●スやオ●ニーの事ばかり想像してるんですか?

371 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/04 01:51
>インドラ様
>ゆっくりお前の話を(>360)
あ・・・えと・・・その・・・
わた・・・・・・・・・わた・・・・
わ、綿の花が咲き出す時期です!
インドラ様もご覧になられてはいかがでしょうかっ!

>361
半ズボンはともかく、髪を切るのはな・・・。
これでもそれなりの覚悟の上で後ろ髪を切ったのだ。
なにせ、一部の例外は除くとして、
天空界の女性は、髪を長く伸ばすことが慣例となっているからな。
横髪を残しているのは・・・・・・・・・・・・・捨てきれなかった部分、とでも言っておこうか。

>362
Namah samanta-buddhanam! alolik svaha!
那羅朱霊華!

お前は変態かっ!!?


372 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/04 01:52
>クウヤ
>363
私も過去に連日の様にDeath-marchという名の修行を行って、
心身ともにズタボロになった苦い経験がある。
お前の修行内容、それに近いものを感じるが
こちらに顔を出すにも無理をせぬようにな。
警護の件については私に任せておけ。

>364
まだその様な気力があったか!
これで止めだ!
Namah samanta-buddhanam!maha nala svaha!!
那羅無双華っ!!

>ヴィシュヌ様
>365
再度シュラトに確認をとりました所、
降三世明王の術は桜には効かないとか。
なればこれは、桜・・・・・・なのでございましょう・・・。

373 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/04 01:53
>368
今は調和の時期だが、この後、破壊の時期が来た後に、
必ずシュラトの力が必要となってくる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誰が破壊するんだろうか・・・・?

>369
どうしようもない?
我々の周りで起こる事柄は救いの無いことも多いが、
それでも先に進んでいると私は信じている。
本当にどうしようもない事柄というものは実はそう無いものだ。

>370
想像神?漢字が違うが別の神か?
少なくとも天空界には客人の言うような神は存在しないぞ・・・?

374 :以上、自作自演でした。:04/06/04 03:34
目が痒いです。
神の御力で治してください。

375 :以上、自作自演でした。:04/06/04 06:13
シュラトがインドラを倒そうとした時、
仲間のイメージが出てきてたけど
レンゲはかなり「かわいこぶりっこ」してたよね。
あんな顔シュラトに見せたこと有るの?
それともあれはシュラトの妄想?


376 :以上、自作自演でした。:04/06/04 06:37
クウヤ先生はレイガさんのことどう思ってました?
努力(修行)もせず才能だけであれだけの技を持つ彼に、
嫉妬したりはしませんでしたか?



377 :以上、自作自演でした。:04/06/04 18:13
さきにすすむと、よいことがありますか?

378 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/04 18:55
>368
そのようなことはありません。
創造神の真の力は混沌の打破、
来るべき闇を打ち払う力なのです。
今現在安定期にあるのでその力をふるう機会がありませんが
その力無くして来世はあり得ません。

>369
どうしようもないとは取るに足らぬ事件ということですか、
それともやりきれない事件がということでしょうか?
いずれにしてもこの世の事象には必然があります。
もしやりきれない事件が多い・・・末世的だと感じられるならば
このヴィシュヌの光流が弱まっていると言うことでしょう。

>370
レンゲも言っておりますが、そのような神は天空界にはいません。
いたとしても天空人の倫理に反するその行い、
信奉する者などいないでしょう。

>372 レンゲ
>連日の様にDeath-marchという名の修行を行って
やはり八部衆は修行もひと味違いますね。
これからも天空界の平和のため精進して下さい。

379 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/04 18:56
>374
直接わたくしが光流を注げば治せるとは思うのですが・・・
耐えられないようでしたら天空殿ヴィシュヌ宮までおいで下さい。

>375
わたくしは石化の術の中にいましたのでそのことは存じませんが、
きっとレンゲの内面の美しさをシュラトが感じ取ったからでしょう。
もちろん、シュラトが普通の高校生並みに女性に興味が有ったからだとか、
ヒュウガから美化されたレンゲの話を聞かされていたからだとか、
考えればきりがありませんが・・・

>376
どうなのでしょう・・・
正反対の性格の彼らでは有りましたが、
不思議と仲は良かったようです。
それはもう、わたくしの周りの女官達が喜ぶほどに・・・

>377
そうですね、
先に進むのは良いことだと思います。
迷ったならば前進せよ・・・でしょうか。

380 :以上、自作自演でした。:04/06/04 20:09
そういえば今、思い出したが最終回は総集編だったんですよね?
今考えると画期的な最終回ですよね最終回が総集編だなんて。

381 :不動明王アカラナータ:04/06/04 22:33
俺を呼んだか?

382 :以上、自作自演でした。:04/06/04 23:11
もうガマンできない エッチなヴィシュヌたんに手を出さずにいられる男がこの世にいるものか

383 :以上、自作自演でした。:04/06/04 23:25
インドラはドラ1ですか?裏ドラはのらなかったんですか?

384 :サティ:04/06/05 00:01
>>343インドラ様
お心遣いありがとうございます。
レンゲは、姉の私が言うのもなんですが、無骨者で天空界随一の鈍感で、
しかも無駄に照れ屋ございます。
あれではデートも儘ならないでしょう。
敬愛するインドラ様の仰ることなら、デートでもなんでもすると思います。
是非お力添えを。

ご提案書ですが、3つ目が非常に気になります。
明晩、インドラ宮にお伺いいたしますので、よろしくお願いいたします。

>>365ヴィシュヌ様
お気持ちは嬉しいのですが、畏れながら申し上げます。
私は面食いでございます。出来れば年下が良いのですが・・・・。
ちょっとヤンチャで、正義感が強くて、創造力の強い、少年のような心を持った方が理想です。

>>レンゲ
私はあなたと違って、渋好みじゃないのよ。
私が結婚しないのは、まだ選んでる最中だからよ。

385 :闥婆王クウヤ:04/06/05 01:12
闥婆王クウヤ、修行を終えただ今帰参致しました。
しかし、今日はとりあえず報告のみとさせて下さい。
瞑想の後、改めてこの場へまいります。

386 :インドラ:04/06/05 02:06
インドラふねふねしゅらしゅしゅしゅ〜♪(低音)
始まりの挨拶くらいは……この雷帝インドラ最大の努力を持って明るく行こう…と思う…。

>361
ふむ…半ズボン…とな…?
客人よ…それは神将達が身に付けている服装と…何処が違うのか…。
皆…普段より丈の短い物を着用しているが…、更に短いピチピチの者など見たくは無い…。
…第一…、もしそれで心動く事あらば…
私は「変態」の烙印を押されてしまうでは無いか…。

>362
…言っている傍からこれか…。
この雷帝インドラに烙印を刻むか…。
だが…客人の方がより変態度は高い様だな…。

>363
闥婆王クウヤよ…、修行ご苦労…。
私の一言がお前の重責にならぬと良いが…、
八部衆として体を壊す事無く修行に励むが良い…。

>364
…見事…。
…と言いたい所だが…術が遅い…。
発動に時間が掛かる様では…神将候補生としても…
資質に難ありと判断を下すしかあるまい…

387 :インドラ:04/06/05 02:07
>365
>歯槽膿漏なのですか?
ヴィシュヌ様…何故それを…。
ああ…奥歯を噛締め過ぎた様で…。
は…、アレ…ですかな…?堪能致しました…、思わず頭を抱え床を転げまわるほどに…。

>368
来るべき時が来たのならば…創造神の力は解放されるのだろう…。
それまでは…大喰らいの名を欲しいまま…天空界にそのソーマを広めている…。
客人の心配が杞憂となってくれれば良いのだが…。
創造神シュラトの力は未だ不安定なのだ…。

>369
天空界は現状では平和そのもの…、嘗て夢見た世界が広がっている…。
では…客人の言う…、どうしようも無い事件とは何か…。
もしや…人間界の事か…。
人間界は天空界の投影…と言われているが…人間の欲が活動的に動くのは性としか言えまい…。
調和の心が人間界にも届くと良いのだが…な…。

>370
想像神…その名は…もしや…アーカーヴォリと言うのでは無いか…?
あのお下劣エロ作家の事かも知れぬ…。客人よ…何処でその名を聞いたのか…。
悪い事は言わぬ…、早々に忘れてしまった方が…いや…忘れられても…我らの窮地か…。
うむ…美しい箱に入れ時折眺めるのが良いのかも知れぬな…。

>371
>わ、綿の花が咲き出す時期です
そうか…。見に行ってみるとしよう…。
レンゲ…案内を頼んだぞ…。

388 :インドラ:04/06/05 02:07
>374
どれ…見せてみるが良い…客人…。
うむ…赤いな…。少し冷やせば良いと思うが…。
あいにくと、この天空殿には生ぬるいアムリタしか無い…。
余り酷いのであれば…レンゲの姉の診療所に行けば良いだろう…。
痒いからと言って擦ってはならんぞ…、悪化してしまうからな…。

>375
修羅王との戦いか…。
そんな余力があったとは…な…。
シュラトの心情については…私には伺い知る事は出来ぬので…何とも言えぬ。
あの男の妄想だとしたら…流石は創造神…夢があるな…。

>376
迦楼羅王が努力も無しに技を使える訳では無い…。
私は…幾度となく修行を見たが…、あの男はそれを皆に見せぬのだろう…。
畑を耕しているのだけが…本性では無い…。

>377
過去を振り返る事は容易いが…後戻りは出来ぬ…。
まるで…歩いて来た道が闇へと閉ざされているが如く…。
客人よ…、先の道は見えぬが…希望はある…。
これも全ては運命…か…。

>379
>それはもう、わたくしの周りの女官達が喜ぶほどに・・・
ヴィシュヌ様…、貴女に仕える女官達について…
小一時間ほど問いつめたい事柄があるのですが…。

389 :インドラ:04/06/05 02:08
>380
人間界の映画によくある…本編が終了した後のNG集があるだろう…。
最終回の総集編もアレの様なものなのだろう…。
………。
本編そのものがNG集…?……馬鹿な……、そんな筈は…?!

>381
アカラナータか…。お前を呼ぶ者…確かに居たぞ…。
以前の場所…http://etc2.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1076162645/79だが…。
フ…、耳が遠くなったと見える…。
…それよりどうやってこの天空殿裏に来た…。
ヴィシュヌ様の計らいか…、それとも……まさか…あの御方が…。

>382
…一万年余も共に過ごし…手を出さぬ男なら…ここに居るが…?
客人よ…ヴィシュヌ様の何処がエッチ…なのか…。
容姿も慈愛に満ちた…多少腹黒…な、あの方がそう見えるとは…
まあ良い…、客人よ…。ヴィシュヌ様にいやらしく触れると…どうなるか…
此処が天空殿「裏」なのだと言う事…忘れる事なきよう…警告しておこう…。

>383
客人…背中が煤けているぞ…。
1枚で1翻のドラか…裏ドラはおまけのようなもの…。
それより…私はウラドラでは無い…ドラ1でも無いぞ…。
人間界の麻雀用語など出されても…脱衣麻雀しか…興味は…。

390 :インドラ:04/06/05 02:09
>384
今一度確認するが…それが果たしてレンゲとヒュウガの為になるのか…。
サティよ…お前はレンゲに似て、無茶をし…少々先走り過ぎる事も多いと聞く…。
策を練らずとも…時が過ぎる事で円満な関係を築く事も出来る筈…。
焦りは勝機を失う…。上司として本人達の気持ちも大事にしてやりたい思いがあるのだ…。

だが…黒いソーマが…まだこの身に燻っているのだろうか…。
……事前に人払いはしておこう…。フフフ…。

>385
ご苦労だったな…、クウヤ…。
早速だが…レンゲの姉がインドラ宮に来る…。
智将闥婆王としてのお前の意見も聞きたい…。
さぞ悪巧み…では無く良い案が出る事だろう…。


警護の者に差し入れを入れねばなるまい…。
では…な…。

391 :以上、自作自演でした。:04/06/05 02:43
たとえば、誰か一人しか助からないとしたら誰を助けたいですか

392 :以上、自作自演でした。:04/06/05 03:15
レンゲの家に遊びにいきますね。
タンスの中見ていいですか?

393 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/05 04:56
早朝か・・・・。

>374
まずは目を擦るな。
眼球に傷がついてからでは治療が難しくなる。
それからアムリタで眼を洗って清潔に保つことだ。
それでも改善が見られないようであれば私が診よう。
私の手に負えないようであればヴィシュヌ様宛に紹介状を書くから安心なさい。

>375
あれはシュラトの勝手なイメージだ!
あの時点で私はシュラトとまともに会話したことすら無い!
大体、殆どが戦いで向き合ってばかりだったというのに、
あんなポーズをとるわけが無かろう!

>376
才能も確かにあるかもしれん。
しかし、どんな才能とて努力なくしては開花しないものだ。
人前で努力する姿を見せることを良しとしないレイガではあるが、
影では人知れず努力をしていたのだろう。
クウヤもそんなレイガの性格はわかっていると思うぞ。

394 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/05 04:57
>377
先に進んだからといって必ずしも良い状況が訪れるとは限らない。
だが、少なくとも状況は変わるはずだ。
状況が変われば別の道も見えて来ようというもの。
その先にあるものが客人の望むものであると良いな。

>ヴィシュヌ様
>ヒュウガから美化(>379)
ヒュウガが話を美化する様子を思い浮かべてみたのですが、
友情や努力について熱く語ることしか思い浮かびません・・・。

>380
今までの戦いを振り返る──
それは平和が訪れたからこそ出来ること。
そして、それが平和を噛締める一番良い方法だ。

>381
私は呼んで無いが客人の中にはお前を慕っている方もいるようだな。
もう戦いは終わったのだ。
無礼を働かないのであれば、お前も客人と語らってみてはどうだ?

>382
手を出す出さない以前に出させん!
ヴィシュヌ様に対して、その様な真似をさせるわけにはいかんのでな。
それにだ、手を出したが最後、ダンを筆頭とするヴィシュヌ様を慕うもの達から
嬲り殺されることだろう。

395 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/05 04:58
>383
まーじゃん・・・だったか?
すまんが人間界の遊戯には疎いのだ。

>サティ姉さん
>384
Σ渋・・・!
姉さん!
私は姉さんの様に外見や年齢を気にしないだけよっ!

>クウヤ
>385
修行で気力体力共に消耗したことだろう。
戦いに備えて、健康な状態を保つことも大切な務めだ。
充分に英気を養ってきてくれ。

>インドラ様
>警護の者に差し入れ(>390)
今夜はわたくしが警護の任に当たっております。
差し入れ、ありがたく頂戴いたします。
一緒に警護に当たっている部下もきっと喜ぶことでしょう。

>392
私の家というのはカテ村の実家のことか?
それとも天空殿の自室のことか?
家と言うからには前者だと思うが・・・・・遊びに来るのは歓迎する。
だが、タンスの中は見せん!駄目だ!

396 :以上、自作自演でした。:04/06/05 05:03
じゃあヴィシュヌはやめにして可愛いレンゲたんに手を出しますね♪
クウヤたんも交えてアッチッチなえっちでも。

397 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:45
>303
そのようなことは無いと思います。
何故ならば、わたしは天霊界でその二人が
仲良くならんでナンパしているのを見たのですから・・・
時々どっちがしゃべっているのか判らなくなることが有りましたが

>304
つっこみ、ありがとうございます。
本来わたしがやらねばならぬところ
お客人の手を煩わしてしまいました。
これからはお客人に負けないよう精進努力していく所存です。

>305>312
ヴィシュヌ様の次はインドラ様をも手にかけようとは・・・
しかし事なきを得てホッとしました。

>311
これはトライローというかたですか。
以前天霊界で一緒に酒を飲んだ気がするのは気のせいでしょうな・・
今やアスラ神軍も壊滅状態ですし、
過去のわだかまりを捨てて一緒に平和のために戦いませんか?
あっだめですか・・・そうですか・・・

398 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:47
>313
ゴックリ、ゴックリコンと
骨が解けたりする飲み物のことですね。
そのような物で我ら八部衆を骨抜きにしようとは・・・
しかしせっかくですからいただきましょう。
罠にはまったふりをしてそれを打ち破るのも一つの修行です。

>314
ヴィシュヌ様に対する不埒な言動・・・万死に値します。
それとムッツリとは何事でしょうか?
わたしは修行一筋・・・女体などにはまるっきり興味など有りません。
そのわたしを捕まえてムッツリとは!

>320
くっ・・・以前神将候補生が
ヴィシュヌ様の膝枕で介抱されているのを見た時
羨ましく思った物です。
しかし八部衆が修練で倒れるわけもなく、
我らにとってそれは見果てぬ夢だったのです。
それを・・いとも簡単に・・・うらやましい

>321
アッッカラナーッタ、ビ〜〜ム
などとやっている御仁からは、
どう考えても創造神というより破壊神の匂いしかしません。
何度選出をやり直しても無理だと思います。

399 :以上、自作自演でした。:04/06/05 09:47
アカラナータ様が来たワァ☆
:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

400 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:48
>327
射精・・・この前の保健体育で学習いたしました。
それによるとすることは出来るようです。
しかし独身の我が身、いまだ実践したことがない故
本当にできるのかどうかは判りません。
わたしが結婚したらお教えしましょう。

>332
これはレンゲの姉御様・・・ごきげんいかがでしょう・・
その節は大変失礼致しました。
セラピーの件は忘れて下さい。
ところでレンゲとヒュウガのことでおいでだそうですが、
本人達はあれで満足している由に、長い目で見守るのが良いかと・・
闥婆王クウヤこう見立てますが・・いかがでしょう

>333
銀水晶?
天空界には存在しない貴金属ですね・・・
そのようなものをヴィシュヌ様がお使いになっているところ
見たことがありませぬ。

インドラ様はたしかに見た目に雷を使うことはありませぬが、
実はその技のエネルギー源が電気だという噂です。
こう両の手をクロスしてこすりあわせることで発電するとか

401 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:49
>339
ウッ・・・・ここにも・・・あこがれのヴィシュヌ様の膝に・・・
羨望を通り越して憎悪さえわき上がってきました。
ハッこれはいけませんね・・危うく黒の光流がこの身を・・・
もう一度滝に打たれてきましょう。

>340
九字切りですか・・・
地上界の行者のかたが使うらしいのですが、
天空界の理とは違う物故
そのまま唱えても術を発動させることができるかどうか。
それにレンゲの技はいまいちということはないですよ。
何度もこの身で受けたわたしが言うので間違いありません。

>341
保健体育で学習致しました。
そこはしゃぶる物ではありません。
第一、みんなでといわれても、
付いてない者はどうするのですか?

>345
なんとインドラ様の美少年コレクションの噂が真実だったとは、
こうしてはいられません、この身が危ない・・・
わたしインドラ様をいくら敬愛しているとはいえ
その横に半裸で寝そべるなぞできませぬ・・・

402 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:50
>346
欲望に身を任すとその体には黒の光流を纏い、
アスラ神軍の魔神将となるそうです。
あなたもその妄想、うちに秘めている間は良いのですが・・
もし魔神将として発現しそうな場合には遠慮無く成敗させて頂きます。

>347
あれ・・・ここに座って桜を見ていたと思ったのですが・・・
いつのまにやら衣服だけを残して消えてしまいました。
もう、桜のざわめきしか聞こえませんね・・

>348
どのシャクティも自己修復します。
しなければ修羅王のシャクティなど穴だらけでしょう。
ただ灰になったところから再生というのは見たことがありませぬ。
あと台詞ももっと軽口めいたしゃべりしかしないと思います。

>352
桜塚護なる者はなにかの肩書きですか?
それとも人物の名前?
「桜の木の下には死体が埋まっている」と、
確かに地上界で修行の折りに聞いた言葉では有ります。
しかしここ天空界では天空人はその一生を終えると
光となって天霊界に転生するので、
死体が埋まっているというようなことは無いと思います。
掘り返しても出てこないと思いますよ。

403 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:50
>361
やはりインドラ様の美少年コレクションの噂は
広く浸透しているようですね。
しかし、髪を切っても大事な物が付いてないのでは・・・

>364
後ろを取られるとは闥婆王クウヤ一生の不覚・・
やはり修行の疲れが出ていたのか・・・
真言を省略したせいで水滸輪も効いてないようですし・・・

>368
そのようなことはありません。
今は来るべき創世に向け力を蓄える時なのです。
そしてよりよい来世を創るためにその力と技をふるうのです。

>369
地上界での安定が崩れかけているのでしょうか
案外来世はすぐそこまで来ているのかもしれません。
しかしそれを認めたくはないですね。
来世が来る・・それはヴィシュヌ様の力の終わりが来るということですから

>370
そのような神は天空界にいません。
しかしそのような神がいたとして、
何の役に立つのでしょうか?

404 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:51
>374
わたしは光流を治療に使用するのが他の者ほどうまくありません。
ですのでレンゲなりヴィシュヌ様なりに
治療して頂くのがよろしいかと思います。

>375
ほほう、そのようなことがありましたか・・
きっとシュラト殿はロマンチストで
女性すべからくこのようにあって欲しい
という思いがあるのでしょう。
それが画面に出てきたのかもしれませんね。

>376
レイガですか・・・
いつも飄々として修行をさぼる姿
他の神将や候補生に悪影響を与えそうで気にはなりました。
しかし同時にその才能には敬意を表していましたし、
実は人目に付かぬところで修行をしているのも知っていました。
嫉妬などとんでもない。
わたしはインドラ様の後継として
デーヴァ神軍司令官の任に就くのは
彼しかいないと思っています。

>377
迷いがあるのですか?
迷ったならば前進するべきです。
やはり自ら切り開かねば明るい未来はあり得ないと思います。
だから、迷ったならば前進してください。
そうして切り開く先にはきっといいことがあると思います。

405 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:52
>380
そうですね。
今になると不思議なことですが
まあアスラ神軍の黒の光流のせいで
後半の時空の乱れはひどかったですから
何が起こっても不思議では無いでしょう。
じゅうが、れっこお、だっだ〜んの人が
優遇されすぎていた様な気もしますが

>381
丁度今その話をしていたところです。
あなたのファンだという奇特な方もいらっしゃいますし
戦いの終わった今、ゆっくり話でもしていって下さい。
しかし噂に聞く水芸だけは勘弁です。

>382
我慢してください。
だいたい調和神に手を出すなぞ畏れ多いその思い
このわたし他八部衆の者を・・・
いえデーヴァ神軍の総ての神将を相手にする覚悟なのですか

>383
ドラ・・・?
ああ、地上界のゲームに使われる用語ですか・・
裏ドラとはまた怪しげな響きですね。
黒の光流に染まったインドラ様のことかでしょうか?

406 :闥婆王クウヤ:04/06/05 09:54
>384
すみませぬがサティさん、
わたし一応あなたより年下なのですが・・・
ああ、面食いであるところが問題なのですね。
あなたの希望に添える者を一人知ってはいるのですが
もうすでにあなたのお手つきだと聞きましたよ。

>391
当然、ヴィシュヌ様でしょう。
それ以外の選択なぞこの八部衆闥婆王には考えられませぬ。
きっと他の八部衆の皆も同じ答えのはずです・・・えっ違う者がいる?

>392
遊びに行くのは止めません。
実家は診療所ですので治療も受けてくると良いでしょう。
その診療所からは悲鳴が絶えないという噂もありますが・・
そのうえでタンスに何かすることができればいいですね。
そんな気力は残ってないと思いますが

407 :闥婆王クウヤ:04/06/05 10:00
>396
可愛い・・・?  あ、いやいや人の趣味はそれぞれですから・・
しかしアッチッチになりたいのならリョウマの方がよいのでは?
わたしの術ではせっかく燃え上がった貴方の思い
消し止めてしまうかもしれませんよ。
なんにせよヴィシュヌ様への不埒な行いが防止できるなら
このクウヤいくらでも手を貸しましょう。

>レンゲ
>充分に英気を養ってきてくれ。
ご心配ありがとうございます。
しかしここに来ることがわたしにとっての休養、
誠心誠意お客人の相手をさせて頂きます。

>ヴィシュヌ様
>わたくしにとっては貴方自身が大事なのです。
うぅ、ありがとうございます。
そのお言葉だけでどのような辛い修行にも耐えていけます。

408 :闥婆王クウヤ:04/06/05 10:01
>インドラ様
>智将闥婆王としてのお前の意見も聞きたい…。
それでは僭越ながらわたしの愚案などを・・・
第1案
1 インドラ様とサティさんが組んずほぐれつしている所にレンゲ登場
2 密かに慕っていた上司と身内・実の姉との行為に傷心のレンゲ
3 以前より憎からずと思っている男の所へ
4 途中はしょって大団円

第2案
1 二人揃ってインドラ宮に呼び出されるレンゲとヒュウガ
2 そこで見たものは黒の光流を纏いサティさんを石化するインドラ様の姿
3 「血迷ったのですか、インドラ様」激昂してインドラ様を瞬殺するヒュウガ
(ここはあえて無抵抗で死んでください)
4 しかし石化の術はわたし闥婆王に引き継がれていた。わたし逃亡
5 ヒュウガとレンゲがわたしを追う・・・二人だけの追跡行
6 いつしか二人は・・・・・大団円

いかがですか?
えっ、陳腐な挙げ句に古くさい?
良策は効果的であるが故に多用され、そのことが陳腐さに拍車をかけるのです。
何事も基本が大切なのですよ。

ちなみに第1案はインドラ様が
サティさんをおとせるかどうかにかかってます故
百戦錬磨の技を見せて頂きたく・・・

第2案は死亡×1 石化×1 おそらく死亡予定×1
と、人的損害はかなりなものにのぼる上、
わたしとインドラ様は結婚式にでられません。
たとえ生き返っても・・たぶん・・

409 :闥婆王クウヤ:04/06/05 10:10
>399
不動明王の登場を喜んでいるところを
むさ苦しいわたしが挟んでしまって済みません。
しかし不動明王はファンの方多いですね。

410 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/05 20:23
>380
そうですね。
何故か総集編だったようです。
まだわたくしは復活する前でしたので
見てはおりませんが・・・
オ・ト・ナの事情によりそのような形を取ったと聞いております・

>381
わたくしは呼んでおりませんが・・・
ここにみえられるお客様の中にあなたのファンがいるようです。
いまや天空界転覆など夢物語となりました。
どうでしょう・・これからの人生、
ファンの方とこの場所で語らいながら送るというのは・・
良い返事お待ちしております。

>382
あの・・・わたくしの・・どこがエッチなのでしょうか?
できれば教えて頂きたく・・・・・
殿方の煽情をあおるようであれば、
調和神として改めねばなりませんので。

>383
はい、インドラはいつも裏ドラがのらないそうです。
点数を数える時いつも「一本足りない・・・」と
悔やんでおります。

411 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/05 20:24
>384
面食い・・・そうですか・・・
クウヤも捨てたものではないと思いますが・・・
しかたありません。
実は貴方の希望に添う殿方を一人知ってはいるのですが、
このことを次期調和神にお話ししたところ、
烈火のごとく怒り出しまして・・・・
ご紹介できかねる状態です。
それでは、ヤンチャなところでダンではどうでしょうか?

あ、それと天空殿本殿には今立ち入らない方がよろしいかと・・・
超音波攻撃が待っておりますので・・・

>385 クウヤ
お疲れ様でした。
修行の成果はどうでしたか?
十分な休養の後、職務に復帰してください。

>387 インドラ
>堪能致しました
そうですか、それは選んでくださった女官達も喜んでいることでしょう。
その者達はプレゼント第2弾も計画しているそうですので
楽しみにしてくださいね。

>388 インドラ
>貴女に仕える女官達について…
はい?なんでしょう?
至って普通の天空人ですが

412 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/05 20:26
>391
そうですね
わたくし調和神は世界の存続を一に考えねばなりませんし、
安定期であれば調和神そのものを
混沌期であれば創造神を、というのが正解になるのでしょうか・・・
でも、もし調和神としての務めを離れられるならば、
一万年前に戻り・・・あの人を助けたい・・・

>392
親しくしている仲であっても
やはり礼儀をわきまえることが必要だと思うのです。
素敵な女の子に興味が有るのはかまいませんが、
そのようなことをしますと嫌われますよ。

>395 レンゲ
>今夜はわたくしが警護の任に当たっております。
宮殿の警護ご苦労様です。
この平和の中にある天空界・・・
不貞の輩がそうそう居るとは思えませんが、
重要な任務でありますので、よろしくお願いしますね。

>396
手を出すとは聞き捨てなりません。
八部衆であるレンゲはわたくしにとって娘も・・・・
いえ、妹も同然。
そのような行為を赦すわけにはいかないのです。
悔い改めてください。

413 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/05 20:27
>399
まあ、お客様の喜びが大変良く伝わってきます。
彼が天空界に災いをもたらすこと無ければ、
ここでお客様への対応もできるでしょうから、
期待してお待ち下さい。

>クウヤ
復帰致したのですね。
先ずは先日の非礼を詫びねばなりません。
わたくしの思いこみにより
貴方にあらぬ嫌疑をかけてしまいました。
これはわたくしの不徳のいたすところ・・・
申し訳なく思っております。

あなたの復帰を心待ちにしていたお客様も居ることでしょう。
これからもお客様に対する謁見とともに、
天空殿警護の任を務めて下さい。

414 :黒井ミサ:04/06/05 20:39
ベールゼブブ ルキフェル アディロン
ソエモ セロイ アメク ルロセクラ エルプラント
カメロルアル アドナノルム マルチロル チモン

415 :以上、自作自演でした。:04/06/05 23:21
ヤクルトの缶コーヒーがマズイです。

416 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/06 00:44
昨日は迂闊にも客人の質問を一つ飛ばしていた・・・。
すまない。

>391
それは勿論イ・・ヴィシュヌ様に決まっている!

>396
・・・やっ、・・・・・いやだ!
寄るな!何かしたら殴る!!

>クウヤ
>このクウヤいくらでも手を貸しましょう(>407)
こら待てクウヤ!!
何に対して手を貸そうと言っているのか解かって言ってるのか!?
お前がそっちに回るようなら・・・・・・いいだろう・・・全力で相手をするっ!!

417 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/06 00:44
>399
喜びのソーマで客人が輝いてみえる。
あいつが客人の期待に応えると良いのだが。

>ヴィシュヌ様
>ヤンチャなところでダン(>411)
あの・・・ヴィシュヌ様・・・同僚は出来るだけおやめ頂きたいのですが・・・。

>414
人間界のマジナイか!?
言葉共に湧き上がる・・・・それは・・・黒のソーマ?
このまま何事もなく過ごすつもりならそれで良し・・・。
しかし、我らに害なすようであれば・・・それなりの覚悟をしておくのだな。

>415
ここにホーレの実がある。
口直しに一つ客人にやろう。

418 :以上、自作自演でした。:04/06/06 00:54
レンゲ、乙。夜更かしはお肌に悪いyo

419 :以上、自作自演でした。:04/06/06 04:01
ヴィシュヌたんとレンゲたんの百合がみたいです。
インドラたんはクウヤたんともーほーっててください。

420 :闥婆王クウヤ:04/06/06 05:45
>414
黒魔術、召還呪文ですか?
しかし残念ながらここ天空界では発動しません。
神も悪魔もそのテリトリーを越えて干渉しあうことはできないのです。
天空界侵攻でも企図していれば別ですが・・・

>415
わたしも地上での修行の折、いただいたことがあります。
たしかに他社のものと比べて、問題があるように思えました。
思うにわたしが長きにわたる修行の末、術を完成させたように、
彼の会社も今修行の身なのでしょう。
将来、画期的な缶コーヒーが作れるようになるかもしれませんよ。

>418
レンゲは心配してくださる客人がいて良いですね。
私の肌の心配など誰もしてくれません。
そういえば、ヴィシュヌ様が夜遅くに謁見されることは無いようです。
気を遣っているのかもしれません。

421 :闥婆王クウヤ:04/06/06 05:46
>419
いくらわたしが美少年とはいえ、
そのような耽美な世界には足を踏み入れることができません。
師弟関係を超えた愛など存在しないのですよ。

>レンゲ
>何に対して手を貸そうと言っているのか解かって言ってるのか
え? え〜>396は・・・っと
ああ、すみませぬ、ちょっと寝ぼけておりました。
>396の客人よ、前言撤回です。
同じ八部衆の仲間に対しこのような振る舞いは許諾できません。
どうしてもというのであれば、力ずくで矯正いたします。

>ヴィシュヌ様
>これからもお客様に対する謁見・・・・
はっ、誠心誠意つとめさせていただきます。

422 :不動明王アカラナータ:04/06/06 10:06
さて、俺もここへ来たからには何もしないわけにはいかないだろう。
そう言うわけで(俺の性には合わんが)少しずつ客人と語らって行く事としよう。
よもやここまで来て、パンツを投げられたりにぎりっ屁をかがされたりはせんだろう。
 
>381(インドラ)
どうやってここへ来たかだと?いや、何かどす黒い光流を感じたんだ。
思わずフラフラと釣られてしまったんだがまさか天空殿の裏とは。
で、その光流の発生源は誰なのだろうな?(ニヤリ)
 
>394(レンゲ)
確かに戦いは終わった。それに俺もここでどうこうするつもりはないからな。
(俺の大ファンもたくさんいるようだし)せっかくなのでゆっくり語らわせてもらうとしよう。
 
>405(闥婆王クウヤ )
水芸か?あの水芸のことか?クククッ、そうか、そんなに見たいかッ!
ならばここで特別に披露してもいいんだぞ?何?見たくない?  (´д`)・・・そうか。
 
>410(ヴィシュヌ)
さっきもインドラに言ったが、どす黒いまでの光流を感じたのでその後をたどって(本当は釣られて)
来たらここだったわけだ。
それでその光流の発生源はどこなのだ?
まぁそれはともかく(余生を全てここで送るつもりはないが)ゆっくりして行くつもりだ。
 
>399(俺のファン)
そんなに喜んでもらえるとは、登場した甲斐があると言うものだ。
で、お前も水芸を見たいのか?そうか、ならばいますぐ見せてや(省略されました

423 :以上、自作自演でした。:04/06/06 11:08
アカラナータさんに質問です。
天霊界ではマリーチさんと組んでナンパしてたそうですが、
成功率はどのくらいでした?
後どちらの方がモテたですか?

424 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/06 19:04
>414
これは黒き魔術の呪文ですね。
しかし残念ながらここ天空界に、
あなたのよりどころとする悪魔はいないのです。
一度お引取りください。
そしてもし天空界に対する害意がないのなら
今度は遊びにおいでください。

>415
そうなのですか?
わたくしはそのヤクルト製の缶コーヒーとやらを
飲んだことがありませんので
どの程度のことかわかりかねます。
今度クウヤが修行に出る際にでも
地上で求めてきていただきましょう。

>417 レンゲ
>同僚は出来るだけおやめ頂きたいのですが・・・
え、だめなのですか。
わたくしもできるだけよい人を・・と考えているのです。
そうするとやはりその地位や人柄を見るに、
どうしても八部衆を と思うのですが・・・・

425 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/06 19:04
>418
そうですね。
うら若き乙女に夜遅くの警護の任務は酷かもしれません。
今は平和なときですし、夜間の勤務を減らせるよう
インドラにお話してみましょう。
お客様も遅くにレンゲをお待ちいただいているようですね。
お客様の心遣いが当人達の勤務の励みとなるでしょう。
ありがとうございます。

>419
百合ですか・・・
わたくしまだ桜しか育てたことがないので・・・
今から球根を手に入れて、レンゲと一緒に世話をして・・・
今すぐには百合を見せることはできません。
後日花をつけましたら見にきてください。

426 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/06 19:05
>422 アカラナータ
>どす黒いまでの光流を感じたのでその後をたどって
黒の光流ですか?
わたくしは何も感じませんでしたが・・・
気のせいではありませんか?

>423
そうですか、マリーチと一緒に・・・・・

ああ、アカラナータ・・・あなた結婚しませんか?
天空樹の某所で診療所を開いている女医さんですが・・・
どうでしょうか・・一度お見合いでも・・
考えてみてください。

427 :以上、自作自演でした。:04/06/06 20:16
インドラ様は触手系が好きなんですか?
ということは冥帝とは仲良かったの?

428 :399(不動明王ファン第一号☆):04/06/06 20:34
>>422(水芸)
きゃあぁあっ♪

イヤンっ(/ω\) ハジュカシィー・・・(/ω゚\)チラッ♪・(*/0\*)イヤァーン♪

眉毛=アンダーなおヘアーという体毛の色の通説は本・・・
いえ、何でもないですぅ〜!
アカラナータ様ステキ〜〜!***ヾ(≧∇≦)ノ"***vV

429 :以上、自作自演でした。:04/06/06 20:36
ダンとシュラトは激しくキャラがかぶってますねぇ…

430 :以上、自作自演でした。:04/06/06 20:41
ガイの姉さんが創造神の力を持っているなら
シュラトの家族全員も創造神の力を持っているのでしょうか?

431 :以上、自作自演でした。:04/06/06 21:19
アカラナータは番組の垣根を越えてごきけんようで
(さいころをやる前のおば様たちとのトーク番組だった頃)
おぼっちゃまくんにともだちんこされた事を私は知っている。

というわけでここで会えたのも何かの縁。
アカラナータお前にともだちんこをしてあげよう。

432 :以上、自作自演でした。:04/06/06 21:28
アカラナータさんへ
天霊界ではマリーチと仲良しこよしなのですね
ところで、アカラナータさんがデーヴァ神族八大明王に属していた
頃のお友達、前龍王のアナンタさんとはもう仲直りしましたか?

433 :黒井ミサ:04/06/06 22:19
エコエコアザラク
エコエコザメラク・・・・・(去)

434 :以上、自作自演でした。:04/06/06 23:24
>>426
>わたくしは何も感じませんでしたが・・・

バアさん、耄碌してんじゃねーか?

435 :以上、自作自演でした。:04/06/06 23:47
今晩のおなにぃのオカズは誰にするかなー。ヴィシュヌたんかレンゲたんか迷うところ。

436 :インドラ:04/06/07 01:08
奴が来た事で…天空殿も新たな風が吹いたか…。

>391
難解な問いだな…客人よ…。
…私はこの天空界全てを…愛している…。
そう…人も大地も…そこに息づく全てのものを…。
…誰か一人…と言ったか…。では…一人を残し皆滅ぶのならば…。

私は…、創造神シュラトをこの雷帝の力の全てを出し…守ろう…。
あの男の持つ希望…、創造神としての力に……託したい…。

フ…。皮肉な物だな…嘗て亡き者にしようと画策した私が…そう思うとは…。

>392
待つが良い…客人…。その企み…徒労と成果てる事確実…。
何故ならば…レンゲの申告により…胸を包み隠す魅惑の布も必要とはしないだろう…。
それに…客人が大きな期待を寄せるであろう…
腰を隠す可愛らしいひらひらの付いた物や縞の布等も…穿いていな……。
ゴホンゴホン…。分かったか?客人…私が…徒労となる…と言った意味が…な…。

437 :インドラ:04/06/07 01:09
>395
>差し入れ、ありがたく頂戴いたします
そうか…あの夜の当番はお前だったか…。
ご苦労だったな…。それより…私が差し入れたのを全て食したのか…?
いや…確かあの夜に差し入れたのは…、油甘菓子と果物と人間界より調達した
カップラーメンとプロテインを人員分…だったのだが…。…全部…か…、そうか…。

>396
…煉獄の炎の中に行けば…更にアッチッチになる事…保証しよう…。
……それとも…その結末を望んでいるのか…客人…。
命は粗末にせぬ事だ…。
…八部衆の者がみすみす愚を冒すとは思えぬがな…。

>408
…クウヤよ…、その案…奇抜にして奔放…。
美味し過ぎるので…採用したくもあるが…。
…どちらにせよ…私に死ね…と…。
サティを誑し込むのは良いが…予測から行くといずれ後ろから刺される事必至…。
第二案に至っては…遠い昔何処かで聞いた様な…。
どちらにせよ…貴重な意見……。暫し考慮しよう……。

ああ… 流 石 は 智将の名に相応しい…。
私はお前と言う部下を持ち…とても誇らしく思う……。グスングスン…。

438 :インドラ:04/06/07 01:10
>411
>プレゼント第2弾
は?…は…。た、た、楽しみです…な……。
。oO(遠慮したい…。これはヴィシュヌ様の苛め…か…。
  それとも…傍付きの女官達の人事を八霊士達に届出すべきか…。)

>414
人間界の理…、天空界では通じぬ…。

>415
人間界の飲み物か…。
それには…ツバメとラクトバチルスカゼイシロタカブが入っていると聞く…。
不味いのも道理…。
関連の品にヤクルトラーメンとやらが有るとも聞いたが…、
やはりそれもヤクルト味なのだろうな…。
だが…味があるだけマシかも知れぬぞ…、
何しろ…私達天空人の主食は無味無臭のアムリタなのだからな…。

>417
>同僚は出来るだけおやめ頂きたい
。oO(レンゲの姉に…八部衆か…。では上司ならば…?
  ……ふむ…とすると…レンゲから…お兄ちゃん♡と呼ばれる事に…。)

>418
レンゲはまだ若い…一夜くらいならば…肌にも影響は無いだろう…。
問題は……、あの御方…。

439 :インドラ:04/06/07 01:11
>419
…客人よ…、もーほーとは何か?
生物の中に「モー」と鳴くのは居るが…
それに対して私とクウヤとで「ホー」と感嘆の声を上げれば良いのか…。
余りの呆けに誰も突っ込んではくれぬ…愚かな行為の様に思われるが…、
客人はそれを望んでいるのか…?

>421
>いくらわたしが美少年
……。
クウヤ…近頃棒術訓練で…頭を強く打ってはいまいか?
それか…瞑想修行のし過ぎで幻夢と現の区別が…?
…いや…何でも無い…。

>422
…久しいな…。アカラナータ…。
何時ものお前に似ず…大人しい事だ…。
てっきり高笑いで来ると思っていたが…。

ほう…、…感じるか黒きソーマを…。鈍ってはおらぬらしい…。
しばらくは見なかった事にした方が身の為だ…。
それより…言葉の端々から自らの芸を皆に見せたい…と言う想いが
溢れている様に思うが…そんなにやりたいのか……。
流石は…アスラ神軍一のお笑い担当…。

>426
>どうでしょうか・・一度お見合いでも・・
ヴィシュヌ様…不動明王アカラナータにまで…。
それはまるで…親戚のオ…お姉さんが縁談を持ちかけている様ですな…。
何か…思う所があるのならば…、ご相談を…。

440 :インドラ:04/06/07 01:12
>427
客人…、冥帝ビカラのソレとは用途が異なる物…。
第一に…私はあの御方に仕えていた時より…ビカラを心の底より嫌悪している…。
あの男のやり方は唾棄すべきものだ…。

…私の嗜好は…客人…お前の胸に秘めておけ…。
決して…話してはならぬ…。
もし…約束を破るのならば…インドラ宮へ呼び寄せ…、○○○○を無理やり飲ま…
…冗談だ…。フフフ…。


さて…中途だが…私は職務が残っている為…司政室へ戻らねばならん…。
客人への質疑応答は…後日…。すまぬ…。
では…な…。

441 :以上、自作自演でした。:04/06/07 01:25
ヴィシュヌと一日中エッチしたいです。

442 :以上、自作自演でした。:04/06/07 01:37
インドラはハゲですか?
きもいターバンはずせよ

443 :以上、自作自演でした。:04/06/07 01:42
↓不幸の数字444を踏んだ人は今日から一年中不幸に見舞われます。

444 :闥婆王クウヤ:04/06/07 04:53
>443
そのようなもの客人に踏ませるわけにはいきますまい。
この闥婆王クウヤが踏ませていただきます。
フフフ・・これから降り注ぐ不幸・・・
いい修行となりそうです。

>423
わたしも一時天霊界にいた身、
その現場を目撃したことがあります。
成功率は5:5ぐらいでしょうか?
マリーチのほうがうまく立ち回っていたように感じます。
アカラナータは必ず岩の上などの高みから
高笑いとともに声をかけていましたが、
女性に対してその行為は、わたしの目から見てもどうかと・・・

>427
冥帝ビカラ!!
いくらインドラ様が一時黒の光流に染まっていたとはいえ
あの者と昵懇にしているとは思えませぬ。
わたしとてこの平和の訪れた今でも、できれば会いたくない相手です。

445 :闥婆王クウヤ:04/06/07 04:54
>428
盲目・・・いやいや大変な喜びようですね、お客人。
天空界広しといえど、水芸を喜んで見ている方には
この闥婆王クウヤ初めてお会いいたします。
あまり褒めるとそこら中に水芸をされかねませんので
ほどほどにしておいてください。

>429
やはりそのように感じるのでしょうか・・・
でもシュラト殿のほうが少し助平で少し食いしん坊ですよ。
いや、かなりといったほうがよいでしょうか

>430
ガイ殿のお姉さんのことは残念でした・・・
なにせ、初めての試みだった故、
創造神の種を転生させたときの影響が、
どのように出るのかは未知数でした。
家族に及ぶことは今回の事件でわかりました。
たぶん、シュラト殿の家族も影響を受けているでしょう。
しかし、よほどのことがない限り発動しないこともわかっています。
その力のことを知ることもなく一生を終えるでしょう。

446 :闥婆王クウヤ:04/06/07 04:55
>431
ともだちんこ?ですか・・・?
まあ、よほど一物に自信があるのか
彼は水芸に代表されるように
衆前に晒すことに何の禁忌も持たぬ様子
そのような行為をお客人にされれば
大変喜ぶことでしょう。

>432
天霊界というところは不思議なところで
現世で敵味方に分かれていても
その地では皆が争うことなく穏やかに暮らしております。
そのときに会っていれば、
諍うことなく仲直りしていると思いますよ

>433
わかっていただけたようですね。
この次は呪文抜きでおいでください。

>434
ヴィシュヌ様に対するその言動は許せません。
ヴィシュヌ様が耄碌する事など無いのです。
あまつさえバアさんなどと・・・
八部衆の全員を相手にすることになりますぞ

447 :闥婆王クウヤ:04/06/07 04:56
>435
実際に手を出しているわけでは無いので
この場でどうこうできませんが、
あまり公の場で言うことではありませんね。
第一、このことを聞きつけたヴィシュヌ様やレンゲが
実力を持って阻止するは必至・・・
自らやめておくほうが無難かと

>441
かなわぬ夢です。
あきらめてください。

>442
そのような噂も流れたことがありましたが・・・
本人は否定されておりました。
後ターバンはチャームポイントらしく
毎日、何十枚という中から選んで着けている物らしいですよ。
そういわれるとなかなかの物に見えてきませんか?

>アカラナータ
>俺の性には合わんが
たしかに合わないような気もしますが・・・
しかしお客人の中にはあなたを待ち焦がれていた方もいる様子。
よろしくお願いしますよ。

>インドラ様
>私はお前と言う部下を持ち…とても誇らしく思う
ありがたき幸せ・・
このクウヤ天空界の平和のために日々邁進して行く所存です。

448 :以上、自作自演でした。:04/06/07 05:20
レンゲたんは性格きついですね、まるくなったほうがいいよ。
手始めとしてえっちなお勉強をしましょうね

449 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:54
>418
気遣いありがとう。
たまにレイガにもたしなめられることがある。
少しくらい・・・・気にしておくかな・・・。

>419
百合?植物の百合か?
豪奢な花だと聞くが、生憎と私は栽培しておらん。
今度挑戦してみるとしよう。

>アカラナータ
芸を見せたくて仕方がない様だが、芸人かお前は・・・・・・・・。

>423
マリーチにアカラナータか。
不思議な組み合わせだが、それにしてもナンパとは。
・・・・・・軽薄な。

450 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:55
>ヴィシュヌ様
>アカラナータ・・・あなた結婚しませんか?(>426)
ヴィ、ヴィシュヌ様っ!? アカラナータですか!!?
あ・・・・申し訳ございません。あまりに驚いてしまったものですから・・・。
何時も色々と考慮して頂き、ありがたく思っております。
ですが、これだけ考えて頂いても良い人が見つからないとなると
この度は姉に「縁」が無かったのでございましょう。
縁があればこその縁談。
幸い本人は現在選んでいる途中と申しております。
私も、長い目で見ればそのうち姉にも良い人が現れるだろうと思い始めて来たところです。
ヴィシュヌ様には大変お手数をおかけ致しました。
自身から申し出たにも拘わらず、大変身勝手なお願いだということは承知の上ですが、
この度の話は無かったことにして頂け無いでしょうか・・・。

451 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:56
>427
あのような趣味の悪い攻撃をしてくる奴とインドラ様が仲良い訳がなかろう!

>428
あの・・・芸?にこんなに喜ぶ客人がいるとは・・・・・・。
世の中わからんものだ・・・。

>429
シュラトの底抜けの明るさはダンには無いものだし、
ダンのヴィシュヌ様に対する一途な純情さはシュラトには無いものだ。
似ているようで違う二人、ということだ。

>430
創造神の力というものは血脈で受け継がれるものではない。
元来、シュラトにガイ、そしてガイの姉の魂は時に形を変え、
常に3人で在るものだったらしい。
そして今世では姉弟とその親友という形をとった、と。
今世で黒木美奈だけが人間界に一人残され、3人でいることが出来なかったのは、
前世に罪があったから、ということだそうだ。
まぁ、全てはラクシュからの受け売りなのだが・・・・。
ラクシュも随分と力をつけたものだ。

452 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:57
>431
奴がトーク番組!?
あー、でも確かに賑やかな事が好きそうに見えるな。

>432
天霊界へ行ってまでいがみ合っても仕方ないしな。
なんせお互い死んでいるのだから戦っても不毛だ。

>433
呪文だけを残して去るか・・・。
次に会うことがあるなら、その時は客人のことを聞かせてくれ。

>434
ヴィシュヌ様に対してなんという失礼な物言いだ!
ヴィシュヌ様はバアさんでもなければ耄碌してもおらんぞ!

>435
・・・・オカズ? 食事の時のあのオカズか?
私もヴィシュヌ様も食べられないと思うのだが・・・・?

453 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:59
>インドラ様
>全て食したのか(>437)
あの・・・流石に一緒に当直に当たっていた者にも分けております。
そういえば、レイガにも「よく食う女だこと」と言われたことが・・・。
普通・・・だと思っていたのですが・・・・・。

>441
無理だ。諦めろ。

>442
インドラ様に対する暴言は許せん!
それ以上言う様であれば覚悟を決めろ!

>443
所詮、数字は数字だ。 所が変われば意味合いも変わってくる。
シュラトの生まれた国では4は不吉な数字だと倦厭されていたらしいが、
別の国では13が不吉と言われているそうだ。
そのような曖昧なものに惑わされる様ではいかんな。

454 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/07 18:59
>クウヤ
>成功率は5:5(>444)
マリーチが5分あるのはわからなくも無いが、
アカラナータのその行動で五分もあるのか!?
単純に見目に騙される女が結構いるということなのか・・・?

>448
きついか? そうか・・・。以後気をつけてみるか。
しかしだ!それと・・・その・・勉強とどういう関係があるのだ!!
・・・・あ、えーと・・・・・・・どういう風に関係がある、の?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ああっ!やはり私の性に合わん!!
言っている内容は同じなのだから今まで通りでも良かろう!!

455 :以上、自作自演でした。:04/06/07 19:36
自分をかわいいなと思う時と、キモイと思う時を教えて。

456 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/08 01:16
>427
インドラが触手好きとは初めて聞きました。
しかし冥帝とのことはお客様の想像とは違うようです。
本人の語るところによると
冥帝の性格は許容できるものではなかった、
同じ十二羅帝だとは思いたくもない・・・と
わたくしは冥帝の所業をみるにインドラのその思い
間違いではないと思います。

>428
大変な喜びようですね・・・・
わたくしの御側女官にもそのような反応をする者がいました。
アカラナータもしばらく滞在するようですし
あなたには天国となるかもしれませんね

>429
そうでしょうか・・・
ラクシュの話だとシュラトの方が女性全般に対し優しいそうです。
ダンは少し大人げないところがありますから・・

457 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/08 01:18
>430
どうなのでしょう
転生させたあの時は
このようなことになるとは思っていませんでした。
未知の状況ですのでわたくしにはよくわかりません。
レンゲの話だとラクシュの方が詳しいようです。

>431
トーク番組ですか・・・
シュラトが持ってきてくださったテレビを
ラクシュと一緒によく見てました。
昼下がりに見た番組が何かのトーク番組だったと思います。
アカラナータのように騒々しい方には
合ったものかもしれませんね。
ところで「ともだちんこ」とはどのような挨拶なのですか?

>432
仲直りしたのではないかと思います。
今更争っても不毛なだけですから・・・

458 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/08 01:20
>433
ご理解いただけたようで何よりです。
またお越しください。
ただし次は呪文抜きでお願いしますね。

>434
おほほほ・・わたくしまだ耄碌するような歳では無いのですが・・・
それにバアさんと呼ばれる歳でもないのです。
わかりましたか?
どうしても理解できないようでしたら
夜遅く人気が無いときにここへおいでください。

>435
まあ、わたくし食べられてしまうのですか?

>438 インドラ
>問題は……、あの御方…
おほほほ・・・インドラ・・・・
なにかわたくしに含むところがあるようですが・・・
はっきりおっしゃっていただいてかまいませんよ

459 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/08 01:21
>441
そうですね・・・以前にも言いましたが
わたくしは創造神以外とはいたすことできません。
あきらめていただく他は無いのです。
それにあまりに爛れた願望をお持ちになると
黒の光流に取り込まれますよ。

>442
ハゲの噂は一時天空殿を駆けめぐったこともありますが
あくまで噂の域を出ていません。
それにあのターバンの下は
わたくしも1万年余り見たこと無いのです。
自発的に外すとは思えませんし・・・
あなたの疑問が晴れることはないでしょう。

>443
444にそのような呪いがかかっているとは知りませんでした。
もしかしてあなたが呪うのですか?

>クウヤ
ところであなたが地上界に修行に行く際、
ヒュウガと一緒に出て行きましたが
ヒュウガはその後どうしましたか?

460 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/08 01:23
>448
そうでしょうか・・・
あれでなかなか女の子らしいところもあるのですよ。
ところで性格をまるくするための勉強が
何故えっちなものなのでしょうか?

>450 レンゲ
>この度の話は無かったことにして頂け無いでしょうか・・・。
そうですか・・・わたくしなりに頑張ってみたのですが・・・
お気に召さなかったのなら残念です。
お姉さんにはよろしく伝えてください。

>455
そうですね・・・・
瞑想のときに・・・極たまにですが・・・・
あの人と過ごした若き日をヴィジョンで見ることがあります。
そのようなときは瞑想後なんとなく恥ずかしく感じますし、
自分自身の女性である部分がかわいくも思えます。

キモイ・・・気持ち悪いということでしょうか・・・
調和神の務めとはいえ幾万年を生きてきて、
その間に私のために散っていった者たちのことを思うと、
自分自身が正義の名の下に、生き血を啜る鬼婆ではないかと
そう感じることがあります。

461 :サティ:04/06/08 01:24
>レンゲ(>450)
ちょっとレンゲ!!
勝手に断らないでちょうだい!
せっかくヴィシュヌ様が紹介してくれるって仰って下さってるのに!
でも、アカラナータ様、素敵な方なんだけど、噂では降三世明王の方と付き合っておられるそうよ。(「週刊☆天空界」参照。)
奪ったりしたら、私、命がいくつあっても足りないわ。脳ミソ筋肉なレンゲと違って、か弱い乙女だし。

今までにご紹介いただいたのが、クウヤさん、ダンさん、アカラナータ様。
彼女持ちだったり、顔や年齢に問題があったり、うまくいかないものね・・・。
シュラトさんにも、彼女がいるみたいだし・・・。
あの時にさっさと既成事実と作っておけばよかったわ。このサティ姐さんとしたことが迂闊だったわ。

それはそうと、結婚の暁には、仲人はヴィシュヌ様とインドラ様にお願いしようと思ってるんだけど
気が早いかしら?

462 :以上、自作自演でした。:04/06/08 01:47
一角獣って、星矢でいうと邪武ですね。弱っ!!


八部衆って、シュラト、リョウマ、ヒュウガ、レイガの四人と、その他数名って感じ。

463 :インドラ:04/06/08 01:57
客人の来訪があるが(>462)…少々用がある為…、次の機会にしよう…。

>428
慌しいな…客人…。だが…微笑ましくもある…。
アカラナータも客人のように熱烈なファンが付き…さぞ喜んでいる事だろう…。
…なあ…アカラナータよ…。ニヤリ…
それから…客人の問い…いや…独り言だが…。
髪の色が下の毛と同色か…?との事だが……、
それはひょっとして ギ ャ グ で言っているのか?
上と下とで違ったならば…変だと…思うが…。

>429
ふむ…一理ある…。
だが…絶対的な差異がある事を客人は忘れたか…。
そう…比婆王ダンは猪突猛進、己の信じるまま自身の道を行く…。
修羅王は…懊悩しながら道を進む…。
双方…同じ様でいて…違う個性を持つ者達だ…。

>430
夜叉王ガイの姉が…創造神としての力を持っている…と…?
私の知らぬ間に…悲しき戦いがあったと言う事は知っていたが…。
ブラフマーは如何なる考えの元…、前修羅王と夜叉王を人間界に送り込んだのだろうな…。
………。すまぬ…少々物思いに耽ってしまった…。
客人の、シュラトの家族も創造神と成り得るかとの問いだが…。
血縁関係にあるとは言え…、その魂は異なる物…。
…人間界の輪廻の理に属す者なのだ…、適さぬだろうな…。

464 :インドラ:04/06/08 01:58
>431
花畑三人衆だったか…。人間界に行っても尚…三人衆とは…業は深い…。
確か…その時の名は……。
いや…アカラナータの名誉の為…伏せて置くとしよう…。

それより…客人よ…。ともだ秘所…とは……。
時の流れを感じる…な…。

>433
修羅王と同じ、人間界アジアの国の者か…?
言語体系が他の者と違うと思われるが…。何を言おうとしているのかも…分からぬ…。
黒のせーらーふくか…、近頃天空界の日差しは強い…熱さには気をつけよ…。

>434
客人よ…お前の為に忠告するが…、言葉は選んで言った方が良いだろう…。
ここは天空殿の裏なのだから…な…。
ヴィシュヌ様については…「耄碌」では無く…、「はぐらかし」と言うのだ…。
永き時…その補佐に勤めて来たが…あの慈愛の表情でコロッと騙され…
まあ…とにかく…その身体もソーマも鈍ってはおられぬ事だろう……。

>435
口に出さなくても良いのだぞ…客人…。
それは…この雷帝インドラに相談…と言う事か…?
…馬鹿者…。
お前には…三日三晩の瞑想修行と…、辺境への警備を命じる…。
行って頭を冷やす事だ…。

465 :インドラ:04/06/08 01:58
>441
お前もか…もはやお前の体は黒のソーマに満たされているらしい…。
欲望の赴くまま理性を失い獣と成果てるか…。

>442
Σッ?!…客人…何処でその話を聞いた…!それについては緘口令を出した筈…。
ご、誤解だ…。私はザビエルでは無い!

それに…ターバンが気持ち悪いとの事らしいが…、
夜中に手足が這えてモゾモゾ動き周りはしないし…喋りだしたりもせぬ…。
ましてや…この雷帝インドラの本体でも無い…。
外せぬ訳があるわけでも無いが…、これが無ければ髪を纏めるのが面倒なのだ…。

>443
ふむ…客人よ…。真言を介さぬ呪は…効果が無い…。
代りと言っては何だが…私よりお前に寿ぎの真言を送ろう…。

miko miko na-sh miko na-sh.

…頭が冴え渡り…属性が変わる真言だ…。

>444
…不幸の修行か…。それは…滝修行時に上からタライが流れ落ちて来たり…。
瞑想修行時…樹の上からレイガが落ちてきたりするものか…。
遭えて苦悩の道を行くか…、クウヤ…。

466 :インドラ:04/06/08 01:59
>448
那羅王レンゲは神将として…立派に勤めを果たしている…。
…えっちな修行は必要無い…。修行が必要なのは…客人なのだろう…な…。
早朝より…、客人の心根を入れ替える為訓練を開始する…。
なんだ…、不満か…?まずは沐浴から…と思ったが…。
もしかしたら…レンゲに会うかも知れぬのだが…、
そうか嫌か…ならばあえて無理強いはすまい…。

>453
>レイガにも「よく食う女だこと」と言われたことが
レイガは小食だから…そう言ったのかも知れぬ…。
気にしない事だ…。
…うむ…。頑丈な体を作り体力維持に努めよ…レンゲ…。

>455
かわいい…と思う時か…。無いな…。
私が…そう思う事自体…、気持ちが悪いと思うが…。
そうだな……気持ちが悪いと言えば…、
我知らず…紅く眼光を光らせ薄笑いを浮かべている事があるらしい…。
女官がそう…漏らした事がある…。
……自身の事ながら…気味が悪い…な…。

467 :インドラ:04/06/08 01:59
>458
>なにかわたくしに含むところがあるようですが
…何一つとしてありませぬぞ…。
私はあの御方…と言っただけで…ヴィシュヌ様を指して言った訳では…。ハハハハ…。

>461
夜分遅くに妙齢の女性と…この天空殿裏で会うとは…。
珍しい事もあるものだ…。
ふむ…レンゲの姉か…。
私に仲人…? …相手が見つかったのならば…引き受けよう…。見つかれば…の話だが…。
さて…夜も遅い…、…女性の一人歩きは危険を伴う為…
今宵は天空殿に宿坊に泊まるが良い…。
私が案内しよう…。


今回は送っておらぬので、狼呼ばわりされる事もあるまい…。
では…な…。

468 :以上、自作自演でした。:04/06/08 02:26
只今、某所にて
クウヤ先生立案の作戦
第1案実行中

469 :以上、自作自演でした。:04/06/08 03:51
ヴィシュヌのおまんこなめたい

470 :神将見回り中:04/06/08 11:47
↑不審者発見、拘束します!

471 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/08 14:03
>455
自分を可愛いと思うとき?
そんなこと考えながら行動したことないしな・・・
気持ち悪いと思ったことならある。
ブリッコの真似したときは我ながら気持ち悪いと思ったぞ。

>ヴィシュヌ様
ヴィシュヌ様は最近、百合も育てておられるのですか?
宜しければわたくしにも育て方をお教え願えないでしょうか。
肥料は何を上げれば一番良いですか?

472 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/08 14:05
>サティ姉さん
>461
>勝手に断らないでちょうだい!
あたしは! 同じ八部衆の仲間を義兄と呼ぶのはイヤよ!
それに姉さんだってあれは嫌だこれはちょっと、って選好みしてるじゃないの!
これ以上ヴィシュヌ様にご迷惑をお掛けするのは嫌なの!

>脳ミソ筋肉
なぁっ!? いきなり刃物持ち出す姉さんに比べれば百倍マシよ!

>仲人はヴィシュヌ様とインドラ様
お二人が承諾して下さるならば、素敵なことだと思うわ。
でも、本当に気が早いと思う・・・・。

473 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/08 14:06
>462
星矢とかいう世界での一角獣が弱いからといって
こちらでもそうだとは限らんだろ。
第一、シャクティに纏わる生き物はあくまでも象徴に過ぎん。

>四人と、その他数名
その他数名で悪かったな・・・!
天空戦記はシュラトの視点からの物語なのだから仕方があるまい。
例えばこれが私やクウヤやダンからの視点の物語であったなら・・・・・
・・・・・・・・・・・朱天島で話が途切れるな・・・。

>インドラ様
>私に仲人(>467)
私からもお願い致したく存じます。
全ては姉に相手が見つかれば、の話ですが・・・・。

474 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/08 14:07
>468
クウヤの案?
最近、姉とインドラ様と3人で何やら話しこんでいる件のことか?
一体何を計画しているのやら・・・・・。

>469
真言省略!那羅無双華!!

わざと外してやった。ありがたく思え!
・・・・・・・・余波で伸びたか・・・・。

>470
ああ、ご苦労。良くやった。
インドラ様より指令が下るまで見張っておけ。

475 :以上、自作自演でした。:04/06/08 14:12
レンゲさん、なでなでー。

476 :闥婆王クウヤ:04/06/08 20:15
>448
性格のきつさとえっちなお勉強は
何の関係も無いように感じますが・・
痛い目を見る前にレンゲから遠のいたほうが身のためですよ。

>455
わたくしはいつも自分のことをかわいいと思ってますよ。
キモイですか・・・・
昔シュラト殿に「修行ヒッキー」と呼ばれたことがありました。
その姿を想像したときはさすがに気味が悪いと思いました。

>461
わたしの情報によるともう喰ってしまった後だったと聞きましたが・・・

>462
ジャブ?・・・ジャブ・ジャブ・ストレートのジャブですか?
それは一角獣が弱いのではなくて
単に邪武本人が弱いのではないかと・・・
しかしその他数名とはひどい言い草ですね。
ちゃんと引き算してください、その他4名ですよ。

477 :闥婆王クウヤ:04/06/08 20:16
>468
なんと、このわたしに黙って実行とは・・・
手練手管を見せていただく約束でしたのに・・・
いや、まだ間に合うかも
早速インドラ宮に見に行かねば・・

>469
この天空殿のそばにて不埒な振る舞い・・
見逃すわけにはいきません。
覚悟を決めてください。

>470
うむ、大変ご苦労です。
あなたのような立派な神将がいれば
安心して修行に励むことができます。
あなたも勤務が終わりましたら一緒に滝行でもいかがですか?

>475
セクハラだ!
あなたはセクハラの神に遣わされたセクハラの人ですね
あ、違いましたか・・・そうですか・・・

478 :闥婆王クウヤ:04/06/08 20:17
>ヴィシュヌ様
はっ、ヒュウガは新宿歌舞伎町なる場所ではぐれてしまいました。
なんでもその場所で重点的に修行をするとか・・・
わたくしとは修行の趣が違ったため別行動となりました。
今もその場所にいるかはわかりませんが可能性は高いかと

>インドラ様
>遭えて苦悩の道を行くか…、クウヤ…。
フフフ・・そのようです。
これから先どのような不幸が降りかかってくるのか・・・
実に楽しみです。

>レンゲ
(>472)れ・・れんげがおんなことばで・・・

>一体何を計画しているのやら
ウフフ、秘密です。楽しみにしていてください。

479 :以上、自作自演でした。:04/06/08 20:30
新宿というと場所によっては違う修行になるのでは…ヒュウガはいったい
どっちの修行を?!

480 :闥婆王クウヤ:04/06/08 20:40
>479
ウフフ、それも秘密です。
本人の名誉のために・・・

481 :以上、自作自演でした。:04/06/08 22:00
>ヴィシュヌ様
ヴィシュヌ様はインドラに石化されたのを根に持っていませんか?
調和神ともあろう者が、たかが十二羅帝の一人ごときに石化されて恥ずかしくありませんか?

>レンゲ、クウヤ、ダン
転生したばかりのシュラトに、調和神を石化する術など使えるはずもないのに
あっさりインドラに騙されて、馬鹿だと思いませんか?

創造神、調和神>>>十二羅帝>>>八大明王>>>>越えられない壁>>>>八部衆>>>その他大勢

聖闘士で言えば、青銅ですね。

482 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/08 22:34
>475
Σわっ!?
こら!やめないか!

>クウヤ
>おんなことば(>478)
う・・・うるさい!
私だって生まれついてからずっとこの口調なわけでは無いわ!

>479
あいつが、新宿の歌舞伎町で・・・・・・・・修行・・・・?


ふーん・・・・・・・・・・へぇ・・・・

>481
ガイを見てみろ。転生したばかりだというのに不気味なまでに力があったぞ。
あの時は、一緒に転生してきたシュラトも同じようなレベルだと思ってしまったのだ。

483 :降三世:04/06/08 23:09
ヒュウガなら、新宿のオカマバーで働いていたわよ。

484 :インドラ:04/06/09 00:31
>462
那羅王のシャクティは…確かに一角獣…。
しかし…比較対照である…邪武と言う者の力量が…私には測れぬ…。
天空界に…いる者では無さそうだが…。

私を倒し…ヴィシュヌ様を救った八部衆の四名か…。
…思えば…この私をも呪われし呪縛から救った…とも言えよう…。

幾多の神将と戦いを繰り広げた修羅王達の力も強いが…意志の強さもあった…。
信じる物がある正義とは…あれほどまでに強大な力となりうるのだと…
傷つきながらも証明したのだ…。
だが八部衆の実力は拮抗している…、この私が保証しよう…。
そう…信ずる物が有るか無いかの差異は大きい…と言う事だ…。

>468
…客人…、私が策も無しに女性を篭絡すると思ってか…。
まして武人であるこの雷帝インドラが…卑劣な真似をする筈も無い…。
クウヤの案については余りの人的被害と心理的不安定さが残る為…、
その案却下としている…。

客人…いくら私でも…後ろから刺されたくは無い…と思っているのでな…。
相手はレンゲの姉と言う事も考慮し、下手に手を出せば…ストーキングされる事確実…。
私からの弁明は…以上だ…。

485 :インドラ:04/06/09 00:33
>469
再三の忠告にも関わらず…その有様では…な…。
捕縛されるのも無理は無い…。

>470
警備ご苦労…。
インドラ宮地下営倉に護送の後…、審議を待たず禁固刑に処す…。
…調和の民にあるまじき行い…これは天空界でも重い処分でもある…。
…これら一切の処遇については…デーヴァ神軍総司令雷帝インドラの一存では無く…
調和神ヴィシュヌ様、八霊師の判断を待って決定としよう…。

平和である筈の天空界に…この様な判断を下す事…心が痛む…。

>472
…姉妹揃って仲が良い事だ…。
それより…レンゲ…何か悪いモノでも食したか…?
いやなに…少々聞きなれぬ言葉が聞こえたもので…な…。

>475
ふむ…人を褒めるのに…頭を撫でるのは効果があると、聞く…。
ならば…私が客人の頭やら何やらを撫でるのに問題はあるまい…。
客人…天空殿来訪有難う…。昼間には誰もおらぬと思っていたが…いる所にはいるのだな…。
ナデナデ ナデナデ…。今…触り方がヤラシイと思ったか…?
他意は無い……、気のせい…だろう…。

486 :インドラ:04/06/09 00:33
>477
>早速インドラ宮に見に行かねば
昼間私の司政室に…来たのは…そう言う訳か…。
クウヤよ…だからどうして…お前は私の所へ来るのに
毎回…扉を体当たりで破って来るのか…?
修繕費も馬鹿にならぬ…のだぞ……。

>478
…天王が人間界へ降りたのは知ってはいたが…。
歓楽街にいる…とは…。
…勤務態度も真面目で実直な男が…。
……ヴィシュヌ様の警護中何か辛い事でもあったか…。
Σッ?!もしや…天空殿裏の凶事を見てしまったのでは…。
全てを忘れる為…自らの体に鞭打ち修行に明け暮れているのだろうか…。

487 :インドラ:04/06/09 00:36
>481
…耳が痛いな…客人…。
私が冒した過ちについて…あえて弁解はすまい…。
…転生を許されたこの体…、過去の罪が消え去った訳でも無いのだ…。
しかし…多少なりと…この天空界を繁栄に導く補佐を担う事で…
罪を補う事も出来るかも知れぬ…。
…私にとって唯一の救いなのだ……。

力の程については…、私の属する十二羅帝も八大明王も事実上瓦解した今では…
名実共に…八部衆がデーヴァ神軍最強の部隊だ…。
…青銅…?鉱物の名か…?ヴェーダであれば全て金色に輝いている…、
シャクティは何で出来ているのだろうな…。深く考えた事は無いのだが…。

>483
…トライロー…。お前が天空殿に来るとは珍しい事もあるものだ…。
人間界の事情に詳しいのは流石と言うべきか…その情報確か…なのか…?
こうしては居れぬ…。至急人間界へ降り真偽のほど確かめて見なくては…。

ではな…!

488 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/09 03:01
>461
そうですか・・・アカラナータがトライローと・・・
なかなかうまくいかないものですね。
後残りの八部衆といえばレイガぐらいなのですが・・
レイガは人格は申し分ないのですが、
レンゲもああ言ってますし、
正直、レイガから色よい返事がもらえるとは思えないのです。
また、どなたかいい人がありましたらご紹介させていただきます。
仲人の件は承りました。
わたくし初めての経験です。

>462
一角獣の扱いが世界によって違うのは致し方ないこと・・
その星矢の世界では弱いのかもしれませんが
ここ天空界ではまた違った強さを持つものですよ。
それに八部衆はどなたも拮抗した実力の持ち主。
明確にその力を区分はできないと思います。

>465 インドラ
>頭が冴え渡り…属性が変わる真言だ…。
まあ、すばらしい真言ですね。
わたくしが唱えてもよろしいのでしょうか?

489 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/09 03:01
>468
どのような作戦なのでしょう。
智将クウヤの作戦なれば、
この天空界に恵みをもたらすものと考えてよろしいのでしょうか。
楽しみですね。

>469
おほほほほ・・・
わたくしも久しく桜のひry・・・・人の気配が・・

>470
警護の任、ご苦労様です。
あなたのおかげでこのヴィシュヌ危ないところを救われました。
このものに対する沙汰は追って八霊士からあるでしょう。
とりあえずはインドラの指示に従ってください。

ああ、肥料が・・・

490 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/09 03:03
>471 レンゲ
>百合も育てておられるのですか?
はい、わたくしもお客様の希望に添うようにと、
百合を育てているところです。
レンゲもよろしければここで一緒に百合の世話をしませんか?
個別に育てるよりも、効率がよいと思いますし・・

>475
小さい子供ならいざ知らず、
レンゲももう立派な淑女ですので、
あまり頭や髪にさわられるのは
気持ちのいいものでは無いかと・・・思います。
できれば別の表現で親愛の情を示されればと・・・

>478 クウヤ
>なんでもその場所で重点的に修行をするとか・・・
そうですか・・
八部衆筆頭の修行とは大変なものなのですね・・・
実直な彼だけに、思い詰めすぎなければ良いのですが・・・

>479
あなたはヒュウガの修行について知るところがあるようですが
どっち・・ということは少なくとも2種類あるということですね
どのような修行なのでしょう。
今度是非教えてください。

491 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/09 03:04
>481
石化されたことを根に持ってはいません。
わたくしはあの事件に関わるすべての人々を
赦すこととしたのです。
それにインドラを信頼していればこそ、
石化の術にかかったのだと・・わたくしは思っております。
部下を信頼することをそれほど恥じてはおりません。
ただ、インドラの内なる黒の光流を見抜けず、
その魂を事前に救えなかったことだけが
心残りではあります。

>483
またおいでいただいたのですね。
そうですか、地上でヒュウガを見かけたと・・・
わたくしもヒュウガの修行の姿、
この目で見たく思います。
一度その場所に案内してください。

>487 インドラ
>至急人間界へ降り真偽のほど確かめて見なくては…。
わたくしも修行の様子をこの目で見たく思います。
あなたが確認をとれれば
その後わたくしを案内してもらえますか。

492 :以上、自作自演でした。:04/06/09 03:36
人は皆何かの使命をもって生まれてくるとききました。

漏れはヴィシュヌたんにえっちな質問するために生まれてきました♪

ヴィシュヌたんベッドでハァハァ乱交プレエしましょ(*´д`*)

使命を果たさないとダメですもんね!

493 :闥婆王クウヤ:04/06/09 21:33
>481
あのころの私にとって
ヴィシュヌ様・インドラ様の言葉は絶対だったのです。
お二人が間違うことなど考えられませんでした。
ましてや我らを陥れるなどと・・・・
しかしあの一件以来我らも成長したと思います。
服従と盲従は違うのだと悟りました。
次があれば必ず真実を見抜いてみせます。

>483
うっ・・あれほど本人の名誉のためと申したのに・・・
ところでアカラナータといい関係だという噂ですが、
本当のところはどうなのですか?

>492
なんと悲しき運命・・・
アスラ神軍の雑兵に生まれるのと同じくらい悲しいですね。
そしてさよならです。

ナウマク サンマンダ ボダナン ゲンダリ ヴァン 闥婆水滸輪!!

494 :闥婆王クウヤ:04/06/09 21:34
>レンゲ
>ふーん・・・・・・・・・・へぇ・・・・
気になりますか?

>インドラ様
>扉を体当たりで破って来るのか…?
すみませぬ。
今回は慌てていたので開け忘れました。

>ヴィシュヌ様
>わたくしもヒュウガの修行の姿、この目で見たく思います。
それはおやめになるのがよろしいかと
この闥婆王クウヤ、愚考する次第であります。

495 :サティ:04/06/09 22:12
ヒュウガさんは、オカマさんだったんですね・・・・。

>レンゲ
オカマさんを結婚相手に勧めてしまってごめんなさいね。
姉さんが(少しだけ)悪かったわ。

そうそう。この間、インドラ様に送っていただいたんだけど・・・・
素敵だったわ。姉さん、年上もイケるみたいよ。

こうなったら、インドラ様にしようかしら。
特にライバルもいないようだし、問題ないわよね。
ちなみに、あなたはものの数に入ってないわよ。
だって私の方が胸が大きいんですもの。

496 :以上、自作自演でした。:04/06/09 22:58
最近、ヴィシュヌ様のスコップさばきがなくて残念。

497 :以上、自作自演でした。:04/06/10 01:36
なんだかなあ…最近ここはキャラハンの馴れあいスレうわなにをするやmhなお;あshっじょあgふぉあhじゃjh;

質問です。
コカコーラC2とかいう新商品はもう飲みましたか?
飲んだ人は味を文章で表現してみてください。

498 :以上、自作自演でした。:04/06/10 01:51
お前らが全力を出し本気で戦って、強いと思う順に名前を並べてください。
他キャラハンの考えに合わせる必要はありません。
「戦った事がないからわからない」、などという棒レスも不要です。

あくまで どう思うか ですから。

私的には

美酒濡>>>インド裸>>>>喰う爺>>>蓮華

私のレスのほうがありきたりな強さになってしまいましたね。

499 :以上、自作自演でした。:04/06/10 01:52
八部衆の比婆王ダンさんは
身長が174pもあるのに
「もっと背が欲しい」
とは欲張りではないでしょうか?

500 :以上、自作自演でした。:04/06/10 01:54
500記念に何か品物をください。
注:アムリタはいりません

501 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/10 06:33
>492
まあ、そうなのですか・・・・
わたくしのために
一人の若者の前途が潰えてしまうのは忍びないです。
どうでしょう、今からでも遅くはありません、
運命に抗い、そのような使命忘れ去ってしまっては・・・
でも、運命に逆らえないというのであればしかたありません。
このわたくしの手で・・・できるだけ楽に・・・

>494 クウヤ
>おやめになるのがよろしいかと
わかりました。
それではヒュウガを見掛けましたら、
よろしくお伝えください。

>495
インドラはその光流から考えて、
後数万年を生きると思いますが
一緒に添い遂げる覚悟はありますか?

502 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/10 06:34
>496
そのような期待をしていただけるとは
このヴィシュヌ感激の極みにあります。
しかし桜の木も自律歩行するようになってから、
自らの力で栄養をとっている様子。
手を入れることも少なくなりました。
最近は百合を育てております。
「ぜひレンゲと・・・」とお客様が申すので、
早く花をつけるといいのですが・・

>497
以前、お客様から差し入れいただいたコーラの新製品なのですね。
地上界の食品の中には天空界のものと違って、
体に有害な成分が有るとかで、
八霊士のかたに制限されていますので、
口にする機会がなかなかありません。
コーラがおいしかったので、
飲んでみたい気はしているのですが・・・

>498
わたくしは調和神として務めてからは
攻撃用の真言について修練をしたことがないのです。
吉祥天時代の術が通じればよいのですが・・
ただ、この場で他の方々と戦うことになれば、
地の利を生かした戦いができると思っております。

わたくし with 桜>インドラ>>>レンゲ>クウヤ

ぐらいでしょうか
レンゲはたぶんインドラ相手では本気を出せないでしょうし、
クウヤは性別など興味がないといいつつ
女性に手を挙げるところを見たことありませんので。

503 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/10 06:36
>499
そうですか・・・・・
実は天空人は長身の者が多く、
地上界とは平均身長に大きな開きがあります。
ですのでダンはたしかにシュラトより高いのですが、
天空人としてみればまだまだ欲しいと思っているのでしょう。

>500
おめでとうございます。
記念の品ですね・・・・・
わたくしが丹精込めて育てていました桜が、
実をつけましたのでこれを詰め合わせにして進呈しましょう。
地上界ではさくらんぼと言うそうですね・・・・
それにしても地上界の果物を見るのは初めてなのですが、
ひとりでに動き回るのですね。
このさくらんぼ、パックを開封すると
人間の口めがけて飛び跳ねてきますので
食べ過ぎには注意してください。

504 :以上、自作自演でした。:04/06/10 21:52
扱えるソーマの量が、ヴィシュヌ様とその他の者では段違いです。
勝負にならないでしょう。

セフィーロに喩えると、「柱」ですね。

505 :アカラナータ:04/06/10 22:46
無駄よ無駄無駄あああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

506 :インドラ:04/06/11 00:48
天王を探しに人間界へ降りたが…、残念ながら見つからず…。
会ったのは…ボッタクリのみ…。

>491
>わたくしも修行の様子をこの目で見たく思います
残念ながら…存在するのは魑魅魍魎のみ…。
行かぬが宜しいかと…。
。oO(ヴィシュヌ様は余程パンツに札を捻じ込みたいらしい…)

>492
使命か…客人よ…。
しかし……使命ならば崇高であるべき筈…。
息を荒げ眦が下がった状態では…高邁な精神とは言えぬ…。

>493
>アスラ神軍の雑兵に生まれるのと同じくらい悲しいですね
…その言葉で…何故か…、羅刹天ニリハリを思い出した私がいる…。

>495
言葉も然程交わす事無く…送っただけであったが…。
やはり…姉妹とは性格が似通うか…。
移ろい易い心はまるで月の満ち欠けの如く…。

サティよ…胸の大きさなど…、私は気に掛けた事なぞ無い。
むしろ…感(検閲中)…。
…ふむ…、いかんな…今宵の私は黒のソーマの密度が濃い…。
近寄らぬ方が身の為だ…。

507 :インドラ:04/06/11 00:49
>496
近頃…ヴィシュヌ様は桜に飽き…百合などを育てているらしい…。
スコップも常備しておられるが…、比婆王ダンよりツルハシを借り…
次の贄を求め深夜徘徊されているらしい…との情報が警備の者より入った…。

客人よ…、丑三つ時に例え様も無い程の微笑を浮かべた…
あの御方に会われたら…即見なかった事にした方が…朝を迎えられるだろう…。

>497
何やら襲われている様だが…、無事か…。
客人の危惧する事…重々承知している…。
だが…裏で共謀を謀り、客人を蔑ろにする事は絶対に無い…。
この雷帝インドラが保証しよう…。そしてここに居る皆がそう思っているだろう…。

客人の問いだが…以前にもコカコーラを勧めた者が居たな…。
そのC2というのは姉妹品か…?
うむ…飲んではおらぬが…、やはり黒く不気味な泡が…独特の魅惑をもたらしている…。
黒くなければ…多少飲める様に思うが…このままでは泥水を飲んでいるかのだろう…。
白ければ…試してみたいものだ…。それは…ホワイトコーラ…と言うものか?

508 :インドラ:04/06/11 00:49
>498
ほう…趣向としては面白い…。
客人の予測も意外ではあるな…。
私はてっきり性格の黒さ…かと思ったが違うらしい…。
戦いのみならば…ヴィシュヌ様は相手を攻撃するシャクティ・タントラの類は持っておらぬ…。
調和の神が攻撃に秀でていたら…デーヴァ神軍など必要としないだろう…。
修行の成果が目覚しい闥婆王、那羅王も…、この雷帝インドラを倒すまでのソーマには程遠い…。
彼らの武具…蓮型鞭と輪宝では…私の胸も貫けまい……。

私>>>闥婆王=那羅王>>ヴィシュヌ

私情を挟む事無く…事実を連ねた結果だ…。
悪鬼と呼ばれ様とも…膝は屈せぬ、デーヴァ神軍の総司令として示しが付かぬからな…。

>499
詳しいな…客人…。八部衆の身体検査…見たのか…。
同じ八部衆の者は総じて上背がある…。
比婆王ダンの持つ負けず嫌いの性分ゆえ皆に遅れを取りたく無いのだろう…。
……そう言う振る舞いが天空殿の女官や世の女性に受けるのかも知れぬが…、
何時までも子供の様にあっては…な…。

>500
もう…そんな時期に来ていたか…。天空殿来訪記念…心より祝おう…。
到達の暁には私より…祝いの品を用意すると以前にも言ったな…。
あれこれと迷ったが…客人には…これを進呈しよう…。

ttp://users.animanga.com/saint/shurato/shu_wo.jpg

麗しい女性陣のブロマイドだ…。これで癒されるが良い…。

509 :以上、自作自演でした。:04/06/11 00:50
透明なコーラ、昔ありましたねえ…

510 :インドラ:04/06/11 00:50
>503
>人間の口めがけて飛び跳ねてきます
ヴィシュヌ様…何処のB級ホラーですかな…。

>504
調和神のソーマに勝負が必要か…客人よ…。
客人の言う通り…調和神が扱うソーマは天空界全てに及ぶ…、
正しき道へ導く「調和」の光流…。
他の人間が扱える量では無いのだ…。
若き調和神も修行を重ね…その域まで達するのも近いだろう…。

…セフィーロの「柱」が何の事だか分からぬが…。
その者も強大なソーマで皆を平和に導く宿命を背負っているのだろうか…。

>505
…何だ、突然…。……何時もの事だが……。
お前の出現はいつも高みからだが…高い場所が好きなのか…。
猫と何とやら…と同じものなのかも知れぬな…。

…不動明王アカラナータよ…。
以前のお前とは違って見えるが…私の気のせいか…。
叫ぶだけでは自慢の弁舌も揮えまい…。


さて…アカラナータに天空殿内の風紀について説かねばなるまい…。
アスラ神族の動向も問い質したい処だ、酒を交えて聞き出すのも手の内か…。フフフ…
では…な…。

511 :闥婆王クウヤ:04/06/11 04:07
>495
ヒュウガの名誉のために言っておきますが
彼はオカマではありません。
それでは八部衆の25%がオカマになってしまいます。
どのような姿が見られようともあくまで修行・・・
八部衆としての使命感のなせる業なのです。

>496
最近、ヴィシュヌ様は園芸に興味を持たれているらしく、
桜に引き続き、新たな植物を育てているようです。
そちらでスコップを使う姿が見られるのではないでしょうか。
人は、その趣味を動物→植物→鉱物と変えながら枯れていくとか・・・
ヴィシュヌ様も今もって健在ということでしょう。
インドラ様は巨大パチンコ玉で一人遊びなさってます。
枯れ果てたということでしょうか・・・・・・

>497
コカコーラC2という商品名なのですか?
名前がなにやら一段と薬品っぽくなってますが
大丈夫なのですか?
骨が溶けたりはしないのでしょうか?
不安の残る飲み物です。
とりあえずお客人の感想待ちということで。

512 :闥婆王クウヤ:04/06/11 04:08
>498
全力ですか・・・・
ヴィシュヌ様やインドラ様に対して本気でと言われましても・・・
ああ、いつぞやの本人と同じ実力を持った
偽物を出していただいて戦うことといたしましょう。
やはり同条件下ではシャクティもなく、
本格的な攻撃の術を持たないヴィシュヌ様が不利でしょう。

インドラ様>>クウヤ>レンゲ>>ヴィシュヌ様

としたいと思います。
レンゲよりわたしを上としたのはもはや意地、
神将として5年も長く修行をしているこのわたしが、
負けるようなことが有れば、
人生を全否定されるも同然。
負けるわけにはいかないのです。

>499
このわたしと18pも差があっては愛し合うこともできないからです・・




・・・・・・・・・・・・・嘘です。すみません。

彼はヴィシュヌ様と釣り合いのとれる男になりたいそうです。
ヴィシュヌ様は2mを越す長身。
男のほうが30p近く低いのは問題があると
ダンは考えているのでしょう。

513 :闥婆王クウヤ:04/06/11 04:09
>500
わたしたち八部衆がラクシュの命により、
地上界探索に出たとき、
大変似つかわしくない格好をさせられた者がいるのですが
そのときの様子を水面鏡でお見せしましょう。
画像が多少荒いのは古き記憶から念写しているため、
ご容赦願いたい。
あなたがレンゲのファンであればよいのですが。

ttp://ranobe.com/up/updata/up3758.jpg

>504
ヴィシュヌ様の光流は尋常な量では有りません。
この宇宙を安定の元に維持していくだけの量が有ります。
ただ、やはりこの光流を
攻撃的な行動に使うことはできないようですので
あなたのいう勝負が闘うことであるならば、
ヴィシュヌ様はそれほど光流を解放することはないと思います。
ところでセフィーロって何でしょう?
自動車にそのような名前のものがあると
修行の折、耳にしたことがありますが・・・

514 :闥婆王クウヤ:04/06/11 04:09
>505
十八番が出たようですね。
ところでいつも高いところから現れるあなたですが、
木もないような大平原ではどうやって登場します?
なにか策を考えていました?

>509
ひっそりとインドラ様に挟まれていますね。
忘れられないようわたしが発掘しておきましょう。
ところで透明なコーラというものが有ったのですか?
それでは普通すぎます。
毒々しい体に悪そうな色をしていないと
コーラという感じがしないのですが・・・

515 :以上、自作自演でした。:04/06/11 04:44
アンミラは乳でかいほうが似合うと思う

516 :以上、自作自演でした。:04/06/11 07:14
ヴィシュヌ様の身長2m超??
髪の毛入れて?

517 :以上、自作自演でした。:04/06/11 10:40
もみ上げ切って髪の色変えたら
まんまシュラトじゃん

518 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/11 14:26
今日は非番なのだが、
空いた時間をぼんやりと過ごすのは性に合わんな・・・。
色々と余計なことまで考えてしまう。

>483
堅物のあいつがか!?
にわかには信じられん。
そもそも、レイガの様に細身ならまだしも
体格のいいあいつが女の恰好・・・・・?
・・・・・・・・。
・・・・・今、心底自分の想像力の逞しさを呪う・・・・・。

>ヴィシュヌ様
>490
では、わたくしも百合の栽培をご一緒させて頂きます。

>492
どういう使命だっ!?
人生の大半がそれに費やされることになろうとは不幸な・・・。
しかし、”実行”する使命でなくて良かった・・・と言うべきか?
そっちだったなら、今頃 命は無かっただろう。

>クウヤ
>気になりますか?(>494)
それは・・・まぁ・・・気になるが・・・・・・・・・。
Σ! 私が気にしているのは、だ!
あの堅物のヒュウガが繁華街で修行ということが不思議で
それが気になる、というだけで!
・・・・・・・・それ以上の他意は無いからな・・・・・?

519 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/11 14:28
>サティ姉さん
>495
ヒュウガはオカマじゃないと思う・・・・。たぶん、何か誤解があるとか・・・。

>こうなったら、インドラ様に
姉さんの様にあれこれと移り気な人をインドラ様がお相手なさると思って!?
あと・・・・胸なんて関係ない・・・・・っ!

姉さん。姉さんもお客さまのお相手をしてみたら?
良い人が見つかるかも知れないわよ?

>496
最近は私と一緒に百合を育てておられる。
それはもう華麗な土さばきだ。
・・・・・しかし・・・・つい先日、スコップを握り締めたまま、
良い土づくりの為の肥料が足りないとこぼされておられた。
客人の言う、スコップさばきが見られる日も近いかも知れん・・・・。

520 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/11 14:32
>497
コーラというものにはいろんな種類があるのか。
以前 客人から頂いた物を飲んでみたことがあるが、
どうも、あの喉で弾けるような感覚が苦手でな・・・。
味は悪く無いのだが。
そういうわけで、C2とかいう新商品も飲んだこと無いのだ。
それにしても 食品の栄養価をわざわざ下げるとは 理解しがたいな。

>498
ふむ。状況によって随分と変わってくると思うぞ。それは。
まず基本として、光流の総量だけで測るならば

ヴィシュヌ様 >>>>>> インドラ様 >>>>> クウヤ = 私

だろうが、
接近戦を想定するならば

インドラ様 >>>>>>> クウヤ > 私 >>> ヴィシュヌ様

だと思われる。
しかし、遠隔攻撃有りで部隊を展開した総力戦となると

ヴィシュヌ様 > インドラ様 >>> クウヤ >> 私

といった所だろうな。

私がクウヤより劣るというのは、ひとえに経験と戦略性から判断した。
悔しいが、認めざる得まい。

521 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/11 14:36
>499
周囲と比べて低いからな。気にしておるのだろう。
しかし、こればかりは いかんともし難いな・・・・。
まぁ、ダンは年齢的にもまだ希望が持てそうだから、それが救いか。

>500
おめでとう。
それでは私からは秘蔵のこれを・・・・・。
ttp://www.geocities.com/arcadia_shulato/char/indrahshakti.gif
以前に一度だけインドラ様がシャクティを装着された時に記録しておいたのだ。
ついでに今朝摘んできたカリットの葉もつけよう。

>504
単純なソーマの総量でいうとヴィシュヌ様に勝る者はそうはいまい。
しかし、それと勝負は別なもの。
勝敗とは、様々な要因が重なった上で決まるものなのだ。

>505
相変わらず、血管切れそうな勢いで叫んでおるな。
だが、あまりそのセリフばかりを叫んでいると、
どこぞの誰かの様に決まった言葉しか喋れなくなるぞ・・・。


・・・もうこんな時刻か。
さて、途中だが これから少々やぼ用があるのだ。
では、またな。

522 :以上、自作自演でした。:04/06/11 23:30
ヴィシュヌ様には攻撃用のタントラがないから戦いでは弱いという説には反対です。
絶対不可侵の結界(A.T.フィールド)を展開し、強大なサイコキネシスで動きを封じれば
どんな敵でも倒せるでしょう。
あれだけ大勢の天空人をテレポート出来るのだから、サイコキネシスも相当強力なはず。
要はイージス理論です。

ヴィシュヌ様をどうにかしようと思ったら、シヴァ様かブラフマー様を呼んでこなくてはね。
または不意打ちか。

523 :以上、自作自演でした。:04/06/11 23:51
超人ロックとアカラナータは、どっちが強い?
ラフノールの鏡とサイコスピアのコンボで、八部衆程度なら瞬殺出来るよ。

524 :インドラ:04/06/12 00:37
アカラナータを見掛けなかったか?
あの男…私の秘蔵の酒を持って行った…。

>509
やるな…客人…。何…こちらの話だ…。
遥か昔あった…消え去った飲み物は数知れず…。
だが…甘味の強い飲み物は…私には少々口に合わぬ…。
やはりこの時期はキリリと冷えた辛口の酒が恋しい…。
で…だ…、人間界に「美少年 白生にごり酒」と言う酒があるのを
客人は知っているか…。
……名称の付け方が…何とも…、アレだ…な…。

>513
……嫌そうにしているのが…レンゲらしい…。
うむ…、目の保養となった様な…ならぬ様な…。

>515
…世の摂理だろう…。
客人の言う事は もっとも だ…。
その制服はその為だけに作られたとも聞く…。
選ばれた者だけが着用出来るのも…
神将のシャクティと良く似て……似てはいない…か…。

525 :インドラ:04/06/12 00:38
>516
ヴィシュヌ様は…華奢な様で上背がある…。
私の目線がヴィシュヌ様の頭部に当るだろうか…。
長い裾の下は…シークレットブーツや竹馬を履いているとか…
三輪車に乗っているなど諸説あるが…定かでは無い…。

纏めた髪までも身長に入れてしまうと…私をも超えるな…。

>517
ダンの事か…客人…?
シュラトよりも筋肉質で野性味がある…あの男が似ている…と…。
ふむ…比婆王にイメージチェンジを諮るのを勧めるべきか…。
しかし持って生まれた資質は、変わるものでは無い…。

>521
…記録が…あったとは…。
撮影に気づかなかったとは…油断した…。レンゲよ…腕を上げたな…。

526 :インドラ:04/06/12 00:38
>522
攻撃の無力化か…、無敵の楯だな…。客人の理論…一理ある…。
だが…その楯…結界を上回るソーマを有した者ならばどうか…?
…打ち破るのも容易い…と思うが…。

遥か昔…そう…大戦末期…、第三次カイラーサ会戦では…
一度に集結したアスラ神軍を…ヴィシュヌ様とブラフマーは異空間へと封じた…。
創造神の力が合わさる事で成し得たのだろう…。力の相乗効果が呼んだ奇跡…。
それが…「カイラーサの奇跡」たる由縁だ…。
……それもデーヴァ神軍全ての総力を持って…決死の後方支援があればこそ…だったのだろう…。

…戦いは悲しき宿命を呼ぶ…。
あの破壊の化身であった御方も…ブラフマーも今は…居ない…。
私も…ヴィシュヌ様の首を狙う意味も持たず…、残された時を…過ごすのみ…。

>523
…ちょ、超人…ロック…?はて…聞いた事が…無い…。
待て…客人…少々調べさせて貰おう…。

ふむ………………………。

成る程…長期連載と髪の立て具合からして…アカラナータより強いかも知れぬ…な?
…だが…、善なる者を興味本位で殺戮出来る者では無いだろう…。


…執務が残っている為、本日は下がらせて頂く…。
では…な…。

527 :以上、自作自演でした。:04/06/12 01:11
509でつ
インドラさまに挟まれて幸せです。
レンゲに怒られそうですが。ごめんねレンゲタン。

美少年 白 生 に ご り酒、…インドラサマ、やはり…ボイズ゙ケ-ムの
影響が…?いい名前ですね…


528 :以上、自作自演でした。:04/06/12 02:03
イア・イア・ハスター!
ハスター・クフアヤク・ブルグトム・ブグトラグルン
ブルグトム・アイ・アイ・ハスター!


529 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/12 08:50
>504
お客様にわたくしのことをそこまで嘗て頂いて
光栄に思います。
セフィーロというのはCLAMPさんの作品に出てくる
国の名前でよろしいのでしょうか?
エメロード姫という方が「柱」らしいのですが
ちょっと悲しい運命にあると聞きました。
わたくしは調和神としての責務、
楽しく果たさせていただいてます。
非業の死というのも調和神ラクシュの手により
回避できました。
ところで、このCLAMPさん
お客様の中にファンのかたが多いようですね。

>505
アカラナータ・・・あなたよもや黒の光流に・・・
あ、いつもそうなのですか・・・
勘違いして申し訳ありません。
しかし、あまりに大きな雄叫びは
他のお客様を驚かせますので、
ここではもう少し静かにお願いします。

>506 インドラ
>存在するのは魑魅魍魎のみ…。
そうなのですか・・・
ではわたくしは伺うのをやめにしましょう。
しかし、その徘徊する魑魅魍魎、
捨て置くわけにはいきません。
地上界に仇なす前に対処すべきではないでしょうか

530 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/12 08:51
>509
透明なコーラですか・・・
あのコーラの天空界の食物では感じ得ない喉ごしは
好きなのですが
黒い色は不吉なものを思い浮かばせ
受け入れがたいものでした。
それが透明なものがあるとなると
飲んでみたい気もします。
インドラ、頼みましたよ。

>515
もともと衣装は着る人に合わせるものだと思います。
しかし、地上界においてはその人の多さから、
一人々々仕立てることができないとか・・・
ですのでその衣装をデザインしたときの
基本体型と差違が有る場合は
似合わないこともあるでしょう。
しかしかわいらしい衣装でしたね。
わたくしも少し着てみたくなりました・・・
でも八霊士のかたが卒倒してしまうでしょうね。

>516
お客様、その話をどこで・・・・・
そうですか、クウヤから・・・・
おほほほほ・・・
クウヤ、あなたは重要機密を漏洩させたようですね。
罰としてわたくしと一緒に百合の世話をするのです・・・
いえ、訂正します。
新たに薔薇という植物を育成するのです。
よいですね。

531 :以上、自作自演でした。:04/06/12 08:52
同じ時代に調和神が二人いて、まずかったりしませんか?

532 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/12 08:53
>517
どなたのことをおっしゃっているのでしょう・・?
インドラがいうようにダン・・のことでしょうか
わたくしには余り似ているようには思えないのですが・・・
そういえば昔、サティさんが
レンゲとシュラトが似ているとおっしゃっていたような・・・

>518 レンゲ
>今日は非番なのだが
大切な休養の時間を割いてここに来てくださったこと
うれしく思います。
それでは立派な百合を育てましょう。

>522
わたくしの力を信頼していただいてありがとうございます。
負けない算段をするのであれば、
この天空界を守る光流をもって
お客様のいう結界を張れば大丈夫でしょう。
ただ、わたくしの真言、
人を傷つける目的では発動しないものがほとんどなのです。
残念ながら負けないようにはできますが、
能動的には勝ちを取りにはいけないと思います。

533 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/12 08:53
>523
超人ロック・・・・
お客様はその者を大変嘗ていらっしゃるようですね。
八部衆より強いということですが、
その者のことよく知りませんので
アカラナータとの勝負について、
何とも申すことができません。
ただ、人間の超能力というものが、
その精神力に依存しているのであれば、
ロックさんの精神力の持続時間が
鍵となるのではないでしょうか

>527
美少年 白生にごり酒・・・
お客様が惹かれるのも無理は有りません・・・・
わたくしもすこし興味がでてまいりました。
インドラ、これも頼みましたよ。

>528
オン シベティ シベティ ハンダラ バシニ ソワカ
オン ハンドメイ シンダマニ ジンバラ ハン・・・

天空界には現れることはないと思いますが、
このような者、地上界に召還されては
大変なことになってしまいます。
召還された瞬間にこのわたくしが
ヒアデス星団に送り返してあげましょう。

534 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/12 09:07
>531
あら、わたくしとしたことが・・・
お客様を挟んでしまうとは・・・・・・恥ずかしい・・

本来ラクシュが調和神として
すべての務めを受け継ぐはずだったのですが、
その性格が災いしてか、
あるいは創造神であるシュラトの発現が遅いせいか
未だ百%の力を発揮できない様子。
多少不安はあったのですが
わたくしが教育をしながら並列での務めとさせていただきました。
前例がなかっただけで
今のところ天空界の安定に関して
これを害するような報告は受けておりませんし、
光流の増幅も2段構えとなったことで
一段と強く作用しているようです。
ですので、わたくしの寿命が尽きるまでは
この体制を維持したいと思っております。

535 :以上、自作自演でした。:04/06/12 10:46
>ヴィシュヌ様(>>532
攻撃はタントラではなく、桜とスコップを使えば大丈夫です。


536 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/12 15:06
いつの間にか生えていた大杉の木が
客人の来訪を邪魔していなければ良いのだが・・・。

>509
貰ったコーラとやらが全部飲みきれず、
残り半分を 試しにラオの実と一緒に火にかけてみたら・・・

・・・透明になった・・・・・・・。

何だ・・・・。この飲み物は・・・・・。

>515
うるさい。
乳なんて飾りだ。
しかし、それはそれとして、だ。
ああいった服装はラクシュの方が似合いそうだな。

>516
ヴィシュヌ様は長身であらせられる。
インドラ様の身長が、203cm。
そのインドラ様と並んでいるところを拝見した感じだと、
流石にインドラ様よりも身長が少々低くあらせられることから
纏め髪も併せた高さで言っているのであろう。

537 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/12 15:06
>517
客人。それは私か!?
私のことを言っているのか?
私のことだろうな・・・。姉にも言われたし・・・・。
嬉しくないぞ・・・・・。
それにだ、睫毛の長さも、瞳の色も、肌の色も性別も違う!
要するに全部違う!違うと言ったら違うんだ!

>522
ヴィシュヌ様が人々をお助けになった力は念動力ではない。
そういう術なのだ。その証拠に真言を唱えておられただろう?
それに術の最中は非常に集中しておられたから身は無防備なままだ。

客人は、結界で防げば良いと思われるかもしれないが
先の戦いで黒の光流を防いだ結界にしても、
八霊師の方々がヴィシュヌ様の光流を増幅されたからこそ
長時間持ちこたえることが出来たのだ。

それにアカラナータに突破されたしな・・・。
絶対不可侵な結界など存在しないということだ。

ヴィシュヌ様をどうにかしようと思ったら?
まずはデーヴァ神軍総員を相手にしなければならないだろう。
単純に個々の力だけではいかんともし難いと言う事だ。
我々は軍だということを忘れてもらっては困るな。

538 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/12 15:07
>523
誰だそれは!?
何? ああ、人間界での書物に出てくる人物なのか。
少々待って貰えるか? シュラトに聞いてみよう。
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
待たせたな。
残念だがシュラトも名前を聞いたことがある位で読んだことは無いそうだ。
私も、調べてはみたのだが・・・・それが、いまいちわからなくてな・・・。
申し訳ないが、客人の問いに答えられそうに無い。

>インドラ様
>腕を上げたな(>525)
インドラ様より、その様なありがたきお言葉を頂戴し
光栄の極みでございます。

>527
客人、私は怒っていないぞ? 気にする事は無い。
まぁ・・・多少、羨ましくはあるが・・・・。
ボイズ゙ケ-ム・・・・・・?
何やら暗号のようだが・・・・。
謎の言葉はともかく、人間は酒に変わった銘をつけるのだな。

539 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/12 15:08
>528
客人は ”名状しがたきもの” の降臨を望んでいるようだが、無駄だ。
ここでは人間界の摂理は通用せぬ。
それにな・・・・、ここには ”桜?・・・のようなもの” が、
在るというべきか居るというべきか・・・・
とにかく、間に合ってるぞ!

>531
そんなことは無い。大は小を兼ねるともいうだろ?
むしろ二重の構えで安泰だ。

>535
それは・・・強そ・・・・
いやっ、桜は桜だしスコップは武器ではないぞ?!
ヴィシュヌ様がその様な物で戦われるはずがなかろう?
・・・・・はずが無いのだ・・・・。


さて・・・治療術の修練も兼ねて医務室に手伝いにでも行くか。
それでは客人方、またな。

540 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:53
フハハハ・・・・いや、失礼、少しの間留守をしていた上にいつもの癖が出るところだったな。

>423
・・・・・見てたのか、お前は見てたのかァアアアッ???
 
 
成功率については『聞くな』。
それに下手に答えてどこかの誰かに聞かれても困るからな。
 
>426
気のせいか?そうか。(おかしいな確かに感じたんだが。)
 
ところでなぜいきなりそのような話になるッ
天空樹の某所で診療所を開いている女医と言えば一人しかおらんであろうッ!
見合いなら謹んで遠慮をさせてもらう。
 
いや、勘弁してくれ。ほんと。
 
>428
フハハハハハッ!そうか、気に入ってくれたかッ!
やはり水芸は客人に好評だな。よし、これから少し修行をして芸の腕を磨くとしよう。
 
楽しみに待ってろよ、客人ッ
 
ところでその通説は本とは何の話だ?
 
>429
ああ、激しく単細(ゲフン!
 
俺が答えるとどうも悪意に満ちてしまうので控えさせてもらう。

541 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:56
>430
・・・・・・・・・・・・・だとしたら恐ろしい家族だな。
 
>431
いや、結構だ
 
>432
マリーチとは仲良しこよしと敢えて強調するほどではないが、だからと言って顔を見るのも嫌だとか
未練がましいぞこの野郎だとか、そんな事を思う仲でもない。
 
・・アナンタか。・・・フッ・・・あの頃は俺も若かったな。(意味不明
 
>433
・・・・・・・・・・・・
 
>434
こらこら
 
>435
命知らずな奴もいるものだな。

542 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:57
>439(インドラ)
新たな風・・・俺のことか?
フッ、大人しいだと?いくらなんでも久しぶりの登場に高笑いでは芸がなさすぎると思ってな。
なんなら次はお望みの登場方法で出てもいいが?
 
>それより…言葉の端々から自らの芸を皆に見せたい…と言う想いが
言っておくが俺はお笑い芸人ではない!第一、どうして水芸がお笑いになるのだ?
お前には芸の奥の深さがわからんようだな。
 
それと、あのおせっかいなバ(ゲフン、いや、ヴィシュヌに余計な世話はやめるように頼んでくれ。
 
>441
本人直々に頼んで見たらどうだ?
意外と色よい返事がもらえるかも知れないぞ?ただ、どういう返事かは俺も保証しかねるが。
 
>442
ハゲでなくとも、あのようなものを年がら年中巻いていればいずれムレて禿になると何かの文献で見たことがある。
 
>443
そうか、踏んだ奴には気の毒だが遠くからその不幸を見守っているとしよう。

543 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:58
>444-447(闥婆王クウヤ)
そう言うわけだ。踏んだ事を祝福しよう。フフフフ。
 
>アカラナータは必ず岩の上などの高みから
うっ、うるさいッ!俺には俺のポリシーと言うものがあるのだッ。
だが、そこまで言うならば一度貴様のナンパとやらの腕を見せてもらいたいものだな。
どうだ?次の休みの日にでも出かけるか?
 
ところで俺はあたり構わず水芸を披露するわけじゃない。
リクエストをされてば話は別だが、次に宴会をするときには是非、俺に声をかけろ。
今修業して新技を開発中だから楽しみにしてろ。
 
>ともだちんこ
あれは勘弁してくれ。俺より喜びそうな輩がここにいそうだがな。
 
>448
俺は止めんからまぁがんばれ。死なない程度にな。最もコトに及ぶ前に瞬殺されるとは思うが。


544 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:59
>449-454(レンゲ)
>芸人かお前は・・・・・・・・。
俺は芸人ではない。芸達者とは言われるが、お笑い芸人だとか宴会要員だとかそう言うのではない。
水芸は俺の特技の一つに過ぎん。
 
>・・・・・・軽薄な。
失礼な。これでも(あいつはともかく)俺は真剣に望んでいる。たかがナンパされどナンパだッ。

・・ゴゴゴゴ←強烈に何かが威圧する光流
 
いや、今言った事は忘れてくれ;
 
>この度の話は無かったことにして頂け無いでしょうか・・・。
俺もさっき遠慮する旨を伝えた。こう言う事は本人同士の気持ちが大切だからな。
勝手に決められては困る。
 
>あの・・・芸?にこんなに喜ぶ客人がいるとは・・・・・・。
喜ぶ客人がいてこその芸だッ。芸とは奥の深いものだ。クククク!

(マリーチとナンパ) 
>単純に見目に騙される女が結構いるということなのか・・・?
何かものすごく失礼な事を言われた気がするがまあいいか。

>455
かわいいもキモイもない。俺は『カッコイイ』!
 
それだけだが、何か?

545 :以上、自作自演でした。:04/06/12 18:59
レンゲ、胸が小さくても好きだよ・・・同性だけど。

質問。
こいつのシャクティは着用したくねーな(プッ と思うシャクティはありますか?

546 :不動明王アカラナータ:04/06/12 18:59
>456(ヴィシュヌ)
クククク、そうか、女官も喜んでくれていたか。
水芸の奥深さを理解するすばらしい者達がまだまだここにはいるようだな。
喜ばしい事だ。
 
>461(サティ)
>噂では降三世明王の方と付き合っておられるそうよ。(「週刊☆天空界」参照。)
待て待て待てィッ!そ、そんな事をここで言うな!・・・
 
ゴゴゴ・・

ハッ!
 
>462
一行目の意味がよくわからんが、お前の言いたい事はよぉおおおおく、わかる。
 
>463-インドラ)
>髪の色が下の毛と同色か…?
普通は同じだろう。それともお前は違うのか?
 
さて、今日はここで一旦失礼させてもらう。

547 :以上、自作自演でした。:04/06/12 19:15
>アカラナータ様(>>546
レンゲのシャクティは一角獣。

ユニコーン・ギャロップ(ただの膝蹴り)

無双華(ちょっと強力なだけの単なるソーマ弾)

似てるね。

548 :以上、自作自演でした。:04/06/12 19:51
@ 地 天       地上の諸神及び樹下野沙の諸神の主
A 水 天       諸の川流江河大海の諸神龍衆の主
B 火 天       諸の火神及び諸の持明神仙衆の主
C 風 天       諸の風神無形流行神の主
D伊舎那天       諸の魔衆の主
E 帝釈天       蘇迷廬等の一切諸山所攝の天鬼の主。
              インド神話では雷雨の神として梵天とともに最高の神格。
              十二天の筆頭
F 焔摩天       諸の五道冥官太山府君司命疫病諸の餓鬼等の主
              インド神話では最初に死んだ人間として冥土の王になった。
G 梵 天       諸の色界静慮一切諸天の主
              この天の原名はブラフマンといい、インド思想の宇宙の
              原理を神格化したもの。
H毘沙門天(多聞天)  諸の薬叉呑食鬼神の主
              ヒンドゥー教の財宝の神
              我が国では七福神に数えられる。
I 羅刹天       諸の羅刹食血鬼衆の主
J 日 天       諸の星衆七曜諸執遊空一切光明の主
K 月 天       諸の住空二十八宿十二宮神一切宿衆の主

549 :以上、自作自演でした。:04/06/12 19:54
天竜八部衆  
   
釈迦に教化され仏法を守護する8種の 「 下 級 神 」 の総称。




550 :闥婆王クウヤ:04/06/12 20:56
>515
アンミラというのですか・・・
お客人が言うように胸の大きな方を基本体型として
作られた衣装のようですね。
確かにレンゲには合ってないように感じます。
しかし、そのアンバランスさが良いというかたもいるのですよ。
たとえばインドラ様みたいに

>516
一応髪を束ねた部分も入れてです。
しかしよもやこのことが重要機密にふれるとは・・・
ヴィシュヌ様はその身長のことをお気にされていたのでしょうか。
おかげで薔薇を育てることとなりました。
ヴィシュヌ様の命とあらば喜んで実施いたしますが、
ここを園芸農場かなにかにする気なのでしょうか?
・・・インドラ様が頂いたというエロゲに関することなのか

>517
レンゲのことでしょうか?
なるほどお客人からお聞きして改めて見ると
サティさんが言ったことがわかるような気がします。
しかし目の錯覚かもしれませんよ。
似ていると言われてみれば似ているし
似てないと言われれば似てないと言うものかもしれません。

551 :闥婆王クウヤ:04/06/12 20:56
>518
わたしとしてはヴィシュヌ様に弱くあって頂きたい・・・
そうでないとヴィシュヌ様をお守りする甲斐が無いというものです。

ヴィシュヌ様が真言を唱えるときは、
その術の大きさからかなりの集中力を必要とします。
そのためにヴィシュヌ様が真言に集中する間、
お守りする役目を担うのが
八部衆・・・そしてディーバ神軍なのです・・・

ヴィシュヌ様の強力な力は、
周りの支援有ってのものなのです。
ご理解いただけたならあなたも平和のために協力してください。

>523
それは、本人に自信のほどを伺うほうが良いでしょうね。

我らが雑魚扱いなのが気になりますが、
お客人が客観的に見てそう感じるのであれば
あながち誇張でもないのでしょう。
超人ロック・・・一度お目にかかりたいものです。

>527
インドラ様の隙をつくとはなかなかの腕前です。
実は以前、別の場所でお客人と語り合ったとき
この「美少年 白生にごり酒」を頂きました。
あまりの美味しさにバルダを飛ばして
肥後の国まで買い求めに行ったものです。
ところでボイズゲームとは何でしょう?
ボイス・・・の誤りでしょうか、
とすると音声ゲーム??

552 :闥婆王クウヤ:04/06/12 20:57
>528
レンゲの言によると「名状しがたきもの」と
いうものですか・・・
このようなものを召還するのは良い策とは思えません。
お客人が自暴自棄になっているなら別ですが・・
もしそうならば、地上界・天空界に仇なす者となる前に、
ここで相談してみては如何でしょうか。

>531
グッ・・・・ヴィシュヌ様に挟まれる者が・・
このわたしに断りも無く・・・フッフフフ

お客人の質問ですが、結構うまくいってるようです。
ヴィシュヌ様とラクシュは仲が良く
それはもう楽しげに執務をしているようです。
どのような務めでも気分が乗るとうまくいくようで、
最近の天空界は以前より豊かになったとの評判です。
この平和が長く続けばよいのですが・・

>535
ムッ・・・気づかせてはならないことを・・・
今まだそのことに思い至らぬことで
我らはヴィシュヌ様の警護の任についているのです。
警護不要とおっしゃるようなことが有れば、
わたしが悲しいではないですか・・・
第一、歩行する桜を従え、血塗れのスコップを持ち、
えもいわれぬ笑みを浮かべたヴィシュヌ様なぞ
想像したくもありません。

553 :闥婆王クウヤ:04/06/12 20:59
>545
アカラナータに挟まれるとは奇特な方ですね。
ヴィシュヌ様以外の者に挟まれる分には
このクウヤ、何の文句もありません。

プッとまでは思いませんがアカラナータのシャクティは、
明王合身してしまうとすごい重さのような気が・・
ひっくりこけたら起きあがれるんでしょうか?

>547
>ちょっと強力なだけの単なるソーマ弾
それは違います。
わたしはこの身をもって何発も喰らいましたが
何度三途の川を渡りかけたことか・・・
膝蹴りの比ではないのですよ

>548
人間界の宗教の神々ですか?
十二天と呼ばれている方々でよろしいのでしょうか?
ウ〜ム、残念ながら天空界のものとは格付けが若干違うようです。
天空界での名称は
あかほり某という遙か昔の偉人の手でなされたそうなので・・・
この表を見るとインドラ様とニリハリが同列に扱われているようですね。
怒りますよ、インドラ様。

554 :闥婆王クウヤ:04/06/12 21:01
>549
そうですか、人間界にも我らと同じ八部衆を冠する者たちがいるのですね。
我らは神ではないので、
下級とはいえ神であるならば彼らのほうが上なのでしょうか?
いずれにしても守護する相手も、
その役割も違うものですので
別の存在と考えて頂きたいと思います。
同じ八部衆という名を持つ者としての親近感は感じますが・・・

>ヴィシュヌ様
>新たに薔薇という植物を育成するのです。
わかりました。
知らぬこととはいえ、
罪を犯せば罰を受けねばなりますまい。
クウヤ必ずやここを薔薇の園にしてみせます。

>レンゲ
>大杉の木が客人の来訪を邪魔していなければ良いのだが・・
わたしも少し気にはなっていたところです。
消息不明となったリョウマもどうしているのでしょうか。

>インドラ様
>あの男…私の秘蔵の酒を持って行った
そうですか・・・つまり今アカラナータを捕らえれば
もれなく酒が付いてくると・・・・・
フフフ、いえ何でもありません。

>アカラナータ
>次の休みの日にでも出かけるか?
「フフフ・・・愚かなるクズどもよ。俺とつき合うがいい。」
などとナンパするあなたと一緒とは御免被ります。
ところでインドラ様のところからくすねた酒は何処に・・・?

555 :以上、自作自演でした。:04/06/12 21:20
アカラナータがぁ〜、

なんだか凄く可愛くなっててびっくりしました。

萌えついでにアカラナータさんに質問しちゃいます。
明王合神って、八大明王のならどのシャクティを使っても
できるものなのでしょうか。
それとも、獣牙三人衆オリジナルの技ですか?
うっかり転んだりしたら、起き上がるの大変そうですね。

556 :以上、自作自演でした。:04/06/12 21:29
アーちゃんのハーレムに加えてください

557 :以上、自作自演でした。:04/06/12 22:41
成 住 壊 空

558 :以上、自作自演でした。:04/06/12 23:53
>>537(レンゲ)
>それにアカラナータに突破されたしな・・・。

残った八部衆が不甲斐ないからだ。

559 :インドラ:04/06/13 00:46
雷帝インドラだ…執務が無い時はインドラだけにインドア派…。
…少々言って見たかっただけだ…、気にするな…。

>527
客人の願いが叶った様で…何より…。
しかし…そこで何故、那羅王の名が出てくるのか…?
レンゲはそれだけで怒るような…狭量な心の持ち主ではあるまい…。

酒についてだが…幸いなるかな…まだ私は該当の品を試飲していない…。
クウヤは飲んだ様だが…、客人の言うソレと関連付けられると……
酒に目が無い…私でも…躊躇いが生じるな…。

>528
奇妙なタントラだな…。
何故かテケ・リ、テケ・リ…と肌寒くなるような奇怪な音と
水生生物が腐った不快な匂いがしてくるようだ…。
急に生温い風が吹き込んで来た様にも感じるが…
ヴィシュヌ様のタントラで(>533)一掃されたか……。

…何とも不可解な出来事であったな……。

>529
>魑魅魍魎、捨て置くわけにはいきません。
妖魅と言えど…命ある者…。夜の蝶は極楽に羽ばたいていてこそ…生の意味があるとか…。

>白いコーラと白い酒、頼みましたよ
…その様に白い飲料を欲されると…何かと誤解が生じるのでは…?
お召しとあらば…ヴィシュヌ様の意見を尊重し、執務の手を止め買いに行きましょう…。
…これは……人間界で言う使い走りと言うものか…。……経費で落ちれば良いのだが…。

560 :インドラ:04/06/13 00:47
>531
天空界の調和の流れに取っては不都合は無い…。
ただ問題は…二人の調和神の存在が天空殿内にて…
派閥の争いが生じ無いようにと日々…翻弄される…と言う点のみ…。
勿論対処に当るのは八霊師の長老方々なのだが…、
殿内の内部事情を吐露されるこちらの身としては……。
…胃が痛くなる次第なのだ…。

…これは他の者にはオフレコで頼むぞ…客人…。

>532
黒い…黒過ぎるな…客人…。
鬼に金棒ならぬ…ヴィシュヌ様にスコップか……。
あのトライローより凶悪の様な気がするが…。
限定的な範囲のみ可能な攻撃と言えよう…。

>536
>大杉の木が客人の来訪を邪魔
…私も心配していたが…その心配は杞憂であったな…、レンゲよ…。
客人の来訪が途絶える事無く…喜ばしい事だな…。

>542
久々の登場か…。
>芸の奥の深さがわからんようだな
…いや…分かりたく無い…。
フ…自分の身を犠牲にする、三流お笑い芸人には成りたく無いのでな…。
ああ…誰とは言わぬが…な…。

561 :インドラ:04/06/13 00:48
>545
無論…是非も無く…。アレだろう…。
なあ…不動明王アカラナータよ…。

>547
客人の目に神将達の持つ技が…ちょっと強力なだけの単なるソーマ弾として
見えているならば考えねばなるまい…。
華が飛び散るだけでは無く…ピンク色の一角獣がキラキラ〜っと
飛び出る技が…必要なのだろうか…。
私の訓練方法が間違っていたのか…、悩む……。

>548-549
良く調べ挙げたな…客人…。その労力と手間を掛けた事に敬意を表する…。
私の所属する十二羅帝とは若干異なり混迷の度合いを深めているが…。
人間界の理が通じぬのが…この天空界…。
と…言ってしまえばそれまでだが…、美味しいトコ取りと言い方も出来るかも知れぬな…。

人間界の宗教観について論じるつもりは毛頭無い…、
ただ…天空界独自の系統だと理解して頂ければ幸いだ…。

>554
>もれなく酒が付いてくると
…そうだ…。秘蔵の酒…、幻と呼ばれる酒が…。
あの男…酒を飲ますと暴れ出すので注意する事だ…。

>555
客人よ…あの男が可愛い…とはな…。
ふむ…そうだな…、重装備のシャクティを装着して
うっかり転んで起き上がれなくなりもがく姿を想像すると…可愛いと言えなくも…。
フ…、と言うよりも無様だな…アカラナータ…。フフフ…。
.。oO(これが俗に言う三段落ちか…だが何か違うようでもある…な…)

562 :インドラ:04/06/13 00:48
>556
何だと…アカラナータの奴…。その様な破廉恥極まるものまで所有していたとは…!
ここに顔を出す以上…撤廃して貰わねば…天空殿の風紀が乱れる…。

…何?…SMの女王が君臨しているハーレム?
………大変だな……、あの男も…。

>557
四劫か…、>557の客人は知っている事と思うが…他の客人も居る事だ…説明しよう…。

成 生まれ出る事、または成長していく様
住 安定なる状態
壊 消滅
空 虚無の状態
だな…。

これは…天空界の大いなる周期と酷似している…
四劫は循環し出たるは常住の浄土なり…か…。
幾星霜の月日が経てばその境地に辿り付けるのか…。
時の限りを持つこの身では…悟る事も出来まい…。


…世の無常を想いながら…酒に耽溺するとしよう…。
では…な…。

563 :以上、自作自演でした。:04/06/13 01:02
ヴィシュヌ様のヴァギナに挟まれたい。ハァハァ

564 :以上、自作自演でした。:04/06/13 01:07
シュラトとガイみたいに親友と呼べる人はいますか?

565 :以上、自作自演でした。:04/06/13 01:11
みなさんの能力を念能力に喩えると
どの系統になりますか?

566 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/13 08:26
>535
そうですか・・・スコップが・・・・
>502でも書いていますが桜を使うのは
思い付いておりました。
よもやスコップをとは・・・失念していたようです。
お客様ありがとうございます。
こうなるとスコップを使った技でも考えねばなりませんね。
おほほほほ・・・

>539 レンゲ
>治療術の修練も兼ねて医務室に手伝いにでも行くか。
最近、神将候補生の怪我が増えていると聞いています。
お願いしますね。
あと、お姉さんがここに滞在している間、
医務室を手伝って頂けないか聞いてみてください。

>545
わたくし今はシャクティを着けること無いので
ほかの方のシャクティもあまり興味を持って見たこと有りません。
以前着けていた吉祥天のシャクティは総桃色でしたので
この歳になっては恥ずかしくてちょっと・・・・・
あとシヴァのシャクティは椅子として使われていたことを
考えると、それをつけるのは屈辱的な気分になります。
黒の光流が染み込んでいるような気もしますし・・・

>546 アカラナータ
>水芸の奥深さを理解するすばらしい者達がまだまだここにはいるようだな。
わたくしには理解できかねるのですけど・・

567 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/13 08:27
>547
レンゲの術も大変な修行の後に修得したものです。
ユニコーン・ギャロップがどれほどの技かはわかりませんが、
攻撃の術としてはレンゲのほうが上だと思います。

>548-549
地上界の宗教における神々ですね。
お客様は仏教徒なのでしょうか?
よくお調べになっていると思います。
ここ天空界でも見たことのあるお名前が有るようです。
地上界・天空界は表裏一体、似通っているのも当然なのかもしれません。

>554 クウヤ
>クウヤ必ずやここを薔薇の園にしてみせます。
頼みましたよ。おほほほほ・・・

>555
可愛くですか?
ちょっとわかりかねるのですが・・・・
お客様はアカラナータのファンの方ですか。
アカラナータも黒の光流のことは忘れ、
しばらくここに滞在して頂けるようなので、
会いにいらしてくださいね。

>556
まあ、アカラナータはそのようなものを持っているのですか?
創造神でさえそのようなもの持ち得なかったというのに・・・
そうあの人はわたくしに一途で・・・・あっ
は、はなしがそれましたが、そのような怠惰な存在、
この天空界に許すわけにはいきません。
そのようなものを許しては・・・・
もしシュラトが真似でもしたらどうするのですか。

568 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/13 08:27
>557
これも地上界の宗教で言われているものですね。
今はわたくし調和神が司る時代、
住の時代ということになります。
これから破壊・混沌の時代に向かうは必定なのですが、
先の大戦に勝利したことにより、
それは予測できない未来のこととなりました。
たとえ破壊される未来が有っても、
今の安定を維持するのがわたくしの務め、
いつまでも平和な世界で有りたいと思っています。

>558
八部衆も全能では無いですし、
アカラナータの実力は傑出していましたので
しかたのないことだったのかもしれません。
次に同じ状況が生まれたならば、必ずや防いで頂けるでしょう。

569 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/13 08:29
>563
おほほほほ・・・
そのような願いは聞き入れられぬと
何度も申していますのに・・・・
今回はあるお客様から具申頂いた武器を
その身で試していただきます。

     (ゴッゴッなかなか刺さらないわ・・ザシュッ ふ〜)

日誌:百合の花のために調達した肥料が、
桜の木に横取りされた。
今度は桜がいないところでやろうと思う。

570 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/13 08:30
>564
わたくしには、もういません。
幼なじみは数万年前に死に絶えてしまいました・・・

>565
さっそく調べてみたのですが・・・・
念とは難しい区分で成り立っているように感じます。
わたくしの場合、操作系もしくは具現化系となるのでしょうか?
ちなみに診断所の結果は強化系、
系統判定では操作系となりました。


571 :以上、自作自演でした。:04/06/13 12:31
レイガは透視や索敵も出来るのに
その他は、馬鹿の一つ覚えの力押しが多いと思います。
修行の方法が間違っていませんか?

572 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/13 15:16
すっかり深緑の綺麗な季節になったな。
雨上がりの緑が目に眩しいくらいだ。

>アカラナータ
>ものすごく失礼な事を言われた気(>544 )
見目が良いと言っているのだから気にするな。
気のせいだ。

>545
ありがとう。
例え同性でも、好きだと言って貰えるのは嬉しいものだ。
だが・・・・面と向かって言われるのは少々照れるな・・・・。

着用したくないシャクティか。
・・・・ふむ。
別に可笑しいだとかそういうわけでは無いのだが、
鳩摩羅天のシャクティは着けたいと思わない。

>547
ではどちらが強いのか実際にその身で試してみるか・・・・?
・・・冗談だ。
客人には無双華が、ちょっと強力なだけの単なる光流弾に見えるのだな。
実際のところは・・・まぁ光流弾には変わり無いが・・・超高密度の光流弾だ。
要するに一点集中型の技なのだ。対象が無双華に耐え切れなければ塵と化す。
ただの膝蹴りと同じにしないでもらおう。

573 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/13 15:18
>548
人間界には随分と様々な神が居るのだな。
ほぉ・・・インドラ様と創造神ブラフマーとニリハリが同列とは・・・・・
天空界では考えられんな。

>549
人間界の伝承とは面白いものだ。
八部衆が下級とはいえ神とはな。
しかし、伝承そののままを天空界の理に当てはめると妙なことになるぞ。
楽を奏で 歌を歌い 舞を舞う、そんな私やクウヤやダンを見たいか!?

でも・・・・・・、それはそれで楽しそうだな。

>クウヤ
>何度三途の川を渡りかけたことか(>553)
無双華の説明をしつつ思ったのだが・・・・
手加減していたとはいえ・・・・・お前、頑丈だな。

>555
アカラナータが・・・・・・・可愛いだと!?
ま、まぁ見方は人それぞれだ。
客人が可愛いと思うのであればそうなのであろう。
・・・・しかし、奴が可愛いと言われる日が来るとな・・・・。

>556
そんなもの持っているのか? 奴は。
そんなもの作ろうものなら、
奴の背後で凄まじい黒の光流を放つ女に滅多裂きにされそうなものだが。

574 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/13 15:21
>557
いかなる世界に措いてもその理だけは変わらぬのだな。

>558
その点については反論の余地も無いな・・・・。
言い訳はしない。

>インドラ様
>インドラだけにインドア派(>559)
インドラ様・・・・
それは・・・何かフォローを入れたほうが良いのでしょうか・・・・・?

>563
不届き者めが!
たとえ願望のみだったとしても口に出すことではないわ!!
インドラ様、ひいてはヴィシュヌ様のご裁可が出るまで
一時、その身を拘束・・・・あ、ヴィシュヌ様・・・。

・・・・ヴィシュヌ様が直々に手を下されるそうだ。
二人きりにするのは忍び無いがヴィシュヌ様のたっての願い。
くれぐれも無礼を働かぬように。
(・・・手にスコップが・・・・・)

>564
親友か・・・・。
ヒュウガとリョウマの二人の様に熱いものでは無いが、
1人くらいならばな。

575 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/13 15:27
>565
ふむ。調べてみた。
例えるならば、私は強化系だろうな。
ヴィシュヌ様も試されたという、診断と系統判定も試してみたが、
どちらもやはり強化系と出た。

>ヴィシュヌ様
>医務室を手伝って頂けないか聞いてみてください(>566)
は。承知致しました。
ところでヴィシュヌ様・・・・・スコップに・・・・赤いものが・・・・・。

>571
レイガは器用だしな。
その技の多彩さには私も感心させられる。
しかし、客人の言うように力押しの技しか無いという奴は
実はあまりいないのだ。意外か?

完全に力で押す技だけ、というのはシュラトとリョウマくらいだ。
あのダンですら回りくどい流砂洸を使うしな。
ん? 私か?
私は、命名はこそしていないが隠形と察知を兼ねた術が使える。
そうだな・・・。
周囲に被害が出るわけでもないから、客人方にお見せしよう。

Om padma-nrtye nrtya sarva-puja-pravartana-samaye hum.

一帯に咲き乱れる紅い花の中、
私の気配を察することや、自らの気配を絶つことは至難の技・・・。


・・・・・それでは、今日はこのまま去るか。

576 :以上、自作自演でした。:04/06/13 18:02
>>575
レンゲさん、読めません。そのタントラ・・・・。

577 :以上、自作自演でした。:04/06/13 18:25
スケバン刑事とどっちが強いですか?

578 :以上、自作自演でした。:04/06/13 20:00
>アカラナータ様
どうしてデーヴァ神軍を裏切ったんですか?

>インドラ様
同じく、どうして裏切ったんですか?
黒のソーマに侵されていたからっていう理由では、
ヤク中で幻覚みて人を殺した犯人と、どこが違うのでしょうか?

ちゃんとみんなに謝りましたか?

579 :闥婆王クウヤ:04/06/13 21:26
どうも闥婆王のクウヤです。
ヒュウガの様子を見に行くために
はんかがいへでたところ
大変アルコールをせっしゅするはめとなり
げんざいしこうていしちゅうです。
おきゃくじんにはもうしわけありませんが
対応はあるこーるがぬけてからということで
おねがいいたします


580 :サティ:04/06/13 21:46
>クウヤさん(>>579
はい、お水。
飲みすぎはいけませんよ。

ほほほ。
たまには優しいところも見せなくてはね。

581 :以上、自作自演でした。:04/06/13 23:07
南無薩婆勃陀達磨 僧祇比耶南無阿利耶波廬枳低 菩提薩多跛寫
南無跛折羅跛尼寫菩提 波羅尼沙婆訶


582 :闥婆王クウヤ:04/06/14 07:04
少しアルコールも抜けたようですので
お相手させて頂きます。

>555
かわいい・・・かわいいですか・・・
いえいえ、アカラナータに対して可愛いという
感想を持つ方とは初めてでしたので・・・
いや、以前会ったトライローが
同じようなことを言っていた気もしますが・・・
ナンパの手法はともかく、モテモテですな。

>556
ははあ・・・・
止め立てはいたしませぬが、
トライローは割とやきもち焼きらしいので
気をつけることです。
まあ、対決する覚悟があればかまいませんが・・・
一ついいことをお教えしましょう。
彼女体当たりに弱いそうです。

>557
これは、人間界の宗教で言われているものですか・・
どの世界でも理は一緒のようですね。
今はヴィシュヌ様がご健在ですので、
安定期ということで良いのでしょうが、
未来永劫続くわけもなくいつの日か破壊の時が来るでしょう。
未来において良い世界が創造されるように
祈りを捧げてください。

583 :闥婆王クウヤ:04/06/14 07:05
>558
・・・・事実である以上、否定できません。
当時は、自らも不甲斐ない気持ちでいっぱいでした。
しかしその後ヴィシュヌ様からお許しの言葉を頂くに当たり
次は必ず務めを果たすと心に誓ったものです。
戦いなぞ望んでするものではありませんが、
もし起こりうれば今度こそヴィシュヌ様・ラクシュを
お守りいたします。

>563
そのような不埒な願いを口にしてしまうとは・・
天空殿の治安を守る者として看過できません。
・・・・しかしヴィシュヌ様が直々にお取り調べなさるそうです。
これまでも何名もの者がヴィシュヌ様に魂を救われています。
あなたは幸運です。良かったですね。

>564
八部衆の仲間はみな親友と呼ぶにふさわしいと思いますが、
シュラト殿とガイ殿のようにと言われれば、遠く及びません。
えっ八部衆の他の者は私のことなど親友とは思ってない・・?
どうやらわたしはひとりぼっちだそうです。




衝撃的な事実を知ってしまいました。
ここで失礼させて頂き、滝にでも打たれてきます。

584 :闥婆王クウヤ:04/06/14 21:13
滝に打たれ自己を取り戻したところです。

>565
これは何か難しい区分の上に成り立っているように感じるのですが・・・
やはり直接攻撃である以上強化系でしょうか?
しかし光流を水の形で相手にぶつけるのは変化系のような気がしますし、
光流封じの術や水面鏡は特質系に入るような・・・
ちなみに診断所は強化系、
系統判定というところは具現化系とでました。

>571
戦闘の前面に出る八部衆であれば
しかたがないところでしょう。
己の精神と肉体を鍛錬することにより
光流の力を増大させるのですから、
その修行により会得するものも
力に依存するものが多くなるのです。
その中にあってあれだけ多彩な技を繰る彼は
賞賛に値すると思います。

>576
すみません、今、目を瞑って心眼を開く鍛錬を実施中です。
レンゲ再登場をお待ちください。

>577
勝負の形式にもよりますが・・・
たとえばどちらが先にシュラト殿を誑かすか・・・
というものであればスケバン刑事とやらの勝ちとなるでしょう。
ただ、単に決闘するというのであれば、
われら八部衆が後れをとることは無いと思います。

585 :闥婆王クウヤ:04/06/14 21:14
>578
裏切った理由は本人にしかわかりません。
謝ったということとは違いますが、
ヴィシュヌ様からのお達しのとおり
われらはこのことについて蟠りを持たぬこととしたのです。
ですのでわたしは以前のようにインドラ様の元で
ヴィシュヌ様を警護しているのです。

>579
なんと無様な文でしょう・・・・

>580
ありがとうございます。
ところで結婚相手は見つかりましたか?

>581
観世音消魔法というのですか?
最近、この場所において真言を唱えるお客様が
増えたように感じるのは気のせいでしょうか?
このように魔を払うものは歓迎なのですが・・・・

>インドラ様
>インドラだけにインドア派
流石は我らが最高司令官、感服いたしました。

>レンゲ
>何かフォローを入れたほうが良いのでしょうか
わたしがいれておきました。

>ヴィシュヌ様
薔薇のことなのですが、何色がよろしいでしょうか?
聞くところによると結構な種類が有るとのことなので。

586 :以上、自作自演でした。:04/06/14 21:41
カイザード・アルザード・キ・スク・ハンセ・グロス・シルク
灰燼と化せ冥界の賢者 七つの鍵をもて開け 地獄の門

七鍵守護神

587 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/14 22:04
明日の棒術訓練、参加者がクウヤと私だけとは・・・。
他の仲間が修行の名目でサボっている気がするのは私だけか!?


>576
客人にも聞き取りやすいよう、ゆっくりと唱えてやろう。

オン ハンドマ ネレイテイ ネレイティヤ サルヴァ プジャ ハラバリタナ サメイ ウン

・・・・今度は聞き取れたか?
ちなみに、今回は発音を誇張して唱えているから実際とは若干異なる。

>577
ああー! シュラトが「ナンノ〜」とか言ってた奴がでてくるあれか!
どちらが、とは言うが、いくらなんでも、
玩具やら折鶴やらガラス球なんかには負けはせん!

>578
アカラナータがどうして反逆したのかは知らんが、
インドラ様には深い事情がおありなのだ・・・。
黒の光流だとかそういったこと以上の事情がな・・・・・・・。

>クウヤ
>579
大丈夫か?
呂律が回ってないぞ。
しかし、そんな状態でもここに来るとは律儀だな。

588 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/14 22:05
>サティ姉さん
>580
姉さんって、具合の悪い人にばかり優しいわよね。

>581
ええと・・・
ナムサツババダダルマ ソウギヒヤナム・・・・・
ああっ! 読み難い!!
ここには石に宿る悪霊など居ないぞ!!

>クウヤ
>ひとりぼっち(>583)
それは違うぞクウヤ。
少なくとも私は八部衆の仲間を友だと思っているし、
その情は深いものだとも思っている。
しかしそれは、親友というものとも又違うと思うのだ。
そうだな───
さしずめ、”戦友”といったところかな。

>586
七鍵守護神と書いて読みはハーロイーンとは不思議な。
しかし、客人の詠唱している呪文、ここでは発動せんぞ。

クウヤの言ではないが、
どうにも最近、呪を唱える客人が多いな。
桜の放つ魔性の光流に惹きつけられたのか・・・・?

589 :以上、自作自演でした。:04/06/14 22:16
>レンゲさん
豆乳ローションが良いですわよ。
肌がスベスベになって、ムダ毛も薄くなるそうよ。
ひょっとしたら、胸も大きくなるかもしれないわ。
そうしたら、お姉さんに貧乳を馬鹿にされないで済むわよ。

>ヴィシュヌさん
豆乳のイソフラボンが、更年期障害にもいいらしいわ。
女性ホルモンと似た働きをするのよ。
ダイエットには、食事前に豆乳バナナを飲むといいわ。
腹持ちが良くて、食事量が抑えられるわ。

>インドラさん
もうバイアグラしか打つ手がないわね・・・。

590 :インドラ:04/06/15 00:56
豆乳…にそんな効果が…。
.。oO(…髪にも影響があると良いのだが…。)

>558
客人よ、すまぬ…。飛ばしてしまう所であったな…。
八部衆が不甲斐無いとは…、ふむ…成る程…。
アカラナータ相手にしては…良くやったと褒めるべきか…。
何にせよ…修行が足りぬか…。

>563
客人…いや……、変態…。
それは…挟む処では無く…挿(検閲中)

…畜生道に墜ちるが良い…。

>564
客人の言う親友の存在とは…殺害しようとしたり、殺されそうになる者か…?
……多分違う…な…。

親友の存在…必要無い…。
誰か特定の友を持つ事で揺らぐ事あらば…致命的だろう…。
デーヴァ神軍総司令である私は常に孤高であるべき…。
…客人よ…、これは決して負け惜しみ…では無い……。
…必要無い…、そう…il||li必要無いのだil||li…。
.。oO(……作れない訳…では……。)

591 :インドラ:04/06/15 00:56
>565
念能力だと…?
客人…それはESPカードで形を当てたり…スプーンを曲げる能力の事か…?
ふむ…どうやらヴィシュヌ様の言っている事とは違う様だな…。

少々調べて見よう…。
……。
うむ…どうやら…私は放出系と特質系らしい…。
雷球を飛ばす事は分かるが…。

>571
修行もあるが…本人の資質にもよる…。
神将にも得て不得手があるように…、自分に合った技があるのだ…。
これも己にあるソーマの流れが…水の流れの如く…緩やかであったり…、
激しい奔流の様であったりするのと同じ事…。
自らの持つ特性を伸ばす事を常として皆修行に精進している…。
…八部衆のみならず…デーヴァ神軍の者は全て基本的な技を身に付けねばならぬ…。
それが…戦いの中で活用出来るかどうかは…本人の資質なのだが…な…。

>574
>何かフォローを入れたほうが良いのでしょうか
柱の影から…言わずとも良い…。
…何か私に意見があるのならば聞こう…、レンゲよ…。

>577
待て…客人よ…。ヨーヨー使いのマッポの手先と神将を比べるか…。
それとも…鉄仮面か…忍術使いか…?
うむ…どちらも際物扱い…、それを言ってしまえば…我等もまた…アレだな…。

どちらか…と言えば…視聴率では…、
セーラー服反逆同盟…に勝てる…見込みはある……。

592 :インドラ:04/06/15 00:56
>578
薬中…。
むしゃくしゃしてやった。天空界なら何処でもよかった、今は反省している。
とは…微妙に違う…と思うぞ…客人よ…。

…裏切り…そう見られても仕方あるまい…。
だが…私の仕える御方は唯一人…。自らの運命に従い…事を成したまで…。
……天空界が黒のソーマに染まり…民が殺戮の限りを尽くすのは忍びない…
ならば一層この雷帝インドラ自らの手で……。

……当時の私はやはり…間違っていたのか…。
愛する全ての者をこの手で…壊し、殺し…葬り去ろうとした…
私の手は…新たな転生を経た今でも…血がこびり付いているかの様だ…。

償いならば…この身で受ける覚悟は付いている…。

>579
…息が酒臭い…。
バルダに乗ってる最中…警備の者に職務質問されなかっただろうな…闥婆王クウヤよ…。
もし捕まれば…免停は免れぬぞ…。
酒の土産は…あるのだろうな…クウヤ…。

>580
サティよ…水では無く…ここは迎え酒をするべきだろう…。
トマトジュースとビールを割ったレッドアイが二日酔いに効く…。
それとも…アムリタと酒を割るべきか…。

>585
>流石は我らが最高司令官、感服いたしました
鏡の前で必至で練習した甲斐があった…。
そうか…闥婆王もびっクーウヤしたか……。フフフ…。

593 :インドラ:04/06/15 00:57
>586
暗黒の破壊神だと…?この天空界に破壊神の名を冠するのは…あの御方のみ…。
詠唱が長い…。甘いな…この雷帝に術を向けた意味…。身を持って知るが良い!
ジャス・ワッダ・ダクトー・・・・
いかん…これは違う時空烈……
…もとい…

Namah samanta-vajranam trat indraya hum.
syu-ryo suru mikomi no nai manga ni asuha na-i.
雷  帝  時  空  烈  ッ  !!

>587
早朝訓練か…。神将の参加が少ないと…?…成る程…。
動きの速い八部衆に付いて行ける者は限られている…と言う事だろうが…。
皆…修行と言わず…力を抜き楽しむと新たな境地が開けるやも知れぬな…。

>589
客人よ…、一体何の話をしている…。
この…雷帝インドラに強壮剤が必要だと…?余計な下世話…いや…待て……
近頃メッキリ…アレの飛びが悪いのは…そのせいか…?
…老いたか……。

そう…近頃雷球の技が…飛び具合が力無い様に思われていたが…、
そのバイアグラとやらを飲めば…アムリタより効果があるのだろうか…。
今夜にでも試してみるとしよう…。


では…な…。

594 :以上、自作自演でした。:04/06/15 01:06
インドラ様はいつも隙がないですね。

質問です。
神将の皆様はいつも神経を張り巡らせていると思われるのですが、
日頃の責務を忘れてリラックスできるのは何をしている時ですか?

595 :以上、自作自演でした。:04/06/15 02:37
逆真言の唱え方を教えてください。

596 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/15 08:59
早朝訓練の参加者が余りにも少ない為、
神将候補生を参加させたのだが・・・。
百人組み手状態には参った・・・。
・・正直・・・・・・・・・・・朝っぱらからは、きつい・・・・。

>589
豆乳は飲むものだと思っていたのだが、
そんな使い道があったのか。
(・・・・・試して・・・・・・・・・・・みようかな・・・・)

>インドラ様
>力を抜き楽しむ(>593)
今朝、痛感致しました・・・。


597 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/15 09:01
>594
一日の終わりの緩やかな時間に
気の置けない人と語らっているとき、だな。

>595
以前、客人に見せてもらったCLAMPとかいう
グループの描いた書物に出てくる用語だな?
しかし、逆真言なるものが存在するとは聞いた事がない。
少なくとも天空界には無いな。
よって読み方もわからないが、そのまま逆さに読むのでは無いのか?

百人組み手も最後ら辺になると
こっちも半ばヤケクソで手加減が出来なかった・・・。
医務室の様子を見に行ってくるか・・・。

598 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/15 19:28
>571
わたくしは個々の術については意見を述べる立場に有りません。
ただ、天空界を守護できる力を備えていて欲しいと思います。
レイガは立派にそれに答えてくれています。
ですので、修行の方法が間違っているとは思えません。

>575 レンゲ
>ところでヴィシュヌ様・・・・・スコップに・・・・赤いものが・・・・・。
わたくしには何もついているように見えませんが・・・
レンゲ・・・あなたには何か見えるのですか・・・?

>576
>587で読んで頂けたようです。

>577
スケバン刑事さんですか・・・・
地上界における警察機構に所属しているようですね。
だとするとやはり地上人相手の戦闘を意識して
訓練されているのだと思いますが・・・・
天空人はその光流の力をもって攻撃と防御を行いますので
個人対個人の闘いであれば
天空人のほうが勝っていると思います。

>578
苦楽をともにした仲間を裏切るというのは
余程の決意があったのでしょう。
また、それだけ相手に与することが
魅力的だったということも考えられます。
そう考えるとわたくしや生前のブラフマーに
人を惹き付けるものが足りなかったのかもしれません。
だとすれば責任の一端はわたくしにも有ります。
わたくしも謝るべきですね・・・・

599 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/15 19:28
>579 クウヤ
ところでヒュウガには会えたのですか?

>580 サティ
わたくしの配下の者に対する気配りありがとうございます。

>581
観世音消魔法というのですね・・
調べてみると石に宿る魔を払うとありましたが
ここにはそのようなものありませんが・・・ハッ
あなた、よもや樹に宿るものを払おうと・・・・
あれは魔ではないのでそっとしておいてください。

>585 クウヤ
>何色がよろしいでしょうか?
わたくしは真紅のものが一面に・・・というのがよいのですが
女官たちは紅・白・黄の三色にして欲しいそうです。
色とりどりで良さそうではあるのですが・・・・

>586
破壊神と名が付く以上、捨て置くこともできませんが
インドラの術で遠く時空の彼方を彷徨う身となったようです。

>589
有益な情報ありがとうございます。
ここは地上界に近いせいかアムリタも薄く、
食欲というものが出てくるので
最近、少し体重が気になっていたところです。
でもわたくしまだ、更年期障害には早いと思うのですが・・

600 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/15 19:29
>592 インドラ
>償いならば…この身で受ける覚悟は付いている…。
そうですか・・・・
でしたらクウヤと一緒に薔薇を育てるというのは・・・
如何でしょう。心も晴れると思いますよ。

>594
そうですね、わたくしはこの場所で土を弄るのが好きですし、
お客様と語らうのも好きです。
瞑想中にまだ見ぬ宇宙を夢に見るのも心地よいですし、
女官たちと沐浴するのも楽しく感じます。
・・・・・何故か一日中リラックスしてるみたいに見えますね。

>595
逆真言なるものを調べてみましたが
やはりCLAMPさんの作品に出てくるようですね。
真言のそのような使い方は天空界には無いようです。
その術を使用した状況などを考えると
知っていてもお教えするわけにはいかないようです。
ご理解ください。

>597 レンゲ
>CLAMPとかいうグループの・・・・・
グループなのですか、
てっきり個人の名前かと・・・

601 :以上、自作自演でした。:04/06/15 20:24
インドラ様、キョンキョン好きですか?

602 :以上、自作自演でした。:04/06/15 20:30
CLAMP?
個人名ですよ?ランバラルの副官です

603 :以上、自作自演でした。:04/06/15 21:59
そういえば、八部衆の人、地上の戦車とかにやられたことありますよね。
結構もろいですね。
すごくガッカリしました。

テレポートとか出来ないんですか?

604 :以上、自作自演でした。:04/06/15 23:26
ヴィシュヌ様は、蜘蛛の巣状態。

長い間ミトゥナをしていなかったせいで、シヴァに負けたんだよね。

605 :以上、自作自演でした。:04/06/15 23:38
仔犬のワルツは?

606 :闥婆王クウヤ:04/06/16 07:45
>586
ある宇宙の破壊神が唱えたという破壊呪文ですね。
まったく、あんなエロい破壊神が居るとは
淫らな宇宙もあったものです。
ところで彼の破壊神の世界では
呪文を2カ国語で表記してくれるサービスっぷりですが、
法則性がまるっきりないように感じられます。
言語体系がこちらの世界とは違うのでしょうね。

>589
わたしには何も助言は無いのですね・・・・・そうですか・・・・

豆乳は効用が多岐にわたるようですね。
体に良さそうです。
しかし、女性ホルモンと同じ働きとは
男のわたしが飲むと嫌なことになったりしませんか?

>594
地上において修行しているときです・・・・・
怠けているわけでは無いですよ。
その他には、故郷に帰って弟妹達と団欒しているときですね。

607 :闥婆王クウヤ:04/06/16 07:47
sage忘れていました。

>595
真言を逆さに詠む?
あまり良いことのように思えません。
お客人もそれを得て何をなさるかわかりませんが、
寿命を縮めることにもなりかねませんし、
そのようなものの探求はおやめになるのがよろしいかと思います。

>601
鋭く尖っていそうな名前ですね。
インドラ様がそれが好きだという噂は聞きませんが、
どこでそのような話を聞いたのですか?

>602
なるほど情報ありがとうございます。
つまりランバラル氏の副官であるCLAMP氏は
戦場において死闘を繰り広げながら
漫画を描いていた・・・・こうおっしゃるわけですね。

608 :闥婆王クウヤ:04/06/16 07:48
>603
わたしはそのことについてコメントする資格を持ちません。
なにせ自分自身が何時倒されたのか判らない状況でしたから。

テレポート・・・転移の術ですか・・・
未だ修得するに至っておりません。
現在デーヴァ神軍においても
ヴィシュヌ様、インドラ様の他に使える者は居ないようです。

>604
そのような戯れ言を、さも見てきたかのように書き連ね
無垢な民を誑かすこと許すことできません。
第一、シヴァとの対決になぜ交合が関係するのか・・・
いずれにせよあなたの身柄は拘束させて頂きます。

>605
TVドラマのようですが・・・これの感想をお求めなのですか?
残念ながらわたし観てませんので、なんとも言い難いのです。
とりあえずストーリーはすごいことになってますね。

609 :闥婆王クウヤ:04/06/16 07:48
>レンゲ
>”戦友”
なるほど、胸のつっかえがとれました。
そう我らは戦友、同じ釜のラオの実を貪り喰う仲だったのです。

>インドラ様
>闥婆王もびっクーウヤしたか
総司令官、このようなことを言うのは心苦しいのですが・・
お客人方が引いております。

>ヴィシュヌ様
>ところでヒュウガには会えたのですか?
残念ながら消息はつかめませんでした。

>わたくしは真紅のものが・・・女官たちは紅・白・黄・・・
それではとりあえず三色に分けてみます。

610 :以上、自作自演でした。:04/06/16 13:50
愛ゆえに〜 瞳閉ざして〜

まさに盲目ですね

611 :以上、自作自演でした。:04/06/16 13:58
天空人にもやはり女の子の日はありますか…?

612 :以上、自作自演でした。:04/06/16 19:41
ヴィシュヌ様がシヴァに負けたのは、女の子の日で調子が悪かったからです。

放送では、シヴァの力が一万年前とは比べ物にならないくらい強くなったと言ってましたが
あれは、
「いやん、生理中で精神集中出来ないわ。シヴァってば、この日を狙って現れたのね!!この変態オカマ!!」
などとは、口が裂けても言えなかったからです。

そうですよね?<インドラ様
インドラ様が、シヴァに予定日をチクったんですよね。

613 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/16 20:20
>601
キョンキョン・・・・小泉今日子さん・・・
人間界のアイドル歌手の方ですね。
インドラがそのような方のファンだとは
聞いたこともありませんが・・・・
インドラは少し趣味が偏ってますし・・・

>602
そうなのですか・・・・
調べたところによるとある世界の軍人さんなのですね。
戦場で漫画を描くことは大変困難な気もしますが、
そのような彼を上司であるランバラルさんや
同僚・部下達はどう思っていたのでしょうか・・・
KIAとなっていましたが、
漫画を描いていた所為でないことを祈っています。

>603
地上界の異変を調査していたときの
リョウマとヒュウガが闘ったと聞きました。
地上界では光流の補給もままならず、
しかも最初は人間を傷つけまいと加減していたようですし
しかたのないことかとおもいます。
お客様もガッカリなさらずに、
これからも八部衆の皆を応援してください。

614 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/16 20:21
>604
おほほほほ・・・・
そのようなことがあるわけありません。
かといってそのことを証明するために
お客様にお見せするわけにもいきません。
しかし、今後もそのような噂を流布するというのであれば、
わたくしの身の証をたてるためにもお見せしましょう。
人気の無い新月の夜、ここにおいでください。
冥途の土産・・・・・いえいえ、真実をお見せします。
それでは可愛い桜の樹とお待ちしております。

>605
クウヤの言によるとドラマのようですが・・・
わたくしも観ていないのです。
ご期待に添えず申し訳ありません。

>609 クウヤ
>それではとりあえず三色に分けてみます。
そうですか、女官達も喜ぶことでしょう。

615 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/16 20:22
>610
どなたのことをおっしゃっているのでしょうか?
クウヤですか?
クウヤは目を瞑ってるだけで、
けっして盲目ではありません。
インドラのこととなると多少盲目的になりますが・・・
あら、誰かとちょっと似てるような気がします・・・

>611
そのあたりの体の機能については
地上の人と変わり有りません。
子供が産める以上当然と言えば当然なのですが・・・
あまり人前で話したくは無いことですね。

>612
(どうしてそのことを・・・)
(それは極秘になっているはず。)
わたくしをかばって頂いているようですが、
あの時のシヴァは本当に強くなっていたのです。
(どうもタイミングが良すぎると思ったら、)
(インドラが・・・・・えっ何故知ってるのかしら?)

616 :以上、自作自演でした。:04/06/16 22:23
アンドロメダのシャクティは、自己防衛本能があって
鉄壁の防御を誇っている。

ネビュラチェーン!!

617 :インドラ:04/06/17 00:29
天空殿に侵入者か…、警備の者が見過ごすとは…。
相当の隠形の術の実力の持ち主か…。

>594
…隙は作るものでは無い……、誘うもの…だ…。

憩いの一時か…、思えば…膨大な職務に追われ…
この所休み無しで執務を行っていた……。
…寛ぐ時か…。
ふむ…やはり…、自室に篭っている時だろうか…。
重いターバンとマントを外し…パンツ一丁で酒瓶を片手にしている時…、
と…言いたいが……、それでは総司令としての威厳が保てぬのでな…。

>595
逆真言など聞いた事は無いが…邪悪な気配がする…。
秘すべき魔の呪法は…唱える者へ相応の対価を要求する…。
天空界のタントラを逆に唱えたとて…意味をなさぬもの…。
ましてや…悪魔の言葉ともならぬだろう…。
それとも…客人は禁断の蜘蛛歩きでもしたいのか…?

>597
>医務室の様子を見に行ってくるか
道理で…朝から候補生の姿が見えぬと思っていたら…そう言う事か…。
診療に当たる者の話では…候補生皆…喜びの涙を流していたと聞くが…?

618 :インドラ:04/06/17 00:30
>600
>クウヤと一緒に薔薇を育てるというのは如何でしょう
暫し…お待ちを…。
薔薇の園で…私と闥婆王が薔薇を片手にしている様を想像すると……
……恐ろしい思いがしますな……。

>601
ああ…小さくて目が愛らしいな…。
…偶蹄目シカ科 ttp://www12.ocn.ne.jp/~umihuru/deer.htm
Σ何…客人の言うキョンキョンとは違うのか…?!

それとも…アレか…皆のアイドルでピョンピョンと元気良く飛び回る…
キョンシーの事か…?
……残念だが…妖怪を愛する…変質的趣味は持っていない…。

>602
客人の余りの呆けっぷりに…
どう返事を返して良いものか…悩んでしまったぞ…。
クランプ…そのものの名を余り知らぬのでな…。

…遠い昔人間界にて…クランプとやらが…シュラトの漫画を書いていたのを
朧げに覚えているくらいか…。

>603
その様な事が…あったか…。
ならば…人間界の戦車に負けぬ様…シモノフPTRS1941対戦車ライフルを装備すべきか…。
いや…止めて置こう…魂を持たぬ鉄の塊は無粋……。

転移の術ならば…修行を積めば成せるが…。
現時点で八部衆のソーマではいささか無理があるやも知れぬな…。

619 :インドラ:04/06/17 00:30
>604
ミトゥナか……一瞬「水戸納豆」の略かとも思ったが…違うな…。
蜘蛛の巣…まるで見た事ある様に客人は語るが真実ではあるまい…。
…交合の儀式により神格化自体…俗な信仰に過ぎぬ…。
ヴィシュヌ様は調和神たる身ゆえ…交合なくとも力を顕現させる術を持っている…。
民間のマジナイ如きとは…違うのだ…。

>605
恐るべき…あの御方…破壊神シヴァ様は……犬の柴では無い…。
あの方が踊りを踊られると皆狂う…と思うが…。
客人が踊りたいのならば…止めはせぬ…。

>609
>お客人方が引いております
…馬鹿な…そんな筈は……。
私が必至で訓練を重ね…客人を和ませる為言った決死の言葉が……。

>610
レンゲの歌か…。
客人も中々レアな事を知っている…な…。
……那羅王の恋か……、私には見守る事しか…出来ぬだろう…。
女として幸福になって欲しいと…願っている…。

>611
桃の節句か…。
ヴィシュヌ様の御前にあった…白い酒を少々失敬したのは秘密だ…。

620 :インドラ:04/06/17 00:31
>612
……客人よ…、その話を私に振るな…。
あまつさえ…あの御方を…変態オカ…などと…誰も言えぬ言葉を…。
……何故私が…ヴィシュヌ様の…アレを知っていなければならんのだ…。
確かに……いつもより慈愛の表情に翳りが見える事も暫しあったが…、
そ、それとこれでは話が違う……。
……いや…その…何と言えば良いのか…。

客人よ…この雷帝インドラは…変態では無い……。

>614
>女官達も喜ぶことでしょう
「薔薇の棘が…!あぁ血が…」「舐めてやろう」と言う
ショートコント大好物な者達が…、
ヴィシュヌ様側付の女官達に多い様に思われて仕方がありませんな…。

>616
フ…、甘い…お前のシャクティの色の様に甘い攻撃…
この雷帝インドラに当るとでも…?
その半端な技では…ソーマの壁で守られたこの身を貫く事は出来ぬぞ…。

ノシ  ≡≡==−−○)´Д) *:・'゜*。


倒れた者をこのままにして置く事も忍び無い…。
せめて桜の樹の元まで運んで行くとしよう…。
では…な…。

621 :以上、自作自演でした。:04/06/17 19:12
ヴィシュヌ様の衣装オッパイぽろりとかならないの?

622 :以上、自作自演でした。:04/06/17 20:19
インドラ様の歌って聞いたこと無いけど
インドラ様って音痴?
ヒュウガとどっちが音痴?

623 :以上、自作自演でした。:04/06/17 20:55
インドラ様、本当のこと言ってくださいよう〜
ヴィシュヌ様石化した後、体だけ元に戻して弄り倒したんでしょう?
死ぬほど時間あったし

624 :以上、自作自演でした。:04/06/17 21:25
身体だけ元に戻すってことは、
首から上は石のままってこと?
それはそれで気持ち悪いっていうか・・・・。

625 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/17 23:30
こうやって客人と語らうひと時が私の楽しみの一つだ。

>ヴィシュヌ様
>何もついているように見えませんが・・・(>598)
・・・気の・・・せい・・・だったようです。

>601
試しにシュラトに聞いてみたら
一発で”小泉今日子”との答えが返ってきた。
こんなとき、あいつは便利だな。
人間界において有名な女性とか?
しかし、インドラ様がシュラトの様に
「キョンキョンでも聞こうっと!」と言っている様は想像もつかんがな?

>602
何!?
個人名だったのか!?
巻末のあとがきからてっきりグループなのだと思っていたぞ。
それにしても副官にして漫画家とは実に器用な。

>603
人間相手に本気を出せなかったことが一因。
しかし、それもまた我々の弱点だということだな・・・。

転移の術? 残念ながらそれを使うことができるのは
広い天空界でもほんの一握りだ。
素で使えるのはアカラナータくらいか?
もっともあれは”術”ではなさそうだがな。

626 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/17 23:31
>604
ミ・・・・
そんな噂を流布していたのはお前か!
何を戯けたことを!!

>605
仔犬が、踊るのか?
「〜は?」といわれてもな・・・。
ひとまずそんな状態見たことない。

>クウヤ
>同じ釜のラオの実を(>609)
貪り・・・!? それはシュラトやダンの話だろうが。

>610
は〜なは 咲き乱れ〜

・・・コホン。
恋情に囚われると、見えるものを見ようとせず、
聞こえるものを聞こうともしない様になる。
まさに客人の言う通りだな・・・・。

627 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/17 23:32
>611
女の子の日?
女児を祝う日のことか?
残念ながら人間界の桃の節句のようなものは・・・
え?違うのか?

>612
女の子の日・・・って、そっちか!?

客人、そんなこと詮索するものでは無いし、
インドラ様がよもやそんなこと・・・そんなこと・・・・
(インドラ様程になるとひょっとして光流の流れでわかるのか!?)

>616
いくら鉄壁の防御を誇っていても、攻撃に転じられなければ
負けはしないが勝ちもしないだろう。
インドラ様の手により打ち負かされた様だが、
どうやらそのシャクティ、自己修復の機能が無い様子。
桜の木の下で休んだら、早々に立ち去るのだな。

628 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/17 23:32
>インドラ様
>喜びの涙(>617)
そうでしたか。彼らがそんなに荒行が好きだったとは。
では次は荒行が大好きなクウヤに頼んで
候補生の相手をして貰おうかと思います。

>クウヤ
というわけらしいから、候補生にお前の得意な荒行を施してやってくれ。

>621
待て客人。 何処をみているのだ!?
ヴィシュヌ様は大量の布を使用したお召し物を着ておられるではないか。
そんなことにはならん!

>622
インドラ様の歌・・・・・・・。

(いんどらふねふね・・・・)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

いや・・・・・・・私は何も聞かなかった。

629 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/17 23:33
>623
そんなこと、あるわけがあるか!!
大体それではネクロフィリアと変わりが無いでは無いか。
インドラ様がそんな異常なことを なされるはずが無い!

>624
やはり客人もそう思うか。
普通にそのまま考えると・・・こう言ってはなんだが・・・
見れた状態ではないと思うのだ。


さて、寝るのに丁度良い時間だな・・・。
それでは客人方、おやすみなさい。

630 :以上、自作自演でした。:04/06/18 00:04
部屋に5センチくらいの蜘蛛がでました。
蜘蛛は家の守り神、やはりそのままにしておくべきでしょうか…

631 :以上、自作自演でした。:04/06/18 00:27
アテナエクスクラメーションに対抗して
ヴィシュヌエクスクラメーションの開発を命じます。
小規模ながら、天空界創造にも匹敵する力を放てるはず。

これで、アスラ神軍もイチコロ(死語)さ!!

632 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/18 21:15
>616
アンドロメダ・・・聞いたことのないシャクティですが・・・
シャクティ自体が本能を持っているのですか・・・
それはすごいことだと思いますが
残念ながら今回はインドラの術のほうが勝っていたようです。
あっその桜の樹には腰掛けないほうがいいと思います。

>619 インドラ
>女として幸福になって欲しいと…願っている…。
まあ、結婚を決意されたのですね。
おめでとうございます。

>621
お客様がどこから見てそう感じられたのかは判りませんが、
結構きつく着付けていますので、
そのような無粋なことにはなりません。
もし何かを期待されているのならば
今のうちにあきらめてください。

>622
隠し芸大会では歌ってました・・・・・・
余程気に入っているのかここに来てからも
歌っていたようです。
音痴かどうかは判りませんが・・・・
ところでヒュウガはそんなにもひどいのですか?

>623
インドラがわたくしに対してそのようなことをするはずが有りません。
彼の者はロリなのですから・・・

633 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/18 21:16
>624
お客様もやはりそう感じられますか・・・・
私もそう思います。
やはり>623のお客様の妄想と言うことでしょう。

>625 レンゲ
>「キョンキョンでも聞こうっと!」と言っている様は想像もつかんがな?
あなたなら想像できると思ったのですが・・・

>630
もはや手遅れの感がありますが・・・
そのままにしておくべきです。
害をなすならやもえませんが、
多分あなたに直接の危害は無いと思います。
ですので慈悲の心で許してやってください。

>631
アテナびっくり・・・いえ、アテナエクスクラメーションは
名を冠する者の技ではなく、
それを守護する者が3人集まって使うものと聞き及びました。
だとすれば、八部衆に命じているのでしょうか・・・
でも、八部衆には曼荼羅陣がありますし・・・
必要ないかと思います。

634 :以上、自作自演でした。:04/06/18 23:32
曼荼羅陣、アカラナータに全く通じなかったじゃん。
全然ダメ。
クンダリーニの時も、泉の力を借りたので反則。
やぱり、デーヴァ神軍最強部隊って言っても、
格上の十二羅帝と八大明王がいなくなって、繰り上がって最強になっただけのこと。
所詮は張子の虎。

635 :以上、自作自演でした。:04/06/18 23:40
帝>王>>>>>>>>>>>>>>>>衆

636 :以上、自作自演でした。:04/06/19 00:19
誰が強いかなんて、そんなにこだわらんでも・・・

質問!皆さん、休日はどう過ごしてるの?

637 :以上、自作自演でした。:04/06/19 00:58
オン・シャレイ・シュレイ・ジュンデイ・ソワカ

オン・ダルマ・コンガラ・チシュタ・サラ

オン・ゲルマ・セイタカ・ウンパッタ・ナン

オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ

ナウマク・サンマンダ・バサラ・ダン・カン

オン・マリシエイ・ソワカ

アビラウンケン・ソワカ

スケバン刑事って、真言がたくさん出てくるな。

638 :インドラ:04/06/19 01:34
桜の樹に実が付いてきた様子……果たしてどのような味がするのやら…。

>621
…どこぞの水泳大会では…あるまいに…。
何の利があってポロリと行くのか…、
客人よ…ヴィシュヌ様は名の売れていないアイドルでは無いのだぞ…。

天空殿でも過分に動かれる事無く…楚々とした行動をされておられる方だ…。
間違ってもその様に…神将達を惑わす事は無い…。
…逆に胸の無い者の方が…ストーン…と落ちる事があるとか…。

>622
歌か……。
客人…音痴認定するのは…時期尚早と言うもの…。
以前にも…聞かせた事は無かったか…?
ふむ…ならば…再度存分に聞くが良い…。ア・アア〜ゴホン…行くぞ…。

インドラふねふね〜シュラシュシュシュ*:・'゜*゜♪
私はインドラ〜ウラドラじゃありませんすんよん*:・'゜*゜ポテチン♪(低音)

今宵は喉の調子も良い…低く甘めに歌い上げてみたが…どうか……。
…今のところレパートリーが一つしか無いのが難点だが……。
天王ヒュウガの微妙に調子を外した歌よりも…良いだろう…。

639 :インドラ:04/06/19 01:35
>623
…甘えた所で…真実は変えられぬ…。
客人よ…石化の術が安易に解けぬものだ…と言う事は知っているな…。
まして…そのような器用な術を掛けられるならば…苦労はしない…。

…術中に陥ったヴィシュヌ様を…
他の者が悪戯に触れる事さえ赦さなかった…私が…
…自ら率先して指を触れる事は無い…。

…第一に…表情を変えぬ者の体を弄り倒して何が楽しいのか…。
……理解に苦しむな……。フフフ…。

>624
……気味が悪い…と私も思うぞ…。
フ…これが…本当の「石頭」か…。ハハハハ…。

いや…すまぬ…失言であったな…。
自分の侵した罪は拭い去れるものでは無い…と言うのに…。

>628
>次は荒行が大好きなクウヤに頼んで
闥婆王の修行は…趣味の域…。
候補生が付いて来れるかどうか…危ういものを孕んでいるな…。

640 :インドラ:04/06/19 01:35
>630
蜘蛛か…細く糸の流れる様から神の使いとも呼ばれている…。
小さき虫にも命はある…、寛容な心で接すると…何時か自分に返ってくるだろう…。
見返りを求める事では無いが……命を粗末に扱う事無きように…。
…同居が嫌であらば…綿に包み…野に放してやると良いだろう…。
比較的動きが速いと思うが…、客人にも宿る己の中のソーマを感じ…、
奮闘して欲しい…と願ってやまない……。

>631
客人の言う…ヴィシュヌエクスクラメーション…。
小規模な…天地創造とは……どの様な技を指すのか…、
疑問が生じて止まない…。
技を繰り出す度に一つの世界が創造されるのか…。
……思いを深めるにつれ…
それはそれで恐ろしい技としか言い様が無い…な…。

ふむ…待て…客人…、創造する…と言う事ならば…
創造神シュラト一人いれば事足りるのでは…無いか…?

>632
>まあ、結婚を決意されたのですね
お待ちを…ヴィシュヌ様…。
失礼ながら…耳の掃除はされておりますか…?
.。oO(誰と…?などと聞けば墓穴を掘りそうな勢いだ…な…)

641 :インドラ:04/06/19 01:36
>634-635
デーヴァ神軍に取って…強さとは自身の誉れであり…
己の意味を問う意識と言っても過言では無い…。

軍内の部隊の位置については…客人の言う意味での繰り上がりでは無い…。
空位だからと言って最強の名を擁いているのでは無いのだ…。

そう…先の戦いで…十二羅帝と八大明王を離反した獣牙三人衆…
何れも八部衆の者に敗れたのだ……、
これは事実…八部衆がデーヴァ神軍最強の部隊と言っても良い…。
客人の方々も理解して頂きたい…。

私の属した十二羅帝も…八大明王も…事実上瓦解した……。
次代を継ぐ者もいずれ現れる事だろうが…戦闘により経験を積んだ…
八部衆を上回る力を手に入れる事が出来るのは…まだ先の話になるだろう…。

>636
…自らの力に拘るのも良いが…溺れる事無き様配慮する事も大切な事だ…。

…休暇か…。ほぼ無いに等しい…な…。
神将の訓練・膨大な職務の数々…日々責務に追われ…、
ヴィシュヌ様の酒を人間界まで調達に行かねばならぬ…使い走りもある始末…。
今宵の質疑が終わりを告げたならば、翌朝までの時間が休暇になるのだろうか…。
眠りに落ちる時まで…触手系ろ…いや……、瞑想の時間に当てようと思う…。

642 :インドラ:04/06/19 01:36
>637
…スケバン刑事とやらは…並みの神将よりも…覚えが良いと見える…。
タントラの使用方法までは分からぬが…、敵はアスラ神軍か…?
拳より光を伴った武器が放たれたりするのか…?
…人間界にもソーマを操る者がいるのならば…、見てみたいものだが…。

般若は仮面を被らずともそのまま般若の顔をしているとか…
人間界の不可解は深まるばかりだ…。


様々な事に疑念を感じつつ…本日はインドラ宮へ戻るとしよう…。
では…な…。

643 :以上、自作自演でした。:04/06/19 01:39
急所攻撃は邪道ですか?

644 :闥婆王クウヤ:04/06/19 07:17
>610
彼女はあえて目を瞑っていたということですか・・・

はなしは変わりますが、
このころのレンゲはちょっと音痴だったと思うのですよ。
しかし、インドラ様やシュラト殿にそのことを言っても、
「おまえ、耳腐ってんだろ」としか返ってこないのです。
本当にわたしの耳がおかしいのでしょうか・・・

>611
桃の節句・・・
過去、地上界では桃花酒という酒を飲んで祝ったこともあるそうです。
いいですね、酒の飲む機会があるというのは。
わたしも桃の節句には地上界におりて
酒を頂くこととします。

>612
それではシヴァもインドラ様もまるっきりの変態ではないですか。
いくらアスラ神軍に身をやつしたとはいえ
そのようなことは無いと思いますよ。
それに我らがヴィシュヌ様がその程度のことで
実力を発揮できなくなるとは思えません。

645 :闥婆王クウヤ:04/06/19 07:17
>616
鉄壁の防御・・・興味深いですね
しかし守るだけでは勝てないのではないでしょうか?
我らデーヴァ神軍の任務とは天空界に仇なす者の排除、
己自身を守ることにさほど意味があるとは思えません。
あなたとは闘いに対する意識が大きく違うようです。

>621
お客人の問いかけは何かに期待する不埒な考えからでしょうか
それとも純粋に心配だからですか
いずれにせよヴィシュヌ様がポロリといくことなど有りませぬ。
調和神たる資質にはその動作の優雅さも含まれているのですから。

>622
お聞きの通りですよお客人。(>638)
この歌はインドラ様自身大変お気に入りの様子。
ことあるたびにその美声を聞かせてくれています。

>623
それは変態行為もここに極まれり・・・という感じですね。
そのような行為にインドラ様がおよぶとも思えませんし、
人体の各部に分けての石化など聞いたことも有りません。

646 :闥婆王クウヤ:04/06/19 07:18
>624
あなたは普通の感覚をお持ちですよ。

レンゲ(>628)
>候補生にお前の得意な荒行を施してやってくれ。
わかりました。候補生の相手をするのも久しぶりです。
レンゲ、あなたは急性アルコール中毒の治療法を調べておいてください。

>630
やはり生命とは尊いものです。
あなたに害をなすならいざ知らず、
その場に居ることだけで殺すのはどうかと思います。
できれば気にせずにいてやってください。

>631
アテナエクスクラメーションなる技は知りませぬが、
アスラ神軍もイチコロというフレーズには惹かれるものがあります。
もしかしてインドラ様の身内の方では・・・・あっ違いますか
我らが天空界を創造なぞできかねますし、
そのエネルギーを敵に向けるというなら
周りの被害も尋常ではないでしょう。
そこまで強力な技の必要性を感じません。

647 :闥婆王クウヤ:04/06/19 07:18
>634,635
確かに個々の能力では敵わなかったかもしれません。
しかし、我らには天空界を守ろうとする強い意志があります。
この意志の強さがデーヴァ神軍での最強部隊という呼び名に
つながっていると思います。
現在、十二羅帝・八大明王ともにそのほとんどが空位となっております。
それはその格に見合った精神の持ち主が、
未だ現れていないからでしょう。
この天空界のどこかに傑出した人物が出るか、
ヴィシュヌ様のお目に敵う者が転生されてくるかして、
十二羅帝なり、八大明王なりの神将が出てくれば、
最強の名を譲ることになんら抵抗は有りません。

>636
わたしは学校で子供達に授業をしていることが多いです。
あとは、地上界におりて修行ですか・・・・
ヒュウガ探索もなかなかつらいですね・・・胃腸が・・・

>637
これらの真言をひとりの方が操るのですか?
地上人がこれだけの術を使えるのを目の当たりにすると、
神将としてまだまだ修行が足りぬと痛感します。
うむっこうしては居られません。
ちょっと滝に打たれに行ってきます。

648 :以上、自作自演でした。:04/06/19 11:06
とりあえず、テレポート出来るようになれ。
怪我もヴィシュヌ様並みに治せるようになれ。
修行が足らん。
何回転生を繰り返してると思ってるんだ?

649 :以上、自作自演でした。:04/06/19 11:32
えええ、レンゲさんはお上手でしたよ!>歌
ちょっとラクシュが微妙でしたけど…

650 :以上、自作自演でした。:04/06/19 11:47
オンチ王レンゲ

ナウマクサンマンダボダナン マカオンチソワカ!

651 :闥婆王クウヤ:04/06/19 12:25
滝行終えて参りました。
暑い日はまた格別ですな・・・・サボッてるわけではないですよ。

>643
急所攻撃を邪道とした場合、
アカラナータを倒したリョウマの立つ瀬が有りません。
敵の弱いところを撃つは戦術上やむなしでしょう。
あっもしかして違う急所のことですか・・・
インドラ様の保健体育によれば、
そこは生殖のための重要な器官であり
それを攻撃することは人としての倫理に触れると思います。
まあ、相手を殺すつもりであれば関係ないことですが・・・

>648
テレポート・・・転移の術は一つの目標ではあります。
いつの日か操れるようになりたいと思います。
そのためにはさらに強力な光流を操ることができるようにならねば・・・
その為の修行の日々を理解して頂きたいと思います。

すみません、わたし個人はまだ1回しか転生してません。

652 :闥婆王クウヤ:04/06/19 12:25
>649
そうですか・・・
やはりわたしの耳が腐っているとお客人は言うのですね・・・
しかし、わたしと同意見の方が周りに居ないところをみると
わたしの耳が悪いようです。
ラクシュのは直に聞くと
超音波で鼓膜から脳細胞までが破壊されるので
あまり聞き入らないほうがよいですよ。

>650
すみません。わたしの妄言だったようです。
ちなみにその真言は敵を音痴にする術ですか?
それとも自分を音痴にする?

役に立ちそうにありませんね。

>インドラ様
>候補生が付いて来れるかどうか…危ういものを孕んでいるな…。
その点は安心してください。インドラ様の名前でツケておきます。

653 :以上、自作自演でした。:04/06/19 17:07
あ〜、レンゲのCDが押入れから出てきたんだけど・・・
久しぶりに聞いてみたら懐かしさを感じちゃったよ。



何年前にだしたんだっけ?w

654 :以上、自作自演でした。:04/06/19 17:38
本スレとの使い分けをしましょう。
天空界と人間界が近づき過ぎています・・・。

人間界への入り口はこちらです。
ttp://comic4.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1078225088/

オンバラダハンドメイハーン

655 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/19 18:45
嵐が近づいているようだな・・・。(ラクシュの機嫌が悪いせいか?)
桜はともかく百合や薔薇は無事やり過ごせるだろうか?

>630
5センチ? そのくらいなら人を喰うわけでもないし
客人が嫌いでないのならそっとしておいてやれ。
もっとも、客人が姿を見るのも嫌だというのであれば
上手く誘導して外に逃がしてやるのだな。

>631
アテナエクス・・・・・何?
三人で一人を攻撃すると卑怯だから禁止?
卑怯って・・・・それは相手の強さにもよるだろ・・・。
そんなこと言っていたら、アカラナータに3人で挑んだ私達の立場はどうなるのだ。
戦は遊びでは無いぞ!
我々とアテナとやらの戦いに対する姿勢の違いというものをまざまざと感じるな。

>ヴィシュヌ様
>嵐が近づいているようですので、
ヴィシュヌ様の手入されている草木に相応の対処をしておくよう
見張りの神将に命じて置きました。

656 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/19 18:46
>634-635
張子の虎とは随分と手厳しいな。
八大明王にしろ十二羅帝にしろ
2千年続いたという先の大戦を潜り抜けてきた猛者ばかり。
対する八部衆の実戦経験が浅いことは否めない。
しかし、それでも事実上最強部隊と言われる以上は
その名に恥じない実力を身につけなければな。
その為には、修練あるのみだ。

>636
休日でも関係なく怪我人は出るから、
怪我の治療をしているときもあれば、
姉の手伝いをしているときもある。

>637
いくつか聞いたことのあるような真言も混じっているが・・・
これだけの数を使いこなすとなるとレイガ並か。

>インドラ様
>どのような味(>638)
私の予想では柘榴のような味がするのではないかと・・・。

>643
急所というと目とか首とか脇腹とか脛とかか?
邪道どころか、戦いにおいては普通だが?
もっとも、相手もそれをわかっているから
不意でもつかん限りは、急所に攻撃が決まることは殆どないがな。

657 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/19 18:46
>クウヤ
>急性アルコール中毒(>646)
いきなり難易度が高くないか!?
そもそもクウヤ、お前すら達し得てなかった気が・・・。
お前が真っ先にダウンしそうなのだが・・・・。

>648
いずれはその域まで到達できるよう努力しよう。
何回転生って・・・前世のことはわからんが、
現世では1度きりなはずだが・・・。

>649
そ、そうか?
自分の歌が上手いかどうかなんて客観的にしかわからんからな。
客人がそういうのならばそうなのかな。

>650
妙な呼び名をつけるな!
客人がそう思うなら勝手に呼ぶがいい!
しかしだな! ヒュウガやガイを差し置いて
私がその呼び名というのは納得いかんぞ!?

>653
それは15年前にヴィシュヌ様が主導で戯れにお作りになられたものか?
それとも人間界偵察記念のものか?
どちらにしろ、またそんな古いものを・・・・。


さて、嵐に備えて見回りをしてくるか。

658 :以上、自作自演でした。:04/06/19 22:37
レンゲ+レイガ=レンガ

659 :サティ:04/06/20 00:11
それは、レンゲとレイガの子供なのかしら?<レンガ

レイガさんが義弟になるのは構わないんだけど
子供に私をオバサンと呼ばせたら、どんな目にあうか
わかっているわね?<レンゲ

660 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/20 12:46
>634
天空曼荼羅陣が使えていれば勝てたかもしれません。
わたくしは現世において八部衆が最強と呼ばれることに
何の疑問も持っておりません。
わたくしが見渡しても現八部衆より勝る者は見あたりませんし、
八部衆をはじめとする神将の皆には更なる修練への期待はありますが、
今のままでも充分平和を守る力を持っていると思います。

>635
いくら格が違うとはいえ、そこまでの差は無いと思いますよ。
そこまで差があっては今の天空界そのものが存在しなくなります。

>636
主に天空殿の周りの散策などをしておりました。
人間界との道を開いてからは、シュラトの勧めでTVを引きましたので、
ラクシュと一緒にTVを見ることもあります。
最近は土いじりをよくしています。今はレンゲと百合を少々育てています。

>637
まあ、スケバン刑事さんは術をたくさん持っておいでですね。
天空界と地上界ではその理も違うでしょうから、
どのような術が発動するのかわかりませんが、
これだけの術を使い分けるとは、よほどの修練を積んでおいでのようです。

661 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/20 12:47
>638 インドラ
>果たしてどのような味がするのやら…。
気になるようでしたらお分けいたしますよ。

>643
闘いともなればやはり勝つことが目的となるでしょうし、
その為の手段として急所への攻撃が存在するなら、
そのことを邪道ということはできないと思います。
明確なルールの定めがある競技ならば話は別ですが・・・

>648
わたくしが術を使えるのは
調和神としての資質によるところが大きいのです。
修練のみによって転移の術を身につけることは
大変な努力を必要とする行為だといえるでしょう。
しかし彼ら八部衆の者は修練を怠ってはいないようですので
将来的にはお客様の期待の添えるのではないでしょうか。

>649
わたくしも何かの宴で聞きました。
とても上手だったと思います。
ラクシュも歌は好きなようで、
修行の合間にはよく歌っています。
ただ、気分が乗ってくると部屋中にヒビが入ってきて・・・
補修するのが大変なのです。


662 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/20 12:48
>650
おもしろい通り名では有りますが、
事実と違うようですので撤回していただきたいと思います。
レンゲに言わせると、もっと適任者がいるようですし・・・
そちらの方につけてやってください。

>653
もうどれくらいになるのでしょう・・・
時の流れの速い地上界では古い話となっているのでしょうね。
いつまでも記念として取っておいてください。

>654
ご案内ありがとうございます。
本来このようなこと主であるわたくしの仕事なのでしょうが
お客様に甘えてしまっているようです。
ところでお客様は地上界の民なのに転移の真言が使えるようですね。
どちらで修行されたのでしょうか・・

>655 レンゲ
>百合や薔薇は無事やり過ごせるだろうか?
わたくしも少々心配ではあります。
少し見廻ってみようかと思います。

663 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/20 12:49
>656
>柘榴のような味がするのではないかと・・・。
鬼子母神伝説では有りませんよレンゲ・・・・
それともわたくしと鬼子母神とに
なにか含むところがお有りなのですか?

>658
何の足し算なのでしょうか・・・
ただ言葉遊びをされているのでしょうか・・・
サティさんがいうように子供の名前なのですか?
しかしレンガは・・・少しかわいそうな気がします。
丈夫そうではありますが・・・

>659 サティ
わたくしのほうでは、なかなかいい人が見つからないのですが・・・
お客様の中で良い方でもいましたか?

664 :以上、自作自演でした。:04/06/20 17:22
シュラトの初めて放った修羅魔破拳は
核爆発並みの威力だったんだけど
何でその後はたいしたことなくなったの?

665 :以上、自作自演でした。:04/06/20 17:45
マリーチは花咲じいさんの末裔ですか?
彼の行くところお花畑だらけなんですが

666 :以上、自作自演でした。:04/06/20 18:09
創造神の後継者となった今でも、全然大したことないね。<シュラト
ブラフマーのシャクティもないし、おそらく一人ではアカラナータも倒せないでしょう。
まあ、安定の時期だし、ラクシュがいれば
創造神は不要だから、仕方ないか。

ただ不思議なのは、同じ種を持つ美奈があんなに強力なのに
シュラトはヘボイということ。

667 :インドラ:04/06/20 19:16
風が強いか…、レンゲの言う通り風雨が酷くなるらしい…。
激しい雨に打たれるのも…悪くない…。フフフ……。

>643
急所への攻撃を禁じた覚えは無い…。
人体の弱い部分を狙うのは…戦いにおいて最も有効な戦略だ…。
広い面積を持つ胸部は狙い易くもある…。
…天王ヒュウガは…訓練にて私が言った言葉を実行に移した…。

だが…勇猛なる神将と言えど…男の大事な部位の攻撃はやはり躊躇するもの…、
…道徳を重んじるデーヴァ神族はあえてせぬ攻撃なのだ…。
幼子には見せられぬ浅ましさゆえ…だな…。

>644
>このころのレンゲはちょっと音痴
…夜叉王の方が…。
……む…、背後より冷たき風が……。

>648
転移の術を使える様になると…戦術そのものが変わってくるだろう…。
天空界全てを脅かす脅威にもなりかねぬ…。
…修行により…ソーマを練り上げるのは…資質にもよるだろうが…、
客人の言う様に…修行が足りぬのであれば…より一層の訓練を施すしかあるまい…。

よろしい…明日から…走り込みだ…基礎より鍛えねばな…。
近頃神将達は何処へ行くのにも…バルダに乗り用を足す…。
…これでは足腰が弱まるのも道理か…。

668 :インドラ:04/06/20 19:18
>654
…天空殿が人間界に近づいているのか…、
それとも…天空殿裏にヴィシュヌ様が植えた桜の樹が…次元を歪めているのか…。
客人よ…案内御苦労……。
だが…ヴィシュヌ様を通さぬ言い様は控えた方が良いのではあるまいか…?
そして…客人の方々に改めて言おう…。

人間界より来訪される客人を拒んでいる訳では無い…。
広く開かれた天空界を目指し…ヴィシュヌ様はこの場所に降臨されたのだから…な…。
…客人の言葉を聞き、問い掛けに答える事…ここに居る皆のみならず…
この雷帝インドラにとっても…心躍るものなのだ…と言う事を……。

>656
>柘榴のような味
…そうか…。どうりで…赤いはずだ……。
栄養が良いようで…何より…だ…。

>658
土を固めたような名だな…。
修羅王と夜叉王が精神を同調させたとて…名は変わらぬぞ…。
何ゆえ…客人をそう思わせたのか……。

>659
子供に付けるには…安易な名だと思うのだが…サティよ…。
……まるで…しゅら……、何でも無い…。
…戯言だ…。

669 :インドラ:04/06/20 19:18
>661
>気になるようでしたらお分けいたしますよ
…味が気になる…と言うよりも…、肥料の影響が気になる…ところですな…。
どうも…実に影響が出ているような気がしまして…。
…ほら…御覧ください…この実…人の顔に見えませんかな…?

>664
…これまで眠っていたソーマが爆発したのだろう…。
通常の天空人は生れ落ちた時より…ソーマの流れを緩やかに練り上げる…。
だが…人間界より呼び戻された修羅王は…その流れを操る事もままならぬ…、
いわば暴走状態にあったのだろう…。
流れを制御出来ぬならば…そのまま枯渇し死あるのみ…、なればこその所業だろう…。
…制御の法さえ知れば…後は流れに乗じ技を出すまで…。
……戦いの中で己のソーマを使い果たしてしまっては…戦うまでも無い…。
………そのまま朽ちるまで見ていれば良いのだからな……。

>665
摩利支天の周りに妙に花が飛んでいたのは…そう言うわけか…。
成る程…納得が行く……。
人間界の民祥の通りであれば…灰を振り撒いていたのだろうが…
あの男何を撒いていたと言うのか…、血か……?
いずれにしろ……健気な努力の賜物か……。

670 :インドラ:04/06/20 19:19
>666
客人の言う事は至極当然だ…。
我ら天空人を新たな道へ導く存在が心もとないのは…日が浅いと言う事も考えられるが…。
まだ…その時期では無い…と言う事なのかも知れぬ…。
創造神としての悟り…境地へと翔し、開かれるのは……
後…何千年も掛かるのか……。前創造神ならば答えられるのかも…な…。
三神ならぬ…この身では分からぬ事も有る…。
…なんと不甲斐ない事か…。

暗き闘いの事は知らぬが…強大な力か…。
夜叉王の姉の妄念の凄まじさを語る…な……。
人の想いの…強さがそうさせるのか…。


…少々…殿内の警備の者を労うとしよう…。
……アカラナータを見かけなかったか…とも問わねばなるまい…。
では…な…。

671 :以上、自作自演でした。:04/06/20 20:06
アニメの後半に絵がムチャクチャになったのは、アスラ神軍の仕業ですか?


672 :以上、自作自演でした。:04/06/21 00:59
ヴィシュヌ様の死に顔も、すごいことになってましたね。
あれでは、死んでも死にきれないということで
復活なされたのですね。

転移の術で思い出したのですが
トライローが人間界にシュラトを送った術と、
転移の術は、どちらが難しいですか?

673 :以上、自作自演でした。:04/06/21 20:27
レンゲの写真集とヴィシュヌ様の写真集が同時発売されるって噂があるんですが・・・
水着姿も掲載されるんでしょうか?

まあ、レンゲの写真集は確実に手に入れないとね♪
ヴィシュヌ様の写真集は・・・・どうしようw


674 :闥婆王クウヤ:04/06/21 21:15
>653
レンゲのCDですか・・・・・
そういえばなにかの記念に一人で出したものがあったような・・・
もうだいぶ前のものですね。
銀色円盤はデータの劣化が有るそうなので
何かしらの対策をしてから保存されるのが良いと思いますよ。

>654
この世界にあるもう一つの天空戦記・・・
その入り口のようですね・・・
わたしたちを気遣ってくださったその心、痛み入ります。
分をわきまえて活動するよう努めることにしましょう。


>658
お客人はなぜその二人を足してみようと思われたのですか?
レイゲのほうが先鋭的で良いと思いませんか?

>659
オバサンではなくて叔母さんですね。

675 :闥婆王クウヤ:04/06/21 21:16
>664
核爆発なるものを直に見たことがありませんが
それはとても大きな爆発なのでしょうね。
シュラト殿は潜在的に創造神としての力を持っていたと考えられます。
地上界ではビックバンというのでしょうか、
宇宙を造り出す力を秘めていたのかもしれません。
ただしそのような力を光流総量の小さなシュラト殿が連発すると、
生命に関わる事態になりかねません。
必然的に自己防衛の本能が働いて、
死なぬ程度に抑制されていたのだと思います。

>665
たしかにマリーチの行くところ花が咲きます。
ヴィシュヌ様石化で天空界の理が崩れ、
死の大地となっていたときも
彼の周りだけは花が咲き乱れていたと聞きました。
彼が周りの者に見せた幻術だとも、
彼の一途な想いが自然に作用したのだとも言われましたが、
真実は彼にしか判りません。
彼が天霊界から転生を為したなら聞いてみるのが良いでしょう。

>666
たいしたこと無いと思わせておいて
実はすごいのがシュラト殿なのです。
今の宇宙の安定にシュラト殿は欠かせません。
なにせ調和神がやきもちやきなので・・・・

676 :闥婆王クウヤ:04/06/21 21:17
>671
そうなのです。
突如現れた異動宮の所為か
天空界全域で時空の乱れが発生しました。
地上の民には大変見苦しいものとなりましたが、
心の目で正しい姿を見てください。
でも誰かのズラがずれたりして結構楽しいですよ。

>672
あの戦時下において
ヴィシュヌ様の死に水が取れなかったこと
このクウヤ悔やんでも悔やみ切れませんでした。
しかしラクシュによってヴィシュヌ様が転生為された今、
そのようなひどいお姿を見ずに済んで良かったと思います。

>673
なんとこの闥婆王に断りもなくそのようなことが・・・
レンゲのなんてわたしが水面鏡を使っていくらでも見せますので
ヴィシュヌ様のを買いなさい。
・・・・・やっぱり買わなくて良いです。
ヴィシュヌ様のそのような姿を拝むなど畏れ多い、
わたしとダン、それにヒュウガの3人で買い占めさせていただきます。

677 :闥婆王クウヤ:04/06/21 21:18
>レンゲ
>お前が真っ先にダウンしそうなのだが・・・・。
心配は無用ですよレンゲ。
わたしも日々精進をかさね、
10回に1回は記憶を保つことができるようになりました。

>ヴィシュヌ様
>少し見廻ってみようかと思います。
わたしもインドラ様と大切に育んだ薔薇が気になります。
もうだいぶ風も収まりましたが大丈夫だったでしょうか・・・

>インドラ様
ところでインドラ様はどの色の薔薇が好きですか?

678 :以上、自作自演でした。:04/06/21 21:42
バオウザケルガ!!

679 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/21 23:02
>664
シュラトはブラフマーの後継者・・・
その程度の力は持っていてもおかしくありません。
しかし他の者も行っているとおり
光流を錬ることに未熟なまま全開で使い続ければ、
体を衰弱させることにもなりかねません。
その点を考慮して力をセーブした結果だと思います。

>665
そうですか、摩利支天の行くところに・・・
彼の者をその花咲じいさんから転生させた覚えは有りませんが、
もしかしたら時空を超えて繋がっているかもしれません。
そう考えると夢があってよいと思います。

>666
シュラトをはじめ、八部衆の皆は腕を上げております。
わたくしもラクシュに転生していただいて皆と再会しましたが
先の闘いの時に比べ見違えるようになっておりました。
アスラ神軍との戦いの時と結果は同じでは無いと信じます。
美奈さんのことはそのガイに対する頑なな想いが力を増幅した結果でしょう。
そのことだけでシュラトの力を計ることはできないと思います。

680 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/21 23:02
>669 インドラ
>人の顔に見えませんかな…?
わたくしにはそのように見えませんが・・・・
このように美味しそうに真っ赤に熟れて・・・・・

>671
アスラ神軍の出現により時空の乱れが発生しました。
その為にいろいろな弊害も発生したと聞いております。
お客様で当時視聴されていた方には、
不満も大きかったと思いますが、
これも事情があってのこと、
心の中で置換して記憶に留めていただきたいと思います。

>672
自分自身の死に顔は調和神であってもなかなか見ることはできません。
しかしそこまで酷い顔をしていたのでしょうか。
なれば転生できて良かったと思います。

トライローは修練によってその術を身につけたようです。
基本的な難易度はあまり変わりません。
ただ消費する光流の量は違ってきます。
逆転生のほうがより多くの光流を消費するでしょう。
トライローはその術に自身の光流の殆どを注いだそうです。

681 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/21 23:03
>673
どなたからそのようなことをお聞きになったのですか?
レンゲのことは本人に聞かねばわかりませんが、
わたくしにはそのような覚えが有りません。

しかし、いつまでも若い姿を保存できるというのは・・・
女性として魅力的ではあります。

>678
この場所で攻撃呪文を唱えるのは禁止させていただいております。
あなたもここでは唱えないようにしてください。

682 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/22 00:25
最近 髪伸びたな・・・。
(明日にでも切ってもらおうかな。丁度、姉さん来てるし。)

>654
誘導ご苦労。
我々を気遣かっての行動だと思う。感謝する。
しかし、ここは天空界の者のみならず人間界の者にも門戸を開いているし、
我々は皆平等に歓迎してもいる。
それに、人間界の者が増えたからといって
自分を見失う様な弱い精神力の持ち主もいまい。
杞憂は無用ということだ。

>658
それは建築資材だろうが・・・。

>サティ姉さん
>659
ちょっと待って、姉さん。
なんでレイガとあたしがっ?!

どんな目って・・・・・・・。
あのときの、アレ・・・?
それとも・・・。
・・・・・・・・・・・・・。
わかった!わかったから!!
呼ばせないから やめてっ。

683 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/22 00:25
>ヴィシュヌ様
>なにか含むところが(>663)
い、いえっ! そんな滅相もございません!!
地上で桜の実を食すときは、専用の桜を植えるのだとか。
その点、ここの桜は食用に特化したものでは無い故、
柘榴の様に酸味があるのではないか?・・・そう思った次第でございます。
けっして、人肉の味がするとかそういった訳では・・・訳ではございません。

>664
ああ。あの時は死ぬかと思ったぞ。
今にして思えば、腕を折るくらいで済んだのは奇跡的だったな。
しかし、タクシャカやランバーンには悪いことをした・・・。
転生するその日を祈ってやまない。

シュラトの魔破拳、最初のあれは光流を制御せずに全てを放出した結果だろう。
だが、あの様な使い方は自身を支える光流まで削ってしまう。
以後、本能的に制御を行う様になったのだろうな。

>665
言われてみれば奴のいるところ、常に花が・・・。
幻術・・・?
私はいつもマリーチの術中にいたということなのか・・・。

>666
シュラトの潜在的な力は計り知れないものがある。
しかし、客人の言う通り今はその時期では無い故、発揮されていないのだろう。
ガイの姉の力は、その凄まじい情念を創造神としての力で
無意識のうちに転化させたものなのでは無いだろうか。
情とは時に恐ろしいほどの力になるからな・・・・。

684 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/22 00:26
>671
そう、あれはアスラ神軍の放つ黒の光流と須弥山の持つ力の影響、
そして、その他いろんな要因が混じりに混じった事が原因だ。
一部ではあの現象に”くりあ・う゛ぃじょん”という呼び名がつけられていたとか。

>672
全ては次元の歪みのせいだ。
ヴィシュヌ様自身はお綺麗な姿のままだったことだろう。
しかし、ヴィシュヌ様の復活は非常に喜ばしいことだ。
今ある幸せに感謝せねばならん。

シュラトの話を聞く限りでは、
逆転生は術と言うよりは降三世明王独自の技のように思える。
独自の技であった場合、いくら修行を重ねようが降三世明王以外には使用できない。
よって、単純に比較するのは難しい・・・。
が、個人的には転移の術の方が難しいのでは無いかと思う。
逆転生は転生と名がついていても、所詮は まやかしに過ぎないからな。

685 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/22 00:27
>673
Σなっ!?
待て!!
知らないぞ! 私は!
一体誰が出版・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・出版・・・?
出版といえば思い当たる男が一人いるが・・・。
いや、でもまさか・・・・。

>クウヤ
>水面鏡を使っていくらでも見せます(>676)
クウヤ・・・・。 それは聞き捨てならん・・・。

>678
ここは次元が不安定なせいか、たまに別の宇宙からの客人も紛れ込む様だが・・・。
ヴィシュヌ様の仰られるとおり、
他の客人達にも害を成す恐れのある真言は禁止とさせてもらっている。
まぁ、宇宙の法則自体が違うからまず発動はせんがな。
しかし、それだけにどのような作用があるかも計り知れん。
ご了承頂きたい。


・・・さて、そろそろ就寝するか。
では、客人の方々、おやすみなさい。

686 :リナ:04/06/22 00:27
攻撃呪文禁止ですってー?

このあたしの前でよく言ったわ!
勝負よ!!

687 :以上、自作自演でした。:04/06/22 00:32
髪切ってあげるよ。
だいじょうぶ。きれいにするから。ちょきちょき。

688 :以上、自作自演でした。:04/06/22 00:38
いまだ現れない八部衆の皆さんはどちらに?

689 :以上、自作自演でした。:04/06/22 01:00
入浴剤は何を使ってますか?

690 :以上、自作自演でした。:04/06/22 13:52
>>676
レンゲだけでなく天空界の女性を毎日のようにチェックしてるんでしょうか?
だとしたら、うらやましい・・・。

691 :インドラ:04/06/22 22:53
給与前…満足に酒も飲めぬとは…。
この雷帝インドラの不覚…だ…。

>671
良く分かったな…、客人…。
全ては破壊神シヴァ様の黒のソーマの影響が…画面を歪ませ…。
人物の造型までをも歪ませたのだ…、恐ろしい御方だ…。

……そう…決して…、違う物語の作画により…
人手が足りなくなった訳では……。

>672
残念ながら…ヴィシュヌ様の死に様は見てはいないが…。
…聞くところによると…倒れて行く時鼻の穴が丸見えだった…とか…。
いや…噂に過ぎぬので…真相は知らぬ…。

降三世明王トライローか…別名SMの女王…。
逆転生の技を持つ女…。
思ったのだが…、ヴィシュヌ様と…同等の力があるのでは……。
…今更ながらに…冷たい汗が…。

692 :インドラ:04/06/22 22:53
>673

 な ん だ と …

ヴィシュヌ様とレンゲの写真集同時発売…?
もしや…これに乗じ…
クウヤの妹とシュラトの妹の写真集も出版されるのではあるまいな…。
…こうしては居られぬ…。
何はさて置き…最低3冊は買わねばなるまい…。
客人よ…、貴重な情報であった…。感謝しよう。

だが…偽りならば……、

生かしてはおかん。

>677
>ところでインドラ様はどの色の薔薇が好きですか?
唐突だな…、闥婆王クウヤよ…。
勿論…「 紫 の 薔 薇 」に決まっている…。

影より見守っている少女にそっと渡すのが…私の夢だ…。
間違うとこちらが、ストーキングで訴えられる恐れがあるが…な…。

>678
…遅い…!
…いや私の返答が遅い…と言う事では無く…。
お前の攻撃が遅い…のだ…。

この雷帝インドラにその攻撃が当(省略)

693 :インドラ:04/06/22 22:54
>680
>美味しそうに真っ赤に熟れて
ヴィシュヌ様…それの裏を御覧になって頂きたい…。
まるで…ベヘリッt……・・・・・・。

いえ…私の見間違いでした…な…。

>685
>知らないぞ! 私は!
…レンゲの身に覚えが無い…と言う事は…。
…隠し撮りか…。

ふむ…。oO(それはそれで…有り……。)
ああ…レンゲ気にするな…犯人を見つけ次第…捕縛のする様配下に指示しておこう…。

>686
…ほう…勇猛だな…だが無謀だ…。
呪を封じ…体術で八部衆の那羅王に闘いを挑むか…。

…それとも体で勝負か…。
止めた方が良いだろう…闘いは虚しさばかりを残す…。

>687
前髪を切るなぁああああッ!!

Σは…。いかんいかん…。
起きていたが…うっかり幻を見てしまったらしい…。
客人よ…、それはレンゲに言っているのだな?そうだな…?



…アデラ○スはどこだ…。

694 :インドラ:04/06/22 22:55
>688
…随時募集中だ…。

では無く…、皆己の職務で天空殿裏に来る余力が無いのだろう…。
我らが…暇と言う訳では……決して無い…。

…そう言っている間に残りのソーマの残量が僅かになったな…。

>689
…風呂か…、天空殿内にある湯船は数種存在しているが…。
シュラトはルグの実が浮いた湯に浸かっているのを見た覚えがある…。
…食べながらではあったが…。

最近では…私とクウヤが共に薔薇の花びらを浮かべた湯に……。
などと言えば……客人の方々のサービスになるのだろうか……。

すまぬ…嘘だ…。

>690
流石は…闥婆王…。
凄まじい妄想力…いや、集中力だな…。
…それが本当の話であるとすれば…だが…。

関心しては居れぬ…これは…、闥婆王クウヤに直接問い質さねばなるまい…。
小一時間と言わず…じっくりと対策を練らねば…な…。


天空殿の財政危機が緩和される…新たな徴収源が出来るかも知れぬ…。フフフ…。
では…な…。

695 :以上、自作自演でした。:04/06/22 23:20
インドラ様も、給与制なんですね。

成果主義にしましょう。

インドラ様は、産業スパイだったから、今年のボーナスはありません。

696 :以上、自作自演でした。:04/06/23 01:00
普通の呪文は天空界では発動しないけど
これなら

外なる虚空の闇に住まいしものよ、今ひとたび大地にあらわれることを、我は汝に願い奉る。
時空の彼方にとどまりしものよ、我が嘆願を聞き入れたまえ。
門にして道なるものよ、現れいでたまえ。汝の僕が呼びたれば。
ベナティル、カラルカウ、デドス、ヨグ=ソトース、あらわれよ、あらわれいでよ。
聞きたまえ、我は汝の縛め(いましめ)を破り印を投げ捨てたり。
我が汝の強力な印を結ぶ世界へと、関門を抜けて入りたまえ。

697 :以上、自作自演でした。:04/06/23 01:00
もうそろそろレンゲタンは誰が本命かをハッキリ・キッパリ言って下さい!

698 :サティ:04/06/23 01:51
あら、こんなところに本が落ちているわ・・・・。


「ネクロノミコン」

699 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/23 02:03
人間界には血液型で性格を判断する術があるとか。
☆AB型:本音と建前を使い分ける。
そうか・・・・。なるほど。

>686
リナとやら。それは私に挑んでいるのか?
よかろう。
どちらにしろ、ヴィシュヌ様やインドラ様に
手出しさせるわけにはいかんから私が相手をしよう。
・・・ところで。 聞くところによるとお前にも姉がいるとか。
互いに色々と苦労するな・・・。

>687
いつもと違う人に髪を切って貰うというのは緊張する・・・。



ありがとう。客人のお陰ですっきりした。
腕が良いな。

700 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/23 02:04
>688
シュラトは溜まった書類と格闘中。
ヒュウガは人間界で修行中だそうだ。
リョウマは遠方に居るようなのだが、
通信手段の不備とかで最近は連絡が取れない。
ダンは柴刈りに行くと言ったきり戻らないし、
レイガは、たまに天空殿内で見かけることがあったが、
このところ見かけないところをみると、
戻って土地の開拓に勤しんでいるのではないだろうか。
ちなみに、ガイはシュラトと同化しているからして近況は省くぞ。

いずれにせよ、この場所から遠く離れていることには変わりない。
皆それぞれに忙しい様だが、出来るならば久々に話がしたいものだ。

>689
普段、沐浴するときは泉を使うから、そういった物は使わないのだが、
出向く時間が無い時や夜間などは、室内で済ませることもある。
そんなときは気分次第で香草をいれることがあるな。
レイガがやたら沢山持っててな、いらんと言うのにくれるのだ。

701 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/23 02:04
>690
クウヤ・・・、奴は一体何の修行をしておるのだか・・・・。
しかし・・・以前から疑問に思っていたのだが、水面鏡は見る映像を選べるのだろうか?
水滴のあるところ否応なしに全ての映像が一気に頭に届くのだとしたら・・・・。
その様な状態、想像もつかない。
もしそうならば、流石は無の境地を極めた男といったところか・・・・。

おっと、感心している場合ではなかった。

>インドラ様
>配下に指示しておこう(>693)
インドラ様よりのお気遣い光栄の至りでございます。
ところでインドラ様。”新たな徴収源”とは如何様なものでございましょう?

>695
産業スパイ・・・。さんぎょう・・・?
ま・・まぁ、仮にデーヴァ神軍に独自の産業があるとして、だ、
それをアスラ神軍が盗んだところで破壊しかしなさそうに思えるな。
創るという行動が出来るのか? あいつらに。

702 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/23 02:05
>696
ふむ。呼ぶと知りたい事のすべてに
真の解答をもたらすと言われている人間界の神か・・・。
客人、成功した暁にはインドラ様のターバンの下がどうなっているのか・・・
是非それを聞いてくれ。
しかし、又の名が
「全てにして一つのもの、一つにして全てのもの」
「戸口にひそむもの」
・・・凄いのか凄くないのかよくわからんな。

>697
私は戦士・・・・愛に生きるつもりはない。

何? 建前は聞きたくないだと?
しかしだな、人前でそういうことを答えるのは・・・な。
そういうことは、胸に秘めておきたいのだ・・・。

>サティ姉さん
姉さん、こんな夜遅くに・・・・
Σ !? 
一体何を拾って・・・・・!?

703 :以上、自作自演でした。:04/06/23 13:02
レンゲを褒めてみよう。
レンゲってかわいいですよね〜。
小さくって肌も白っぽくてとても綺麗♪

なんといってもラーメンの汁を飲むのに便利だしw






704 :以上、自作自演でした。:04/06/23 14:57
天空人の力でもどうにもならないことはあるものですね…

ところで、現在人大杉解除の可能性を賭けて鯖争奪戦が行われてます。
よければ、こちらに投票お願いします! 投票の際はetc2へ一票を!
ttp://info.2ch.net/oystvote/vote1/

↓詳細についてはこちらでドゾー。
★banana???鯖争奪戦★ キャラネタ板 負けたら地獄行き?
ttp://etc2.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1087894407/

705 :ヴィシュヌ:04/06/23 21:48
お客様をお待たせして大変申し訳ありません。
ヴィシュヌ宮とここの間の転移に使用してました水晶球にヒビが入り、
現在別の水晶球を求め探しているところです。
この通信にはラクシュのものをお借りしました。
新たなる水晶球を手に入れ次第ここに参ります。
インドラ、申し訳ありませんが後を頼みましたよ。

706 :インドラ:04/06/23 23:38
風がざわめいている…。

>695
一瞬…青果主義かと違える所であった…。ルグの実などの現物支給…。
それは…嫌なものだな…と…。
…成果主義か…。
それも良い案だが…客人よ…、私は自らの功績を誇りたい訳では無い…。
そう…この天空界の平和と調和に支障が無い様…日々職務に尽力するのみ…。

産業スパイ…と呼ぶべきか…諜報部員と呼ぶべきか…。
だが…今の私は…デーヴァ神軍の総司令としてこの場にいる…。

それでも尚…賞与が無いのか……il||li そうか il||li ・・・・。

>696
む…闇からの囁きが聞こえる…。
だが…残念だが…客人…、その呪文は発動しないだろう…。
何故か…分かるか…。
有るべき印…剣…星の導き…全て揃っておらぬ…。

ちなみに…天空界にある平成門は異界の者を呼び出す門では無いので
…注意する事だ…。

707 :インドラ:04/06/23 23:38
>697
…客人よ…、それではまるで…レンゲが
優柔不断で気が多く恋に恋する純情乙女の様では無いか…。
フ…。誰が本命であろうと…この雷帝インドラは…見守るのみ…。
例え相手が…北面使だろうと、南霊使であろうと…な…。ハハハハ……

>698
…不吉な…。サティよ…今すぐその本を…こちらに…。
私が人間界に降り…ミスカトニック大学まで戻して来よう…。
天空界にあってはならぬ代物だ…。

>701
>”新たな徴収源”とは如何様なものでございましょう
レンゲよ…お前には話しておかねばならぬ事がある…。
そう…それは…。
慈善に依る募金の徴収の目処が赤い羽根募金ならぬ…ブロマイドで

右王天「刻限です。インドラ様」

おっといかん…本日はここまでの様だ…。

>703
客人のレンゲに対する愛着ぶり…しかと見た…。
いささか偏った趣味とも言えるが…私が関与すべきではあるまい…。

…無機物を愛するとは…、客人は…変態か…?
いや…言わずとも良い…みなまで言うな…、私は生温かく見させて頂こう…。

708 :インドラ:04/06/23 23:39
>704
…調和を重んじるデーヴァの民は…諦める事、
黒のソーマに染められる事を良しとはすまい…。
何より…創造神シュラトならば…希望を何時までも持ち続けるだろう…。
例え地獄に落ちようとも…な…。

…戦いか…久々に胸が鳴る…。
一票投じる事にしよう…。

>705
…水晶球にヒビが…、なんと不吉な…何も起こらねば良いのだが…。
成る程…。事態の程…了解致しました…。
ヴィシュヌ様の帰還をこの雷帝インドラ…八部衆、客人の方々と共にお待ちしております。

任されたからには…誠心誠意を持って…。ニヤリ…。


…本日は人間界に降りる所用が多々ある…、ついでにガード下の酒でも…飲むか…。
では…な…。

709 :サティ:04/06/24 02:42
この本は、魔法書のようだわ。<ネクロノミコン

ということは、これで憧れの魔法少女になれるのね!!

天空界のタントラとは全然違って、意味不明な言葉ばかりだけど
覚えられるかしら・・・?
いい男をゲット出来るおまじないとか載ってるかしら?

>インドラ様
呪文を使いこなせるようになるまでは、お渡し出来ませんわ。

とりあえず、レンゲを実験台にして練習しなくては。

710 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/24 22:14
>703
客人はそんなに散り蓮華に愛着を持っていると・・・?
まぁ、確かに便利だが。
カタカナで表記されると非常に紛らわしい・・・・。

>704
どうやら戦いは終結を迎えたようだな。
この戦い、私も参加させて貰った。
これから先どうなる事なのやら・・・。
しかし、例え地獄になろうとも
何時の日か地獄から抜け出せることを願って戦い続けよう。

>ヴィシュヌ様
>705
ヴィシュヌ様。この那羅王レンゲ、
インドラ様、クウヤと共にヴィシュヌ様が再び来訪されるその日まで
この場をお守り致します。
桜や百合の世話もヴィシュヌ様の分まで入念に行いますので、ご安心ください。

>サティ姉さん
>709
魔法・・・・・”少女”?
(今年でいくつになると思って・・・・・・というか、むしろ魔女・・・?)
そんな、おどろおどろした術・・・おまじないの範疇超えてる気がするんだけど・・・。
Σ! って、人を実験台にしないでよっ!!


・・・・・姉の光流量では大した事出来ないだろう、と高を括っていたら・・・。
身の危険を感じたんで振り切って逃げてきたが、
見つかったら又何をされるかわからん!
というわけで、今日のところはここまでだ!!

711 :以上、自作自演でした。:04/06/24 23:36
異性の立ち居振る舞いでこれだけは許せないというものはありますか?

712 :以上、自作自演でした。:04/06/25 02:02
もし、ヴィシュヌ様が石化された現場をみたのがヒュウガではなく
レンゲだったら、「なにも見なかった・・・なにも聞かなかった・・・」な行動をしていたんでしょうか?

713 :以上、自作自演でした。:04/06/25 02:15
天空界に麻雀はありますか?
もし、あったとして誰と対戦したいでしょうか?



・・・・レンゲやヴィシュヌ様も負けると衣服を脱ぐということでひとつw

714 :以上、自作自演でした。:04/06/25 03:38
つまりインドラも、クウヤも、ダンも脱ぐという方向で


715 :闥婆王クウヤ:04/06/25 05:59
>678
何かの攻撃呪文のようですが、
発動しないのではどのようなものか分かりません。
ヴィシュヌ様からお触れのでている通り
ここでの攻撃呪文の使用は禁止となっています。
無闇に唱えること無きようお願いします。

>686
あなたは以前いらっしゃった、
レンゲに似てないのに双子のようなかたですね。
あなたのようなかたがいるから禁止するのですよ。

>687
客人はおやさしいですな。
よろしければこのわたしもお願いできますか。
・・・ああ、むさい男の髪なぞ触りたくもないと・・・・
寂しい・・・

716 :闥婆王クウヤ:04/06/25 05:59
>688
シュラト殿は尻にひか・・・いえ執務が忙しい故来れないそうです。
なにせ時期調和神はやきもちやきなので
女性と接触する可能性がある場には出てこれないようですね。
ヒュウガは繁華街で修行しているのを見て以降消息不明。
子作りに励んでいるであろうリョウマは、通信手段が不安定のため現状不明。
レイガは以前天空殿内で見かけたのですが、最近はいません。
たぶん開墾に精を出しているものと思われます。
ダンは山にシヴァ狩りに出掛けたまま帰ってきません。行方不明。
ガイ殿はひっそりと人間界で暮らし、終電に乗ったり乗り遅れたりらしいです。
こうしてみると八部衆は壊滅しているようにも見えますね。

>689
地上界では地方の温泉を再現したり、薬効を期待したりするものが
多数あるようですが、天空界にはあまり存在しません。
もともと年中温暖な天空界では温湯を使うことは少なく、
もっぱら沐浴になります。
その職務上天空殿を離れられない者は、殿内に設置された湯船を使いますが・・・
アムリタの溶け込んだ水は傷・打ち身や捻挫等に効き、
またお肌もスベスベになります。
ヴィシュヌ様をご覧ください。
いつまでもお美しいのはこの影響もあるようです。

717 :闥婆王クウヤ:04/06/25 06:00
>690
女性のチェックですか・・・
これは心外な、この闥婆王そのような不埒な目的で使用したことはありません(建前)
わたしはこの天空界に仇なす者が潜んでいないかを調査しているのです(建前)
本来、幻夢衆の役目ではありますが、インドラ様より特命を受け実施しているところです。(本当)
また、このわたしの頭には天空界に存在するすべての水から情報が飛び込んできますので、
たまたま沐浴中のレンゲがいたり、女官がいたりすることがありますが、
女性に何の興味も持たぬこのわたしにはどうということはありません。(建前)
判っていただけましたかな。

>695
インドラ様に限らず神将は給金をいただいて生活をしています。
軍隊がなにかを成すことは難しく、成果主義は無理だと思われます。
せっかくの提案ではありましたが残念ながら却下されるでしょう。
インドラ様の賞与については、ヴィシュヌ様のお考え次第ですので・・
どうなんでしょうか。
わたしの賞与はインドラ様の御裁可によるものなので、
八つ当たりなどされると困るのですが・・・

718 :闥婆王クウヤ:04/06/25 06:01
>696
ここ天空界でも発動する呪文とは・・・・・・

招喚するには、太陽が第五の宮に入り、土星が三分の一対座になる時に、
環状列石の中に入り「バルザイの神秘の偃月刀」でもって周囲に招喚の円を引き、
しかるべき図を描くべし。
左回りに三たび巡り歩き、顔を南に向け、関門を開ける呪文を一定の調子で唱えるべし。

・・・・・本当にここで発動できるのですか?

>697
今、ハッキリキッパリ言ってしまうと、
その口から我が軍の最高司令官のお名前が出てくるは必定、
それではヒュウガが悲しむではないですか。
もう少しヒュウガにもチャンスを与えてみるべきでしょう。

>698
それは危険な本です。
持っていてもいいことはありませんよ。
インドラ様に預けてしかるべき場所へ返還していただくべきでしょう。

719 :闥婆王クウヤ:04/06/25 06:02
>703
あとチャーハンなるものをかっ喰らうときにも使えますね。

地上界で食したラーメンなる食物も色々な種類があって
なかなか美味かったです。
また地上界に修行に降りた際には是非食べに行かなくては・・・

>704
>投票は終了しました。
>ありがとうございました

・・・・・終戦?
すみません、先の大戦に引き続き役立たずで終わってしまいました。
うう、皆に会わせる顔がない・・・・

>709
魔法少女?・・・・・
そのお歳で珍妙な格好をして、奇っ怪な呪文を唱えるのですか?
まあ人好き好きですのでそのような姿に惹かれる男性もいるかもしれませんが・・・

いい男をゲットする方法をお教えしましょう。

イア! イア! クトゥルフ・フタグン!
フングルイ ムグルウナフー クトゥルフ
ル リエー ヴガ=ナグル フタグン

と唱えた後、間髪入れずに(ここが大切なところですよ)
えらをビチビチするのです。
そう、えらをビチビチです。これでイチコロです。
腐ったサンマのような目ができればなお良いです。

720 :闥婆王クウヤ:04/06/25 06:14
>711
あまり興味深く異性のしぐさなど見たことがありませんので、
・・・・思いつきませんね・・・

まあ、許せないこととは別ですが、
わたしとインドラ様が仲良く薔薇をいじっていると、
通りすがりの女官たちが指を指してクスクスと笑うのです。
いやな空気が漂ってくるのであれはやめていただきたい・・と。

>713
天空界には存在しませんが
インドラ様はその十八番の歌の中で歌っているくらいですので
知っておられるのでしょう。
まあ、わたしはルール知りませんが・・・

なんですとっ・・ヴィシュヌ様が脱ぐ・・・
麻雀がそのような不埒なゲームだとは知りませんでした。
ヴィシュヌ様が脱ぐとあっては我慢でき・・・いえ、看過できません。
他の者に見られるくらいならルールを知らずともこのわたしが・・・

>714
??わたしが脱ぐのは構いませんし、全然平気なのですが・・・
ああ、つまりこの3人で打てと・・残りはお客人が入って頂けるのですか?
しかしそれではわたしの楽しみがありませんが・・・
お客人が40歳以上の女性であることに期待しましょう。

721 :闥婆王クウヤ:04/06/25 06:20
これが連続投稿規制ですか・・・

>レンゲ
>呼ばせないから やめてっ。
・・・・・・・・・え〜と、
>普段の性格はいたって温厚だ。(>215)
・・・・にわかには信じがたいのですが・・

>インドラ様
>勿論…「 紫 の 薔 薇 」に決まっている…。
そうですか・・・残念ながら紫は植えてません。
今から植えてみますか。

>ヴィシュヌ様
わかりました。
レンゲとともにインドラ様をもり立てこの場を守ってみせます。
水晶球が早くに見つかることを祈っております。

722 :以上、自作自演でした。:04/06/25 06:45
来世で生まれ変わった自分を想像して見て下さい。

723 :サティ:04/06/25 23:00
私が魔法少女って言ったら少女なのよ!

それにしてもこの魔法書、使いにくいわ・・。
星辰の位置やら何やら、制約が多すぎるわ。
肝心の「いい男召還魔法」が載ってないし
実験台のレンゲは逃げるし・・・。
(どうやら痺れ薬が足らなかったようね・・・。
子供の頃から飲ませてるから免疫が出来てるのね)
せっかくホムンクルスの実験をしようと思ったのに・・。

>クウヤさん
その呪文は、この本にも載ってますわ。
私に深きものどもの真似をしろということなのかしら?
ミス天空界の名を欲しいままにしたこの私に、そんな真似が出来るとでも?
それに水属性といえば、クウヤさんの方が適任ですわ。

>・・・・にわかには信じがたいのですが・・
何を仰りたいのかしら?
含むところがおありのようですわね・・・。
一度、私の診療所にいらして下さい。

724 :インドラ:04/06/25 23:42
薔薇と言えば真っ先に思い浮かぶのは…バラジュウジン…。
これも…遥か彼方の過去になったか…。
…いや…すまぬ…、分からぬ者はそのままで良い…。

>709
…魔法少女…?
胸がナインのペタンならば…なれるかも知れぬ…な…。
だが…、サティよ…人の皮で出来た魔導書に…
男を惑わす呪法など…載っているとでも…。

その前に体が解け崩れ…得も言われぬ腐臭を放つ事になるぞ…。

…止めよ…サティ…、変わりに私の所蔵している水晶球をやろう…。
ソーマを注げば…人の身へと変わる…。
膨大なソーマを必要とするが…な…。

>710
>身の危険を感じた
…姉妹とは…その様なものか…。
何と因果な…。

>711
…許せない事か…、元々…私は女性に対し何ら関心を持ってはいない…。
だからと言って男に関心を持っている…という訳では無い事を注意しておこう…。

…ふむ…そうだな…。
これはどうか…と思う事はまま…ある…。
そう…顔をハイヒールで踏みつけたり…
室内だからといって素肌を晒している者だ…。
…風紀が乱れるのは…看過出来ぬ…。

725 :インドラ:04/06/25 23:42
>712
…さてな…。
その場に居合わせた者を全て…葬り去るつもりだった…。
逃がすつもりも無かったが…。
那羅王ならば…どの様な行動を取ったのか…。

その場の状況…八部衆としての心構え…。
私が育て上げた者達が取る行動に…迷いがあってはならぬのだ…。

>713
…麻雀の様な娯楽は無い…。
私は稀に人間界に降り…脱衣麻雀を少々やり込む程度の…ほんの嗜み程度だ…。
…誰と対戦したいか…と…?
ヴィシュヌ様は笑ってえげつない手を使いそうだ…。
ヒュウガはコツコツと点数を貯めそうだ…、レイガは綺麗に揚がるまで待つだろう…。
リョウマは途中で火炎戟を打ち出しそうだし…、ダンは麻雀自体を知らなさそうだ…。
マリーチなどはテンホーで揚がりそうなので…とてつもなく嫌だな…。

…つまり…天空人には…背中の煤ける遊戯は必要無いのだろう…。

>714
客人… 見 た い の か ?
脱衣ならば…修羅王シュラトと夜叉王ガイの専売特許だろう…。
あの者達は一枚一枚では無く一気に脱ぐが…な…。
…恥ずかしげの欠片も無く…。

726 :インドラ:04/06/25 23:43
>721
>今から植えてみますか
一体いつの間に…私はお前と薔薇を育てるはめになったのだろうな…。
これからか…、この闇の中では…色も分かるまい…。

>722
…ふむ…。
想像してみたが…客人よ…。
やはり私は平凡な人生を送りたい…。
黒のソーマに囚われる事無く…偽りの肉体を手に入れる事も無く…。
デーヴァ神族として…調和のみに心を置く様な…心静かな生活……。
…果たして何時…私の願いが叶うのか…。
……永劫にも似た贖罪の旅路の果て…、来世は光に包まれた世界を望む……。

>733
サティ…禁断の呪法に魅入られたか…。
魔法少女では無く…この天空界では「真言少女」だろう…と突っ込んでも良いのか…。

ほんの少し前にも言ったが…、それはお前が持つべき物では無い…。
早々に戻すのだ…。
。oO(鬼に金棒ならぬ…サティに魔導書か…刃物よりも危険だ…)

それとも…この雷帝インドラの説得がまだ必要か…?
私の司政室まで心ゆくまで…その本の危険性について教えてやろう…。


……インドラ宮へ戻る…。職務も終わってはおらぬのでな…。
今宵は天空殿に危険が及ぶ事もあるやも知れぬが…、身を挺して守って見せよう…。
では…な…。

727 :以上、自作自演でした。:04/06/26 06:12
魔法少女というより、魔導少女?
いや、少女じゃないのか・・・。

>>レンゲさん
レンゲさんには、姉だけじゃなく、妹はいませんか?
または、もう一人姉がいるとか。
姉妹といえば、三姉妹が定番じゃないですか。

末娘で姉に苛められてトラウマのレンゲさん萌え。

728 :以上、自作自演でした。:04/06/26 07:01
これならどうだ!!

ペガサス流星拳!!!(ただの速いパンチ!!)

729 :以上、自作自演でした。:04/06/26 12:55
フッ 笑止・・・。

天舞宝輪!!

730 :以上、自作自演でした。:04/06/26 13:25
レンゲさんが好きです。



・・・でもサティさんはもっと好きですw

731 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/26 15:56
蒸すな・・・。人間界の湿気がここにまで届くのか・・・。

>711
軽薄な振る舞いをする奴は好かん。
ああ、でもこれは同性でも同じか。

異性。異性か。
・・・・・・・・許せないわけでも嫌いなわけでも無いが・・・。
キザな事を言われるのは苦手だ・・・。
なんというか・・・・・・、どう対処したら良いのか解らんのだ・・・・・・・。

>712
ここは一つ、建前を交えずに語らせて貰う・・・

まず、インドラ様は私をお見逃しになる事は無いだろう。
そして、私はインドラ様に刃を向けること等、到底出来ない。
それに・・・例え刃を向けることが出来たとしても、
私の力では傷の一つも与えることは出来なかっただろうな。
よって、いずれにせよインドラ様の手にかかり
その場で命を落とすことになっていたと考えられる・・・。

それから、仮にヒュウガ達の様にヴィシュヌ様のお力で逃れられたとしよう。
私は・・・私なら、インドラ様の口から再度真実を聞く為に、天空殿を目指しただろうな。

以上だが・・・この考え方は八部衆としては失格だ。
私情にとらわれる事等、本来あってはならない・・・。
・・・だが・・・・それでも・・・、わたしは・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・すまない。 このくらいで良いか・・・?

732 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/26 15:57
>713
麻雀はルールを知らん。
え。 負けると服を脱がないといけないのか!?
・・・・・・・変わってるな・・・。

対戦なぁ・・・。 4人でやるのもの? そうか・・・。
では、脱がないといけないというなら男子禁制で、
ヴィシュヌ様、ラクシュ、姉、私。 で。

・・・何でか勝てる気が全くしないのだがil||li・・・・・・・。

>714
それがルールだというのならそういう事になるのだろうが・・・。
人間は妙な遊びを思いつくものだな・・・。

>クウヤ
>にわかには信じがたい(>721)
>一度、私の診療所にいらして(>723)
・・・・詰まるところ、”そういうこと”だ。
天に口あり地に耳あり・・・・。

>722
平和になった天空界で愛する人の傍らに立ち、心穏やかに暮らしたい。

あ・・・・。 これだと、ただの願望だな。
まぁ、想像でくらい好きに生まれ変わっても良いではないか。

>サティ姉さん
>723
姉さん! その危険な本はインドラ様にお渡しして!
嫌よ? あたし。
たった一人の身内に何かがあったら、なんて考えるのは。

733 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/26 15:58
>インドラ様
>何と因果な(>724)
確かに身に危険を覚える事も少々ございますが・・・、
それでもたった一人の肉親であり、姉であり、
また、母の様にも思っております。
信頼あってこその行動・・・、
そうご理解していただければと思う次第でございます。

(・・・とは言ったものの、少し会わないうちに何が・・・。失恋でもしたとか・・・?)

>727
いや、妹はいない。ついでに言うと継母もいないからな!?
しかし、私は末だから年下の兄弟がいたら可愛いだろうな、とは思うぞ。
とはいっても、父も母も亡き人だからそれは叶わないことだが・・・。
姉がもう一人・・・・。
姉が・・・・もう、一人・・・・?


・・・・・もう、充分に間に合っている・・・・。

>728
((( 結 界 )))

>729
客人よ、目を瞑ったまま何を叫んでおるのだ・・・?

>730
私達姉妹を好きだと言ってくれて、ありがとう。
あなたが姉さんの好みの男性なら話は早いのだけど。

さて、たまには人間界に降りてみるか・・・。
それでは客人の方々、またな。

734 :以上、自作自演でした。:04/06/26 20:01
レンゲさんとサティさんの関係って
某女魔道士と某ウェイトレスのようですね。

あんな目に遭わされながらも、慕ってるんですね。
洗脳いや、教育が行き届いてますね。

735 :以上、自作自演でした。:04/06/26 20:16
人間界に行くんですか?
いってらっしゃ〜い・・・・・・・・・
ハッ まさかヒュウガの居所を知っていて逢い引きとか・・
ボクのレンゲが女になっちゃうよぅ

736 :インドラ:04/06/26 22:42
繁華街で天王ヒュウガと逢引…。
ふむ……、成る程……。

>724
緑の髪の魔導少女……。はて…何処かで…。

確か…レンゲとサティは二人だけの筈だ……。
もう一人居たのならば…。
一体どの様な家庭になっていたのか…、恐ろしくもある…。

>724
勇ましいことだな…。
この程度でこの雷帝インドラを討てると思ってか…。
浅はかな…その考え…。討ち破ってくれよう…。

━━━反生回路━━━

自らの技で倒れるのだな…。

>725
最も神に近い男か…。
だが…天空殿に近づき過ぎた…。
お前は紗羅双樹の下で眠っているが良い…。

お前が技名を言うと…我らが背景になってしまうのでな……。

737 :インドラ:04/06/26 22:42
>730
客人は…那羅王の事を好ましいと思っているのか…。
八部衆の紅一点…、レンゲには華がある…。
私も部下として信頼を置いている…。
姉は数倍凶状持ちな所が…あるような気がするのだが…。
いや…何でも無い…。

>732
>天に口あり地に耳あり・・・・。
人間界の格言では…、壁にメアリーとも言うな…。
…埋められてでもいるのか…。

>734
幼少よりの姉の教育の賜物か…。
通りで…暗い瞳をする…。

>735
客人…、その心配は無用に願おう…。
デーヴァ神軍の規律では…
日が落ちるまでに帰還する事が決められている…。
責任ある八部衆を縛る軍律は厳しい…。


気になる事が少々ある…。私も降りるとしよう…。
では…な…。

738 :以上、自作自演でした。:04/06/26 23:01
レンゲはやっぱりヒュウガと・・・

(´Д⊂

739 :以上、自作自演でした。:04/06/26 23:10
でも、ヒュウガって、歌舞伎町のオカマバーで働いてるんでしょ?

その姿を見たレンゲの怒りの無双華が炸裂するんですね。

740 :以上、自作自演でした。:04/06/26 23:40
インドラ様レス番ミスりすぎです。
レンゲにそっけない態度とってても内心ドキドキなんですねW

741 :以上、自作自演でした。:04/06/26 23:43
インドラ様、ボケ老人ですか?<レス番ミス

742 :インドラ:04/06/27 01:29
客人に指摘されるまで誤りに気が付かなかったとは……、老いたか…。

>738
散策も兼ねて見て廻ったが…、雑多な人間界では天界人のソーマも微弱になる…。
この私が…、気配を探る事すら出来ぬとは…。

客人…泣く事ではあるまい…。
レンゲとヒュウガに取っては喜ばしい事だろう…。
親鳥が雛を思う気持ちとは…この様なものなのか……。

>739
いくらレンゲでも…人ごみの中で技は使うまい…。
…それだけの分別はあるものと期待している…。
…天王が歌舞伎町のオカマバーで働いていると……、
降三世明王の報告があったが、真実の程は分からぬ…。
人間界へと降りたとは聞いているが、トライローの言う事を真に受けて良いものか…。
闥婆王クウヤの眼力を持ってしても…未だ見つからぬのではな…。

>740
…焦りか…。そうなのかも知れぬ…な…。
……いや…、この言葉忘れて貰おう……。
心を常に冷静に保てなければ…総司令として軍を率いる事など出来ぬのだからな…。

頭を冷やしてこよう…。

743 :インドラ:04/06/27 01:29
>741
客人よ…シュラトにオッサン呼ばわりされた事もあるが…。
私を一気に呆け老人扱いか……。

確かに人間界に降り…繁華街を徘徊して廻ったのは確かだが…。
道に落ちているゴミを食べたりはしておらぬし…、
食べた筈の食事を要求する事はしていない…。

……忘れているだけか……?


取りあえず…忠告を感謝する…>740と>741の客人よ…。
だからと言って今更……訂正はすまい…。
流れるソーマの雰囲気で感じ取って欲しい…と思う…。
すまぬな…。


.。oO(心話にて連絡…事情でこの場に来れなくなる恐れがある
   その場合……北の風が吹く場所を見て欲しい…杞憂かも知れぬがな…)

人間界は煩雑であった…、混沌が支配しているのだろう…。
インドラ宮に戻り…独り静かに酒を飲む事としよう…。
では…な…。

744 :以上、自作自演でした。:04/06/27 01:46
ヴィシュヌ様が姿を消したのは
どこかを「お直し」に行ってるから?

745 :闥婆王クウヤ:04/06/27 14:07
>712
お客人を見落とすとは申し訳ない。
次の客人のヴィシュヌ様の衣服が脱げる件に目を惹かれまして・・・

見なかった、聞かなかったは無いでしょうが、
呆然として立ち竦むばかりになるでしょう。
わたしであれば敵わずともヒュウガと同じように行動したと思います。
インドラ様は信頼しておりますが、
それもヴィシュヌ様への忠誠があってのこと、
当然の行動です。

えっ、それじゃ不公平だから
ヴィシュヌ様がインドラ様を石化するところに置き換えて答えろ
ですか・・・・
それは当然見て見ぬふり・・・・・・です。

>722
そうですね・・・
誰一人デーヴァ神軍を裏切らず、戦いの無い天空界で、
ただ自己を高める為だけに修行をする。
そんな夢のような世界が良いですね。

>723
ミス天空界?・・・・・・何年前ですか?
診療所にですか・・・・・以前お邪魔したときの記憶も覚めやらぬので遠慮いたします。

746 :闥婆王クウヤ:04/06/27 14:08
>724
真実を語る者は死の運命が待っているかもしれませんよ。

三人姉妹が定番とは・・・
地上界の出生率はがた落ちだと聞きましたが
結構子沢山なのですね。
まあ、五人兄弟のわたしが言えた義理でもないのですが・・・

>728
それは・・修羅魔破拳?
失礼、光流は出ないのですね。
それではシュラト殿に勝つことはできませんよ。

>729
目を瞑ったままとは・・・・親近感を覚えますが
人気のあるあなたが憎い。
しかし攻撃、防御を兼ね備え、宇宙の調和も司るとは、
ぜひご教授願いたい技ではあります。

747 :闥婆王クウヤ:04/06/27 14:09
>730
レンゲは、まあ解らないでもないですが、
ここ最近のサティさんを見ていてそう言えるとは、
やはり恋は盲目というべきでしょうか。
ああ、最近の彼女の言動に惹かれるのでしたか・・・・
もはやこのクウヤあなたを救う術を知りません。

>734
ああ、インバースさん家の姉妹のことですか。
最近妹さんはこの近辺で見かけましたが、
彼女にもサティさんのような姉がいるとは・・・・
あの激しい気性も納得です。

あのリナさんはレンゲの転生した姿だと言う人もいます。
かわいそうですね、レンゲ。
いつまでも運命が付いて回って・・・

>735
ボクのとは不可解なものの言い様。
しかもあなたレンゲを男だとでも思っていたのですか?
まあ、それは別にして逢引のことを心配しているのですか・・・
以前なら心配無いと断言できたのですが、
なにせインドラ様の保健体育の教育が終わっていますので、
わたしにはなんとも・・・・
いや、やっぱり大丈夫です。
ヒュウガは教育に出てませんでした。
と、こう言って置けばお客人も安心してもらえますかな。

748 :闥婆王クウヤ:04/06/27 14:10
>738
泣いてはいけませんお客人。
彼女の旅立ちを共に応援しようではありませんか。
それにどの道、ヒュウガでは接吻以上のことはできますまい。

>739
どうでしょうか・・・
その件についてはいまだ未確認情報の域をでていませんし、
ヒュウガがそのようなことできるとも思えません。
働いていたことがあってもたぶんクビになっているでしょう。

>740,741
インドラ様も連日の激務に耐えかねて、目にキているのでしょう。
もしかしたら晩酌の影響で手が震えるほどにアル中なのかもしれません。
あるいはやはりドキドキしているのかも・・・・
繁華街で無双華が炸裂した際の損害賠償を考えただけで・・・

749 :闥婆王クウヤ:04/06/27 14:11
>744
どうでしょうか。
水晶球は修復しているかもしれませんが・・・・
そういえばレンゲの田舎は水晶の産地だと聞いています。
行って良さそうな物を見繕ってくるべきなのでしょうか・・・
しかしあそこには診療所が・・・できれば行きたくない。

>レンゲ
カテ村には、姉君に見つからずに近寄れますかな?

>インドラ様
地上に降りられるのでしたら
先日神将候補生と修行した際、
インドラ様のお名前でツケておきましたので
精算のほうよろしくお願いします。

750 :以上、自作自演でした。:04/06/27 16:21
クウヤに質問。
ヒュウガ達他の八部衆のヤロー共と、
女の子の話題で盛り上がったことある?
修行やら何やら言っても、男だもん。
一回くらいはあるよねー?
レンゲはどうとか、ラクシュはどうとか。
どういうタイプの子がいいとか。

751 :以上、自作自演でした。:04/06/27 19:59
やっぱ、インドラ様は渋いよなあ・・・。
将来、大人になるならあんなおじさんになりたいなw

・・・レンゲにも惚れられるかもしれないし。
あ、でもテーマソングでポテチンはちょっと嫌かも(;;

752 :ヴィシュヌ:04/06/27 20:26
ラクシュの水晶球をお借りして連絡しています。

未だ姿を見せること敵わず、お客様方には失礼を重ねているところではありますが、
何とか目途が立ちましたので明日にはここに来ることができそうです。
地上界で手に入れました瞬間接着剤・・・・・・・
あっという間に水晶球が元通りになりました。
真言に耐えられるか調整中ですので、今しばらくお待ちください。

>インドラ
不在間の執務に負担かけています。
酒は控えめにがんばってください。

>レンゲ
桜と百合の世話ありがとうございます。
また、一緒に世話をしましょうね。

>クウヤ
警護の任ご苦労様です。
薔薇もさぞかしきれいに咲いているでしょう。

753 :以上、自作自演でした。:04/06/27 23:26
■■■
ノノノ・_・)
私の名はメーテル…
ここが惑星「天空界」よ、鉄郎。

754 :以上、自作自演でした。:04/06/28 23:00
ヴィシュヌ様のソーマが届かなくなったせいで
風邪を引きました。
仕方ないので、ソーマをセブンセンシズの位まで高めて
自己治癒しようと思います。

おん あばぎゃ べいろしゃのう まかぼだら まに
はんどま じんばら はらばりたや うん

755 :インドラ:04/06/28 23:24
結界に阻まれると思っていたが…本当に杞憂だった様だな…。

>744
天空人の慈愛の象徴、全ての調和を担う…調和神ヴィシュヌ…。
そのヴィシュヌ様が…何処を直す…と言うのか…。
確かに…肌の皺が多少気にはなっていたが…もしや…、
水晶球のヒビでは無く…

肌のヒビの事だったか…?
フフフ…

>749
>精算のほうよろしくお願いします
私の司政室に請求書が廻って来たが…。やはり…お前か闥婆王クウヤ。
これでは繁華街に降りても逃げ回らねばならぬでは無いか…。
ゆっくり落ち着いて酒も飲めぬ…とは…。

>750
…ふむ…。
神将たるもの…ある程度の節度は守って貰わねばならないのだが…。
ああ見えてもクウヤも、ヒュウガやダンもお年頃…。
猥談に花を咲かせ、悶々と眠れぬ夜を過ごすのが…
思春期の男として正しい有り方なのだ。
…是非混じりたいものだな…。

756 :インドラ:04/06/28 23:25
>751
…客人は…大人では無いのか…。
この天空殿に来訪する方々の多くは……、
かなり歳が逝っているものばかりと思っていたのだが…
いや…失礼…。…ニヤリ

那羅王の事は諸事情により置いておくが…。
ポテチンについては…弁明させて頂こう…。
これは…私がぽてっとしたチ○チンと言う訳では無く…。
かの人間界の芸人…鳳啓助の往年のギャグからだ…。

意味は無い…!

今更…過去の歌について語る日が来るとは…誰に予見出来なかっただろう…な…。

>752
>不在間の執務に負担かけています
は…。ヴィシュヌ様に御心配をお掛けするまでも無い事…。
逆に伸び伸びとさせて頂いて…ゴホン

酒を控えめに……。
私から酒を取ったら何が残ると言うのか…。
ご冗談でしょう…。

757 :インドラ:04/06/28 23:25
>753
黒いビキニの女…。
天空殿にようこそ…と言うべきか…。
貴女は…私の想い出の中にだけ居る女…私の少年の日の心の中にいた幻影か…?

ちなみに…惑星「天空界」の滞在時間は残り…約70ソーマとなっている…。
残された時間を有効に過ごす事が出来れば良いな…。

>754
客人よ…何やら色々と間違っている気もしないでも無いが…。
ヴィシュヌ様の調和のソーマが届かぬ…と…?
ならば…この雷帝インドラのソーマを注いでやろう…。
第7感を発現させるまでも無い…。
遠慮は無用…、無理矢理にでも注ぐので安心するが良い…。

後はアムリタと言う名のユンケルを飲み…、体を温めて眠れ…。
それまで…眠りに付くまで耳元でタントラを唱えてやろう…。


病人の看護に向かう…。
職務を放棄した訳では無いが…今宵はここまでだ…。
客人の来訪は常に待ちわびている…。
では…な…。

758 :以上、自作自演でした。:04/06/29 00:03
インドラ様の白濁ソーマが754の客人に・・・・・。
妊娠すると見た。

レンゲタン、嫉妬に狂うな。

759 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/29 00:06
人間界は相変わらず人だらけだな。
ある意味、忍耐力の修行にはなりそうだ・・・。

>734
今まで姉には、いろんな目に遭わされてきたが、
まだ赤子だった私をここまで育ててくれたのも又、姉だ。
慕うのも当然のことだろう?

Σ! もしや・・・これが洗脳か!?

>735
待て! 何故、そこまで話が飛躍するっ!
私は本当にヒュウガの居所を知らんぞ!
なんせ何も言わずに行ったからな・・・・あの男は・・・・。

なに・・・? 目つきが怖い、だと!?
うるさいっ! 普通だ!!

>インドラ様
>繁華街で天王ヒュウガと逢引(>736)
そんな! インドラ様までその様に思われていたとは・・・!
只本当に、小用で人間界に赴いただけでございます!

>738
やっぱり ヒュウガと なんだ・・・。
その後に何が言いたい・・・?
だが、まぁしかし、何がつくにしろ、客人が泣く事は無いと思うのだが・・・。
私とヒュウガの間に何かあったら、客人はショックなのか?

760 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/29 00:07
>739
いくら何でも人間界の繁華街でそんなことはせん!
人間は脆いからな。
巻き添えにしたらと考えると恐ろしい。
というか、本当に人間界にいるのか? あいつは。
実はもう、とっくに戻っていて自室で寝ていました、
とか言うオチじゃなかろうな!?

>740
きっと、日々の激務でお疲れなのだ。
あのお方が、そのようにドキドキする様な事を
私に対して思うことは無いだろう・・・。 客人の思い過ごしだ・・・。

>741
インドラ様に対し失礼な!
呆けておられている訳がなかろう!
文官たちの間では、長い時を生きてこられた故、脳内の容量が一杯で、
新しい知識が入ると同時に古い知識がトコロテン式に抜け落ちていっている。
と、もっぱらの・・・・・ Σ・・・・・・コホン。
と、とにかく!
失礼な物言いは許さん!

>744
まぁ、お直しというか水晶球を直されているからなのだが・・・。
その間、御髪や服なども直されているかもしれんな。

761 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/29 00:08
>クウヤ
>749
目的地のカテ村に診療所がある以上、近寄るまでならともかく、
辿りついた後に見つからないことは至極困難だと思うのだが・・・。
それよりも、ヒュウガを探して水晶を作って貰ったほうが早くないか?

>751
そう、インドラ様は歳相応の落ち着きを持っていらっしゃるし、
それに清廉潔白な御方でもあらせられる。
だからこそ尊敬もされるし、インドラ様を目標として修行に励んでいた物も数多くいるのだ。
そんなインドラ様に仕える事が出来て、私は本当に幸せ者だ・・・。
客人もインドラ様の様になることが出来たのなら、
惚れる・・・かどうかは解からないが、少なくとも尊敬はするぞ。

>ヴィシュヌ様
>752
水晶球の見通しがつきました様で何よりです。
この場の光流も残り僅かとなって参りました。
光流が尽きる前のヴィシュヌ様のご来訪を心待ちにしております。

762 :レンゲ ◆cKmGA/NaRA :04/06/29 00:08
>753
私の名は那羅王レンゲだ。
客人は天空界を惑星というが、
天の太陽も月も星々も、全て含めて”天空界”なのだ。
それにしても、二人とも随分と厚着だな・・・。暑くないのか?

>754
この天空界で風邪を引くとは。
調和の光流ではなく、客人自身の光流が乱れているのかも知れんな。
安易な自己治癒は悪化の元だぞ?
しかし、インドラ様自らの手で看病されるとは・・・・。
どうやら私の出番は無い様だ。

さて。 ま さ か とは思うが、ヒュウガの自室を一応確認しておくか・・・。
応急処置をされておられたとはいえ、ヴィシュヌ様の水晶球の件もあるしな。
では、客人の方々、また後日。

(これで本当に居たら、思わず はたいてしまいそうだな・・・・)

763 :以上、自作自演でした。:04/06/29 00:30
四宮の天と四方の地、深き法と信と善を以て南方守護の朱雀御身に告げたまわく、
我、今是の言を作す。七宿、天より地に現ずは、御身を渇仰す衆生の為の故。
此に於いて、諸の悪を滅し、その神力で我等を救護すべし。
唯、願わくは之を聞け。天より我がもとへ降り立ち給え

764 :以上、自作自演でした。:04/06/29 00:55
>762
れ、れ、れ、レンゲたん、ヒュウガの部屋に夜這いですか!!??

二人の仲がそこまで進んでいたなんて…。

765 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:07
ようやく水晶球も元の力を取り戻したようです。
皆様には不在間ご迷惑をおかけしましたが、
インドラをはじめレンゲやクウヤとともに
お客様には鬼のいぬ間を楽しんでいただけたと思います。
鬼は帰ってきましたが後ひと時の間楽しんでください。

>686
あなたは以前いらしたインバースさんですよね・・・
ご理解いただけてたと思いましたのに残念です。
ここは共に語らう場としてあるのですから、
その妨げとなるような呪文については禁止させていただいています。
ご理解いただけましたら、お茶でも飲んで、
レンゲ達とお話でもしていってください。

>687
レンゲの髪を切っていただいたのですか・・・・
わたくしも少々頭が重くなってきましたし、
さっぱりもしたいのですが、
願掛けをしていることもあり、
切っていただくことはできません。
お気持ちだけいただいておきます。

>688
最近は天空殿にも近寄りませんので少々心配なのですが、
きっとそれぞれが修練や執務に忙しいのでしょう。
これも平和のためならばいたしかたないと思います。

766 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:09
>689
わたくしはラクシュや女官たちと入浴することが多いので、
その者たちの使う入浴剤となるのでしょうか。
特にラクシュは、レイガからいただいたものを使っているようです。
なんでもしっとりすべすべになるとか・・・・
わたくしもご相伴させていただいております。
どうでしょう、わたくしすべすべしているでしょうか?

>690
クウヤも八部衆なればそのような邪なことには使わないと思います。
やはり任務一筋に、天空界に仇なす者を探求していることでしょう。
それ任務は女性の裸に現をぬかす暇など無いと思われます。

>695
あら・・・、インドラのボーナスを不払いにするとはなかなかいい提言です。
そうすれば天空殿の財政も助かることでしょう・・・・・冗談です。
インドラはボーナスを得るに充分な働きをしています。
それにボーナス不払いがアスラ神軍に寝返った最大の動機といわれるのは
さすがに抵抗がありますので・・・

>696
召還呪文のようですが、やはりここ天空界では無理だった様です。
彼の者が召還された場合の見返りについては興味がありますが、
その者を呼び込むことによって災いがもたらされる可能性がある以上
成功せずに済んで良かったと思います。

>697
レンゲの本命とは・・・恋の相手のことでしょうか?
その手の話はラクシュが大変好きで、この場に居れば小一時間は話しているでしょう。
わたくしとしては、レンゲが幸せになれるのでしたら誰でも構わないと思います。
お客様においては、レンゲが自ら口にするまではそっとしておいてください。

767 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:10
>698=709=723 サティ
長くに天空殿へ滞在しているようですが、診療所のほうは良いのですか?
あっ・・その本は診療所へ持って帰らないでください。
患者で試そうとなさっているのではないでしょうね。

>703
地上界の食器のひとつにレンゲという名前のものがあるのですか?
シュラトがしてくださった地上界の食べ物の話で、
それを使う料理がことのほか好きだったと言っておりました。
わたくしも地上界に出た折には食してみたいと思います。

>704
呼びかけに呼応して参戦されたかたも多数いたようですが、
わたくしはあいにく水晶球の調子が悪く赴くことができませんでした。
参戦された方はお疲れ様でした。
わたくしももし次がありましたら参加したいと思います。

>711
そうですね・・・
元来、天空人にはそのようなことをする者が居なかったのですが、
シュラトが来てからというもの立小便をする者が・・・
特に若い神将候補生に多く、困っております。
神将候補生とはいえ、年端のいかぬ者も多いので、
八部衆、次期創造神への憧れからきているようですが、
風紀上好ましくないのでやめていただきたいと思っています。

>712
もしそうだとしても、レンゲを攻めることはできないと思います。
ひとえにわたくしが調和神としての求心力に欠けていたということになりましょう。
でもそのようなことにならず良かったと思います。
自分自身の想いと八部衆としての責務との間で苦しむ姿は見ていられませんから・・・

768 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:11
>713
天空界にはそのような娯楽はありません。
しかし負けると脱ぐというのは・・・・不健全のような・・・
それでいて金品を賭けるよりは健全のような・・・・
いずれにしてもそのようなルールであれば
女同士、男同士で楽しむのが良いと思います。

>714
はい、そちらは男同士でお願いします。
でも、側にいる女官にこのことを話しますと、
ぜひ観戦したいと目を輝かせていました。

>722
すでに瞑想の中いろいろな来世を見てきたのですが、
どれも今のわたくしの願いからは外れたものばかりでした。
わたくしの願いは、ブラフマーと・・・戦いの中に身を置くのではなく、
平和な世界でお花畑を駆け回るような・・・
そのような時が欲しいと思います。

>727
わたくしからみればサティさんは充分少女なのですが・・・
意地悪な姉に苛められる妹に好意を持つ・・・
まるで地上界の童話のシンデレラみたいですね。
地上の方は皆そうなのでしょうか?

>728
体術も戦いには必要ですが、それだけでは勝つことができません。
ここでは皆が身に纏う光流の力で防御しますので・・・
光流を錬る修練を怠らないようにしてください。

769 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:11
>729
あなたがいたしたその術の説明によりと、
調和の力を攻撃にも防御にも使うとか・・・
非常に興味深いのですが、調和の力を攻撃に使うのは、
わたくしの道義に反しますので、ここではその術を使わないようにお願いします。

>730
まあ、そうですか・・・
サティさんこの方はどうでしょうか?結婚相手として

>734
この世に一人の肉親であれば慕うのも当然と言いたいのですが・・・
ちょっと気になるところはあります。

>735
もし居場所を知っていましたら、この場に連れてきていることでしょう。
そうでは無い以上、本当に知らないのだと思います。
お客様がレンゲに好意を持っていらっしゃるなら、
彼女の言うことを信じてやってください。

>738
お客様が何ゆえに涙ぐんでおられるのか判りません・・・・
そんなに悲しいことがあったのですか?
このヴィシュヌにお力になれることがありましたら言って下さい。

>739
トライローからの情報ですね。
ヒュウガに限ってそのようなことは無いと思いますが、
何かの修行の一環なのかもしれませんし・・・・
ただ、その後の探索でも確認できないところを見ると
今はもうそのオカマバーにはいないのでしょう。

770 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:12
>740,741
インドラも疲労のピークだったのでしょうか?
わたくしが不在にしていた間の執務・・それほど辛かったのでしょうか。
だとすれば責任の一端はこのわたくしにもあるということになります。

>744
水晶球のヒビ以外何も直してはいませんよ・・・本当です
他にひび割れを起こしたりはしていません。

>751
インドラに憧れる神将や神将候補生は多いようです。
ただ、お客様のようにレンゲ云々で、という方は初めてですが・・
お客様のお歳は判りませんが、まずは内面の鍛錬からするのが良いと思います。
その際は黒の光流に取り込まれないよう注意して下さい。

>753
ここ天空界は惑星の名前ではありませんよ・・・・
お客様は永遠を旅していらっしゃるのですか?
インドラの幼きころからとは大変な旅に思えるのですが。

>754
そのようなところでご迷惑をお掛けしていたとは・・
お客様に対して申し訳なく思います。
インドラも看病に向かったとのことですが、
わたくしで力になれる事がありましたら、
ヴィシュヌ宮までおいでください。

>756 インドラ
>逆に伸び伸びとさせて頂いて…ゴホン
・・・・・おほほほほ・・それは大変良うございました。
鬼は復活しましたゆえこれからも よ ろ し く お願いしますよ。

771 :ヴィシュヌ ◆3Vishnu2JY :04/06/29 03:15
>758
インドラが子を成すと・・・・
それでは早速婚礼の儀を執り行わねばなりませんね。

>761 レンゲ
>この場の光流も残り僅かとなって参りました。
そうですね、もういくばくも残ってないようです。
最後までお付き合い願えますか?

>763
四神天地書というものですか?
こことの道を開いた日本とはまた別の国の書物のようですが・・・
友が敵味方に分かれて闘うことになる原因だそうですが、
それをシュラトが聞いたらどう言うでしょうか。

>764
貞淑な天空人の女性なれば、夜這いなどということはしないでしょう。
八部衆もその本分は戦いにあるとはいえ、
平時においての執務も多く存在します。
その者同士が会合の都合をつけるならば遅くなってからのことが多く
このような時間になるのも致し方ないことだと思います。
あの二人は兄妹みたいなもの故、心配は無いと思いますよ。

この水晶球がまた割れることが無いように祈りながら、
ヴィシュヌ宮にて瞑想に入ります。
お客様方、おやすみなさい。

772 :以上、自作自演でした。:04/06/29 03:21
でもまあ添い寝とかはしていそうな気がする。

773 :リョウマ:04/06/29 12:14
ほぼ1ヶ月ぶりの登場だ。しかし、たかだか1ヶ月の間にずいぶんと時は進んでしまったようだ。
俺のほうでもマツリと進展があった。詳細を公にするのは憚られるが
結果から述べると、夫婦円満にやっている。一時期は口も聞いてもらえなかったがな・・・。
そのうちに子供も生まれるだろう。やはり男の子が理想だな
わんぱくでもいい、たくましく育ってほしいものだ。といっても、ダンのような
脳みそまで筋肉な子供はいらないがな。

ちなみに「携帯からのアクセスはもうダメぽ」らしい。いまいち意味はわからんが
相変わらず結界に遮断されている状態だ。次はいつ来れれるかもわからないが
みなも元気でな・・・では、さらばだ

774 :以上、自作自演でした。:04/06/29 13:19
罪を憎んで人を肉まん

775 :以上、自作自演でした。:04/06/29 19:18
すいませ〜ん、天王のヴェーダを拾ったんですけど
これ、誰に預けとけばいいんですか?

440 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)